2017.01.04.Wed. 5ヶ月前 通りもん

現実なんてクソゲーだ!神のみぞ知るセカイ名言&名シーン20選!

リアル恋愛ゲームの難易度、登場女性キャラのレベルの低さに呆れ返っている諸君! 大丈夫だ問題ない! 現実なんてクソゲーだ!! そんなことを言っている奴が主人公な漫画--「神のみぞ知る世界」。どんな名言、迷言、暴言が飛び出てくるのか……とくとご覧あれ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

目次

• はじめに
• 1. 「リアルなんてクソゲーだ」
• 2. 「エンディングが…見えた!」
• 3. 「醜くない! 二人でいれば、一人でいるよりも美しい世界が見られる!」
• 4. 「ティーチャーの愛は時にはノーフューチャー」
• 5. 「こんなところで寝ていると、私に轢かれるよ」
• 6. 「争いは、同じレベルの者同士でしか発生しない!」
• 7. 「人はみなパラメーターの前に平等である。フラグの前に公平である。正しい選択をした者には、よきルートが用意されている」
• 8. 「女の子がいて、エンディングがあれば、僕にとっては全てギャルゲーなんだよ!」
• 9. 「酸素が無いと話もできないだろう?」
• 10. 「授業よりおもしろいもの5012タイトル。同じくらいのもの15タイトル。授業よりつまらないもの1タイトル」
• 11. 「条件って……人が死にかけてるのよ! これはゲームじゃないの!」
• 12. 「あ、あ、あほぉおぉ!」
• 13. 「悩みは僕らのキラカード。命かけても手に入れな!」
• 14. 「何かを犠牲にして手に入れたものは、結局何かが欠けている」
• 15. 「殺されるヒロインの気持ちになったことがあるのか!」
• 16. 「ハクアに何があっても……ハクアが凄いってこと……私死ぬまで信じてる!」
• 17. 「リアル女を騙してやったんだよ」
• 18. 「ありがと…、お兄ちゃん」
• 19. 「決めるのはボクだ! ボクが望めば不可能はない!」
• 20. 「現実はクソゲー。でも、クリアしなければ、クソゲーはクソゲーのままだ」
• まとめ

はじめに

神のみぞ知る世界とは--漫画雑誌・少年サンデーが原作の漫画で、アニメ化もした作品のことです。略称は神のみ。とりあえず。ね? オタクなら読んで損はない、と私は私の全力でもって、オタク特有のグイグイ来る感じでお勧めします。

読んでみた方が良いです。とにかく。絶対!! まあ金欠とか、実は女ですとか、漫画は普段読みませんとか、いろいろ理由はあるかもしれないですけど、読んでみましょう。はい。決定です。いや、本当に後悔はしないですから!(二次元への航海はするけど)

よし、OK! それでは、早速、神のみの熱くてうざったらしい名言・名シーンを紹介していきたいと思います!!

1. 「リアルなんてクソゲーだ」

出ました! 主人公・桂木桂馬さんの名言中の名言。レジェンドオブ名言。「リアルなんてクソゲーだ」。神のみと言えば、この一言。ギャルゲーをこよなく愛する桂馬にとって、リアルという世界は、もはやゲーム以下。ゲームよりもはるかに出来が悪いのです。

神のみファンなら全会一致で賛成する意見だと思いますね。もしも国会議員が全員、神のみを呼んでいた場合、政治家はゲーム産業にばかり投資をしてしまうことが確実ですので、むしろ読まない方が良いのかもしれません。

この名言は、割と多くのオタクが今でも日常的に使っています。日常に溶け込み、歴史の一ページにもなったほどの名言とも言えるはずです。さあ、あなたも復唱してみましょう。 「リアルなんてクソゲーだ!!」


2. 「エンディングが…見えた!」

で、でたーーーー!! 桂馬の決め台詞!! 神のみぞ知る世界でも、かなり印象的な名言。「エンディングが…見えた!」です。命がけで女の子の「攻略」をしている桂馬にとって、攻略を完了させることは絶対条件と言えます。

しかし、そんな状況の中でも「こいつ、やっぱりギャルゲーの神だ……。落とし神だ……」という余裕を感じさせてくれる、最強の一言です。この言葉は、桂馬だからこそ光る一言ですね。他の主人公が言っても、全然執念が足りません。

一時期、このセリフが無い時期がありましたが、やはりこのセリフが無いと物足りない感じがします。桂馬風に言うなら、幼馴染みヒロインがいないギャルゲーというか……。まあ、とにかく。神のみを読んだあと、是非マネして欲しい名言ですね。

3. 「醜くない! 二人でいれば、一人でいるよりも美しい世界が見られる!」

月夜を攻略したの際の名言ですね。名言というより、口説き文句という感じでしょうか。 月夜は、一人でいるのが好きな女の子でした。人間の汚い部分ばかり見てきたため、人間が嫌いだったのです。そのため、その部分を駆け魂に狙われてしまいました。

まあ、桂馬も現実の女の子をかなり見下しているので、似たようなものです。しかも、桂馬は暇さえあれば一人で引きこもってゲームばかりしています。単純に考えたら、このセリフは「お前が言うな」感は凄いんですよね。

しかしながら、私は、そんな桂馬だからこそ月夜を攻略できたと思います。強いて名づけるなら「現実はクソゲー同盟」というか、同じ穴のむじなだからこそ、この言葉が正論で終わらなかったのかなと、考えました。

4. 「ティーチャーの愛は時にはノーフューチャー」

先生……。あ、この先生は二階堂先生じゃないないですよ。ちょっとだけ出てきた、長瀬先生の方です。無駄に正義感に溢れているところが、自分の学校にもいた教師を彷彿とさせるものがあり、少し複雑な気分で見ていました。

上記画像の方も言っていますが、私は長瀬先生のことは髪型含め容姿が好きでした。性格はまあ、いいや。ということで。さて、名言の方に行きますが、なぜ未来が無いのでしょうか。それはもちろん、先生と教師という立場だからです。

どれだけ愛されても、どれだけ情熱ある説教をもらっても、全ては「教師としての愛」として終わってしまうからです。ギャグっぽく言っていますが、なかなかに内容は切ないので、ちょっと名言だな~と思って取り上げました。

5. 「こんなところで寝ていると、私に轢かれるよ」

歩さん……可愛すぎかよ。ということで、一番最初に攻略したヒロインこと、歩さん。歩さんはスポーツ少女として登場しますが、中盤からバンド活動も行うようになります。

このセリフは、個人的に大好きです。なぜだと思いますか? ええ、しょうがないですね! 是非とも教えてあげましょう!(教えたくてたまらない)。私がこのセリフを好きなのは、このセリフには、単純に言葉通りだけではない表現があるからです。

「轢かれる」という言葉が入っていますが、この言葉。同じ音で、「惹かれる」という言葉に変換することができると思いませんか!? そう、そうなんです! そんなところで寝ていたからこそ、ちゃんとイベント発生のために待ち構えていたからこそ、「愛すべき」ヒロインが来たのです。

6. 「争いは、同じレベルの者同士でしか発生しない!」

この言葉をはじめて見た瞬間、「たしかに!!」と非常に納得したことをよく覚えています。結局のところ、争いを起こそうと思うのは、同じようなレベルの人間でしか有り得ない訳です。哲学と言っても良いレベルの名言ですね。

自分が完全に見下していると思っている人間であっても、何かしら怒りが沸いてくるようであれば、それは結局、その人と同じ土俵に立ってしまっているのです。言われてみれば、末恐ろしい話です。

ちなみに桂馬は現実の人間を見下しているため、「リアルの人間とは争わない」、と言っています。まあ、たとえ桂馬であれ、実際はそんなことできるわけないんですけどねwwww

7. 「人はみなパラメーターの前に平等である。フラグの前に公平である。正しい選択をした者には、よきルートが用意されている」

厳しい! なんて厳しいんだ桂馬さん!! ていうか、いま現在の名言が、結局は桂馬さんの名言ばっかりなんですが、これも結局は桂馬さんのパラメータのせいなんですか……? 

まあ、これもひとつ前の名言と同じように、ひじょーーに考えさせられる名言ですね。ゲームのように生きよう! という感じの本もありますが、桂馬は実際にそんな感じで現実を見ているのだと思います。

いや、桂馬からしてみれば、ゲームをするためには、肉体やらゲームを作る人やら、どうしても現実が必要なだけなんでしょうけど……。よきルートを選ぶためには、正しい選択をしなければならないし、正しいフラグ以外はポキポキ折らないといけないのです。どっかのオタ眼鏡みたいにハーレムルートは進んではいけないんですよ!

8. 「女の子がいて、エンディングがあれば、僕にとっては全てギャルゲーなんだよ!」

桂馬の力強い決意の言葉ですね。まさに落とし神に相応しい言葉と言えるでしょう。ただ、私としては、桂馬と違って「可愛い」女の子が入っていないとギャルゲーじゃないよな……と、ちょっと厳しい条件を持っています。

ここまでの境地に至れば、たしかに神と言えるかもしれませんが、同時に狂人と間違えられても仕方ないんじゃないかな……とも思いますけどね。もちろん個人的には、桂馬の自信満々に生きている姿は大好きですけども。

9. 「酸素が無いと話もできないだろう?」

うーん、この……。この、クソオタク!! と罵りたくなるような一言。ちなみにこのセリフを言う前に、先生から「人と話す時はゲームをするのを止めろ」と言われて、その後にこの返事をしています

ゲームが酸素か……。と、いうこと認識自体にも白目を剝きそうな感じではありますが、それ以上に(暴力)教師に向かってこの口答えですからね。本当に、桂馬は大したものだと思います。

まあ、あまりにも切れ味が鋭い一言なので、私が最初にこのセリフを目にした時は、さすがにドン引きしましたね……。こいつ、やっべえ、と改めて思いました。

10. 「授業よりおもしろいもの5012タイトル。同じくらいのもの15タイトル。授業よりつまらないもの1タイトル」

教師に対する生意気な返答(真似したらダメ)シリーズ第二弾。ちなみにこの時、二階堂先生からは、「授業より面白い授業があるのか? アァ?」と質問(脅迫?)されています。

この時、桂馬はなぜ「ありません」という常識的な返答ができなかったのか? ということを考えるのは、野暮でしかありません。例えば、友達から、あなたが好きな女の子の事を聞かれたとします。「あの子のこと好きなの?」と。

「好きじゃないよ」と答えられるなら、嘘を吐ける程度の好きでしかありません。「好きだ」としか言えないくらい好きなら、嘘を吐くことなんて考えられないくらい好きなら、それは本物の愛だということでしょう。

もう、あなたもお判りでしょう。桂馬のギャルゲーに対する愛が。その重さ、その真摯さが。

11. 「条件って……人が死にかけてるのよ! これはゲームじゃないの!」

ハクアさんのセリフですね。まあ、このセリフ自体は、そこまで意味がある訳でもないというか、響くセリフではないと思います。この後に来る桂馬さんのセリフの引き立て役、といった感じですね

「そうだ、これはゲームじゃない」、と。「だから、絶対に助けないといけない!」と、桂馬が見下していたはずのリアルのために、必死の覚悟を表します。女神編では、桂馬が社会というか、現実に溶け込んできたなとよく思いましたね。

まあ、現実に溶け込むこと、社会人としてふさわしい行動を自動的に取ることは正義でも何でもないですが、現実の女の子に優しくなってくれたことは素直に微笑ましかったです。

12. 「あ、あ、あほぉおぉ!」

可愛いいいいいいいい!! はい。栞ちゃんのセリフです。CVは花澤香菜です。また、新たな豚を生み出してしまった……。と、多くの嘆きと共に君臨する、激戦区ヒロインこと図書委員の栞ちゃんですね。

まあ、栞ちゃんは図書委員としての仕事をしていただけなのに、桂馬からいろいろと邪魔をされて、思わずこの珍発言が出てしまいました。正直、「可愛すぎかよ」という感想以外が出て来ません。

栞ちゃんは本好き、というキャラのイメージ通りにすごい静かなキャラというか、言いたいことを言えないキャラです。だからこそ、やっと出てきた一言がこういう暴言だったというのは、多少は驚きました。

ただ、そんなことよりもシンプルに、ありがとうございます!! と感謝する想いしかありません。

13. 「悩みは僕らのキラカード。命かけても手に入れな!」

これも桂馬の名言ですね。言われてみれば、かなり当たり前のことですけどもww 女の子を落とすには、確かにまずは悩みを見つけることですよね。しかしまあ、「命かけて」までやるような人間はほとんどいないと思いますけどね。

それこそ自分の体を酷使してギャルゲーをする、落とし神くらいだと思います。まあ、個人的には、最初はすごく納得した言葉でしたから、名言に入れておきました。

14. 「何かを犠牲にして手に入れたものは、結局何かが欠けている」

美しい言葉です。でも、その美しさは、どちらかというと、喜びよりも悲しみに近いと言えます。この言葉は、どこか「諦め」を感じさせられました。どれだけ頑張っても、どれだけ情熱を注いでも、それが犠牲だというなら、結局は何かが欠けてしまうのだと。

それは、私にはすごく悲しいことのように感じてしまいます。もう一回やってみようとか、こうやったら上手く行くんじゃないか、とか。そういうアイデアだったり、前向きな考えだったりが、全て粉砕されるかのような、やるせなさを感じ取ってしまいました。

しかしながら、私はこの言葉が好きです。これはこれで、一種の真実ですから。桂馬は頭が良いけど、頭が良いだけじゃないなと、つねづね感じます。

15. 「殺されるヒロインの気持ちになったことがあるのか!」

いやあ、全くないですねwww。殺されるヒロインの気持ちになったこと。殺されるヒロインの気持ちは、つらいだけだと思うんですよね……。まあ、だからこそ、共感しなければいけないんでしょうか? 落とし神的には。

桂馬としては「殺せば物語になる、売れる」という安直な考えが、とにかく嫌いなようですね。まあ、私もそういう安直な理由で殺されるヒロインは可哀想だとは思いますが、そこまで拘る必要もないかなと思います。どっちでもいいかな、と。

ただ、神のみぞ知る世界では、ヒロインは死にません。それは、ちょっと凄いなと思いませんか? 死という安直な物語性ではなく、ヒロインを生かしたまま、しっかりと繊細な物語を描いているのです。

16. 「ハクアに何があっても……ハクアが凄いってこと……私死ぬまで信じてる!」

ハクアの努力がちょっとだけ認められたシーン。ハクアは天才ではなく努力型です。努力をすることで、なんとか評価を得られるような成績を取ってきました。しかし、実践はそうそう簡単にはいきません。

勉強がいくらできても、駆け魂は捕まえられなかったのです。そんな自信を喪失したハクアでしたが、妹分のエルシィは、そんなハクアに対しても熱いまなざしを変えませんでした。

確かに エルシィは、ちょっと馬鹿なところはありますが、人として(悪魔だけど)はすごく良い子なんですよね。ハクアのお陰で飛べるようになり、ハクアのお陰で一人前になれたんです。

その感謝をずっと忘れず、そしてその凄さをエルシィはずっと信じ続けてくれている。二人の絆が良く分かる、良いシーンでした。

17. 「リアル女を騙してやったんだよ」

女神がちひろの中にいなかったため、振るシーン。私はここで、「必要悪」という言葉が真っ先に浮かびました。こう言わないと、ちひろの攻略は終えることができなかったからです。

しかし、桂馬は頭を抱えてしまうほどに、ちひろを傷つけてしまったことを後悔してしまうのです。多分、最初の頃の桂馬なら、特に傷付かなかったと思います。ただこの時の桂馬は、既に多くの現実の女の子に触れ過ぎていました。

前述したように、桂馬は女神編までに優しくなりました。でも、優しくなることで、「傷付きやすくなった」とも言えます。同じレベルにいなければ、争いも起きず、悩んだりせず、傷付くこともありません。しかし、同じ現実(レベル)にいなければ、誰かのために悲しむこともできないのです。

18. 「ありがと…、お兄ちゃん」

漫画の最終回ですね。完全にネタばれになりますが、ドクロウとしての正体がばれた二階堂先生が、桂馬の元を去るシーンです。二階堂先生と言えば、桂馬をさんざん痛めつけた先生でした。

授業中にゲームをするたびに、イチャモンを付けられていたのはよく覚えています。しかし、こうやって最終回を振り返ってみれば、なんだかんだで良い思い出になってしまうという不思議です。まあ、あんなに桂馬を痛めつける必要性はなかったと思いますけどね……。

ただ、先生がドクロウとして出会っていた時、「ずっとそばで守ってあげるね」という約束を守ってくれていたことに気付いた時には、素直に感動してしまいました。あと、この振り返りの絵が、なんとも言えない感情が沢山詰まっていて、良いですね。

19. 「決めるのはボクだ! ボクが望めば不可能はない!」

うん、そうだよなあ……と思ったので、取り上げました。桂馬という人間は、この言葉通り過ぎて言葉が出てこないので、ここはあえてノーコメントで行こうかと思います。

20. 「現実はクソゲー。でも、クリアしなければ、クソゲーはクソゲーのままだ」

桂馬の伝説の名言に、ちょっとだけ桂馬の新たな見解が加わりました。「現実はクソゲー」という認識は変わらないようなのですが、「クソゲーのままで終わらせたくない」という落とし神なりの責任感のようなものを感じる言葉ですね。

クリアしなければ、クソゲーはいつまで経ってもクソゲーのままなんです。でも恐ろしいことに、現実というゲームは「クリアした後も続く」という変なルールが自動的に付いています。

果たして桂馬はこれから、そのルールとどう向き合っていくつもりなのでしょうか? 現実に降り立った桂馬を、これから等身大の苦しみと、退屈が襲うかもしれません。逆に、ゲーム以上の楽しみが待っているかもしれませんけどね。私としては、桂馬にはこれからも落とし神として君臨して欲しいですね。

まとめ

いかがだったでしょうか!? まあ、神のみぞ知る世界を読んでいないで最後まで読んでくれた方(神)はいないと思いますが、もしいたらありがとうございます。神のみぞ知る世界は、ヒロインが死なない分、とても丁寧に描かれた物語です。

極端な喜びや愛憎劇は無い分、とても初々しい感情に対しても真剣に向き合わなければならない時もあります。自分がそんなことで悩んだことなど忘れてしまっていることに気付き、自分がいつの間にか大人になったことも分かりました。

その分、「無くした物が何だったのか」という物を、ちょっとだけ見つけることができた喜びもあります。これを機にぜひ、また漫画の原作やアニメを見返して、新たな桂馬たちの一面を発見してほしいと思います。ありがとうございました。

ジェネオン・ユニバーサル (2013-09-25)売り上げランキング: 32,497

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1000821
1
Fessan white 上に戻る