2016.12.28.Wed. 9ヶ月前 ゆず

爆発寸前!モブサイコ100の名言&名シーン20選!

2016年の夏に放送されていた、青春サイキックストーリーのTVアニメ「モブサイコ100」。私のアニメ鑑賞歴史の中でトップ10には入ると断言できるほど、面白くて非常に奥の深いアニメです!全ての年齢層の方にオススメできます。今回はそんな「モブサイコ100」の名言や名シーンを私の目線で"20選"でお送りします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

目次

• はじめに
• 1,「師匠、いきなり呼び出すのやめてくださいって」
• 2,「ソルトスプラッシュ!!!!!」
• 3,「やってみせるわ!今までだって私達は色々な苦難を乗り越えて来た、そうでしょう?!?!」
• 4,「肉改ー!!!!ファイ、オー!!!!!」
• 5,「皆さん、笑ってますかー???」
• 6,「お前の受けの姿勢は本当にブレないな」
• 7,「僕は特別な存在!この世界の中心なんだよ!」
• 8,「君の超能力、私の研究施設でもっと増幅させてみないかい?」
• 9,「おお、ひとしよ・・・まさか再びお前の顔が見られる日がこようとは・・」
• 10,「聞いてくれ、生徒会長。鬼瓦は何もやってないんだ。」
• 11,「なんだこれ?風船じゃ・・ない?」
• 12,「幸せのツボを割った時点で不幸になるのは決まったのよ!」
• 13,「弟を放せ・・じゃないと・・」
• 14,「ここのぉ、生徒ですけどぉ〜」
• 15,「あの人に色々聞こうか。」「うん。」
• 16,「私のモノにならない?大切に飼ってあげるわよ・・」
• 17,「個性として受け入れて、前向きに生きていくしかないんだ。魅力の本質は人間味だ。"いい奴"になれ」
• 18,「尊敬だよ。本当に尊敬してる」
• 19,「モブくん、すごいことになってるわよ」
• 20,「嫌な時はな、逃げたっていいんだよ!」
• 最後に

はじめに

「ワンパンマン」で有名なONE先生による超能力ストーリー漫画「モブサイコ100」は、裏サンデーやコミックアプリ「マンガワン」でも連載されている人気作です。その独特な絵柄と、個性的なキャラ達が織りなすストーリーは人気を博し、TVアニメ化しました。より迫力のある"超能力シーン"が見所です!!

アニメーション制作会社「ボンズ」が制作する"超能力シーン"を楽しみに毎週アニメを見ていた、という方も多いことでしょう!

そんな人気アニメ「モブサイコ100」の名言・名シーンや魅力を紹介していきます!

1,「師匠、いきなり呼び出すのやめてくださいって」

1話のモブの悪霊退治のシーン。「霊とか相談所」という心霊現象に関する相談所を営む、詐欺師である霊幻新隆の弟子"モブ"こと影山茂夫。彼は本物の超能力者であり、悪霊を退治することもできるので二人で、悪霊退治の依頼を受けてこのトンネルにやってきます。

モブはこの物語ではズバリ"最強"です。少年漫画でよくある例として、主人公が強い敵と戦って徐々に強くなっていくものですが、モブはすでに"最強"なのです。強い敵と戦うこともありますが、強くなることが目的ではなく、力を使えばどんな望みを叶えることも可能なはずのモブの「超能力を持っているからといって、特別なわけではない(生きる上で必要ない)」という人生観によって、周囲の人間が少しずつ影響を受けていく物語です。これは、モブが師匠である霊幻からいい影響を受けた上で生まれた人生観です。OPはこの「モブサイコ100」の世界観をよく表しているので、注目した上で本編を見るともっと面白いです!

2,「ソルトスプラッシュ!!!!!」

1話でいきなり炸裂する霊幻の必殺技「ソルトスプラッシュ」のシーン。自称・天才霊能力者霊幻は食塩で悪霊をなんとか退治できると思っていますが、その辺のスーパーで買われた食塩だったので当たり前ですが、効果ナシ。そこにやってくる最強超能力者モブが悪霊を退治してくれます。

霊幻はこの物語を語る上で欠かせない大事な人物と言えます。モブのことを時給300円で雇い、自分が出来ない悪霊退治(霊能力が全くないので)やその他のアシスタントをさせていますが、いざという時は非常に頼りになる人物で、モブの悩み相談にのって以来、師匠として慕われています。モブは霊幻からいい影響を受けているといっても過言ではないでしょう。

「ソルトスプラッシュ」は霊幻の代名詞とも言えます。霊幻は霊能力が全くないのに、相談所を設立してあらゆる工夫をしてお金を稼いでいるからすごいです。立派な詐欺師ですが魅力的なキャラなのでこの作品では一番人気のあるキャラとも言えます!

3,「やってみせるわ!今までだって私達は色々な苦難を乗り越えて来た、そうでしょう?!?!」

私の好きな「脳感電波部」の部員を探すシーン!部員が一人辞めてしまい、部活の存亡の危機を迎えた部長である暗田トメ率いる脳感電波部。必死に部員を探すが、帰宅部のほぼ全員に「気持ち悪いから、無理。」と断られてしまいます。そこで部員の一人がモブの知り合いだったので、モブの存在を思い出し、必死に勧誘を始めます。

この脳感電波部は「宇宙と交信するために脳を活性化させ、テレパシー能力を身に付けること」を活動目的にしていますが、ダラダラと過ごしているのが現状。結局モブは青春を楽しもうと、憧れているツボミちゃんと仲良くなりたい!と思い、「肉体改造部」に入ることを決めます。

その後、脳感電波部は肉体改造部の厚意によって無事廃部にはならずにすみます。(それでも相変わらずダラダラしています)私は部長の暗田トメがぶっ飛んでいてとても好きです。モブの超能力を知って以来、やたら他の能力者を探させるために絡むようになっていきますが、憎めないキャラでむしろモブともっと仲良くなってほしいです。とにかく声優さんの演技がすごく良かった!!

4,「肉改ー!!!!ファイ、オー!!!!!」

続いて一番好きな「肉体改造部」(通称「肉改部」)のランニングシーン。いかつい部長郷田武蔵が立ち上げた部活で、日々筋肉を鍛えるため活動しています。肉体改造部は優しくて強くて好きです。モブが活動についてこれてなくても、その根性をきちんと認めて対等に、大切な部員の一人として接している姿は、まさに真の漢(おとこ)!!!正直私も入りたい!筋肉つけたい!憧れている視聴者も多かったのではないでしょうか。

意外にもこの物語でこれ以降もちゃんと活躍します。さすが「肉改部」。中学生とはとても思えない鍛え上げられた肉体でありながら、むやみに争いを起こさないので、めちゃくちゃカッコいいです!!いざという時にはモブを助けに来てくれます。大好きです。

5,「皆さん、笑ってますかー???」

モブの相棒(?)エクボの初登場のシーン。モブは"モテたい(というよりツボミちゃんと仲良くなりたい)"という思いから、たまたま宗教の勧誘をされてついて行った先でエクボに出会います。人間に憑依した姿で新興宗教(笑)(かっこわらい)の教祖として登場。人々を依存させて支配するためにスマイルマスク(超能力が込めてあり、被ると意図せず笑ってしまう)で人々を洗脳していた。そこに最強の超能力者モブが現れます。

エクボはモブに何とか笑わせようとしますが出来ずに、モブの逆鱗に触れる発言をしてしまう。それを聞いたモブは過去のトラウマにより、普段は感情を抑えて超能力を使わないようにしてますが、感情が限界に達し、強大な超能力を発動させます(この状態をこの物語では「100%」とよぶ)。その力により見事にエクボは破れます。

その後、エクボは霊体の状態でモブに接近し、「神」になるためモブを乗っ取ろうとしますが出来ず、図らずもモブの相棒として常にそばにいることになります。こんな野望を抱いているエクボですが、霊体の姿が愛らしくてめちゃめちゃ可愛いです。なんだかんだで結構協力してくれたりします。

6,「お前の受けの姿勢は本当にブレないな」

不良の鬼瓦天牙と黒酢中の不良達の争いに巻き込まれて捕まってしまうモブ。ラブレター(どう見ても偽物)を読んで信じこんでしまい、向かった場所でうっかり捕まってしまう。こんな状況でもいつでも超能力で脱出できますが「超能力を人に向けない」という信念のもと、何もしないモブは受け身の姿勢を崩しません。ここまで信念が強いのはすごい!けどこの状況は危ないですね・・

しかし、こんなピンチ(?)の状況で、あの「肉改部」が助けに来てくれます・・!かっこいい!!立っている場所から1mmも動くことなくバッサバッサと何十人もいる不良達を投げ飛ばしていきます。中学生とは到底思えないような劇画タッチで描かれた見事な肉体により、不良を投げ飛ばしていくシーンは爽快であると同時につい吹き出してしまいます。

7,「僕は特別な存在!この世界の中心なんだよ!」

"テル"こと花沢輝気の登場シーン。モブにとって初めての自分以外の超能力者との出会いです。モブの「超能力を人に向けちゃいけない」という姿勢に対し、テルは超能力を駆使して喧嘩などもしています。自分を特別な存在として認識し、その他の人間を"凡人"として見下しています。けれどそれは「超能力以外の事で自分に自信が持てない」というコンプレックスの裏返しでした。

モブと対峙することになりますが、力を使わず死にかけた時に発動したモブの「???%」の暴走状態に勝てるはずもなく、校舎ごと吹き飛ばされ、撃沈。その後今までの自分を恥じ、更生していきます。""との戦いではモブと一緒に戦うことになります。テルくん、最後ちょっとかわいそうでした・・。髪の毛がバッサリ刈られ"落ち武者"状態で、服も破けて全裸で空に吹き飛ばされた後、仲間であったはずの枝野達(不良達)に逃げられ・・。まあ、モブの強大な力の前ではそうなってしまうのも仕方ないのかもしれません。それにしてもモブ、強すぎる・・!

ちなみに、この後再会した時には頭頂部150%(盛りまくったカツラを被っている状態)になっています。

8,「君の超能力、私の研究施設でもっと増幅させてみないかい?」

モブの弟の影山律は生徒会役員を務めていて、成績優秀でスポーツも万能な上に外見も良くモテる存在。兄のモブとは正反対。幼い頃にモブの超能力の暴走で怪我をするという経験をしてからモブに対して怯えています。そのため、普段からモブが暴走しないようにとストレスを与えないよう気を配っている律。その一方でモブの超能力に憧れと嫉妬を抱いており、時々スプーン曲げに挑戦するも失敗ばかり・・。

この場面はモブと勘違いされて、覚醒ラボ(超能力者の研究施設)の設立者である密裏賢治に勧誘されているシーン。このあたりから少しずつ、律の日常が変化していきます・・・兄には超能力があるのに、自分にはない現実というのは辛いのでしょうね。律にとってモブの超能力は憧れるべき能力であるのに対し、モブは自身の超能力よりも律の知性や空気を読む力などの方に憧れを抱いているのです。ここがまた深い・・。

9,「おお、ひとしよ・・・まさか再びお前の顔が見られる日がこようとは・・」

霊幻のお仕事(降霊しているフリ)中のシーン。演技力、発想、度胸と何から何まですごいです、師匠。依頼者に依頼者の父の貸し金庫のパスワードを聞かれ、「パスワードは・・HATARAKINASAI(はたらきなさい)だ!!」といって霊幻の必殺技「チーズバーガートルネード(全身のバネを使い強烈な回転のかかった拳を相手の顔面に叩き込む)」を繰り出します。霊幻により意識をログアウトしたこの依頼人はその後どうなったんでしょうか・・若干気になります。

霊幻師匠は本当にすごいお人です。必殺技は他にも「ソルトスプラッシュ(食塩を投げつける)」、「呪術クラッシュ(いわゆるマッサージ)」、「お祓いグラフィック(CGソフトを用いて霊を取り除く)」「対超能力者ドロップキック(不意をついてドロップキック)」などがあり実に多彩!さすがモブが慕っているだけありますね。スケールが違います!

10,「聞いてくれ、生徒会長。鬼瓦は何もやってないんだ。」

生徒会長の神室と律による不良達を一掃する「大掃除」が始まり、最初に目をつけられた鬼瓦女子生徒のリコーダーを盗んだ犯人として仕立て上げられる。これによって教室に行けなくなり肉体改造部に立ち寄っている鬼瓦。そこに神室と律がやってきた際、部長の郷田武蔵が放った一言。

部長は鬼瓦の"無実"を信じた唯一の人間で、この後鬼瓦と交友関係を深めていきます・・。素敵です、部長・・!!鬼瓦も郷田部長がいなければ屈折してしまったんじゃないでしょうか。それにしても肉体のみならず、精神まで男らしいです。鬼瓦もいい人なので二人が仲良しになれて嬉しいです。

11,「なんだこれ?風船じゃ・・ない?」

律が超能力に目覚め、家の前でエクボを見つけるシーン。不良達の「大掃除」が始まり卑劣なやり方で不良の鬼瓦の人望を堕とさせたことにより、律に罪悪感による強いストレスがかかり念願だった超能力がとうとう目覚めます。エクボに憑依させることによって力はコントロールにできるようになり、街中で暴力を振るうようなこともしていきます。

律はやっと、憧れていた超能力を使えるようになりました。でもここまでしないと目覚めないとは・・。超能力がなくても頭もいいし、運動神経もいいし充分だと思うんですけどね・・

12,「幸せのツボを割った時点で不幸になるのは決まったのよ!」

原作でも人気のあった(?)ツボのエピソードです!モブが街を歩いていたところツボを売る詐欺師につかまり、ツボを買わされそうになります。ツボを割らせ、無理やり買わせようと詐欺師が仕向けますがそこに霊幻師匠の登場。見事なやりとりで詐欺師をうならせます。さすがは師匠!

詐欺師達に悪霊が乗り移ると脅かし、モブがそこですかさず部屋を揺らす、という機転を利かせた演出をした、かと思いきや実は本当に悪霊が移動していた・・というエピソードでした。師匠いいですね、口喧嘩でかなう者はいなそうです。

13,「弟を放せ・・じゃないと・・」

暴力沙汰を起こし、超能力者による犯罪集団"爪"の一員である誇山に見つかってしまう律。組織のアジトに連れていかれそうになる律を必死に取り戻そうとするモブは誇山と戦います。結局誇山はモブの力に圧倒されるものの、律は連れて行かれてしまいます・・。

この場面の少し前に律はモブと対立しますが、モブの広い心によって律のこれまで抱いていたモブへの複雑な思いは受け止められます。モブ・・優しすぎる・・。その後、律を必死で連れてかれまいと奮闘するモブはめちゃくちゃかっこいい!!普段は温厚で受け身だけど、いざという時は大切な人のために戦うモブ!!頼りになるいいお兄ちゃんです!ここでやっとイケメンモブの登場!ボンズ制作の超能力シーン・・迫力あります・・。

14,「ここのぉ、生徒ですけどぉ〜」

悪霊退治の依頼を受けて女子中学校「聖ハイソ女学園」にやってくる女装しているモブと霊幻。すね毛も生えっぱなしで、全くもってやる気のない"女装"で案の定、門の前で警備員に捕まります。ただし霊幻のみ。なぜかモブだけが通され、(ただのイモ臭い女子中学生だと思われたのか・・可愛いんですけどね)そのまま依頼人のマリとチヒロの元へ。

慣れない女子との会話に戸惑いながらも、悪霊を探して無事退治することが出来ます。その時に悪霊の最後の言葉を聞いて己の日常について考えさせられたモブは、限られた青春を満喫しようと決意します。このエピソードでモブは、恋心を抱いている憧れのツボミちゃんと仲良くなろうと思い、「肉体改造部」に入部します(筋肉をつけるため)。

モテる=筋肉っていう発想がモブらしいですが、この部に入ってよかったんじゃないでしょうか!

15,「あの人に色々聞こうか。」「うん。」

律を奪還するためテルとエクボとモブがタッグを組んだところに現れた、"爪"の幹部である寺蛇を拘束し拷問するシーン。この2人と1匹が組んだら最強ですね。これからの展開にワクワクした人も多かったことでしょう。学校で不良達を相手にしてたのが、急に超能力者の犯罪集団と対立することになるなんて・・と急展開で驚きました!

あっという間に寺蛇は拘束されてしまい、アジトまで案内させられます。この3人(2人と1匹)悪い顔してますね。水責めの刑の後に「苦しそう。一旦休ませて、水でも飲ませた方がいいんじゃ?」と言ったモブの天然鬼畜ぶりに笑いました。

16,「私のモノにならない?大切に飼ってあげるわよ・・」

この人物は"爪"の幹部で""のメンバーでもある悪霊使いの魔津尾。手分けして律を探していたエクボ(組織に一員に憑依していた)は見つかってしまう。ゴーストカプセルという容器を持ち歩いており、中で共食いをさせて生き残った最強の悪霊を使役している、となんとも不気味な人物。

悪霊の見た目はかなりグロテスクですが、お菓子の名前がついているのでなんだか愛らしい。結局エクボは戦いの末に、魔津尾に捕まってしまいます・・。けれどこの魔津尾さんはオネエ言葉で喋り悪霊を使役する、という非常に奇妙な方ですが個人的に結構気に入ってたりします。モブと戦闘して敗北した槌屋さんもですが、"傷"は根はいい人が多い気がします。

17,「個性として受け入れて、前向きに生きていくしかないんだ。魅力の本質は人間味だ。"いい奴"になれ」

モブの回想シーン。悩んでいたモブは過去にこの相談所を訪れ、同じ能力を持っているとふんだ霊幻に相談にきます。そこで霊幻に親身に相談にのってもらった時の発言。師匠かっこいいー!!

この後、エクボに「霊幻が言うと台無しだな。(霊能力がないので)」と言われますが、力を持っていなくても悩んでいる時にこういう言い方をされれば、励みになります。この場で霊幻に超能力を見せたことにより、モブは霊幻の弟子となり通うようになるのです。モブと霊幻の初めての出会いの場面でした。

18,「尊敬だよ。本当に尊敬してる」

律とモブは研修生としてやって来ていた鈴木将(本当は優秀な人材を引き抜く目的で視察に訪れていた)によって捕らえられます。閉じ込められた場でのモブと律の会話シーン。モブは律の自身への複雑な感情を持っていたことを知りながらも、超能力に頼る自身とは違い、力がなくても工夫して問題を解決できる律を尊敬しており、"自慢の弟"だと誇りに思っています。その言葉を聞いて涙を流す律・・・。

律も、そんな心が広くて優しい兄を尊敬しているのです。美しい兄弟愛・・・!!!二人が対立してから、やっと仲直りするシーンでした。一緒に泣きそうになりました。

19,「モブくん、すごいことになってるわよ」

新聞部部員でモブのクラスメイトでもある米里イチと律の会話。(笑)(かっこわらい)の宗教の教祖であったエクボが、モブに破れてから洗脳が解けた信者たちは、今度はモブを教祖とした新しい宗教(サイコヘルメット教)を誕生させようと活動を始めます。

このポスターはモブの似顔絵ですが、確かに特徴を捉えていて似てますね・・・モブは全く興味のない様子。一人の中学生がとして崇められるのはすごいですね!モブの強大な力なら納得ですが・・。それにしてもネーミングにセンスを感じます!

20,「嫌な時はな、逃げたっていいんだよ!」

霊幻師匠がモブを探しに("爪"のボスと勘違いされながらも)堂々とアジトに登場した後、モブはみんなを助けるために"殺意"で手強いメンバー達を倒そうとしますが、そこですかさず師匠がモブを苦しめないように、と止めます。しかし師匠は、背後から刀でバッサリ切られてしまいます・・・。

師匠がこの後どうなったかは最終回で見てください。それにしても師匠は、単身で組織に乗り込むんだからすごいですね。これほどの度胸がないと霊能力者としてやっていけないんでしょうか。詐欺師でも立派で素敵なお方です!!モブに影響を与え、"師匠"の愛称(?)で慕われた人物でした。

最後に

いかがでしたか?"ボンズ"によって制作された「モブサイコ100」は迫力ある超能力シーンや個性的な演出で、2016年に放送されたアニメの中でも一際異彩を放っていたアニメでした!キャラ達の魅力はもちろんですが、共感できる部分が非常に多く、ストーリーも展開がよめず常にドキドキしていて、とても見応えのある面白い作品でした。個人的に今でもかなり気に入っています!他にもおすすめのシーンはたくさんありますが、今回は20のシーンを選ばせて頂きました。

超能力の保持者であり、それ以外は至って普通の一人の中学生"モブ"が周囲の人達とお互いに影響を受けあいながら成長していく、そんな青春サイキックストーリー「モブサイコ100」。"超能力"という万能な力があるにも関わらず、"普通の人間"として生きていこうとするモブに、大勢の人が感銘を受けたのではないでしょうか。幅広い年齢層の方に自信を持ってオススメできるアニメです!ここまでご覧頂きありがとうございました。

モブサイコ100 vol.001<初回仕様版>【Blu-ray】
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2016-09-28)
売り上げランキング: 11,729


モブサイコ100 ドラマCD サイキックヒューマンショー
ドラマCD
ワーナー・ホーム・ビデオ (2017-01-25)
売り上げランキング: 377

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1000760
1
Fessan white 上に戻る