【ワンピース】【再び再起】魚人島編(61巻〜66巻)あらすじまとめ

政府の上層部では赤犬を元帥にという要望も多く新たな元帥は青雉と赤犬でもめました。普段はやる気を全くみせることのない青キジも赤犬が元帥になるという事だけは強行に反対してそれがもとでついに二人はある島での決闘となってしまったのでした。<br><br><b><span class="wysiwyg-color-festy-red">前代未聞の大将同士の決闘は実に10日間にも渡り実力が拮抗してなかなか決着がつかなかったが最終的にはエースを殺しルフィに深い傷を負わせたあの赤犬サカズキが新たなる元帥</span></b>となったのでした。<br><br>青雉クザンは瀕死の重傷を負ったものの流石の赤犬もかつての同志にトドメを刺す事は出来ずクザンが死ぬ事はなかったのですが赤犬の下に付く事も出来ない青雉は海軍を去り今ではどこで何をしているか誰もわからないと言います。<br>

政府の上層部では赤犬を元帥にという要望も多く新たな元帥は青雉と赤犬でもめました。普段はやる気を全くみせることのない青キジも赤犬が元帥になるという事だけは強行に反対してそれがもとでついに二人はある島での決闘となってしまったのでした。

前代未聞の大将同士の決闘は実に10日間にも渡り実力が拮抗してなかなか決着がつかなかったが最終的にはエースを殺しルフィに深い傷を負わせたあの赤犬サカズキが新たなる元帥となったのでした。

青雉クザンは瀕死の重傷を負ったものの流石の赤犬もかつての同志にトドメを刺す事は出来ずクザンが死ぬ事はなかったのですが赤犬の下に付く事も出来ない青雉は海軍を去り今ではどこで何をしているか誰もわからないと言います。

Fessan white 上に戻る