【BLEACH】十刃(エスパーダ)をまとめてみたよ

破面・No.2(アランカル・セグンダ)/第2十刃(セグンダ・エスパーダ)
司る死の形:老い

大帝の二つ名を持つ豪胆な隻眼の老人。頭部の王冠が仮面である。 
「虚圏の神」を自称し、さらに、かつての「虚圏の王」であるため、従属官達との間には絶対的な上下関係が存在し、陛下と呼ばれている。 藍染に支配者の座を奪われた事を恨んでおり、藍染を「ボス」とは呼ぶものの忠誠心は無い。藍染に忠誠心の高い十刃の反対を押し切り自ら戦闘指揮を執るなど藍染に次ぐ権限の持ち主。

破面・No.2(アランカル・セグンダ)/第2十刃(セグンダ・エスパーダ)
司る死の形:老い

大帝の二つ名を持つ豪胆な隻眼の老人。頭部の王冠が仮面である。
「虚圏の神」を自称し、さらに、かつての「虚圏の王」であるため、従属官達との間には絶対的な上下関係が存在し、陛下と呼ばれている。 藍染に支配者の座を奪われた事を恨んでおり、藍染を「ボス」とは呼ぶものの忠誠心は無い。藍染に忠誠心の高い十刃の反対を押し切り自ら戦闘指揮を執るなど藍染に次ぐ権限の持ち主。

Fessan white 上に戻る