新海誠 監督『君の名は。』感想レビュー 「1歩先に踏み込む青春作品」

 新海監督の作品といえば、「独創性の世界観と物語」が特徴で、ファンから厚い支持を得ている部分である。その点を触れると、新海作品で最も注目するところは物語の終わり方にある。

今作「君の名は。」を鑑賞し終わって感じるのは、凄くすっきりとした気持ちなるという事。つまりは「すごく綺麗なハッピーエンドだった」という感想である。これは、過去の新海作品を見たことのある人にとっては、斬新かつ革新的なことなのである。

新海誠監督の作品といえば、「秒速5センチメートル」で多くの人が感じたような、最後に切なくなるような、胸が苦しくなるような、悶々とした終わり方が記憶にあるだろう。人によっては「秒速」を見て、その顛末にの憂鬱さに新海監督に憤慨した人もいるかもしれない。

新海監督の作品といえば、「独創性の世界観と物語」が特徴で、ファンから厚い支持を得ている部分である。その点を触れると、新海作品で最も注目するところは物語の終わり方にある。

今作「君の名は。」を鑑賞し終わって感じるのは、凄くすっきりとした気持ちなるという事。つまりは「すごく綺麗なハッピーエンドだった」という感想である。これは、過去の新海作品を見たことのある人にとっては、斬新かつ革新的なことなのである。

新海誠監督の作品といえば、「秒速5センチメートル」で多くの人が感じたような、最後に切なくなるような、胸が苦しくなるような、悶々とした終わり方が記憶にあるだろう。人によっては「秒速」を見て、その顛末にの憂鬱さに新海監督に憤慨した人もいるかもしれない。

Fessan white 上に戻る