【ワンピース】【再び再起】魚人島編(61巻〜66巻)あらすじまとめ

気が付くとそこは意外な事に海底にも関わらず光が溢れていました。海底1万Mの「海淵」です。そして目の前には<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">目的地“魚人島”</span></b>もあります。ついに到着です。魚人島の入り口を探すようにするめに命じます。<br><br>がその時ルフィ達の目の前に巨大な海獣達の群れが現れ囲まれてしまいます。その海獣達の背中には<b>“新魚人海賊団”を名乗るハモンド・ヒョウゾウ・カサゴン</b>が乗っていました。クラーケンは何かに怯え逃げて行ってしまいます。<br><br>残されたルフィ達にハモンドは自分達の傘下になるか、それともここで殺されるかの<b>二択を迫ります。</b>ルフィはそれを聞き入れるはずもなく<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">ナミのアイデアでシャボンの空気を全部使ってでも逃げる事</span></b>にします。<br>

出典: topicks.jp

気が付くとそこは意外な事に海底にも関わらず光が溢れていました。海底1万Mの「海淵」です。そして目の前には目的地“魚人島”もあります。ついに到着です。魚人島の入り口を探すようにするめに命じます。

がその時ルフィ達の目の前に巨大な海獣達の群れが現れ囲まれてしまいます。その海獣達の背中には“新魚人海賊団”を名乗るハモンド・ヒョウゾウ・カサゴンが乗っていました。クラーケンは何かに怯え逃げて行ってしまいます。

残されたルフィ達にハモンドは自分達の傘下になるか、それともここで殺されるかの二択を迫ります。ルフィはそれを聞き入れるはずもなくナミのアイデアでシャボンの空気を全部使ってでも逃げる事にします。

Fessan white 上に戻る