22歳の童貞が『12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜』に感動して1万字のレポートを書いてみた!


これで条件は整った。私は本作を完璧と記したが、その理由をお伝えする事が本文の主旨であり<b>レーゾンデートル</b>なのである。それでは冗長で<b>精子臭い駄文</b>を終えて、<b>『12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜』の魅力</b>を書き連ねていこうと思う。

<p>先ほど私は「子供が好き」と言った。だが正確には、『12歳。』は子供の物語ではない。本作は、題名が示すように12歳の小学生が主人公であることを既に記したが、作中で主人公が言うように彼らは自身を<b>「大人でも子供でもない」</b>と形容している。国連が定める<b>子どもの権利条約では18歳以下を子供とみなしているので、</b>12歳はまごうことなき子供であるが、彼らはそういった定義とは異なる領域の話をしている。

「自分が子供とは思えない。しかし大人という言葉は不適であるように思う。なので大人でも子供でもない」……そういった自己認識は本作で描かれる様々な事柄から導きだされていると考える。本作でのもっともわかりやすい部分としてあげられるのが、花火らの周囲、その環境だろう。花日らが在籍する6年2組内部における男女間の不和がまさにそれにあたる。

担任教師も頭を抱えるほどに男女間の諍いは絶えず、ことあるごとに言い争いが発声する、<b>そのトラブル発生率から教室内はある意味で紛争状態</b>と言っても過言ではない有様である。</p>

出典: tama-yura.jp

これで条件は整った。私は本作を完璧と記したが、その理由をお伝えする事が本文の主旨でありレーゾンデートルなのである。それでは冗長で精子臭い駄文を終えて、『12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜』の魅力を書き連ねていこうと思う。

先ほど私は「子供が好き」と言った。だが正確には、『12歳。』は子供の物語ではない。本作は、題名が示すように12歳の小学生が主人公であることを既に記したが、作中で主人公が言うように彼らは自身を「大人でも子供でもない」と形容している。国連が定める子どもの権利条約では18歳以下を子供とみなしているので、12歳はまごうことなき子供であるが、彼らはそういった定義とは異なる領域の話をしている。

「自分が子供とは思えない。しかし大人という言葉は不適であるように思う。なので大人でも子供でもない」……そういった自己認識は本作で描かれる様々な事柄から導きだされていると考える。本作でのもっともわかりやすい部分としてあげられるのが、花火らの周囲、その環境だろう。花日らが在籍する6年2組内部における男女間の不和がまさにそれにあたる。

担任教師も頭を抱えるほどに男女間の諍いは絶えず、ことあるごとに言い争いが発声する、そのトラブル発生率から教室内はある意味で紛争状態と言っても過言ではない有様である。

Fessan white 上に戻る