【ワンピース】【再び再起】魚人島編(61巻〜66巻)あらすじまとめ

フカボシがホーディに対して何故これほどまでに人間を憎むのかホーディ達が人間によってどんな酷い仕打ちや経験をしたか問うも<b>ホーディ・ジョーンズの答えは「何もない」ということでした。</b>つまりホーディは<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">フカボシ王子曰く“環境が産んだバケモノ”</span></b>だと言うのです。<br><br>ホーディ達の恨みには体験と意志が欠如しています。<b>実態のない怨念だけが作り出したバケモノがホーディ・ジョーンズと新魚人海賊団でした。</b>ルフィ達は実態のない空っぽの敵を相手に戦っているのでした。<br><br>情報の届かない閉ざされた魚人街という空間で人間を恨む片寄った情報だけを受け取り<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">人間に対して実態のない怨念を抱き人間を滅ぼす“英雄”になろうと育ったホーディと新魚人海賊団</span></b>は人間に対して復讐する為の戦いを聖戦と考えるようになりその結果今回の様におなじ魚人達の犠牲もいとわない戦いへと発展したのでした。<br>

出典: yamakamu.com

フカボシがホーディに対して何故これほどまでに人間を憎むのかホーディ達が人間によってどんな酷い仕打ちや経験をしたか問うもホーディ・ジョーンズの答えは「何もない」ということでした。つまりホーディはフカボシ王子曰く“環境が産んだバケモノ”だと言うのです。

ホーディ達の恨みには体験と意志が欠如しています。実態のない怨念だけが作り出したバケモノがホーディ・ジョーンズと新魚人海賊団でした。ルフィ達は実態のない空っぽの敵を相手に戦っているのでした。

情報の届かない閉ざされた魚人街という空間で人間を恨む片寄った情報だけを受け取り人間に対して実態のない怨念を抱き人間を滅ぼす“英雄”になろうと育ったホーディと新魚人海賊団は人間に対して復讐する為の戦いを聖戦と考えるようになりその結果今回の様におなじ魚人達の犠牲もいとわない戦いへと発展したのでした。

Fessan white 上に戻る