_

亜門鋼太朗がグール化して再登場!?死亡の真相とその正体を徹底考察!【東京喰種】

仕事に熱心な亜門ですが、<b>喰種を強く憎む</b>気持ちを持っています。そのきっかけは亜門の経歴と、彼を育てた養父にありました。<br><br>亜門は孤児で幼少期はとある養護施設で暮らしていました。<span class="wysiwyg-color-festy-blue"><span class="wysiwyg-font-size-festy-large">ドナート・ポルポラ</span></span>というロシア人の神父がやっている養護施設です。<br><br>沢山の子供たちと共に明るく育った彼ですが、ある時ポルポラが同じ施設の子供を捕食している所に遭遇します。<br><br>なんと、ポルポラは<b><span class="wysiwyg-font-size-festy-large">喰種</span></b>だったのです。今まで外の大人に引き取られたと説明された幼い子供たちは実はポルポラに食べられてしまっていました。<br><br>おやつを盗み食いする亜門を優しくしかった、父のような存在であったポルポラが喰種であった、しかも兄弟分である子供たちを食べていたという事実は亜門に大きな衝撃を与えます。<br><br>その後ポルポラは捕まり、亜門は喰種被害で孤児になった子供たちが集まるCCG運営の養護施設にうつり、そこから喰種捜査官養成学校で喰種捜査官を目指します。<br><br>持ち前の体格の良さと熱心に学んだことで首席で卒業し捜査官として活躍しますが、彼の心の中ではポルポラに対する<b>「何故自分をだましたのか」</b>、そして<b>「何故自分はいつまでも食べられなかったのか」</b>という思いにとらわれているようです。<br><br>トラウマから喰種に対しての憎しみが強い亜門ですが、金木と出会う事でその思いに何らかの変化があり、そのため金木には特別な思いがあるようです。

仕事に熱心な亜門ですが、喰種を強く憎む気持ちを持っています。そのきっかけは亜門の経歴と、彼を育てた養父にありました。

亜門は孤児で幼少期はとある養護施設で暮らしていました。ドナート・ポルポラというロシア人の神父がやっている養護施設です。

沢山の子供たちと共に明るく育った彼ですが、ある時ポルポラが同じ施設の子供を捕食している所に遭遇します。

なんと、ポルポラは喰種だったのです。今まで外の大人に引き取られたと説明された幼い子供たちは実はポルポラに食べられてしまっていました。

おやつを盗み食いする亜門を優しくしかった、父のような存在であったポルポラが喰種であった、しかも兄弟分である子供たちを食べていたという事実は亜門に大きな衝撃を与えます。

その後ポルポラは捕まり、亜門は喰種被害で孤児になった子供たちが集まるCCG運営の養護施設にうつり、そこから喰種捜査官養成学校で喰種捜査官を目指します。

持ち前の体格の良さと熱心に学んだことで首席で卒業し捜査官として活躍しますが、彼の心の中ではポルポラに対する「何故自分をだましたのか」、そして「何故自分はいつまでも食べられなかったのか」という思いにとらわれているようです。

トラウマから喰種に対しての憎しみが強い亜門ですが、金木と出会う事でその思いに何らかの変化があり、そのため金木には特別な思いがあるようです。

Fessan white 上に戻る