2016.04.05.Tue. 1年以上 amehare

弱虫ペダルの新開隼人が作中でどれだけパワーバーを口にしていたか徹底検証してみた

パワーバーをくわえたまま会話をしても、自転車で加速しても、パワーバーを落とすことはほとんどない新開隼人。「食べる」「人にあげる」「頭にのせる」パワーバーを様々な用途に使う新開のパワーバーとともにあるシーンをまとめてみた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

新開隼人ってどんなキャラ?

弱虫ペダル

主人公・<b>小野田坂道</b>は<b>千葉県立総北高等学校</b>の1年生。アニメが大好きで毎週欠かさず秋葉原まで往復90キロの距離を自転車で通っていた。高校でアニメ研究部に入ろうとするが部員が足りず活動休止中。再開に必要な部員数を集めようとするがなかなかうまくいかない。

総北高校自転車競技部のマネージャーである<b>寒咲幹</b>、自転車レースを挑んできた<b>今泉俊輔</b>、秋葉原で偶然出会った<b>鳴子章吉</b>との交流を通じて自転車競技部への入部を決意。チーム総北として仲間とともにインターハイの優勝を目指す物語である。
出典: seichimap.jp

主人公・小野田坂道千葉県立総北高等学校の1年生。アニメが大好きで毎週欠かさず秋葉原まで往復90キロの距離を自転車で通っていた。高校でアニメ研究部に入ろうとするが部員が足りず活動休止中。再開に必要な部員数を集めようとするがなかなかうまくいかない。

総北高校自転車競技部のマネージャーである寒咲幹、自転車レースを挑んできた今泉俊輔、秋葉原で偶然出会った鳴子章吉との交流を通じて自転車競技部への入部を決意。チーム総北として仲間とともにインターハイの優勝を目指す物語である。

新開隼人

主人公・坂道の所属する総北高校のライバル校であり、坂道が1年生の時点での昨年のインターハイ覇者である王者<b>箱根学園</b>の3年生。<span class="wysiwyg-color-festy-red"><b>「箱根の直線鬼」</b></span>の異名を持ち、<span class="wysiwyg-color-festy-red"><b>パワーバー</b></span>をいつも携帯している。

2年の時はインターハイメンバーに選ばれながらもある事情からトラウマを抱えていたため出場は辞退。3年のインターハイでは<b>「4」</b>のゼッケンをつけて<span class="wysiwyg-color-festy-red"><b>エーススプリンター</b></span>として出場。<b>京都伏見</b>の<b>御堂筋彬</b>と互角のスプリント勝負をし、レース中にトラウマを克服。

箱学の主将である<b>福富寿一</b>と中学校からの同級生。箱根学園卒業後は明早大学に進学し福富と共に自転車競技部に入部。

主人公・坂道の所属する総北高校のライバル校であり、坂道が1年生の時点での昨年のインターハイ覇者である王者箱根学園の3年生。「箱根の直線鬼」の異名を持ち、パワーバーをいつも携帯している。

2年の時はインターハイメンバーに選ばれながらもある事情からトラウマを抱えていたため出場は辞退。3年のインターハイでは「4」のゼッケンをつけてエーススプリンターとして出場。京都伏見御堂筋彬と互角のスプリント勝負をし、レース中にトラウマを克服。

箱学の主将である福富寿一と中学校からの同級生。箱根学園卒業後は明早大学に進学し福富と共に自転車競技部に入部。

新開隼人にとってのパワーバー

<p>パワーバーは補給食だが、新開は<b>「補給食として口にする」</b>のはもちろん<b>「人を励ますとき、ねぎらうときに渡す」「お風呂で頭にのせる」</b>など様々な使い方をする。

パワーバーは補給食だが、新開は「補給食として口にする」のはもちろん「人を励ますとき、ねぎらうときに渡す」「お風呂で頭にのせる」など様々な使い方をする。

インターハイ初日・泉田の回想

パワーバーを食べながら励ます

インターハイ初日。スプリントリザルトを取りに行く<b>泉田塔一郎</b>の回想シーンに新開が登場。なかなか結果のでない泉田に「お前はもう自転車に乗らなくていい」とアドバイスした福富。

インターハイ初日。スプリントリザルトを取りに行く泉田塔一郎の回想シーンに新開が登場。なかなか結果のでない泉田に「お前はもう自転車に乗らなくていい」とアドバイスした福富。

「自転車を諦めろ」という意味にとってしまった泉田に、そうではなく福富は「自転車に乗るだけがトレーニングではない」と言いたかったのだと伝える。そのシーンでもしっかり<b>パワーバー</b>を食べながらの会話。

「自転車を諦めろ」という意味にとってしまった泉田に、そうではなく福富は「自転車に乗るだけがトレーニングではない」と言いたかったのだと伝える。そのシーンでもしっかりパワーバーを食べながらの会話。

インターハイ2日目・VS御堂筋

京都伏見の御堂筋との戦いでパワーバーを口にしている。トラウマの克服を心を決めパワーバーを噛み切って落としたところで直線鬼となる。

バキュンポーズとパワーバー

後続が先頭に合流し6名全員が揃った箱根学園。その後、京都伏見の後続が合流し6名揃う。まだ後続が追いつかず2名のままの総北を尻目に京都伏見が先に箱学に追いつく。 御堂筋の挑発に平常心を失う泉田に、<b>熱くなりすぎだ</b>と諭す新開。

後続が先頭に合流し6名全員が揃った箱根学園。その後、京都伏見の後続が合流し6名揃う。まだ後続が追いつかず2名のままの総北を尻目に京都伏見が先に箱学に追いつく。 御堂筋の挑発に平常心を失う泉田に、熱くなりすぎだと諭す新開。

御堂筋に<b>必ず仕留める</b>という意味のこもった<span class="wysiwyg-color-festy-red"><b>バキュンポーズ</b></span>を決め、最速勝負に挑む。スプリントリザルトをとりにフレッシュなままインターハイ2日目を迎えた新開が発動する。

御堂筋に必ず仕留めるという意味のこもったバキュンポーズを決め、最速勝負に挑む。スプリントリザルトをとりにフレッシュなままインターハイ2日目を迎えた新開が発動する。

箱学ゼッケン4番

御堂筋は速いが、新開は<b>パワーバーをくわえたまま</b>それ以上のスピードで差を広げていく。それは<b>箱根学園のゼッケン4番</b>を背負っているから。

御堂筋は速いが、新開はパワーバーをくわえたままそれ以上のスピードで差を広げていく。それは箱根学園のゼッケン4番を背負っているから。



<p>レース中にうさぎを轢いてしまったトラウマからインターハイへの出場を辞退した1年前。復活を信じてゼッケン4番を新開に託した福富。<b>寿一がくれた最速のゼッケン</b>を付けて走る。

レース中にうさぎを轢いてしまったトラウマからインターハイへの出場を辞退した1年前。復活を信じてゼッケン4番を新開に託した福富。寿一がくれた最速のゼッケンを付けて走る。

本性を現す御堂筋



<p>スプリントラインまであと2キロ。もっと<b>策略家</b>だと聞いていたのに、うまくいきすぎる御堂筋との勝負。</p>

スプリントラインまであと2キロ。もっと策略家だと聞いていたのに、うまくいきすぎる御堂筋との勝負。

振り返った新開に御堂筋が<b>本性を現す</b>。

振り返った新開に御堂筋が本性を現す



<p>「どうやった?ぼくの負け芝居」と挑発する御堂筋に<b>「アカデミー賞ものだよ」</b>と返す新開。</p>

「どうやった?ぼくの負け芝居」と挑発する御堂筋に「アカデミー賞ものだよ」と返す新開。



<p>御堂筋は新開のトラウマである<b>うさぎ</b>のことを持ち出す。</p>

御堂筋は新開のトラウマであるうさぎのことを持ち出す。



<p>「敵のデータを調べても実力差は埋まらないよ」と突っぱねる新開に、御堂筋はさらに<b>左側が抜けない</b>ことを指摘する。</p>

「敵のデータを調べても実力差は埋まらないよ」と突っぱねる新開に、御堂筋はさらに左側が抜けないことを指摘する。

トラウマの克服

「だからって、はい諦めましたでは許してくれない」と自分を信じてくれた福富、<b>荒北靖友</b>、<b>東堂尽八</b>のことを思い出す。選択肢は2つ。「このままついて行って2番手でラインを越えるか」「無理やり左から行ってぶち抜くか」。

<b>3人との絆</b>を思い出し「1個目の選択肢は当然なしだよな」と左から抜くが、やはり指が勝手にブレーキをかけてしまう。

「だからって、はい諦めましたでは許してくれない」と自分を信じてくれた福富、荒北靖友東堂尽八のことを思い出す。選択肢は2つ。「このままついて行って2番手でラインを越えるか」「無理やり左から行ってぶち抜くか」。

3人との絆を思い出し「1個目の選択肢は当然なしだよな」と左から抜くが、やはり指が勝手にブレーキをかけてしまう。

福富<b>「だったら克服する」</b>荒北<b>「やるときゃやる」</b>東堂<b>「中途半端な覚悟でステージにたっていない」</b>と新開を信頼する3人。新開はついに<b>パワーバーを噛み切って</b><span class="wysiwyg-color-festy-red"><b>「箱根の直線鬼」</b></span>に変貌し、御堂筋を左から抜く。

福富「だったら克服する」荒北「やるときゃやる」東堂「中途半端な覚悟でステージにたっていない」と新開を信頼する3人。新開はついにパワーバーを噛み切って「箱根の直線鬼」に変貌し、御堂筋を左から抜く。

新開隼人の復活

泉田の回想2

同じスプリンターとして憧れの新開が京伏の御堂筋に敗れ隊列の最後を力なく走る姿を見て落ち込む泉田。生き生きとしたかっこいい新開の姿を回想するのだが、その新開はやはり<b>パワーバー</b>を口にしている。

同じスプリンターとして憧れの新開が京伏の御堂筋に敗れ隊列の最後を力なく走る姿を見て落ち込む泉田。生き生きとしたかっこいい新開の姿を回想するのだが、その新開はやはりパワーバーを口にしている。

新開の回復

荒北の後ろで下を向いたまま自転車を漕いでいた新開だったが「自信満々で飛び出してといて負けんなよ、格好悪い。お前のせいだよ、このダメ4番!」と相変わらず口の悪い荒北に「おかげでだいぶ回復させてもらってるよ、ありがとよ靖友」と顔をあげる。その手には<b>パワーバー</b>。

荒北の後ろで下を向いたまま自転車を漕いでいた新開だったが「自信満々で飛び出してといて負けんなよ、格好悪い。お前のせいだよ、このダメ4番!」と相変わらず口の悪い荒北に「おかげでだいぶ回復させてもらってるよ、ありがとよ靖友」と顔をあげる。その手にはパワーバー

「引くやつがお前で良かった」といつもの新開に戻っていた。荒北にひいてもらって体力を回復させ、先に仕掛けてきた京伏を抑えるため先にでた福富と東堂たちにも追いつく。</p>

「引くやつがお前で良かった」といつもの新開に戻っていた。荒北にひいてもらって体力を回復させ、先に仕掛けてきた京伏を抑えるため先にでた福富と東堂たちにも追いつく。

箱学にお荷物などいない。「追いついてこれるとわかっていた」と福富。王者・箱学は6人が揃う。そこへ総北も6名を揃えて追いつきレースは振り出しに戻る。そのときも、新開は<b>パワーバー</b>をくわえてる。

箱学にお荷物などいない。「追いついてこれるとわかっていた」と福富。王者・箱学は6人が揃う。そこへ総北も6名を揃えて追いつきレースは振り出しに戻る。そのときも、新開はパワーバーをくわえてる。

2日目のエースアシスト

エース福富のもとへ

御堂筋の作戦<b>アシスト封じ</b>の作戦を交わし、上りが終わったところで「福ちゃん待ってるぞ」と荒北に発射され前に出る新開。</p>

御堂筋の作戦アシスト封じの作戦を交わし、上りが終わったところで「福ちゃん待ってるぞ」と荒北に発射され前に出る新開。

「上がれ新開!」福富が新開を呼ぶ。

「上がれ新開!」福富が新開を呼ぶ。



<p>2日目の<b>エースアシスト</b>はエーススプリンターの新開。<b>パワーバー</b>をくわえたまま颯爽とエース福富のもとへ。</p>

2日目のエースアシストはエーススプリンターの新開。パワーバーをくわえたまま颯爽とエース福富のもとへ。



<p>「遅かったな」と言う福富に<b>「ちょっと道が混んでてね」</b>と新開。御堂筋との全力スプリント勝負の疲労から新開が完全に復活しているのを感じるセリフ。</p>

「遅かったな」と言う福富に「ちょっと道が混んでてね」と新開。御堂筋との全力スプリント勝負の疲労から新開が完全に復活しているのを感じるセリフ。

20秒で追いつくよ

新開が福富に追いついた時点で箱学は総北と京伏に離されている。

新開が福富に追いついた時点で箱学は総北と京伏に離されている。

<p>「いけるか」と聞く福富に<b>「問題ない」</b>と答える新開。</p>

「いけるか」と聞く福富に「問題ない」と答える新開。

<b>「20秒で追いつくよ」</b>と追撃を開始する。落ちないのが不思議な<b>パワーバー</b>。

「20秒で追いつくよ」と追撃を開始する。落ちないのが不思議なパワーバー



<p>福富をひき、京伏や総北へと迫る新開。<b>10秒</b>で「また会ったな御堂筋くん」と声をかける。</p>

福富をひき、京伏や総北へと迫る新開。10秒で「また会ったな御堂筋くん」と声をかける。



<p>スプリント勝負で潰したはずの新開の復活。焦る御堂筋。</p>

スプリント勝負で潰したはずの新開の復活。焦る御堂筋。



<p><b>15秒</b>経過。「楽しもうじゃないか、ゴール前の緊張感を」と御堂筋に言う余裕も。</p>

15秒経過。「楽しもうじゃないか、ゴール前の緊張感を」と御堂筋に言う余裕も。



<p>潰したはずが復活する箱学、ばらけて落ちたはずの総北に「お前らゾンビか」と御堂筋。</p>

潰したはずが復活する箱学、ばらけて落ちたはずの総北に「お前らゾンビか」と御堂筋。



<p>ジャスト<b>20秒</b>。御堂筋へのリベンジを宣言。「悪いが今度は勝たせてもらうよ」</p>

ジャスト20秒。御堂筋へのリベンジを宣言。「悪いが今度は勝たせてもらうよ」

そして総北にも宣戦布告。「君たちにも負けないよ」

そして総北にも宣戦布告。「君たちにも負けないよ」

箱学・総北・京伏、全力と全力の闘いへ

<b>小細工は通用しない</b>と御堂筋が戦い方を変える。

小細工は通用しないと御堂筋が戦い方を変える。

箱学、総北、京伏の<b>全力と全力の闘い</b>。

箱学、総北、京伏の全力と全力の闘い

<b>パワーバー</b>を食べている間はまだ余力を残している状態。

パワーバーを食べている間はまだ余力を残している状態。

<p>本当の勝負に入るそのとき<b>パワーバー</b>をかみきる。<b>命を削るような下りの勝負</b>が始まる。</p>

本当の勝負に入るそのときパワーバーをかみきる。命を削るような下りの勝負が始まる。

2日目のレース後

お風呂でパワーバー



<p><b>パワーバーを頭にのせてる</b>。水分吸ってふにゃふにゃになったりしないのかしら。</p>

パワーバーを頭にのせてる。水分吸ってふにゃふにゃになったりしないのかしら。

<b>お風呂でもパワーバーを食べる。</b>荒北の「まだ入ってたのかよ」というセリフから新開は長風呂らしいことがうかがえる。

お風呂でもパワーバーを食べる。荒北の「まだ入ってたのかよ」というセリフから新開は長風呂らしいことがうかがえる。



<p>Cパートでもお風呂のシーンが出てくる。東堂の誕生日パーティーでどんな出し物をするかという会話をするのだが、この時も新開の頭には<b>パワーバー</b>がのっている。しかも先程より食べた分がちゃんと短くなっている。</p>

Cパートでもお風呂のシーンが出てくる。東堂の誕生日パーティーでどんな出し物をするかという会話をするのだが、この時も新開の頭にはパワーバーがのっている。しかも先程より食べた分がちゃんと短くなっている。

インターハイ2日目VS今泉

スタート前のパワーバー摂取

<b>広島呉南</b>の<b>待宮栄吉</b>にエースの2人福富と金城が絡まれている後ろで<b>パワーバー</b>を食べる。

広島呉南待宮栄吉にエースの2人福富と金城が絡まれている後ろでパワーバーを食べる。

時間ぎりぎりになっても姿を現さない御堂筋のことを「口の悪い男」と表現した荒北に「その点に関しちゃ他人のことは言えないぜ」と返す。

時間ぎりぎりになっても姿を現さない御堂筋のことを「口の悪い男」と表現した荒北に「その点に関しちゃ他人のことは言えないぜ」と返す。



<p>スタートを待つ間も食べ続ける<b>パワーバー</b>。スタート前の緊張を感じさせない普段通りの新開。</p>

スタートを待つ間も食べ続けるパワーバー。スタート前の緊張を感じさせない普段通りの新開。

エースのもとへ

今泉へのオーダーは「新開の後ろにつく」。エースを目指して新開に必死に追いすがる今泉。はりつくのがやっとな今泉に対して、新開は<b>パワーバー</b>を食べながらの余裕の走り。

今泉へのオーダーは「新開の後ろにつく」。エースを目指して新開に必死に追いすがる今泉。はりつくのがやっとな今泉に対して、新開はパワーバーを食べながらの余裕の走り。

福富のもとへたどり着いた新開、互いに肩を組む。実力差がありながらついてきた今泉への賞賛とねぎらいの言葉も忘れない。

福富のもとへたどり着いた新開、互いに肩を組む。実力差がありながらついてきた今泉への賞賛とねぎらいの言葉も忘れない。

ゴールに一番近い場所

すぐに臨戦態勢に入り、福富を引き始める新開。インターハイ3日目は<b>1秒も休めない</b>。

すぐに臨戦態勢に入り、福富を引き始める新開。インターハイ3日目は1秒も休めない

完全に息が上がっている今泉に「ここは先頭。最もゴールに近い場所。<b>戦場</b>だよ」と声をかける。

完全に息が上がっている今泉に「ここは先頭。最もゴールに近い場所。戦場だよ」と声をかける。

逃げ切りを視野にいれ動く新開と追う今泉。実力さを感じさせる新開の走りに今泉は完全に振り回されている。新開の口には余裕の証<b>パワーバー</b>。

逃げ切りを視野にいれ動く新開と追う今泉。実力さを感じさせる新開の走りに今泉は完全に振り回されている。新開の口には余裕の証パワーバー

「絶対にいかせない」となんとか追いついた今泉に「やるな今泉君」と<b>パワーバー</b>をくわえたまま話しかける。</p>

「絶対にいかせない」となんとか追いついた今泉に「やるな今泉君」とパワーバーをくわえたまま話しかける。

「その勢いどこまで持つかな」新開はまだまだ余裕のある状態で第2波をしかける。

「その勢いどこまで持つかな」新開はまだまだ余裕のある状態で第2波をしかける。



<p><b>「1秒もやすまない」</b>と心に決め追いすがる今泉。「みごとなまでにしつこい」と呟く新開。</p>

「1秒もやすまない」と心に決め追いすがる今泉。「みごとなまでにしつこい」と呟く新開。



<p>しつこいのが総北のチームカラー。6人揃ったらもっとしつこいという今泉に「揃ったらの話だろ」と一言。新開の底知れない強さ、実力がじわじわと伝わってくるシーン。</p>

しつこいのが総北のチームカラー。6人揃ったらもっとしつこいという今泉に「揃ったらの話だろ」と一言。新開の底知れない強さ、実力がじわじわと伝わってくるシーン。

総合優勝に向けて箱根学園始動

荒北の回想・ちょっと若い新開

待宮との勝負中、自転車を始めた頃の自分を思い出す荒北の回想シーンで短髪で少し若い新開が<b>パワーバー</b>を食べている姿が。ちょっとかわいい。

待宮との勝負中、自転車を始めた頃の自分を思い出す荒北の回想シーンで短髪で少し若い新開がパワーバーを食べている姿が。ちょっとかわいい。

スマホの画面で見ると小さいけど、ちゃんとパワーバーくわえてる。

スマホの画面で見ると小さいけど、ちゃんとパワーバーくわえてる。

箱学6人が揃う

待宮との勝負を制し荒北が<b>真波山岳</b>と小野田を連れて先頭に合流する。「やけにかかったな」と新開。

待宮との勝負を制し荒北が真波山岳と小野田を連れて先頭に合流する。「やけにかかったな」と新開。

荒北が待宮との勝負のため合流せず抜き去った後続も合流。置いていったと、荒北に詰め寄る東堂に「まあいいじゃないか。合流できたんだ。食うか?」と<b>パワーバー</b>をすすめる。

荒北が待宮との勝負のため合流せず抜き去った後続も合流。置いていったと、荒北に詰め寄る東堂に「まあいいじゃないか。合流できたんだ。食うか?」とパワーバーをすすめる。

箱学全員が揃い<b>総合優勝</b>に向け<b>王者</b>が始動する。

箱学全員が揃い総合優勝に向け王者が始動する。

「この中からインターハイ総合優勝者が出る」という緊張感の中、<b>パワーバー</b>を食べ続ける。

「この中からインターハイ総合優勝者が出る」という緊張感の中、パワーバーを食べ続ける。

VS田所迅

新開がエースを連れて出る。<b>スプリントリザルト</b>だけでなくそのまま<b>ゴール</b>を狙うために。

新開がエースを連れて出る。スプリントリザルトだけでなくそのままゴールを狙うために。

<b>田所迅</b>がおさえる。「今更<b>スプリントゼッケン</b>が欲しくなったか?」と問う田所に「額に入れるにはちょうどいいからな」と新開。優勝を争う緊張感の中で余裕のあるこの会話。

田所迅がおさえる。「今更スプリントゼッケンが欲しくなったか?」と問う田所に「額に入れるにはちょうどいいからな」と新開。優勝を争う緊張感の中で余裕のあるこの会話。

荒北最後の仕事



<p>「新開代われ!インターハイラストステージだ。箱学は俺が引くぜ」と荒北が前へ出る。</p>

「新開代われ!インターハイラストステージだ。箱学は俺が引くぜ」と荒北が前へ出る。



<p>荒北が最後の力を出し切って箱学を引く後ろでも<b>パワーバー</b>を食べ続ける。</p>

荒北が最後の力を出し切って箱学を引く後ろでもパワーバーを食べ続ける。



<p>ついに力尽きた荒北。けれど新開は<b>ゴール</b>を目指して先に進まなければならない。</p>

ついに力尽きた荒北。けれど新開はゴールを目指して先に進まなければならない。



<p>「靖友!」と叫び、ついに<b>パワーバー</b>がとぶ。</p>

「靖友!」と叫び、ついにパワーバーがとぶ。

泉田、筋肉の限界まで

箱学に遅れをとった総北だが「3年生のために」という1年生達の頑張りでなんとか追いつく。箱学の先頭は<b>パワーバー</b>を食べながら引く新開。

箱学に遅れをとった総北だが「3年生のために」という1年生達の頑張りでなんとか追いつく。箱学の先頭はパワーバーを食べながら引く新開。



<p>総北が追いついたところで箱学の先頭は泉田に代わる。筋肉が悲鳴をあげるほどチームを引いた泉田は総北を引き離し「あとは頼みます」と限界に達する。</p>

総北が追いついたところで箱学の先頭は泉田に代わる。筋肉が悲鳴をあげるほどチームを引いた泉田は総北を引き離し「あとは頼みます」と限界に達する。



<p>「任せとけよ泉田」と新開。泉田にとって<b>憧れの先輩</b>。</p>

「任せとけよ泉田」と新開。泉田にとって憧れの先輩

力尽きた泉田の回想シーンの中でも、やはり<b>パワーバー</b>をくわえているちょっと若い新開が登場。

力尽きた泉田の回想シーンの中でも、やはりパワーバーをくわえているちょっと若い新開が登場。

VS田所迅 山中湖



<p>なかなか追いついてこない総北に「お土産でも買いに行ったのか?」</p>

なかなか追いついてこない総北に「お土産でも買いに行ったのか?」

<b>パワーバー</b>をくわえながら疾走する新開。

パワーバーをくわえながら疾走する新開。



<p>山の手前の平坦区間で箱学に追いつかなければ勝負が決してしまうというギリギリの状態の総北。3年生の力で箱学に迫る。</p>

山の手前の平坦区間で箱学に追いつかなければ勝負が決してしまうというギリギリの状態の総北。3年生の力で箱学に迫る。



<p>新開は<b>パワーバー</b>をかみきり、残りをポケットにしまう。<b>箱根の直線鬼</b>となり田所と山中湖で最後の平坦の勝負へ。</p>

新開はパワーバーをかみきり、残りをポケットにしまう。箱根の直線鬼となり田所と山中湖で最後の平坦の勝負へ。

ライバル田所との友情

たたえ合う2人

箱学がエース福富、クライマーの東堂と真波という最強の布陣で山に入った一方で、金城の膝が限界に達し、巻島と1年生3人で山に入った総北。その頃平坦での仕事を終えた<b>スプリンター</b>の2人、新開と田所はお互いをたたえ合っていた。

箱学がエース福富、クライマーの東堂と真波という最強の布陣で山に入った一方で、金城の膝が限界に達し、巻島と1年生3人で山に入った総北。その頃平坦での仕事を終えたスプリンターの2人、新開と田所はお互いをたたえ合っていた。



<p>肩を叩き合い、いい勝負だったと固い握手を交わす。</p>

肩を叩き合い、いい勝負だったと固い握手を交わす。



<p>総北にとって<b>ゴールは</b>守るものではなく<b>切り開くもの</b>だという田所に、新開は福富が「総北」に一目おいていた理由を理解する。</p>

総北にとってゴールは守るものではなく切り開くものだという田所に、新開は福富が「総北」に一目おいていた理由を理解する。

田所にねぎらいのパワーバー

「俺たちも登るか」と気が遠くなるような登りをのぼっていく2人。田所に<b>パワーバー</b>を渡す。

「俺たちも登るか」と気が遠くなるような登りをのぼっていく2人。田所にパワーバーを渡す。



<p>箱学は最高の布陣。総北に作戦はあるのか?と聞く新開。作戦はないと答えながら「限界を知らない赤い豆粒がいる」と新開にもらった<b>パワーバー</b>を食べながら鳴子のことを楽しそうに話す田所。</p>

箱学は最高の布陣。総北に作戦はあるのか?と聞く新開。作戦はないと答えながら「限界を知らない赤い豆粒がいる」と新開にもらったパワーバーを食べながら鳴子のことを楽しそうに話す田所。

鳴子の話を続ける田所はすでに食べ終わっているが新開はまだ、<b>パワーバー</b>をくわえている。食べ終わって新しいものを開けたのか、それともまだ同じものを加えているのかは謎。

鳴子の話を続ける田所はすでに食べ終わっているが新開はまだ、パワーバーをくわえている。食べ終わって新しいものを開けたのか、それともまだ同じものを加えているのかは謎。

真波に追いつく小野田

ゴール前2キロの戦況をボードで知り、小野田が真波に追いついていることに驚く2人。

ゴール前2キロの戦況をボードで知り、小野田が真波に追いついていることに驚く2人。

喜ぶ田所と<b>パワーバー</b>を食べる新開。

喜ぶ田所とパワーバーを食べる新開。



<p>登りでなかなかペースが上がらないスプリンター2人。山坂を好き好んで登るクライマーの気持ちがわからないという田所に、向こうもそう思ってるよと新開。自転車乗りはみな<b>純粋</b>ということ。</p>

登りでなかなかペースが上がらないスプリンター2人。山坂を好き好んで登るクライマーの気持ちがわからないという田所に、向こうもそう思ってるよと新開。自転車乗りはみな純粋ということ。



<p>もうすぐゴールが決まる。お互い負けないと拳をぶつける田所と新開。そんなときも<b>パワーバー</b>。</p>

もうすぐゴールが決まる。お互い負けないと拳をぶつける田所と新開。そんなときもパワーバー

インターハイのゴール後

真波を励ますために

小野田とのゴール前の戦いに敗れた真波を励ますために<b>パワーバー</b>を渡す。

小野田とのゴール前の戦いに敗れた真波を励ますためにパワーバーを渡す。

「疲れたろ、食う?」「はい」と頷き、おさまったはずの涙をまた流す真波。

「疲れたろ、食う?」「はい」と頷き、おさまったはずの涙をまた流す真波。

サウナでもパワーバー

自転車以外の日常生活でのシーンが多く、本編とは一味違う登場人物の魅力を感じられるCパート。新開が泉田とサウナに入り、泉田が筋肉に話しかけ会話する横で静かに<b>パワーバー</b>を食べる。

自転車以外の日常生活でのシーンが多く、本編とは一味違う登場人物の魅力を感じられるCパート。新開が泉田とサウナに入り、泉田が筋肉に話しかけ会話する横で静かにパワーバーを食べる。

ただでさえ喉が渇くサウナで口の中の水分を奪う<b>パワーバー</b>。口の中カラッカラだと思うけど、それでも大丈夫というところがさすが新開。

ただでさえ喉が渇くサウナで口の中の水分を奪うパワーバー。口の中カラッカラだと思うけど、それでも大丈夫というところがさすが新開。

Twitterの反応

これが新開隼人がいつも食べてるパワーバーだっっっ(たぶん) ?mediapath=festy production%2f2016%2f04%2f08%2f22%2f27%2f28%2f816%2fcl94ja2umaea8i
この緊迫した状況でたった一コマの隙にパワーバーをかじる新開隼人 #細かすぎて伝わらない弱虫ペダルの魅力選手権 ?mediapath=festy production%2f2016%2f04%2f08%2f22%2f26%2f00%2f208%2fcmnhyd5veaenh3r ?mediapath=festy production%2f2016%2f04%2f08%2f22%2f26%2f01%2f302%2fcmnhyd usaae3nx
食べない時はちゃんと頭にパワーバー置いてる新開隼人クソ可愛いくナァイ( 순д순)?? ?mediapath=festy production%2f2016%2f04%2f08%2f22%2f19%2f50%2f392%2fcxs3osdueaarcgn
新開さんが食べかけのパワーバーを「食う?」ってすすめるとこすごい笑える…新開さん…開封済みのパワーバーを人にやるんじゃないよ…
新開隼人ってあんなにちょこちょこちょこちょこパワーバー食って、しかも加えたまんまだし虫歯大丈夫なの?
鳴子章吉はヒーローみたいで好き悔し泣き可愛い。手嶋純太は一番親近感湧くあんな息子ほしい。東堂尽八は普段と先輩してるときと山神との三つの顔を持ってる感じトリプルギャップ。新開隼人は優しさとうさ吉とパワーバーで出来てるショートストレートも発狂。荒北靖友はなんかよくわかんないけどすき。

最後に

新開隼人がパワーバーを食べているシーン、あまりにありすぎて膨大な量になってしまったにも関わらず、ここまでたどり着いて下さった方に感謝。数えたところ、アニメ1期~2期で新開隼人がパワーバーを口にしている場面は38シーン

箱根学園は卒業したけれど福富とともに明早大学に進学しているので今後も出番があるのではないかと期待してしまう。パワーバーを器用にくわえたまま、気の利いた会話をする新開隼人にまた会えたらいいな。

1 ゲスト 1年前

新開さん、あなた、パワーバー食べ過ぎです。

返信
like
28
dislike
2
2 ゲスト 11ヶ月前

パワーバー中毒者か…

返信
like
6
dislike
5
3 ゲスト 6ヶ月前

摂取カロリーやばそう…

返信
like
3
dislike
3

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

7634
1
Totop 上に戻る