22歳の童貞が『12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜』に感動して1万字のレポートを書いてみた!


アニメ版第1話で心愛が<b>リコーダーのテストをボイコットすることで男子に打撃を与える計画を発案した際</b>にも、花日は協力を断っている。花日は心愛の計画を卑怯だと判断したうえで、自身が持つ、固有の価値観と倫理観から協力を拒否したのである。

境界に存在しているということは、ある意味では特定の考えに縛られないということでもある。しばしばマージナル=マンは創造的な存在でもあると認識されるが、それはつまり特定の思想に染まらず、自身で形成した価値観で行動するということの現れであり、第1話の花日の言動からはそのような性質が顕著に見受けられる。

そしてその発言が<b>エイコーたち秘教信者に「語録」としてアフォリズム的扱いを受けている</b>ことから、高尾もまた創造的存在として認知されており、どの集団にも属さないマージナル=マンであると言える。

花日も高尾も価値基準や行動原理を最終的に外部の思想に委ねないという共通点を持っており、それがお互いの関心を引いたのだとも考えられる。

アニメ版第1話で心愛がリコーダーのテストをボイコットすることで男子に打撃を与える計画を発案した際にも、花日は協力を断っている。花日は心愛の計画を卑怯だと判断したうえで、自身が持つ、固有の価値観と倫理観から協力を拒否したのである。

境界に存在しているということは、ある意味では特定の考えに縛られないということでもある。しばしばマージナル=マンは創造的な存在でもあると認識されるが、それはつまり特定の思想に染まらず、自身で形成した価値観で行動するということの現れであり、第1話の花日の言動からはそのような性質が顕著に見受けられる。

そしてその発言がエイコーたち秘教信者に「語録」としてアフォリズム的扱いを受けていることから、高尾もまた創造的存在として認知されており、どの集団にも属さないマージナル=マンであると言える。

花日も高尾も価値基準や行動原理を最終的に外部の思想に委ねないという共通点を持っており、それがお互いの関心を引いたのだとも考えられる。

Fessan white 上に戻る