アーチャーの正体は英霊エミヤ!なぜ士郎は英霊になったのか徹底考察!【Fate】

さて、間桐桜(Heaven's feel)ルートですが、このルートにおける衛宮士郎に課せられたテーマは<span class="wysiwyg-color-festy-red"><b><span class="wysiwyg-font-size-festy-large">「</span></b></span><span class="wysiwyg-color-festy-red"><b><span class="wysiwyg-font-size-festy-large">たった一人を救うために、自身の理想(正義の味方になる)ことを諦める</span></b></span><span class="wysiwyg-color-festy-red"><b><span class="wysiwyg-font-size-festy-large">」</span></b></span>というものです。<br><br>第五次聖杯戦争に参加するものの、早々にセイバーを敵に奪われてしまいます。さらには<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">桜の凄惨な過去を知り</span></b>、自身の理想「正義の味方になる」ことを諦めて<b><span class="wysiwyg-color-festy-red"><span class="wysiwyg-font-size-festy-large">桜だけの正義の味方になる</span></span></b>ことを決意し、聖杯戦争を生き残ることに成功しました。姉である凛と、桜が和解するシーンも。<br><br>エピローグ(True)では、ロンドンへ行く凛を見送りつつ、<b>桜と和やかな日常に生きて行く士郎</b>が描かれています。やはり<b>このルートの士郎がアーチャーになる確率も、ほとんど0に等しいと言えます</b>。

さて、間桐桜(Heaven's feel)ルートですが、このルートにおける衛宮士郎に課せられたテーマはたった一人を救うために、自身の理想(正義の味方になる)ことを諦めるというものです。

第五次聖杯戦争に参加するものの、早々にセイバーを敵に奪われてしまいます。さらには桜の凄惨な過去を知り、自身の理想「正義の味方になる」ことを諦めて桜だけの正義の味方になることを決意し、聖杯戦争を生き残ることに成功しました。姉である凛と、桜が和解するシーンも。

エピローグ(True)では、ロンドンへ行く凛を見送りつつ、桜と和やかな日常に生きて行く士郎が描かれています。やはりこのルートの士郎がアーチャーになる確率も、ほとんど0に等しいと言えます

Fessan white 上に戻る