22歳の童貞が『12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜』に感動して1万字のレポートを書いてみた!

少々本筋からそれるが、創作において<b>マージナル=マン的特性を持つ存在が主人公に据えられることは多々ある。</b>本文の1で述べたように私はジュブナイル作品を好んでおり、そういった作品の主人公の多くは集団と集団の中間地点に存在するマージナル=マンだった。

多くの場合、最も判断しやすいマージナル=マン的主人公は「半◯◯」とい属性を持っている。ある二つの存在の主要な面を併せ持ち、しかしそれ故にどの存在とも定義できない彼らは作品のジャンルにもよるが孤立していることが多い。

マージナル=マンは成長の過程であると先述したように、「半◯◯」の主人公は成熟を望まれており、現状の存在からの脱却を成熟と置き換え、最終目的とした<b>ビルドゥングス・ロマン</b>(成長物語)を歩まされる。マージナル=マンからの脱却の例を挙げるなら、ある集団を代表する敵の打倒、父殺し的な成熟方法と、孤立状態からの脱却、つまり共通する価値観を持つ存在と新たな集団を形成するというものがある。

少々本筋からそれるが、創作においてマージナル=マン的特性を持つ存在が主人公に据えられることは多々ある。本文の1で述べたように私はジュブナイル作品を好んでおり、そういった作品の主人公の多くは集団と集団の中間地点に存在するマージナル=マンだった。

多くの場合、最も判断しやすいマージナル=マン的主人公は「半◯◯」とい属性を持っている。ある二つの存在の主要な面を併せ持ち、しかしそれ故にどの存在とも定義できない彼らは作品のジャンルにもよるが孤立していることが多い。

マージナル=マンは成長の過程であると先述したように、「半◯◯」の主人公は成熟を望まれており、現状の存在からの脱却を成熟と置き換え、最終目的としたビルドゥングス・ロマン(成長物語)を歩まされる。マージナル=マンからの脱却の例を挙げるなら、ある集団を代表する敵の打倒、父殺し的な成熟方法と、孤立状態からの脱却、つまり共通する価値観を持つ存在と新たな集団を形成するというものがある。

Fessan white 上に戻る