2017.01.04.Wed. 3ヶ月前 おつう

KREVAの歌詞で大抵の問題は打破できる!パンチラインをブチかませ!

人は誰もが生きていればいろいろな悩みにぶつかる。そんなときにKREVAの曲を聴けば必ずや道が開ける!そんな選りすぐりのリリックをお悩み別にご紹介。いけるなら絶対いっとけ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

人生には様々な問題がある……

問題を解決するヒントをくれるのは・・










人は皆誰でも生きていれば必ず沢山の問題にぶち当たる。恋愛、仕事、対人関係や受験…いろいろあげるとキリがないが問題にぶち当たると当然悩む。そんなとき<b>なんとなくKREVAの曲を聴いていると、リリック(歌詞)が気になることがある。</b><br><br>そのリリックは自分の脳裏に焼き付けられ、なかなか頭から離れなくなる。<b>そしてそんな曲を口ずさんでいる自分に気づく。</b>そして更に気がつくと、今まで悩んでいたことを笑い飛ばせてしまうくらい元気な自分がいる…。<br><br>今回は日本を、いや、<b>もはや世界を代表すると言っても過言ではない</b>HIP-HOP<b> </b>アーティストKREVAの曲をお悩み別にご紹介していきたい。

人は皆誰でも生きていれば必ず沢山の問題にぶち当たる。恋愛、仕事、対人関係や受験…いろいろあげるとキリがないが問題にぶち当たると当然悩む。そんなときなんとなくKREVAの曲を聴いていると、リリック(歌詞)が気になることがある。

そのリリックは自分の脳裏に焼き付けられ、なかなか頭から離れなくなる。そしてそんな曲を口ずさんでいる自分に気づく。そして更に気がつくと、今まで悩んでいたことを笑い飛ばせてしまうくらい元気な自分がいる…。

今回は日本を、いや、もはや世界を代表すると言っても過言ではないHIP-HOP アーティストKREVAの曲をお悩み別にご紹介していきたい。

どんな問題もKREVAのリリックが助けてくれる!

まずはKREVAをご紹介

KREVA(クレバ、本名:畠山 貴志(はたけやま たかし)、1976年6月18日 - )は、日本のラッパー、シンガーソングライター、音楽プロデューサー。KICK THE CAN CREWのメンバー及びFUNKY GRAMMAR UNIT、神輿ロッカーズの一員。DJネームは908。所属レコード会社はSPEEDSTAR RECORDS。所属レーベルはくレーベル。

出典: ja.wikipedia.org

ソロ活動開始から2014年で10周年を迎え、その後も精力的にフェスを含めた全国でのライブ活動に沢山のアーティストへのプロデュース、そして本人出演の舞台と幅広い活動を行ってきたKREVA。まさに10周年からのチャレンジはすさまじいものがあった。

もちろん、ソロデビューからの活動も新しい物にチャレンジしており、コンスタントに非常に中身の濃いアルバムを発売したり、ライブでも苦手な弾き語りを披露したりと妥協を許さない努力家なのである。

今回は2017年発売の『嘘と煩悩』よりも前に発売されたアルバムの中から、筆者が勝手に選りすぐったお悩み解決にかなり役立つ代表作を三曲挙げたい。

KREVAの役立つパンチライン「恋愛のお悩み」 編

別れを切り出されてしまった…そんなときは『スタート』

相手から突然別れを切り出されてしまった場合、あなたならどうするだろうか…もちろん自分も悪かったところはある。でもなんだか納得できない。自分だけが悪いのか?そしてまだ別れたくはない。気持ちの整理がつかない…

そんなときに是非聴いていただきたいのがこの『スタート』である。この曲の中でKREVAは最初こんなことを言っている。ホントは後悔しないよう君にぶちまけたいのさ何もかもと。しかしその後、でもしない何も。幸せを祈るだけと…

なんとカッコいい引き際なんだろうか…そして更にもうない何も。もうというよりもともとないのかもと最初から相手に言うことはなかったのかもと自分に納得させ、最後は二人にとってこれは終わりじゃなくてスタートなんだと締めくくっている。

別れる前は言いたいことが山程あったのに、いざ別れようと言われると何故か楽しかった出来事ばかりがフラッシュバックしてしまう。相手がいなくなってしまったら自分はどうなってしまうんだろうかという不安に駆り立てられる。

でも、でもでもでもでも!相手が好きなら、好きだったなら、最後に相手の意見を尊重してあげたほうが結果自分に徳になるのは間違いない。一歩踏み出して自分も今日からがスタート。もっと素敵な恋があなたを待っているはず…

KREVAも言っているじゃないか。お互い新しい道を歩んでいくスタートなんだと…第二章を今ここではじめよう。と…自分にとっても別れはスタートなのである。

おまけ情報その1

たまには #自撮り #今日は撮影 #でした

kreva_drk_dj908さん(@kreva_drk_dj908)が投稿した写真 -

このPV撮影時、KREVAは体調が悪く高熱があったようだ。しかしそれでもあの土砂降りの中歌い切るプロ魂。高熱があったことを踏まえて改めてPVを見直すとかなりの見応えがあり、男女関係なくKREVAに惚れてしまうのは間違いなし。

ちなみに場所は新宿西口駅の某三角ビルであり、もちろん誰でも入れる。筆者は新宿へ行くついでにふらっと立ち寄り、このビルでスタートを聴きKREVAに浸っている。

一人でしんみり浸りたいときは是非このなりきりスタイルをお勧めしたい。この曲はまた、今現在恋愛問題で悩んでいなくても過去の出来事を思い返し、なんだか懐かしい気持ちにさせてくれる曲なのである。

KREVAの役立つパンチライン「人生の岐路」編

何かに挑戦したい!そんなときは『挑め』

果たして今のままで自分はいいのだろうか…今の現状を打破して新しいものに挑戦したい…しかしこのままゆるくやっているのも悪くはない…そんなことを考えているうちにまた1日が終わり普通に明日がやってくる…

そんなモヤっとした毎日を過ごしている人にお勧めなのが『挑め』である。聴いていただければおわかりかと思うが、この曲には「3」という数字が一度も使われていない。日本のことわざでは三という言葉をよく使う。仏の顔も~、二度あることは~石の上にも~等々…

しかしKREVAの考えは「一度目でやっちゃえばよくない?三度まで待たなくても」とこうだ。まさに斬新な考えである。そしていかに「3」を使わないで完成できるか。この超難解なリリックに、KREVA自身があえて挑んでいる曲なのである。

失敗を恐れるな!

ここで勘違いしないでほしいのだが、KREVAは決して一度目で必ず成功しろ!とは言っていない。一度目も二度目も何度でも許すと言っているのであるそう、何回挑んでもいいじゃないか!それは決して恥ずかしいことではないと。

そして仏の顔じゃないが俺は俺を認める挑め!と言っている。何度失敗しようが他人から笑われようが、自分自身を許し認めていこう。ということなのである。己を許すことは難しいが、それも人生に必要なプロセスなのだ。

失敗したとしても他人がなんと言おうと、自分が自分を認めて許してあげたらいいじゃないか。自分の人生を他人にとやかく言われる筋合いはないのだから。自分に厳しく。そして、自分に優しく。

おまけ情報その2

😆😆😆 #KREVA #真面目風 #最高はひとつじゃない2016 #絶対来てね❤️

kreva_drk_dj908さん(@kreva_drk_dj908)が投稿した写真 -

この曲、実は当初「売れそうな曲を作ってくださいよ」と担当者に言われ、時間をかけて作りはじめ、いざ出来上がりそうだった矢先に、「やっぱりラップ聴きたいっすねー」 と言われてしまい、かちーんときて徹底的にラップしてやる!!といういきさつで生まれた曲なのである。

確かにあの勢いのあるラップ…素人がカラオケで唄ったら舌をかみそうだ。そしてPVだが、「3」をあえて言わないリリックにもかかわらず、途中で「3」が出てくる。是非探して見て欲しい。それに加えて最後に出てくる数字がこれまた意味深…ここも是非チェック必須である。

そしてさらになんとこの曲の再生時間は3分33秒…これはもう鳥肌ものだ…KREVAの才能の深さをここでも実感する。

KREVAの役立つパンチライン「はげましたい」編

これはもう『ひとりじゃないのよ』

最後に、自分の悩みなら「なんとかなるさ!」と普段楽観的な考えの人でも、大切な人の悩みは「なんとかなるさ!」とそう簡単にはいえない…相手が必要以上に悩み、苦しんでいるときどうすればいいのか…

そんなときは、是非この『ひとりじゃないのよ』をお勧めしたい。というよりも、この曲を是非聴かせてあげてほしい。この曲の最初でKREVAはまずこんなことを言っている。やつれた心に望み少しでもあげたくてと。

これはまさに自分が大切な人に対して思うことである。これはもうKREVAに気持ちを代弁してもらうしかない。逃げ出したくなる。泣きたくなることもあるだろう。それのどこが悪いんだ?何も悪くはない。そのとおりだ。

押し寄せるネガティヴ軽くかわし、ゆっくりゆっくり歩く長い道のり。そのための意気込み。ネガティブは押し寄せるけれど、自分自身に気合いいれてゆっくりゆっくり歩いていけばいい。人生は長い。

ひとりじゃないのよ、わかるでしょ?そう!そしてあなたは決してひとりじゃない。大切な人に教えてあげてほしい。一人で抱え込むことなんてないのである。みんなあなたの味方だから。と

大切な人ではなく、自分自身が悩んでいるときもこの曲を聴いてみてほしい。そして自分を大切に思ってくれる人を思い出してほしい。思い付かなくてもKREVAという最強の味方がいるから全く問題ない。あとSONOMIもね!(SONOMIのお話はおまけ参照)

おまけ情報その3

★🌟💫☆✨⭐︎

SONOMIさん(@song_chang)が投稿した写真 -

このひとりじゃないのよは、青森県が生んだ歌姫SONOMIが参加している。彼女はKREVAがその才能に惚れ込んだ女性の一人であり、現在はソロでも活動しているシンガーソングライターである。

KREVAのライブでも度々顔を出し、澄み切った歌声でファンを魅了してくれる。彼女のアルバムにはソロのひとりじゃないのよも収録されているので、こちらもお勧めである。

以前KREVAのライブにSONOMIがゲストで登場した際に、KREVAが「垢抜けたよなぁ~」と感心していたが、まさにどんどん美しさが増している彼女。進化形美女に是非注目して頂きたい!

まとめ

Dr.Kを聴いておけば間違いない

#birthday #KREVA #40

kreva_drk_dj908さん(@kreva_drk_dj908)が投稿した写真 -

今回は三曲を挙げてみたが、正直厳選するのに非常に時間がかかった。何故なら素晴らしい曲が多すぎるのだ。PVのないアルバム曲を含めると果てしなかったので、今回はPVがあるものから悩みに悩んで選んでみた。

KREVAをよく知らない人は、「KREVAってオラオラ系なんでしょ~?HIP-HOPだしぃ~」みたいな大きな勘違いをしている場合が多々あるので、筆者は声を大にして言いたい。KREVAはオラオラ系じゃありませんから!

HIP-HOPにとどまらず、様々な物に挑んでいる通称Dr.ことKREVA、少しでも気になる曲があれば、まずはベスト盤がお勧め。是非とも聴いてみてほしい。大抵の問題は打破できる。間違いない。

KREVA ビクターエンタテインメント (2017-02-01)売り上げランキング: 222
KREVA ポニーキャニオン (2014-06-18)売り上げランキング: 19,843

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1000822
1
Fessan white 上に戻る