【ワンピース】【再び再起】魚人島編(61巻〜66巻)あらすじまとめ

その言葉を聞いたペコムズが今度はルフィと言い合いになりそれを制したのが同じくビック・マム海賊団の戦闘員で足長族のタマゴ男爵でした。タマゴ男爵の話ではビック・マムは白ひげのように好意で魚人島を守っているのではなく毎月10トンの<b>お菓子と引き換えに海賊旗を貸している</b>ビジネスにすぎないのです。<br><br>そして4日後にはお茶会がある為明日の朝までにお菓子を差し出さなければ後日ビック・マム海賊団の戦闘員達が押し寄せ魚人島が滅ぶと言います。お菓子がもらえないからと言って今まさにホーディ達から救われたばかりの魚人島が滅ぶと言うのは<b>許せないルフィはペコムズ達と一触即発状態</b>になります。<br><br>そんな頃新世界のとある海域にあるホールケーキアイランドというビック・マムのアジトではおりしも<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">お菓子を差し出さなかった国を焼き払ってきたと部下</span></b>が報告していました。<br>

その言葉を聞いたペコムズが今度はルフィと言い合いになりそれを制したのが同じくビック・マム海賊団の戦闘員で足長族のタマゴ男爵でした。タマゴ男爵の話ではビック・マムは白ひげのように好意で魚人島を守っているのではなく毎月10トンのお菓子と引き換えに海賊旗を貸しているビジネスにすぎないのです。

そして4日後にはお茶会がある為明日の朝までにお菓子を差し出さなければ後日ビック・マム海賊団の戦闘員達が押し寄せ魚人島が滅ぶと言います。お菓子がもらえないからと言って今まさにホーディ達から救われたばかりの魚人島が滅ぶと言うのは許せないルフィはペコムズ達と一触即発状態になります。

そんな頃新世界のとある海域にあるホールケーキアイランドというビック・マムのアジトではおりしもお菓子を差し出さなかった国を焼き払ってきたと部下が報告していました。

Fessan white 上に戻る