22歳の童貞が『12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜』に感動して1万字のレポートを書いてみた!


<p>言ってしまえばこの状況は、男女の精神的成熟の速度に決定的な差が生まれていることに起因しているのだが、そこはある<b>特定の男子が常軌を逸した行動をとる</b>ことで引き起こされているという風にフィクション的な誇張がされているためにここでは触れない。

ここで注目するのはそのような対立の空気をはらんだ空間が舞台の一つとして存在しているということについてだ。それは縮小された社会であり、そこには帰属するべき集団と読むべき空気が存在している。はっきりとした考え方の違いを持った集団が衝突をくりかえす。

それはまさに花日たちが皮膚感覚として感じるまぎれもないかれらの社会の形であり、範囲を広くすれば日本であり世界の、あるひとつの形である。そういったものを——自覚しているか無自覚かは別として——、形成していくことに子供から大人への変化の兆しがあり、それに戸惑いと違和感を覚えているからこそ「自分たちは大人ではない」と感覚的に思ってしまう。</p>

言ってしまえばこの状況は、男女の精神的成熟の速度に決定的な差が生まれていることに起因しているのだが、そこはある特定の男子が常軌を逸した行動をとることで引き起こされているという風にフィクション的な誇張がされているためにここでは触れない。

ここで注目するのはそのような対立の空気をはらんだ空間が舞台の一つとして存在しているということについてだ。それは縮小された社会であり、そこには帰属するべき集団と読むべき空気が存在している。はっきりとした考え方の違いを持った集団が衝突をくりかえす。

それはまさに花日たちが皮膚感覚として感じるまぎれもないかれらの社会の形であり、範囲を広くすれば日本であり世界の、あるひとつの形である。そういったものを——自覚しているか無自覚かは別として——、形成していくことに子供から大人への変化の兆しがあり、それに戸惑いと違和感を覚えているからこそ「自分たちは大人ではない」と感覚的に思ってしまう。

Fessan white 上に戻る