22歳の童貞が『12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜』に感動して1万字のレポートを書いてみた!


<p><b>思わず哲学的思索に耽ってしまうところだったが</b>(それほどまでに私は童貞を大切に感じている)、先述したように童貞がどうして本文で重要な意味を持つのかを説明する。それは童貞が私のアイデンティティーに深く根ざした言葉であるという点に起因している。個々人によってその言葉の意味するところは異なってくるだろうが、私にとって童貞とは自身を規定する言葉であり概念だ。<br></p><p></p><p><b>「22歳の童貞」=私。</b>これはもはや帰着点、「私とはつまり……」につながる言葉。——就職活動の際、エントリーシートの「ズバリ!あなたを一言で表すなら」という噛み尽くされて無味になったガムのような項目に瞬目のためらいなく「童貞」と書くほどには——。もはや帰る場所とも言い表せる概念である。自身を規定する何か。これこそが今回重要な要素であり考え方である。とりあえずこの馬糞のような駄文を垂れ流しにしている男が22歳で「童貞」と言う言葉に自分の存在を仮託しているということなのである。</p>

思わず哲学的思索に耽ってしまうところだったが(それほどまでに私は童貞を大切に感じている)、先述したように童貞がどうして本文で重要な意味を持つのかを説明する。それは童貞が私のアイデンティティーに深く根ざした言葉であるという点に起因している。個々人によってその言葉の意味するところは異なってくるだろうが、私にとって童貞とは自身を規定する言葉であり概念だ。

「22歳の童貞」=私。これはもはや帰着点、「私とはつまり……」につながる言葉。——就職活動の際、エントリーシートの「ズバリ!あなたを一言で表すなら」という噛み尽くされて無味になったガムのような項目に瞬目のためらいなく「童貞」と書くほどには——。もはや帰る場所とも言い表せる概念である。自身を規定する何か。これこそが今回重要な要素であり考え方である。とりあえずこの馬糞のような駄文を垂れ流しにしている男が22歳で「童貞」と言う言葉に自分の存在を仮託しているということなのである。

Fessan white 上に戻る