22歳の童貞が『12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜』に感動して1万字のレポートを書いてみた!


キャラクター紹介でも記したように、結衣は花日に比べて身体的な成長が早い。アニメ版第1話の時点で初潮を迎えており、<b>花日とともに女性用生理用品を買いに行くシーンも存在する。</b>

この結衣の存在こそが『12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜』における主題的強度を高めているといってもいい。結衣が直面する成長に際しての身体的変化に対する戸惑い、そしてそれに関連したエピソードは昨今の少女を描いた作品の中でも群を抜いて見る者に逼迫感を与える。逼迫感、それは自身の身体の変化に対する自己の内面、そして周囲との折合いに由来するものだ。

アニメ版、原作ともに生理に関するエピソードの緊張感は特筆すべきものがある。生理に悩む結衣に、花日は一念発起して共に女性用生理用品を買いにいくことをすすめる。商品を手にしたところまできたものの、レジにたどり着くまでに中年女性の大群に行く手を阻まれ……というシーンなのだが、ここには深淵な成熟へのメタファーが用いられている。

出典: img.vc

キャラクター紹介でも記したように、結衣は花日に比べて身体的な成長が早い。アニメ版第1話の時点で初潮を迎えており、花日とともに女性用生理用品を買いに行くシーンも存在する。

この結衣の存在こそが『12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜』における主題的強度を高めているといってもいい。結衣が直面する成長に際しての身体的変化に対する戸惑い、そしてそれに関連したエピソードは昨今の少女を描いた作品の中でも群を抜いて見る者に逼迫感を与える。逼迫感、それは自身の身体の変化に対する自己の内面、そして周囲との折合いに由来するものだ。

アニメ版、原作ともに生理に関するエピソードの緊張感は特筆すべきものがある。生理に悩む結衣に、花日は一念発起して共に女性用生理用品を買いにいくことをすすめる。商品を手にしたところまできたものの、レジにたどり着くまでに中年女性の大群に行く手を阻まれ……というシーンなのだが、ここには深淵な成熟へのメタファーが用いられている。

Fessan white 上に戻る