アーチャーの正体は英霊エミヤ!なぜ士郎は英霊になったのか徹底考察!【Fate】

セイバールートの衛宮士郎は、セイバーと徐々に打ち解けあいながら、セイバーの悲願をかなえるため愚直に聖杯戦争での勝利を目指しています。<br><br>このルートにおいて、アーチャーは士朗に数々の(皮肉めいた)<b>助言</b>をします。バーサーカーに挑むにあたり、あまりに無力な自分に悩む士郎に対し「

<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">忘れるな。イメージするのは常に最強の自分だ。 外敵など要らぬ。 おまえにとって戦う相手とは、自身のイメージに他ならない</span></b><span class="wysiwyg-color-festy-red"><b>。</b></span>

」と語りかけます。実はこの台詞、アーチャーが自身に対して言った言葉にも聞こえるとの諸説が。<br><br>そして、バーサーカー戦にて凛と士郎を逃がすためアーチャーは死亡。その後も衛宮士郎は<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">アーチャーのアドバイスを心に刻み</span></b>、苦難に立ち向かう時に思いだし、セイバーと共に聖杯戦争を勝ち抜きました。<br><br>困難な闘いを勝ち抜いた士郎には、<b><span class="wysiwyg-font-size-festy-large"><span class="wysiwyg-color-festy-red">セイバーとの別れ</span></span></b>が待っていました。エピローグでは、セイバーの悲願をかなえてあげられた・最後にお互いの気持ちを伝えあうことができたことに対し満足し、未来へ向かって歩み出す描写でセイバールートは終わっています。<br><br><b>セイバールートの士郎がアーチャーになる可能性は、十二分にあると言える</b>でしょう。闘いを共にしたセイバーもいなくなり、思い出と共に生きて行くと決心する士郎。そして<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">「正義の味方になる」</span></b><span class="wysiwyg-color-festy-red"><b>という信念を諦めてはいません</b></span>。この綺麗過ぎる理想が、衛宮士郎をアーチャーに近づけた理由そのものなのです。<br><br>

出典: tsundora.com

セイバールートの衛宮士郎は、セイバーと徐々に打ち解けあいながら、セイバーの悲願をかなえるため愚直に聖杯戦争での勝利を目指しています。

このルートにおいて、アーチャーは士朗に数々の(皮肉めいた)助言をします。バーサーカーに挑むにあたり、あまりに無力な自分に悩む士郎に対し「

忘れるな。イメージするのは常に最強の自分だ。 外敵など要らぬ。 おまえにとって戦う相手とは、自身のイメージに他ならない

」と語りかけます。実はこの台詞、アーチャーが自身に対して言った言葉にも聞こえるとの諸説が。

そして、バーサーカー戦にて凛と士郎を逃がすためアーチャーは死亡。その後も衛宮士郎はアーチャーのアドバイスを心に刻み、苦難に立ち向かう時に思いだし、セイバーと共に聖杯戦争を勝ち抜きました。

困難な闘いを勝ち抜いた士郎には、セイバーとの別れが待っていました。エピローグでは、セイバーの悲願をかなえてあげられた・最後にお互いの気持ちを伝えあうことができたことに対し満足し、未来へ向かって歩み出す描写でセイバールートは終わっています。

セイバールートの士郎がアーチャーになる可能性は、十二分にあると言えるでしょう。闘いを共にしたセイバーもいなくなり、思い出と共に生きて行くと決心する士郎。そして「正義の味方になる」という信念を諦めてはいません。この綺麗過ぎる理想が、衛宮士郎をアーチャーに近づけた理由そのものなのです。

Fessan white 上に戻る