2017.01.05.Thu. 4ヶ月前 よたか

騒がしい毎日に甘酸っぱい恋!僕らはみんな河合荘の名言・名シーン20選!

岐阜市をモデルにした風情ある街中にある河合荘の奇人変態たちの物語です。憧れの先輩と同じ下宿に暮らす事になった、男子高校生の甘酸っぱいシーンを中心にご紹介いたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 1

目次

• 岐阜市も河合荘を応援中です
• たとえばこんな彼女と青春の日々を これはフラグか? 罠か?
• ちょっと下半身新品だからって調子にのんなよ
• 中庭で読みたくなっただけだから
• いま、一瞬ヴィーナスが誕生しませんでした?
• 無愛想でどーもすいませんね
• 今朝はゴメン 絶対イヤとか言っちゃって、悪かったなと思って
• トラブル持込んだり、河合荘の中で遊んだりしたら、私がちょっと怒っちゃうわよ
• 女子高生仲間って、はやりとか敏感じゃなきゃダメそうで大変っぽいし
• 先輩がいつも楽しそうに読んでるから 明るいのなら読んでみたいなって思ったんですよね
• ありがとう おれも千夏ちゃん好きだよ 9年後に同じ言葉を聞きたいな
• ピキーって空気が固まる音がするの
• この人は、ずるい
• 変わり者をうまくいなして仕事こなす子なんてそうそう……
• うん そう 指名 だから早く来て あっちで待ってる
• 落ち着いて。もういないから、大丈夫。もういないです。大丈夫。
• 無視しないでくれて、気遣ってくれて、我慢してくれてありがとう。甘えてごめんなさい。
• この人、彩花さんの弱点ボックスだ
• すごい追求されるなぁ。これが普通だったっけ
• いつも一緒にいる人が欲しいだけなんじゃないの?
• 宇佐君はお人好しすぎると思う
• 律ちゃんの魅せるカットと、花澤香菜の演技も見どころでした

岐阜市も河合荘を応援中です

岐阜市を舞台にした漫画「僕らはみんな河合荘」の“聖地巡礼マップ”を公開(岐阜市公式サイト新着より)


見覚えのある景色も登場しましたし、作品中で「金華山が近いから……」というセリフもありましたから聖地は岐阜だと確信しました。そして、2017年1月6日に岐阜市が『河合荘』の聖地巡礼マップページを作って公開しました。

岐阜市の本気がじわりと伝わってきます。作中でほとんど美濃弁を使ってませんが、まぁいいですそんなこと。でも、個人的には美濃弁を操るキャラをもう少し増やして欲しかったかな。だって、律ちゃん(河合律:cv:花澤香菜)が美濃弁で話すと少し萌えませんか?

てか、『のうりん』の中澤農(cv:花澤香菜)とかぶってまうかしれんねぇ。

たとえばこんな彼女と青春の日々を これはフラグか? 罠か?

第1話 宇佐和成

念願の1人暮らしが実現したと思った矢先に、<b>実情を知った宇佐君(宇佐和成:cv:井口祐一)が河合荘を出ようとした時に、学校で見かけた<span class="wysiwyg-color-festy-red">律ちゃんと鉢合わせ</span>した時のモノローグ</b>です。<br><br>河合荘は、<b>各自個室がある女性入居者</b>に対して、<b>男子部屋はアコーディオンカーテンだけ</b>で仕切られただけ。しかも隣人、同居、同棲? 相手は見た目も、発言も、行動も<b>三拍子で怪しいシロ(城崎:cv:四宮豪)さん</b>です。<br><br>最初の1人暮らしなので、少々変でも賑やかな場所の方がいいと思うのですけど、<b>宇佐君って若いな。</b>そして可愛い女子1人で思いとどまるのも、<b>やっぱり若いな</b>と思ってしまいました<br>

念願の1人暮らしが実現したと思った矢先に、実情を知った宇佐君(宇佐和成:cv:井口祐一)が河合荘を出ようとした時に、学校で見かけた律ちゃんと鉢合わせした時のモノローグです。

河合荘は、各自個室がある女性入居者に対して、男子部屋はアコーディオンカーテンだけで仕切られただけ。しかも隣人、同居、同棲? 相手は見た目も、発言も、行動も三拍子で怪しいシロ(城崎:cv:四宮豪)さんです。

最初の1人暮らしなので、少々変でも賑やかな場所の方がいいと思うのですけど、宇佐君って若いな。そして可愛い女子1人で思いとどまるのも、やっぱり若いなと思ってしまいました

ちょっと下半身新品だからって調子にのんなよ

第1話 錦野麻弓

川岸(長良川の鵜飼観覧船事務所前?)で<b>酔っている錦野麻弓(cv:佐藤莉奈)を見かけた宇佐君はスルー</b>しようとしますが、気になって声を掛けてしまいます。<b>そして<span class="wysiwyg-color-festy-red">楽しそう(?)な下ネタ</span>のやり取り</b>が始まります。<br><br><b>テンポの良い下ネタのやり取りはこのアニメの見どころのひとつです。</b>麻弓さんのセリフって結構下品なんですけど、佐藤莉奈の明るい声で聞くと素直に笑ってしまうんですよね。<br><br>そこへ下校中の律ちゃんが登場し、宇佐君に事情を説明します。<b>はしゃぎ回る麻弓さんを止めようとして失敗。結局宇佐君が犠牲になりました。</b>

川岸(長良川の鵜飼観覧船事務所前?)で酔っている錦野麻弓(cv:佐藤莉奈)を見かけた宇佐君はスルーしようとしますが、気になって声を掛けてしまいます。そして楽しそう(?)な下ネタのやり取りが始まります。

テンポの良い下ネタのやり取りはこのアニメの見どころのひとつです。麻弓さんのセリフって結構下品なんですけど、佐藤莉奈の明るい声で聞くと素直に笑ってしまうんですよね。

そこへ下校中の律ちゃんが登場し、宇佐君に事情を説明します。はしゃぎ回る麻弓さんを止めようとして失敗。結局宇佐君が犠牲になりました。

中庭で読みたくなっただけだから

第2話 河合律

<b>連休中に下ネタトークしている麻弓さんと宇佐君を、シロさんが大きなシャボン玉遊びに誘います。</b>それなりに楽しんでいるところへ帰ってきて、<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">わざとらしく縁側で本を読みはじめた律ちゃんのセリフ</span></b>です。<br><br>麻弓さんは「<b>面倒くさいって言うのはああいうのを言うんだな</b>」と思いっきりブーメランを投げます。<b>最後に青い妄想をした宇佐君が律ちゃんにビンタされる部分</b>も含めて、<b>律ちゃんの不器用さがよくわかる</b>エピソードです。<br><br>そころで、<b>こんなに下品な会話ばかり</b>なのに、どうして<b>こんなに清々しく感じてしまう</b>のか、とても不思議な作品です。<b>とにかく見習いたいです。</b><br>

連休中に下ネタトークしている麻弓さんと宇佐君を、シロさんが大きなシャボン玉遊びに誘います。それなりに楽しんでいるところへ帰ってきて、わざとらしく縁側で本を読みはじめた律ちゃんのセリフです。

麻弓さんは「面倒くさいって言うのはああいうのを言うんだな」と思いっきりブーメランを投げます。最後に青い妄想をした宇佐君が律ちゃんにビンタされる部分も含めて、律ちゃんの不器用さがよくわかるエピソードです。

そころで、こんなに下品な会話ばかりなのに、どうしてこんなに清々しく感じてしまうのか、とても不思議な作品です。とにかく見習いたいです。

いま、一瞬ヴィーナスが誕生しませんでした?

第2話 宇佐和成


相手にはしねーけど、プライドくすぐってほしーんだよ!』という麻弓さんの最低なモノローグから始まる洗濯物を干すシーンです。律ちゃんと宇佐君は奥の部屋からカーテンを持って来た時に強い風が吹きます。

中庭で洗濯物を干していた半裸のシロさんの姿が、ボッティチェッリの『ヴィーナスの誕生』とだぶって見えた時に、宇佐君がこのセリフを呟きました。その後も「河合荘ルネッサンス」などと呟きつづけます。

律ちゃんは、変なスイッチが入って声を上げて笑いつづけます。おかしかった理由を聞かれて「アートの話を」と言う宇佐君と、照れてちゃんと返事が出来ずに彼の肩を押す律ちゃんの姿がとても可愛いエピソードです。

無愛想でどーもすいませんね

第2話 河合律


河合荘の住人がホラービデオを観てる時に、渡辺彩花(cv:金元寿子)が帰ってきます。麻弓さんにつっこまれて今までは、変態か、無愛想か、酔っぱらいだったから……」と口を滑らせた宇佐君に対する、律ちゃんのリアクションです。

強がっていた律ちゃんが、恐わい画面を見て宇佐君に「うそつき」とこぼした場面なんて、何度も見直してしまいました。その後も結構いい感じだったのだけど、彩花ちゃんの登場で台無しです。

こんな風に1歩進んで10歩戻るのはラブコメの王道。くすぐったく感じる事が多いのですけど、素直に楽しめるのがこのアニメの魅力ですね。

今朝はゴメン 絶対イヤとか言っちゃって、悪かったなと思って

第3話 河合律

自転車の2人乗り登校を「絶対イヤだ」と断った<b>律ちゃんが気にして図書室で宇佐君に謝った時のセリフ</b>です。<b>不器用な律ちゃんが一生懸命すぎです。<span class="wysiwyg-color-festy-red">律ちゃんの最も可愛いシーン</span>のひとつです。</b><br><br>途中で話がまとまらなくなったあげくに、最後も「お元気で」とか言っちゃうあたり、<b>本当に可愛くて背中がゾクゾクしちゃいます。</b>いつもたくさん本を読んでいるのに、どうして言葉が出ないんでしょう。<br><br>そういえば、花澤香菜が『<b>神のみぞ知る世界</b>』で<b>汐宮栞をやった時も、いつも本を読んでいる無口な女の子</b>でしたね。<b>逆に『文学少女』の天野遠子はよく喋ってました。</b>

自転車の2人乗り登校を「絶対イヤだ」と断った律ちゃんが気にして図書室で宇佐君に謝った時のセリフです。不器用な律ちゃんが一生懸命すぎです。律ちゃんの最も可愛いシーンのひとつです。

途中で話がまとまらなくなったあげくに、最後も「お元気で」とか言っちゃうあたり、本当に可愛くて背中がゾクゾクしちゃいます。いつもたくさん本を読んでいるのに、どうして言葉が出ないんでしょう。

そういえば、花澤香菜が『神のみぞ知る世界』で汐宮栞をやった時も、いつも本を読んでいる無口な女の子でしたね。逆に『文学少女』の天野遠子はよく喋ってました。

トラブル持込んだり、河合荘の中で遊んだりしたら、私がちょっと怒っちゃうわよ

第3話 河合住子

河合荘の前で<b>元カレと揉めた時に、宇佐君まで巻き込んだ彩花ちゃんが、夕食中に住子さん(河合住子:cv:小林沙苗)から注意を受けます</b>が、彩花ちゃんはあまり反省していません。<br><br>宇佐君が律ちゃんに本を投げてまで助けてくれたお礼を言った時、<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">返事に窮して照れている姿もナカナカ</span></b>です。そこで<b>懲りない彩花ちゃんが宇佐君をそそのかした時に、住子さんが言ったセリフ</b>です。<br><br>夕食中に彩花ちゃんが「<b>麻弓さん。断るいい方法知りません?</b>」と言って、シロさんから「<b>目の前でメイクを落とせばいいんじゃないかなぁ</b>」と指摘されたのは、ちょっとリアルですね。<br><br><b>物語のターニングポイントになるエピソード</b>なので、何度も見直してしまいました。

河合荘の前で元カレと揉めた時に、宇佐君まで巻き込んだ彩花ちゃんが、夕食中に住子さん(河合住子:cv:小林沙苗)から注意を受けますが、彩花ちゃんはあまり反省していません。

宇佐君が律ちゃんに本を投げてまで助けてくれたお礼を言った時、返事に窮して照れている姿もナカナカです。そこで懲りない彩花ちゃんが宇佐君をそそのかした時に、住子さんが言ったセリフです。

夕食中に彩花ちゃんが「麻弓さん。断るいい方法知りません?」と言って、シロさんから「目の前でメイクを落とせばいいんじゃないかなぁ」と指摘されたのは、ちょっとリアルですね。

物語のターニングポイントになるエピソードなので、何度も見直してしまいました。

女子高生仲間って、はやりとか敏感じゃなきゃダメそうで大変っぽいし

第4話 城崎

夕食後の雑談で、<b>友だちを作らない理由を聞かれて</b>「<b>なんか楽だし、まぁいいか</b>」と律ちゃんが答えます。</b>それを気にしていた宇佐君にシロさんが言ったセリフで、<b>2人の価値観の違いがはっきりします。</b><br><br>宇佐君は、いつもひとりで本を読んでいる律ちゃんに対して<b>『無理をしている』と決めつけます。</b>律ちゃんの方も、河合荘の住人たちと接しても<b>疲れないと言う宇佐君は変だ</b>と思いはじめます。<br><br>結局、律ちゃんに拒否された宇佐君は凹みます。1人はイヤじゃないけど、1人だと思われるのがイヤで、宇佐君に八つ当たりした律ちゃんも凹んでしまいます。<b>それでも宇佐君は、寄り添い守って歩きたいと律ちゃんに告げます。</b><br><br><b class="wysiwyg-color-festy-red">お互いに歩み寄れた素敵なエピソードでした。</b><br>

夕食後の雑談で、友だちを作らない理由を聞かれてなんか楽だし、まぁいいか」と律ちゃんが答えます。それを気にしていた宇佐君にシロさんが言ったセリフで、2人の価値観の違いがはっきりします。

宇佐君は、いつもひとりで本を読んでいる律ちゃんに対して『無理をしている』と決めつけます。律ちゃんの方も、河合荘の住人たちと接しても疲れないと言う宇佐君は変だと思いはじめます。

結局、律ちゃんに拒否された宇佐君は凹みます。1人はイヤじゃないけど、1人だと思われるのがイヤで、宇佐君に八つ当たりした律ちゃんも凹んでしまいます。それでも宇佐君は、寄り添い守って歩きたいと律ちゃんに告げます。

お互いに歩み寄れた素敵なエピソードでした。

先輩がいつも楽しそうに読んでるから 明るいのなら読んでみたいなって思ったんですよね

第5話 宇佐和也


茶の間に置いてあった『探偵 伊星操』のハードカバーを見つけて何気なく読んでいた宇佐君が戻ってきた律ちゃんに「なんで(読んでるの)?」と聞かれた時のセリフです。

読んでる本に影響されて、行動まで変わってしまう律ちゃん。そんな律ちゃんがカエルのレインコートを着て水鉄砲で楽しそうにしてるのを見て、彩花ちゃんは「キャラ変わってない?」と言いますが、宇佐君は本の影響だとすぐに気がつきます。

律ちゃんは本の内容を語り合う楽しさを知ってから、宇佐君と話したくて仕方ないようです。見てるとムズムズしちゃいます。そこで住子さんの一言。「好きなモノならなおさら、語り合えるのはたのしいわよね

ありがとう おれも千夏ちゃん好きだよ 9年後に同じ言葉を聞きたいな

第6話 城崎


シロさんが拾ったおサイフを警察に届けた事がキッカケで、女子小学生の千夏ちゃん(cv:清水愛)が河合荘やって来ます。だんだんと千夏ちゃんはシロさんに懐いて、毎日のように河合荘に遊びに来る事になります。

そして「好きかもしれない」と千夏ちゃんから告白された時のシロさんの返事この言葉です。大人の男性として模範的な回答だと思います。一番の変態として扱われるシロさんですが、このエピソードに限らず少し距離を取って客観的に常識ある発言をするシーンがかなりあります。

もしかしたら、登場人物の中で一番マトモな大人なのかもしれません。

ピキーって空気が固まる音がするの

第6話 千夏


麻弓さんに「ハブられるぞ」と言われた千夏ちゃん。本当に学校でハブられていて、居場所を失います。そして河合荘に逃げ込みます。茶の間でのやり取りの中には、鋭い描写。素敵な励まし、覚えておきたい言葉などがたくさんあります。以下抜粋してご紹介します。

律「友だちに自分の好きなモノ、簡単に否定されたら傷つくよ
千夏「ピキーって空気が固まる音がするの。明日もあの音聞くと思うと、もう死んじゃいたい
住子「死んじゃう前にプリン食べる?
住子「死んじゃいたいなんて思ってもお腹は空くし、好きなモノ食べたら美味しいって思えるし、体は結構図太いのよね
千夏「千夏は真剣に悩んで……
住子「そうよね。それだけ千夏ちゃんは強くてまだ力が残ってる事よ
千夏「うれしい事のお祝いに美味しいものもアリだよね

心に残る言葉ありましたか?

この人は、ずるい

第7話 宇佐和也

住人たちが痴漢の撃退方法で盛り上がる中、<b>無防備な行動を注意された律ちゃんが「<span class="wysiwyg-color-festy-red">下校中の読書禁止ね</span>」と釘を刺されます。</b>律ちゃんは苦し紛れに「<b>宇佐君と(一緒に下校する)</b>」と言ったあとの、<b>宇佐君の(嬉しそうな)モノローグです。</b><br><br><b>律ちゃんは、初めて宇佐君に甘えたんではないでしょうか?</b> 麻弓さん、彩花ちゃんはワガママだと言います。だけど宇佐君は「<b>楽しそうなのでいいじゃないですか</b>」と律ちゃんの行動を受け入れます。そして思わず<b>その会話を聞いていた律ちゃん。</b><br><br>痴漢騒動が全て終わり、嗜める宇佐君の言うことを一応聞いたけど、律ちゃんは気が収まらないようです。<b>女子エリアで竹刀を持って宇佐君を呼びます。</b>これが照れ隠しの一発だったと思うと<b>律ちゃんのデレが伝わってきます。</b><br><br>そして、また「<b>この人、本当ずるい</b>」という宇佐君のモノローグが聞えてきます。<br><br><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B2%B3%E5%90%88%E8%8D%98?src=hash">#河合荘</a> 7話も面白かったー <a href="http://t.co/hY50sXd2UX">pic.twitter.com/hY50sXd2UX</a></p>&mdash; ちりぼこり (@chiribokori) <a href="https://twitter.com/chiribokori/status/468703215723110400">2014年5月20日</a></blockquote> <script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

住人たちが痴漢の撃退方法で盛り上がる中、無防備な行動を注意された律ちゃんが「下校中の読書禁止ね」と釘を刺されます。律ちゃんは苦し紛れに「宇佐君と(一緒に下校する)」と言ったあとの、宇佐君の(嬉しそうな)モノローグです。

律ちゃんは、初めて宇佐君に甘えたんではないでしょうか? 麻弓さん、彩花ちゃんはワガママだと言います。だけど宇佐君は「楽しそうなのでいいじゃないですか」と律ちゃんの行動を受け入れます。そして思わずその会話を聞いていた律ちゃん。

痴漢騒動が全て終わり、嗜める宇佐君の言うことを一応聞いたけど、律ちゃんは気が収まらないようです。女子エリアで竹刀を持って宇佐君を呼びます。これが照れ隠しの一発だったと思うと律ちゃんのデレが伝わってきます。

そして、また「この人、本当ずるい」という宇佐君のモノローグが聞えてきます。

変わり者をうまくいなして仕事こなす子なんてそうそう……

第7話 篠原タエ


いよいよ、書生カフェでバイトをはじめるエピソードに突入です。夏休みの暇な時間にバイトでもしようかと軽く考えていた宇佐君でしたが、食事に行った先で住子さんの友人(篠原タエ:cv:甲斐田ゆき)に見初められてしまいます。

変人だらけの面倒な職場を察知した宇佐君はすぐに断ります。それでも諦めない篠原タエは河合荘を訪れて書生の制服を宇佐君に着せてしまう。書生姿を見る律ちゃんの熱いまなざしに負けて、結局バイトをOKした宇佐君でした。

惚れた弱みというか、律ちゃんの表情のつくり方が本当に上手ですね。ずるいです。

うん そう 指名 だから早く来て あっちで待ってる

第8話 河合律

<br>宇佐君がバイトする<b>書生カフェに、中学の同級生、霊感少女林(cv:沼倉愛美)が合コンの帰りに来店します。</b>林さんは他人の目を気にして声を掛けませんが、人がいい宇佐君はただただ仕事に集中しようとします。<br><br>調子にのって<b>はしゃぐ高校生男子</b>たち、だんだん<b>気持ちがしぼんで行く宇佐君</b>。そこへ<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">ハイカラさん姿の律ちゃん</span>がやって来て啖呵を切ります。</b>見た目だけでなく、<b>恥ずかしさを抑えた行動を含めて、作中で最も印象的で素敵な律ちゃんです。</b><br><br>その後は、<b>麻弓さんと彩花ちゃんが援護して宇佐君を助け出します。</b>爽快感のあるエピソードですけど、それだけでなく<b>律ちゃんから歩み寄ったところが一番印象的</b>でした。<br><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%B2%B3%E5%90%88%E8%8D%98?src=hash">#河合荘</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/anime?src=hash">#anime</a> <a href="http://t.co/GFbpELjKQH">pic.twitter.com/GFbpELjKQH</a></p>&mdash; Arufa (@AlphaSixNine) <a href="https://twitter.com/AlphaSixNine/status/470070959848714240">2014年5月24日</a></blockquote> <script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>


宇佐君がバイトする書生カフェに、中学の同級生、霊感少女林(cv:沼倉愛美)が合コンの帰りに来店します。林さんは他人の目を気にして声を掛けませんが、人がいい宇佐君はただただ仕事に集中しようとします。

調子にのってはしゃぐ高校生男子たち、だんだん気持ちがしぼんで行く宇佐君。そこへハイカラさん姿の律ちゃんがやって来て啖呵を切ります。見た目だけでなく、恥ずかしさを抑えた行動を含めて、作中で最も印象的で素敵な律ちゃんです。

その後は、麻弓さんと彩花ちゃんが援護して宇佐君を助け出します。爽快感のあるエピソードですけど、それだけでなく律ちゃんから歩み寄ったところが一番印象的でした。

落ち着いて。もういないから、大丈夫。もういないです。大丈夫。

第9話 宇佐和成


ムカデ騒動のエピソードで、パニックになった律ちゃんを宇佐君がなだめているときの言葉なんですけど、熱湯が掛からないようにガードしたり、律ちゃんの肩を抱いたりして、2人はとてもいい感じです。

ちょっと羨ましい。本当にムカデに局部刺されちまえとか思います。ムカデ自体はこの後フルメイクして登場する彩花ちゃんが手際よく片付けてしまいますが、このエピソードの見どころは別のところです。

ネットラジオで花澤香菜が「アドリブとか、息づかいも聞いて欲しい」と言ってましたが、それとおぼしき律ちゃんの息づかいが伝わって来るんです。是非注意して観てください。

無視しないでくれて、気遣ってくれて、我慢してくれてありがとう。甘えてごめんなさい。

第10話 林


宇佐君のバイト中にカフェの外で林さんとシロさんが話をします。中学時代の事を回想しつつ、この前来店した時の事を気にしていた林さんの、宇佐君に対する感謝と謝罪の言葉です。

なるべく思い出したくない黒歴史を受けとめてるのはかなりキツいし、誰かに素直に謝るのもそれほど簡単な事ではありません。前に進むために林さんは思い切ったようです。それなりに傷ついていた宇佐君もきちんと受けとめます。

麻弓さんと彩花ちゃんはすぐに敵意を見せました。そして律ちゃんは一度だけ瞬きをします。帰ってから読書は捗らなかったと言ったところから、やっぱり気にはしていたようです。

この人、彩花さんの弱点ボックスだ

11話 宇佐和成


高校時代の集まりだと言って、つねこ(常田美晴:cv:諏訪彩花)が彩花さんのところへ泊まりに来ました。美濃弁の感じから美濃加茂あたりでしょうか? 宇佐君から「彩花さんの弱点ボックス」と呼ばれます。

中学の黒歴史を語りながら酔いつぶれるつねこを見て、彩花ちゃんは「(女友達は)こいつで、もう、うんざり」と、親しみを込めて世話を焼きます。律ちゃんはその様子を羨ましそう見ていました。

翌朝、彩花ちゃんがメイクすると、つねこはまるで別人のようになって出かけていきました。律ちゃんが友だちについて考えるキッカケになったエピソードです。

すごい追求されるなぁ。これが普通だったっけ

第11話 河合律


前村さん(cv:中島沙樹)から声を掛けられてから、一緒に行動するようになった律ちゃんだったけど、プライベートに踏み込まれたり、メールの返信急かされたりして読書する時間さえなくなっていきます

女性同士の付き合いがここまで踏み込んでくるものなのかどうかわかりませんけど、4話の「なんか楽だし、まぁいいか」と律ちゃんが言っていたのを思い出してしまいます。私なら多分がまんできない。

律ちゃんが前村さんと遊ぶようになってから宇佐君は、寂しさを感じつつ、少しは心配しながらも、律ちゃんの為だと思って口を出しませんでした。そして前村さんは『本好きの集まり』と称して律ちゃんを『合コン』に引っぱりだしてしまいます。

いつも一緒にいる人が欲しいだけなんじゃないの?

第12話 河合律


合コンを飛び出した律ちゃんは、迎えに来た宇佐君に吐露して決心したようです。翌日、勝手に写メを送って言い訳する前村さんに対して、律ちゃんはこのセリフを投げつけます。

リアルでも結構ありそうなんだけど、ほとんどはお互いに諦めて一緒に居るような気がします。そんな状態が許せない潔癖さが律ちゃんの魅力だと思いますけど、当人はかなり辛いでしょうね。

下校時に階段を下りる場面で前村さんの遠慮のない言葉が、宇佐君と律ちゃんに届きます。そんな時に、宇佐君みたいな人が側に居てくれれば気が休まるのかもしれませんね。

宇佐君はお人好しすぎると思う

第12話 河合律


間違えて梅酒を飲んだ律ちゃんが暴走して、言いたい事を言い出します。(彩花さんは)性格悪いのに充実しててズルい」「つねこさんとわかり合えてるし」「合う友だちに会える気がしない」そして矛先は宇佐君へ。

酷い事言われても怒らないとか、バイトの事とか、林さんの事など、イロイロまくしたてます。そしてお菓子が食べたいと言って男子部屋へ入り込んで、寝起きに宇佐君の『読書ノート』を見つけてしまいます。

律ちゃんはこの時に初めて、本を読む事、理解する事で、近づいてきてくれる宇佐君を意識したのではないでしょうか?

律ちゃんの魅せるカットと、花澤香菜の演技も見どころでした

このアニメは、<b>可愛い律ちゃんのカットが毎回とても楽しみ</b>でした。どう見ても他のカットよりも力が入っているように感じます。そして律ちゃんのcv:<b>花澤香菜さんの演技が魅力的</b>です。<br><br>かなり抑えめの役なので、<b>そのままストレートに感情を出さずに演技をしていたそうです。そのぶん<span class="wysiwyg-color-festy-red">細かいアドリブや息づかい</span>で表現していた</b>のだと、ネットラジオで話されていました。<br><br>もし余裕があれば花澤香菜の他の文学少女『<b>汐宮栞</b>』『<b>天野遠子</b>』と見比べていただけるとわかっていただけると思います。それだけに<b>12話で梅酒に酔っている律ちゃんが、やたら弾けているように感じました。</b><br><br>そして、<b>宇佐君と律ちゃんの距離が少しずつでも縮まっているのをニヤニヤしながら、背中をムズムズさせながらお楽しみください。</b>一層楽しんでいただけると思います。今回も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。<br>

このアニメは、可愛い律ちゃんのカットが毎回とても楽しみでした。どう見ても他のカットよりも力が入っているように感じます。そして律ちゃんのcv:花澤香菜さんの演技が魅力的です。

かなり抑えめの役なので、そのままストレートに感情を出さずに演技をしていたそうです。そのぶん細かいアドリブや息づかいで表現していたのだと、ネットラジオで話されていました。

もし余裕があれば花澤香菜の他の文学少女『汐宮栞』『天野遠子』と見比べていただけるとわかっていただけると思います。それだけに12話で梅酒に酔っている律ちゃんが、やたら弾けているように感じました。

そして、宇佐君と律ちゃんの距離が少しずつでも縮まっているのをニヤニヤしながら、背中をムズムズさせながらお楽しみください。一層楽しんでいただけると思います。今回も最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

宮原 るり 少年画報社 売り上げランキング: 5,466
1 ゲスト 2ヶ月前

りっちゃんめっちゃかわいい
かなりオススメアニメ

返信
like
3
dislike
0

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1000834
1
Fessan white 上に戻る