22歳の童貞が『12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜』に感動して1万字のレポートを書いてみた!

<b>・桧山一翔(ひやま かずま)</b><br>メインキャラクターの一人。結衣の彼氏。結衣とは現在の関係になる前は諍いが耐えない、いわゆる「犬猿の仲」であったが、実のところそれは好意の裏返しであった。粗暴な言動が目立ち、一見すると不良少年であるが、その内面は熱意と向上心にあふれる純粋な少年。

身体能力が高くスポーツにおいて非凡な才能を発揮するが身長は結衣より低く、それが<b>コンプレックス</b>になっている。<b>自身の心情を伝えるための行動が時に結衣の誤解を招く</b>ため、花日と高尾の「カレカノ」の関係に比べるとトラブルが目立つが、それが結果的に相互理解につながるため結衣との関係が破局することはなくむしろ進展する。

これもひとえに桧山自身の実直さと結衣の思慮深さによるものであり、彼女との信頼関係が回を重ねるごとに飛躍的に構築されていく様は本作の見どころの一つであると言える。

・桧山一翔(ひやま かずま)
メインキャラクターの一人。結衣の彼氏。結衣とは現在の関係になる前は諍いが耐えない、いわゆる「犬猿の仲」であったが、実のところそれは好意の裏返しであった。粗暴な言動が目立ち、一見すると不良少年であるが、その内面は熱意と向上心にあふれる純粋な少年。

身体能力が高くスポーツにおいて非凡な才能を発揮するが身長は結衣より低く、それがコンプレックスになっている。自身の心情を伝えるための行動が時に結衣の誤解を招くため、花日と高尾の「カレカノ」の関係に比べるとトラブルが目立つが、それが結果的に相互理解につながるため結衣との関係が破局することはなくむしろ進展する。

これもひとえに桧山自身の実直さと結衣の思慮深さによるものであり、彼女との信頼関係が回を重ねるごとに飛躍的に構築されていく様は本作の見どころの一つであると言える。

Fessan white 上に戻る