22歳の童貞が『12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜』に感動して1万字のレポートを書いてみた!


彼ら彼女らは社会を形成していく。それぞれ形は違えど成長しているということであり、より大きな集団——それは理不尽なしがらみや凝り固まった思想、偏見によって形作られているのかもしれない——に組み込まれていくように自身を形態変化させているということでもあるのだが、花日はそれに疑問を覚えている。

<br> <br><b>どうして男子と女子は仲が悪いのか? </b><br> <br><b>以前からそうであったのか?</b><br> <br><b>いつからこうなったのか?
<br></b>
<br>多くのキャラクターが前提として受け入れている対立構造に花日は疑問を持つ。そんな彼女が自分を「大人でも、かといって子供でもない」存在と認識し、また教室内で初の「彼氏持ち」になるという展開は暗示的だ。

花日と高尾が急接近するアニメ版第1話では特にそれが全面に押し出されている。男子の中で突出したスペックを持つ高尾に序盤の花日は無頓着で、女子社会での男子番付、つまり身近な男子を異性として認識することに対して興味を示していない。この時点で花日は教室内社会で常識となっている成長に関係した男女間のルールから外れた存在であると見ることができる。

大人への成長の過程として社会を形成するクラスメイトたちに完全に同調せず、しかし「男子はデリカシーがない」と発言しつつも高尾と(第1話の時点では)友人として接している花日はある意味で異質な存在だ。

成長の過程に組み込まれず、しかし高尾を男性として意識している花日は完全に中間の存在、所属を確定しない存在としてうつる。彼女は境界に立つ存在、<b>「境界人(マージナル=マン)」</b>とも言える。

彼ら彼女らは社会を形成していく。それぞれ形は違えど成長しているということであり、より大きな集団——それは理不尽なしがらみや凝り固まった思想、偏見によって形作られているのかもしれない——に組み込まれていくように自身を形態変化させているということでもあるのだが、花日はそれに疑問を覚えている。


 
どうして男子と女子は仲が悪いのか? 
 
以前からそうであったのか?
 
いつからこうなったのか?



多くのキャラクターが前提として受け入れている対立構造に花日は疑問を持つ。そんな彼女が自分を「大人でも、かといって子供でもない」存在と認識し、また教室内で初の「彼氏持ち」になるという展開は暗示的だ。

花日と高尾が急接近するアニメ版第1話では特にそれが全面に押し出されている。男子の中で突出したスペックを持つ高尾に序盤の花日は無頓着で、女子社会での男子番付、つまり身近な男子を異性として認識することに対して興味を示していない。この時点で花日は教室内社会で常識となっている成長に関係した男女間のルールから外れた存在であると見ることができる。

大人への成長の過程として社会を形成するクラスメイトたちに完全に同調せず、しかし「男子はデリカシーがない」と発言しつつも高尾と(第1話の時点では)友人として接している花日はある意味で異質な存在だ。

成長の過程に組み込まれず、しかし高尾を男性として意識している花日は完全に中間の存在、所属を確定しない存在としてうつる。彼女は境界に立つ存在、「境界人(マージナル=マン)」とも言える。

Fessan white 上に戻る