2016.12.22.Thu. 6ヶ月前 通りもん

【必聴】花澤香菜のキャラソンから超個人的に名曲を3曲選んだ

※ヘッドフォン推奨。声優・花澤香菜。声優の女王として名高い彼女を、玉座から引きずり下ろす声優は未だに現れていない……。そんな彼女のキャラソンの中でも、超個人的に、「絶対に」聞くべき曲を選んでみました! 

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

はじめに

さて、ヘッドフォン(もしくはイヤホン)の準備はよろしいだろうか? まだヘッドフォンをしていない方は、本当にどうなっても知らないので、絶対に装着するように。花澤ファン同士の約束だ。

ここでは厳選した花澤さんのキャラクターソングを3つ紹介する。もしかしたら、あなたは花澤香菜さんという超・超・超有名な声優をご存知ないかもしれない(多分知っていると思うが)。しかし、例えそうだとしても、まったく心配は要らない。花澤さんの声を聞けば、確実に好きになるからである。

花澤さんの魅力は、国籍の違いとか、非オタクとか、初見とか、そういった障壁をバリバリと突き破るだけの魅力がある。「アニメは好きだけど、キャラソンまで一々チェックしないなー」という方にこそ、ぜひ花澤さんの歌う、別次元のキャラソンを聞いてほしい。さあ、準備はよろしいだろうか? それでは早速一曲目を紹介しよう。

1. Sweets Parade(『髏々宮カルタ/妖狐×僕SS』)

激甘過ぎる、クーデレ少女の純情ラブソング

『妖狐×僕SS』の髏々宮カルタが歌うキャラクターソング。仮にアニメを見てなくても、曲の良さは確実に分かる。なので、アニメを見てない方もどうか安心して聞いてほしい。さて、曲のタイトルに「スイーツ」と書かれていることから分かるように、このカルタというキャラは非常にスイーツが好きである。もちろん、歌詞の中にも大量のスイーツが出てくる。

ここで、「あ、なるほど。それで激甘ってことなのね(笑)」と思われたかもしれない。残念だが、それは早合点だ。それこそ甘い。この曲は確かに激甘だが、そんなに甘っちょろい曲ではない。

この曲の本当の恐ろしさは、聞いた人間が有り得ないほど純粋な、純情な気持ちをそのままぶつけられることである。これが特に花澤さんの声に乗せられた場合、果たしてどれほどの破壊力になるか……。

Me and bae. 💞 #karuta #karutaxwatanuki #watanuki #sweetsparade #anime I would seriously rp as Karuta if I knew I would be 100 percent dedicated.

Happiness Is Key 😊💖🔐さん(@reese.and.rin)が投稿した写真 -

上記の画像をご覧になっただろうか。そう、これだ。彼が、この曲の中で何度も連呼されるキャラ、「わたぬき」である。さて、ここで、ちょっとよく考えてみて欲しい。

この男(の子)の名前が、花澤さんの透き通るボイスによって、しかもスイーツを好き好き言っていた流れで、夢の国みたいな、ふっわふっわしたメロディに乗って歌われるのである。連呼されるのである。そんなにゴテゴテに甘く塗られた好きをぶつけられても、大抵の人間は精神が持たない。この曲によって、相当な数の花澤病患者が生まれたと、後の歴史で語られている。

余談だが、私は海外でこの曲を聞いたことがある。この曲を聞いただけで、「日本に帰りたいなあ……」と、ノスタルジックな気持ちになってしまったのが懐かしい。

2. 恋するマドモアゼル(シャルロット・デュノア/インフィニット・ストラトス2)

『インフィニット・ストラトス2(IS2)』のシャルロット・デュノアが歌うキャラクターソング。このアニメはけっこう人気が高いので、あなたもハーレムものが好きなら、見たことがあるのでは? 

シャルは、ISのキャラ人気投票ではぶっちぎりで一位である。理由は私もすごく共感できるのだが、とにかく「あざとい」のだ。男の子のハートをピンポインで打ち抜く仕草やセリフが多い。一部のファンからは、「あざといさん」なんて呼ばれている。

キャラの紹介は置いといて、キャラソンの紹介に移ろう。しかし、実はキャラソンの中身もそんなに変わらない。やはり、あざとい!! 現実の世界でこんな奴がいたら、絶対に「それ、他の男にも言っているんだろうが!? このビ〇チがあああ!!」と言いたくなってしまうこと間違いなし--という歌詞が羅列している。

例えば「君の可愛い子猫になって誘惑したい、なんて……」という歌詞があるが、男を舐めてるよね? 明らかに、効果分かってるよね? まあ、結局はもちろん全力で喜ばせていただく訳なのだけども。

シャルが好きな人には、この曲は特にオススメしたいと思う。前述の『Sweets Parade』よりは中毒性は少ないが、「やっぱりシャルだなあ……」と、私のように必ず、ニヤニヤしてしまうはずである。

特にこの曲で注目してほしいのは、一人称である。シャルは普段から一人称が「僕」なので、キャラソンでも僕なのは自然である。ただ、ね? このあざとい歌の中で、花澤流・僕っ子がだよ?

「優しいのは僕だけにして」とか、「好きなものは僕だって言って?」 とか言うんだよ!? なんか、方向感覚がおかしくなるくらいの破壊力があるよ!? よく言えば新鮮、悪く言えば卑怯な歌です!

恋愛サーキュレーション(化物語/千石撫子)

言わずと知れた、花澤香菜の代表曲にして代名詞

化物語の千石撫子が歌うキャラクターソング。あなたに一応お聞きしたいのだが、この曲、恋愛サーキュレーションを知っているだろうか? 大変失礼なことだとは分かっている。ただ、もし仮に聞いたことが無い場合、たとえ定期試験中であろうと、重要な会議中であろうと、プロポーズの真っ只中であろうと、「今すぐに聞くべきだ」ということを強く言いたい

間違いなく、この曲が花澤香菜の代表曲だ。花澤香菜の代名詞と言ってもいいくらいだ。この曲を聞いて、花澤香菜のファンになったという方は多いが(私もそう)、同様に重度の花澤病になったという方も多い(私もそう)。

シャルと同じように、撫子もあざといと言えばあざとい。だが、撫子の場合は女子中学生というのもあって、どこか自然な可愛さなのである。少女というよりは、乙女が近い。

花澤さんのファンじゃなくても、恋愛サーキュレーションは必ず聞くべき曲である、とはっきり言える。では、どこがそんなに凄いのか? 一言で言うなら、とにかく可愛い」を詰め込んでいることだ

可愛い。そう。ただ可愛い。あざとくても何でも良いから、守ってあげたくなる。そんな妹的な可愛さが爆発している。恋する乙女、というフレーズが何度か出てくるが、OPの映像では主人公は影絵でしか表現されず、「(恋心が)届かないもどかしさ」がビンビン伝わってくる。

アニメの映像が可愛いのは無論、頑張って、背伸びしてラップで歌うという部分もあれば 、花澤さんの透明感のある声で、ゆっくりと囁くように 、「恋する乙女は欲張り」と歌う部分もある。このように撫子の中でも、いろいろな可愛さが、花澤さんにしかできない表現で詰め込まれている。

まとめ

一見は百聞に如かず

花澤さんのキャラソンは今回紹介した3曲以外にも沢山ある。上記画像の蜜柑の曲もあれば、俺妹の黒猫の曲もあるし、神のみの栞の曲などもある。もちろん、花澤さんのキャラソンを全てを聞いてほしいというのが私の希望ではあるが、「花澤さんのキャラソンで中毒になりたい!」というだけであれば、とりあえずこの3曲を聞いてみればいいと思う。

また、今年の8月に『KANAight ~花澤香菜キャラソン ハイパークロニクルミックス~』というアルバムが発売されている。このアルバムには花澤さんの歌っているキャラソンが40曲も入っている(上記の3曲ももちろん入っている)。お金に余裕がある人は、買ってみてもいいかもしれない。

「一見は百聞に如かず」。このブログを一度見て、何となく花澤さんのキャラソンの魅力が分かったような気になるかもしれないが、実際に聞いてみないと本当の良さ(=破壊力)は分からない。恋愛サーキュレーションを聞いたことが無ければ、是非、まずは恋愛サーキュレーションから聞いてみて欲しい。

花澤香菜 アニプレックス (2016-08-31)売り上げランキング: 7,826
Blue Avenue
posted with amazlet at 16.12.24
花澤香菜 アニプレックス (2015-04-22)売り上げランキング: 68,788

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1000714
1
Fessan white 上に戻る