22歳の童貞が『12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜』に感動して1万字のレポートを書いてみた!

『12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜』はその成熟という到達点を「カレカノ」、彼氏と彼女の関係という言葉で示している。共通する価値観を持った存在を発見し、新しい集団を形成するという部分は高尾との恋愛、また親友の結衣とその彼氏である桧山との交流に置き換えられている。<br><br>『12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜』作中においても花日が自己の価値観に従い行動した際に孤立する結果を招いても、<b>以心伝心のごとき理解力</b>で高尾や結衣が助け舟を出す。『12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜』が如何に優れているのかを問われればそういった成長物語的要素を恋愛を主題とした作品の核として組み込んでいる点にあると即答できる。<br><br>恋愛要素と成長要素の親和性は高く、もはや同質のものであるといっても良い。周囲の情報を手探りで収集しつつも最終的に自身の価値観を信じる花日や結衣は<b>ビルドゥングス・ロマンの主人公としてもラブストーリーの主役としても最適な存在であると言える。</b>

『12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜』はその成熟という到達点を「カレカノ」、彼氏と彼女の関係という言葉で示している。共通する価値観を持った存在を発見し、新しい集団を形成するという部分は高尾との恋愛、また親友の結衣とその彼氏である桧山との交流に置き換えられている。

『12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜』作中においても花日が自己の価値観に従い行動した際に孤立する結果を招いても、以心伝心のごとき理解力で高尾や結衣が助け舟を出す。『12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜』が如何に優れているのかを問われればそういった成長物語的要素を恋愛を主題とした作品の核として組み込んでいる点にあると即答できる。

恋愛要素と成長要素の親和性は高く、もはや同質のものであるといっても良い。周囲の情報を手探りで収集しつつも最終的に自身の価値観を信じる花日や結衣はビルドゥングス・ロマンの主人公としてもラブストーリーの主役としても最適な存在であると言える。

Fessan white 上に戻る