22歳の童貞が『12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜』に感動して1万字のレポートを書いてみた!


<b>通過儀礼</b>、という言葉があるが、これは昔話や神話において多く用いられる形式だ。シンプルに表現すると、「主人公が、現在の未成熟な状態から脱却するための儀式として、特定の行動を成功させる」という物語だ。

もう少し詳しく言うと、この物語の形式には3つの順番がある。まず<b>「親元から離れる(離別する)」</b>こと、次に「親元から離れて向かった先で<b>試練を達成する</b>」こと、そして最後に<b>「帰還する」</b>という順序だ。つまり、<b>「行って帰ってくることで成長して大人になる(大人として認められる)」</b>形式になるのだが、これは多くの物語に当てはまる。

例えば桃太郎ならば自分を育ててくれた老人の元から旅立ち、鬼を倒して帰ってくる。海外のものならばミノタウロスを退治した英雄テセウスの物語が有名だろう。親から離れ多くの怪物を退治した彼は帰還して王に認められた。スティーブン・キング原作の映画『スタンド・バイ・ミー』などもこれにあたるだろう。死体探しの旅に出た少年たちはそれぞれ脱却したい状態にあった。そして「死体を見つける」という試練に旅立つと解釈できる。

通過儀礼、という言葉があるが、これは昔話や神話において多く用いられる形式だ。シンプルに表現すると、「主人公が、現在の未成熟な状態から脱却するための儀式として、特定の行動を成功させる」という物語だ。

もう少し詳しく言うと、この物語の形式には3つの順番がある。まず「親元から離れる(離別する)」こと、次に「親元から離れて向かった先で試練を達成する」こと、そして最後に「帰還する」という順序だ。つまり、「行って帰ってくることで成長して大人になる(大人として認められる)」形式になるのだが、これは多くの物語に当てはまる。

例えば桃太郎ならば自分を育ててくれた老人の元から旅立ち、鬼を倒して帰ってくる。海外のものならばミノタウロスを退治した英雄テセウスの物語が有名だろう。親から離れ多くの怪物を退治した彼は帰還して王に認められた。スティーブン・キング原作の映画『スタンド・バイ・ミー』などもこれにあたるだろう。死体探しの旅に出た少年たちはそれぞれ脱却したい状態にあった。そして「死体を見つける」という試練に旅立つと解釈できる。

Fessan white 上に戻る