2017.01.06.Fri. 1年以上 wantan09

絶対にオススメしたい!ちびまる子ちゃんの厳選名言&名シーン集20選!

日曜日の夕方といえばちびまる子ちゃんですよね。そんな国民的アニメのちびまる子ちゃんの厳選した名言を紹介していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

目次

• 日曜日を代表する作品!「ちびまる子ちゃん」
• 1「別にいいよ、恥かいたって。一晩もすれば、忘れちゃうよ」
• 2「バカは一生なおらないんだから、そうと決まればバカとして一生生きていくしかないよ」
• 3「バカバカしいものを買う余裕が人生のゆとりってもんだよ」
• 4「私には今しかないよ 今を生きる女なんだよ」
• 5「ずっとずっと好きなことは好きなままでいたいよね」
• 6「人生、苦労するとたいしたことでもないのが すごーくありがたく思えるものかもよ」
• 7「怒ってる人がごまかされて笑っちゃえば世の中、平和だよ」
• 8「ムダに見える時間も人生には必要らしいよ」
• 9「『ありがとう』の一言で、また頑張ろうって元気になれるのよね」
• 10「なんでも度を超すのはよくないんだよ。幸せもほどほどがいいんだよ」
• 11「幸せだから笑うんじゃないよ。笑うから幸せになるんじゃ」
• 12「許すことができない人間は寂しいね。人生なんて許しまくってなんぼじゃよ」
• 13「命にかかわること以外、どうでもいいことばっかじゃねぇかよ」
• 14「自分の好きなことがやれて家族が元気ならそれが一番幸せなんだ」
• 15「いちいち心配したって心配しなくたってどっちみち結果は同じなんだよ。 どうせなるようにしかならねぇんだから、心配するだけ損じゃねえかよ」
• 16「夢は大きく、欲は小さく。そういう気持ちで生きるようにしろ」
• 17「時にはワケを聞かないでいることも優しさじゃよ」
• 18「もちろんっ。ずっとずっと仲良くしようね。10年経っても20年経ってもずっと!!50年経っても友達でいようね」
• 19「未来や過去にしばられるような生き方は自然じゃないさ 明日は自分で作るものなのさ」
• 20「信じよう、人の心を この世に悪い人なんていやしないよ」
• これで明日が月曜日でも元気になれるね。

日曜日を代表する作品!「ちびまる子ちゃん」

『ちびまる子ちゃん』といえば、日曜の夕方の定番ですよね。ちびまる子ちゃんをみて、その後のサザエさんをみて、休日が終わっていくことへの寂しさを感じる人は多いのではないでしょうか。

ちびまる子ちゃんは作者・さくらももこの小学3年生の日常を面白おかしく描いた作品。キャラクター一人ひとりが濃く、そのキャラクターたちが自分の持ち味を使って笑いに変えていきます。

笑える名言も多いですが、鋭かったり、深かったりする名言も多いちびまる子ちゃん。そんなちびまる子ちゃんのぜひ紹介したい名言を独断で20選びました!

1「別にいいよ、恥かいたって。一晩もすれば、忘れちゃうよ」

まる子の思わず励まされるポジティブな言葉。恥を恐れて、何もしないよりも恥をかいてもいいと考えるからまる子は魅力的なキャラクターなんだと思います。

プレゼンテーションなど人の前に立って何かをする際に緊張したら、この言葉を思い出せば力が抜けていい結果を残せるかもしれませんね。恥をかいても寝たら忘れるようにすれば、どんなことにも挑戦できそうです。

メンタルを強化したい人はぜひこの言葉を刻み込んでください。そしてかいた恥は一晩で忘れるように心がけましょう!

2「バカは一生なおらないんだから、そうと決まればバカとして一生生きていくしかないよ」

まる子らしい言葉ですね。バカは死ななきゃ治らないという言葉を少しひねりをくわえて返した言葉です。バカだからと悩むのではなく、バカなりにどう人生を楽しんで生きるのか考える。そしたら人生を楽しく生きれそうです。

バカというのは自分の個性だと考えているからこその言葉だと思います。自分の考えはどこか個性的だけど、変えることはないという自信さえも感じます。バカのところを自分と置き換えると自分らしく生きろという言葉に聞こえますね。

ちびまる子ちゃんの面白さはこういった少し洒落のきいた言葉があることだと思います。もしバカは死ななきゃ治らないと皮肉を言われたらこう返してみたいですね。相手はどう返してくるのでしょうか。

3「バカバカしいものを買う余裕が人生のゆとりってもんだよ」

まる子のこの言葉に思わず笑ってしまいました。たしかにゆとりがなかったら、必要なものも買えませんし、バカバカしいものも買えませんよね。

必要のないものを買える人が人生にゆとりがある人であり、そんな人がお金を回してくれているから経済は回っているのです。お金に余裕があるときになぜか意味がわからないものを買うときってありますよね。

4「私には今しかないよ 今を生きる女なんだよ」

グダグダ考えずに今を生きるまる子の言葉。未来や過去に囚われることなく、なんにも考えずに自分の生きている今を大事にすること。なんだかんだでこれが一番自分らしく生きれる気がします。

過去に囚われている人に「今を生きろ」と激励を飛ばすこと物語って多いですよね。結局自分が生きているのは今です。といっても今をいきることは、未来がどうでもいいと投げ出すこととは違います。

今を一生懸命生きれば、自然と未来も素敵なものになるということ。そして今を懸命に生きれば振り返ったときに過去も素敵なものになります。今を生きることは過去にも未来にも影響をおよぼすということですね。

5「ずっとずっと好きなことは好きなままでいたいよね」

まる子の言葉。子供だからこその純粋な言葉ですが、大人になると一層心に響く言葉かもしれませんね。好きなものを一貫して好きでいることって意外と難しいことです。

小さい頃に好きだったことを大人になっても好きで入れる確率はどれくらいなのでしょうね。小さい頃に好きだったことを仕事にしようとして挫折してしまう人もいるでしょう。

好きなものを嫌いになるって言いようのない悲しさがあります。好きなものを一途に好きでいられることは、とても幸せなことですね。

6「人生、苦労するとたいしたことでもないのが すごーくありがたく思えるものかもよ」

まる子の言葉ですが小学3年なのにどうしてそんなに人生をわかったようなことを言えるのか聞きたくなりますね(笑)苦労をするとよくよく考えるとしょうもないことでもすごいことに思うのですから、不思議です。

逆に言うとどんなに価値があるものでも苦労をせずに手に入れたものってあまり愛着が沸かないはずです。自分の手間が一番ものの価値を上げるスパイスになるわけですね。

子供のころにお小遣いを貯めて買ったものってたいしたものではないんですが、すごく価値があるものに思えましたよね。面倒なことを避けて通るのではなく、たまには苦労してみるのもいいのかもしれません。

7「怒ってる人がごまかされて笑っちゃえば世の中、平和だよ」

まる子の言葉って深いものが多いですね。いつでも争いはだれかの怒りから始まります。つまり誰も怒らなければ争いはなく、平和なんです。

ごまかされてということは少し言葉が悪いですが、怒りを忘れるようなことをして、相手が怒りを忘れて笑ってしまえばいいということです。怒りを持続させることってなかなかエレルギーを使います。

そのエレルギーを笑いに変えることができたら、誰も損しないですよね。そう考えると相手に笑いを提供できる人ってとても素敵だと思います。誰もが笑顔になれる世界が作れたらいいですよね。

8「ムダに見える時間も人生には必要らしいよ」

まる子の姉のさくらすみれが言った名言。しっかり者の姉だからこその言葉ですね。人生であのときは無駄な時間を過ごしたなと思った時間も実は振り返ると自分のためになっていることがあります。

たとえば浪人して1年間を無駄にしたと思った時間も、挫折して這い上がることの出来た時間だと思えば必要な時間ですよね。無駄な時間を過ごしたって切り捨てることはなく、人生においてはこの時間も必要なんだと思うとどんな事も楽しめるかもしれませんね。

9「『ありがとう』の一言で、また頑張ろうって元気になれるのよね」

こちらもまる子の姉の名言です。小学6年とは思えないほど深い言葉ですね。やっぱり「ありがとう」という言葉は魔法の言葉だと思います。

仕事で疲れて帰ってきたときに家族に「ありがとう」と言われたら、明日からも頑張ろうと思います。また、いつも家事をしているお母さんにありがとうというととても喜ばれますよね。

逆にいつも家事をしているのに、当たり前だと思われて「ありがとう」と言われないことに不満を持っている方もいます。ありがとうという感謝の言葉は惜しむことなく使っていきたいですね。

10「なんでも度を超すのはよくないんだよ。幸せもほどほどがいいんだよ」

まる子の姉は名言製造機ですね。いったいどんな人生を送れば12歳ほどでこの言葉を言えるのでしょうか。どんなことでも過剰摂取すると毒になります。

過ぎたるは及ばざるが如しという言葉の通り、過剰摂取はなにもないことと同じなんですよね。一方で幸せもずっと摂取しているとそのことに慣れてしまいます。

なくして初めて気づくってよく聞きますが、あれは幸せに慣れすぎた人間の失敗ですよね。だからこそ、幸せもたまに感じるくらいで良いのだと思います。

ちょっと違うかもしれませんが、とても好きなものでも毎日食べると飽きますよね。いくら好きでもたまにで良いんです。それが幸せなんです。

11「幸せだから笑うんじゃないよ。笑うから幸せになるんじゃ」

まる子のおばあちゃんの言葉。笑う門には福来たるといいますが、笑っているとポジティブな気持ちになって、いろいろなことに積極的になり、自然に良い出来事も訪れます

幸せになる一番の近道は笑うことだと思います。暗い顔をしている人にはやっぱりなかなか幸せは訪れないですよね。笑うことを心がけるだけで、顔つきも明るくなります。

笑うと生きていく活力が湧いてくる気がしますし、周りの人にもあの人は素敵な人だなと印象付けています。

魅力的な人は大抵が笑顔が素敵な人でしょう。極端にいうとあまり容姿が良くなくても笑顔が多い人だと魅力的に感じる方が多いのです。辛いときこそ笑うことを心がけると思いがけない出来事が起こるかもしれませんね。

12「許すことができない人間は寂しいね。人生なんて許しまくってなんぼじゃよ」

人生の先輩であるまる子のおばあちゃんの言葉。さすが人生の酸いも甘いも噛み分けてきたおばあちゃんです。長い人生の中でおそらくいろいろあったのでしょう。

許すことができない人間は、そのことにとらわれて人生を楽しめませんよね。特に結婚するといちいち相手に苛ついていたら、すぐに限界がきます。

もちろんどんなことでも許すのは難しいでしょう。そうではなく大抵のことを許容できる大きな器を持っている方が一番楽しい人生を送れるのではと思いますね。

よくよく考えるとなんであんなに許せなかったのか不思議に思うこともありますし、怒る前に一度本当に許せないのか考えることを肝に命じたいですね。

13「命にかかわること以外、どうでもいいことばっかじゃねぇかよ」

いい加減なまる子の父、ヒロシの言葉。ヒロシの考えは極端ですね。たしかに極論をいうと生死に関わること以外はあまり必要なことではないかもしれません。

といっても、どうでもいいかどうかは人それぞれですから、こんな風に割り切れる人はあまりいないと思います。 しっかり者の母親といい加減なヒロシはとても相性がいいのでしょう。

ヒロシのようにスパッと考えられるならストレスはたまらないでしょうね。落ち込んだときにこの言葉を思い出して、吹っ切るのも良いかもしれません。

14「自分の好きなことがやれて家族が元気ならそれが一番幸せなんだ」

いつもいい加減でちゃらんぽらんなヒロシですが、家族のことは大事なんですね。しかし、家族がいくら大切でも家族のために自分のしたいことを我慢していたら、それは幸せとは言い切れません。

自分の人生はあくまで自分が主役です。自分ありきで、そして家族も幸せできるというのが一番幸せだと思います。しかし、なかなかこの2つを両立するのは難しいでしょう。

多くの人が家族のために一生懸命働いている人だと思いますが、それが好きなことだったらもっと頑張れますし、ストレスもたまりません。こういう風に生きることができたら幸せですよね。

15「いちいち心配したって心配しなくたってどっちみち結果は同じなんだよ。 どうせなるようにしかならねぇんだから、心配するだけ損じゃねえかよ」

ヒロシの生き方ができれば、おそらくストレスも溜まらずに平和に生きれるのでしょう。なかなかこれだけすっきりとした考えをできる人っていませんよね。しかし、神経質にいろいろ考えるより人生楽しく生きれそうです。

例えば試験が終わって、合格発表が明日に迫っているとき。たしかにもう試験は終わっているのですが、自分が合格できているのか心配で落ち着かないことはありませんか?

そんな時、この言葉を思い出したら少し気が楽になるかもしれません。心配してもどうしようもないときは心配するエレルギーをどこか他に向けたほうがいいでしょう。

16「夢は大きく、欲は小さく。そういう気持ちで生きるようにしろ」

ヒロシはちゃらんぽらんに見えてけっこういい名言を残しています。夢は大きく持てと言いながらも、欲は小さくというのがミソですね。

夢はいいイメージが強いですが、欲ってあまりいいイメージがありません。しかし、言葉の意味を考えてみると夢と欲は表裏一体で意味は似通っています

しかし欲が大きくなると欲望に目がくらんで自滅してしまうことがありますが、夢が大きくても自滅することはありません。おそらく筆者の考えだと欲は自分の利益だけを考えたもので、夢は他者と共有できるものという違いがあるのではと思います。

自分の利益を考えることなく、相手と共有できる理想を大きく持つべきだとこの名言は示しているのかもしれません。

17「時にはワケを聞かないでいることも優しさじゃよ」

いつも優しいまる子のおじいちゃんである友蔵の言葉。相手に事情を聞くのはときに相手を傷つけていたり、ただの自己満足だったりすることがあります。相手が話したくなさそうなときは時にはそっとしといてあげるのが大切です。

そうすれば自ずと相手も話しをしてくれることがあります。友蔵の器の大きさがわかる言葉ですね。相手を信じているから、相手のことを一番に考えているからこその言葉だと思います。

18「もちろんっ。ずっとずっと仲良くしようね。10年経っても20年経ってもずっと!!50年経っても友達でいようね」

まる子の親友であるたまちゃんの言葉です。こんな風に言ってくれる友だちがいるって素敵なことですね。50年間ずっと友だちでいれる人なんてなかなかいません。

大人になるとそれぞれの道を歩くことになり、上京したりしていつまでも一緒にいれなくなります。特に女性は結婚して家庭ができると自分の時間をとるのは難しくなり、自然と疎遠になりますよね。

実際たまちゃんはアメリカに行ってしまい、まる子と離れてしまいます。今でも作者のさくらももこと親しくしているのでしょうか。遠くに住むようになっても友だちとしてつながっていたら良いなと思います。

19「未来や過去にしばられるような生き方は自然じゃないさ 明日は自分で作るものなのさ」

ナルシストでフェミニストな花輪くんの言葉。自分の思ったことや自分の考えることに従って、自分の人生を突き進んでいくということですね。

未来のために、将来のためにと無理やり自分のしたいことを決めたり、昔の人はこうだったからと行動を制限したりするのは花輪くんの考えではナンセンスです。

自分のしたいことに従うのは言うのは簡単ですが、なかなか難しいことだと思います。それだけ責任も自分にのしかかってきますから。しかし、この考えが一番自分の人生を歩んだと胸をはれると思います。

20「信じよう、人の心を この世に悪い人なんていやしないよ」

いつも笑っている山田笑太の言葉。山田は人間を本当に信じているんですね。なかなかこんなに人間を信じることはできないと思います。

この言葉は小学3年生と若いため、まだ悪い人にあったことがないからの言葉でしょうか。それともどんな悪い人でも本質は悪い人はいないと信じているということでしょうか。

捉え方でこの言葉の深さが変わってくると思います。年をとっていろいろな人と接するとこの言葉を言える人は少なくなるでしょう。年をとってこの言葉をいえる人間になりたいですね

これで明日が月曜日でも元気になれるね。

ちびまる子ちゃんの名言を紹介していきましたが、どうでしたか?意外と深かったり、励まされたりする名言が多かったと思います。小さい頃より大人になったときこそ、深く考えされされる言葉ですね。

まだまだちびまる子ちゃんの名言はたくさんありますので、ぜひちびまる子ちゃんをみて、探してみてください!

ポニーキャニオン (2016-08-17)売り上げランキング: 21,739
ポニーキャニオン (2015-03-18)売り上げランキング: 17,088

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1000839
1
Fessan white 上に戻る