22歳の童貞が『12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜』に感動して1万字のレポートを書いてみた!

『12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜』には2人の女性主人公が登場する。ここで考えていきたいのが、その必要性についてである。なぜ、2人の主役が必要であるのか。エピソード展開の幅を広げる、人気の受けを広くとるなど理由は多く考えられるが、最も注力して意識したい理由は「視点を増やすための複数主役体制」だ。

物語の語り部としての役割もこなす主役キャラクターの視点を複数もうけることによって、物語の本質をより読者に伝えやすくなる。カメラでそれぞれ違う視点から被写体をとれば、それは被写体としての同一性を維持しつつも若干、ないし全くことなった印象の存在として写真を見る者に認識されるだろう。

では、もう一つの視点としての結衣は、『12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜』の印象にどのような変容をもたらすのだろうか。<br>端的に言うと、それは「性」についての変容だろう。<b>結衣は本作において——また、成熟を描いた物語において——、避けては通れない「性」を描くキャラクターとして配置されている。</b>

『12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜』には2人の女性主人公が登場する。ここで考えていきたいのが、その必要性についてである。なぜ、2人の主役が必要であるのか。エピソード展開の幅を広げる、人気の受けを広くとるなど理由は多く考えられるが、最も注力して意識したい理由は「視点を増やすための複数主役体制」だ。

物語の語り部としての役割もこなす主役キャラクターの視点を複数もうけることによって、物語の本質をより読者に伝えやすくなる。カメラでそれぞれ違う視点から被写体をとれば、それは被写体としての同一性を維持しつつも若干、ないし全くことなった印象の存在として写真を見る者に認識されるだろう。

では、もう一つの視点としての結衣は、『12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜』の印象にどのような変容をもたらすのだろうか。
端的に言うと、それは「性」についての変容だろう。結衣は本作において——また、成熟を描いた物語において——、避けては通れない「性」を描くキャラクターとして配置されている。

Fessan white 上に戻る