22歳の童貞が『12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜』に感動して1万字のレポートを書いてみた!


クラス内の社会の基準は「男であるか、女であるか」である。非常にシンプルで分かりやすい判断基準で、しかし非常に本質的だ。それは、作中で彼らがお互いを「いみがわからない」存在とみなしている点においてだろう。

つまり、「理解の及ばないもの」に対する衝動的反感、<b>「お互いが理解できない行動、発言をする」ために発生する争いなのである。</b>そしてそれはもっともシンプルな社会的対立の原因だ。異なる思想、宗教を行動原理としている集団が同じ空間にいれば高確率で争う、そういうことなのである。

そう考えると、本作におけるサブキャラクターの一人、エイコーは独特の価値観をもっているという点において<b>どこか未開地の秘教信奉者の雰囲気をまとっている。</b>エイコーの行動はまったくデリカシーがなく人間的に非常に未熟、かつ<b>軽薄で自重の欠片もない無粋の極み</b>だが、ある面では常人では思いつかないような自由な発想に基づいて行動することもある。

彼とその取り巻きが蒐集する「カレカノ語録」は高尾が花日に向けた言葉を勝手に記録するといった文章にすると<b>より一層理解に苦しむ行為</b>であるのだが、ある面ではユーモアのある行動とも言える。その姿はさながら新たに発生した宗教がなんらかの現象を神として記憶しあがめている構図に似ている。

本作においてその現象は高尾という「彼女持ち」の男子の言動であり、エイコーはそれを修飾し流布させる存在だ。しかし多くの人間には彼らの価値観は理解できない。<b>彼は未開地の秘教信者だからである。</b>

クラス内の社会の基準は「男であるか、女であるか」である。非常にシンプルで分かりやすい判断基準で、しかし非常に本質的だ。それは、作中で彼らがお互いを「いみがわからない」存在とみなしている点においてだろう。

つまり、「理解の及ばないもの」に対する衝動的反感、「お互いが理解できない行動、発言をする」ために発生する争いなのである。そしてそれはもっともシンプルな社会的対立の原因だ。異なる思想、宗教を行動原理としている集団が同じ空間にいれば高確率で争う、そういうことなのである。

そう考えると、本作におけるサブキャラクターの一人、エイコーは独特の価値観をもっているという点においてどこか未開地の秘教信奉者の雰囲気をまとっている。エイコーの行動はまったくデリカシーがなく人間的に非常に未熟、かつ軽薄で自重の欠片もない無粋の極みだが、ある面では常人では思いつかないような自由な発想に基づいて行動することもある。

彼とその取り巻きが蒐集する「カレカノ語録」は高尾が花日に向けた言葉を勝手に記録するといった文章にするとより一層理解に苦しむ行為であるのだが、ある面ではユーモアのある行動とも言える。その姿はさながら新たに発生した宗教がなんらかの現象を神として記憶しあがめている構図に似ている。

本作においてその現象は高尾という「彼女持ち」の男子の言動であり、エイコーはそれを修飾し流布させる存在だ。しかし多くの人間には彼らの価値観は理解できない。彼は未開地の秘教信者だからである。

Fessan white 上に戻る