2017.02.15.Wed. 2ヶ月前 MickeyLill

映画『夜は短し歩けよ乙女』が10倍楽しくなる事前情報まとめ!予習を済ませてナカメ作戦を実行せよ!

4月7日公開、アニメ映画「夜は短し歩けよ乙女」を楽しく見るためのアレコレ! キャストやあらすじはもちろん、聖地・京都を超個人的にまとめてみた! これを読んで劇場へGO!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

「夜は短し歩けよ乙女」ってどんな作品?

原作は、累計120万部を超える森見登美彦著作の青春恋愛小説です。恋愛小説でありながらファンタジーのようでどこか心温まるストーリーです。

大学のクラブの後輩である“黒髪の乙女”に恋をした“先輩”はナカメ作戦(るべくノジョのにとまる作戦)を練り、決行します。

彼女と親密な関係を築くために奮闘するも、いつもうまくいかず外堀を埋めるのが精いっぱいな“先輩”その“先輩”の思いになどおかまいなしのマイペースな“黒髪の乙女”。京都を舞台に個性あふれる人々に出会い、珍事件に巻き込まれ、様々な季節を巡ります。

最終的に“先輩”の思いは伝わるのか…目が離せない独特の世界観は要注目の作品です!

夜は短し歩けよ乙女の豪華キャスト陣!

クラブの後輩「黒髪の乙女」は大人気声優の花澤香菜さん!!

“先輩”が思いを寄せる<b>“黒髪の乙女”は大人気声優の</b><span class="wysiwyg-color-festy-red"><b>花澤香菜さん</b></span><b>が演じます。</b>私はこのキャスティングが発表されたときにすごくぴったりだと感じました。<br><br>花澤香菜さんといえば、多くのアニメ作品で主演を務める今大人気の声優さんですよね。「終物語」の千石撫子や、「ニセコイ」の小野寺小咲役で知られる声優さんです。<br><br>少しクセのある役ですが<span class="wysiwyg-font-size-festy-normal">(むしろこの作品にクセのない登場人物などいないのですが…(笑))花澤香菜さんでしたらきっと上手く表現してくれるはず!<b>天真爛漫でマイペース、素敵な“黒髪の乙女”に要注目です♪<br></b></span>

“先輩”が思いを寄せる“黒髪の乙女”は大人気声優の花澤香菜さんが演じます。私はこのキャスティングが発表されたときにすごくぴったりだと感じました。

花澤香菜さんといえば、多くのアニメ作品で主演を務める今大人気の声優さんですよね。「終物語」の千石撫子や、「ニセコイ」の小野寺小咲役で知られる声優さんです。

少しクセのある役ですが(むしろこの作品にクセのない登場人物などいないのですが…(笑))花澤香菜さんでしたらきっと上手く表現してくれるはず!天真爛漫でマイペース、素敵な“黒髪の乙女”に要注目です♪

主人公である「先輩」は星野源さん!!





シンガーソングライターや俳優、文筆家といろいろな顔を持つ<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">星野源</span></b><b><span class="wysiwyg-color-festy-red">さん</span>が“先輩”役に大抜擢されました。</b>ナカメ作戦を決行し、“黒髪の乙女”に少しでも近づこうとするも外堀ばかりを埋めてしまう少し臆病さのあるキャラクターです。<br><br>声優のお仕事は聖☆おにいさんでブッタを演じて以来ではないでしょうか?今回は湯浅政明監督から熱烈なオファーを受け、以前から湯浅政明監督のファンだった星野源さんは即答でオファーを受けたそうです。<br><br>“先輩”は“黒髪の乙女”同様、様々な人と出会い、珍事件に巻き込まれるセリフ量が多そうな役ですが、星野源さんがどんな演技をするのか楽しみですね!

シンガーソングライターや俳優、文筆家といろいろな顔を持つ星野源さんが“先輩”役に大抜擢されました。ナカメ作戦を決行し、“黒髪の乙女”に少しでも近づこうとするも外堀ばかりを埋めてしまう少し臆病さのあるキャラクターです。

声優のお仕事は聖☆おにいさんでブッタを演じて以来ではないでしょうか?今回は湯浅政明監督から熱烈なオファーを受け、以前から湯浅政明監督のファンだった星野源さんは即答でオファーを受けたそうです。

“先輩”は“黒髪の乙女”同様、様々な人と出会い、珍事件に巻き込まれるセリフ量が多そうな役ですが、星野源さんがどんな演技をするのか楽しみですね!

先輩の友人「パンツ総番長」は秋山竜次さん!

ある願いを叶えるまでパンツを履きかえないと決め、パンツを履きかえない者としての礼儀も忘れない“パンツ総番長”という個性的なキャラクターを演じるのは、いろんな職業の人になりきる芸で大人気のロバート秋山竜次さん。

“パンツ総番長”の見た目は西郷隆盛のような豪快な男!という感じで浴衣に下駄という出で立ちです。そんな大学生がいて堪るか!と思うのですが存在してしまうのが森見ワールドなのです。

一途で男らしく一癖ある“パンツ総番長”を秋山竜次さんがどのように演じるのか注目です!

女装癖の“学園祭事務局長”は女性に大人気の声優・神谷浩史さん!








<b></b>先輩の数少ない友人であり、学園祭を取り仕切る<b>“学園祭事務局長”を演じるのは女性から絶大な人気を誇る人気声優の</b><b><span class="wysiwyg-color-festy-red">神谷浩史</span></b><b><span class="wysiwyg-color-festy-red">さん</span></b><b>です。</b><br><br>“学園祭事務局長”は男にしておくにはもったいないほどの美貌の持ち主で、多彩な才能の持ち主です。“先輩”の思いを知る数少ない人物でもあります。<br><br>神谷浩史さんといえば<b>ワンピースのトラファルガー・ローや、進撃の巨人のリヴァイ兵長、おそ松さんのチョロ松など人気キャラクターの声を多く担当</b>されてきた声優さんなだけに期待大です!

出典: kiramune.jp

先輩の数少ない友人であり、学園祭を取り仕切る“学園祭事務局長”を演じるのは女性から絶大な人気を誇る人気声優の神谷浩史さんです。

“学園祭事務局長”は男にしておくにはもったいないほどの美貌の持ち主で、多彩な才能の持ち主です。“先輩”の思いを知る数少ない人物でもあります。

神谷浩史さんといえばワンピースのトラファルガー・ローや、進撃の巨人のリヴァイ兵長、おそ松さんのチョロ松など人気キャラクターの声を多く担当されてきた声優さんなだけに期待大です!

謎多き自称・天狗の「樋口さん」役は中井和哉さんが演じる!







<b>謎多き“樋口さん”を演じるのは</b><span class="wysiwyg-font-size-festy-normal"><b><span class="wysiwyg-color-festy-red">中井和哉さん</span></b></span><b><span class="wysiwyg-color-festy-red"> です。</span></b>自称・天狗を名乗り、ひょうたんのような顔で浴衣に一本歯の下駄を纏い、キセルをふかす…これまた到底大学生には見えないのですが、大学生であり“先輩”の友人です。<br><br>“樋口さん”は、森見登美彦先生の「四畳半神話大系」の作中にも登場します。「四畳半神話大系」のアニメではHUNTER×HUNTERのレオリオ役などで知られる藤原啓治さんが演じていました。<br><br> 藤原啓次さんの休業にともない“樋口さん”役を引き継いだ中井和哉さんがどんな“樋口さん”を見せてくれるのか楽しみですね♪<br>

謎多き“樋口さん”を演じるのは中井和哉さん です。自称・天狗を名乗り、ひょうたんのような顔で浴衣に一本歯の下駄を纏い、キセルをふかす…これまた到底大学生には見えないのですが、大学生であり“先輩”の友人です。

“樋口さん”は、森見登美彦先生の「四畳半神話大系」の作中にも登場します。「四畳半神話大系」のアニメではHUNTER×HUNTERのレオリオ役などで知られる藤原啓治さんが演じていました。

 藤原啓次さんの休業にともない“樋口さん”役を引き継いだ中井和哉さんがどんな“樋口さん”を見せてくれるのか楽しみですね♪

アジカンが歌う「夜は短し歩けよ乙女」主題歌の魅力♪

ASIAN KUNG-FU GENERATIONとは




<div><div>後藤正文:Vo&Gt、喜多建介:Gt&Vo、山田貴洋:Ba&Vo、伊地知潔:Drの4人からなる日本のロックバンドです。<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">アジカン</span>という略称で親しまれています。</b></div></div><div><br>1996年に大学の軽音楽サークルをきっかけに結成され、横浜を中心にライブ活動や自主制作でCDを発売を経験し、2003年にメジャーデビューしました。</div>

後藤正文:Vo&Gt、喜多建介:Gt&Vo、山田貴洋:Ba&Vo、伊地知潔:Drの4人からなる日本のロックバンドです。アジカンという略称で親しまれています。

1996年に大学の軽音楽サークルをきっかけに結成され、横浜を中心にライブ活動や自主制作でCDを発売を経験し、2003年にメジャーデビューしました。

ASIAN KUNG-FU GENERATIONと中村祐介





今回、映画のキャラクター原案を務めた<b><span class="wysiwyg-color-festy-red">中村祐介さん</span>は、アジカンのCDジャケットをデビュー当初から担当しています。</b><br><br>「四畳半神話大系」でも中村祐介さんがキャラクター原案を務め、アジカンがオープニング曲「迷子犬と雨のビート」を手掛けました。<br><br><span class="wysiwyg-font-size-festy-normal">※2017年1月から放送中の特別放送では同曲をシナリオアートが歌っています。</span>

今回、映画のキャラクター原案を務めた中村祐介さんは、アジカンのCDジャケットをデビュー当初から担当しています。

「四畳半神話大系」でも中村祐介さんがキャラクター原案を務め、アジカンがオープニング曲「迷子犬と雨のビート」を手掛けました。

※2017年1月から放送中の特別放送では同曲をシナリオアートが歌っています。

AGIAN KUNG-FU GENERATIONはタイアップが多い?

「夜は短し歩けよ乙女」の主題歌に関してはアジカンが歌うということしか現時点ではわかっていません。

しかしながら、アジカンはこれまでもアニメの主題歌を多く担当していますよね。

「鋼の錬金術師」や「NARUTO-疾風伝-」などの主題歌を担当したことが有名ですね!

これをきっかけにアジカンを知った人も多いと思います。

そのどれもが疾走感があり、軽快でキャッチーですし、アニメの世界観にマッチしていたり、アニメをぐっと盛り上げる曲が多いです。

そういった点から、今回の起用に至ったのだと思えます。

そもそも四畳半神話大系って?

「夜は短し歩けよ乙女」の著者・森見登美彦先生の作品で、登場人物など「夜は短し歩けよ乙女」と同じ部分があります。

「四畳半神話大系」の方が「夜は短し歩けよ乙女」よりも先に作られた作品です。

そのことから、そもそも「夜は短し歩けよ乙女」は「四畳半神話大系」のスピンオフ作品と捉える方もいるかと思います。この二作品の共通の登場人物として“先輩”“黒髪の乙女”“樋口さん”“羽貫さん”などがいます。


古本市の神様とは?

“古本市の神様”は夏の糺の森で“先輩”が出会う少年です。原作では、“先輩”と出会った“古本の神様”は大きくて綺麗な目の少年で、ジジクサい憎まれ口を叩かなければ女の子のようにも見えると書かれていることから、今回のキャラクターデザインの小津に似た姿を見て驚く人もいるようです。

ですが作中で“樋口さん”はこう言っています。「古本の神は色々な姿をして現れると言われるから、本当の姿を知っている人間はいない」

このことから、今回、私たちの前に現れた“古本の神様”は、たまたま小津に似た姿をしているのではないかと私は考えました。

で、小津って誰?

“小津”は「四畳半神話大系」において“先輩”の宿敵であり、盟友とされています。人の不幸を好み、様々ないたずらを仕掛けたり、人脈を駆使し暗躍する妖怪のように不気味な見た目の大学生です

“古本の神様”と同じように玉ねぎのような形の頭に大きくて吊り上がった目をしていますが、やはり“古本の神様”の方が可愛らしく、“小津”の方が不気味だなと私は感じます。

「夜は短し歩けよ乙女」の聖地・京都を巡る!

“黒髪の乙女”が主人公となった《夜の先斗町》





私はこの原作を読んでいた時、お恥ずかしながら初めは“先斗町”が読めませんでした。《ぽんとちょう》と読むと知ったときはその可愛らしい響きにびっくりしました。<br><br>場所は、京都府中京区の石畳の路地のことで町とつきますが町名ではありません。通りを“先斗町”と呼ぶそうです。東側は鴨川に面していて、夏は納涼床を楽しめる飲食店も多い京都を代表する花街です。<br><br>作中で登場するお手頃価格でお酒が楽しめる<span class="wysiwyg-color-festy-red"><b>《月面歩行》</b></span><b>という名のバーも実在します!</b><span class="wysiwyg-color-festy-red"><b>《

Bar Moon Walk

》</b></span><b>というお店です。</b>実はチェーン店で東京や大阪にもあるそうですよ♪<br>

私はこの原作を読んでいた時、お恥ずかしながら初めは“先斗町”が読めませんでした。《ぽんとちょう》と読むと知ったときはその可愛らしい響きにびっくりしました。

場所は、京都府中京区の石畳の路地のことで町とつきますが町名ではありません。通りを“先斗町”と呼ぶそうです。東側は鴨川に面していて、夏は納涼床を楽しめる飲食店も多い京都を代表する花街です。

作中で登場するお手頃価格でお酒が楽しめる《月面歩行》という名のバーも実在します!《 Bar Moon Walk 》というお店です。実はチェーン店で東京や大阪にもあるそうですよ♪

森見作品の聖地・下鴨神社

森見登美彦先生の多くの作品に登場するのが下鴨神社です。出町柳駅から北へ徒歩で10分ほどです。近くには京都御所もあります。

「夜は短し歩けよ乙女」では下鴨神社の参道である“糺の森”で開かれる古本市で“古本市の神様”と“先輩”が出会います。また、“黒髪の乙女”も不思議な出会いをする場所です。

普段の糺の森は静かで、厳かな神社の参道といった雰囲気です。観光シーズンには観光客でにぎわいます。

毎年8月中旬に古本市が開かれ、文庫本はもちろん、コミックや雑誌など古書ならなんでもあるといわれるくらい多くの本が並び、多くの人がやってきます。

森見登美彦先生の母校・京都大学

19.11.2016 #nf祭 #京都大学 #京大 #時計台 #学祭 #京都

Mako Nishikawaさん(@makonishikawa)がシェアした投稿 -

森見登美彦先生の母校であり、作中で“先輩”たちが通う大学のモデルとなっているのが、東大と並んで日本屈指の難関大学である京都大学の吉田キャンパス(京都大学のメインキャンパス)です。

作中では学園祭で大学内のいろいろな場所が描かれています。時計台の下の模擬店街、吉田南構内、工学部校舎、総合館の中庭など細かく描かれているので小説を読んだ際にも文化祭でにぎわう大学内の様子が目に浮かぶように想像できます。

実際の京都大学でも毎年11月に“11月祭”という学園祭が開かれているそうです!去年はスタンプラリーや京大ガイドツアーなど一般の方も楽しめる企画もあったそうで、私も今年はぜひ行ってみたいなと思っています♪

“猫ラーメン”は「四畳半神話大系」など他の作品にも登場する神出鬼没の屋台とされています。猫で出汁を取っているという噂があることから“猫ラーメン”と呼ばれているそうです。

この“猫ラーメン”も実はモデルとなったお店が存在します。京都出町柳に屋台を出す《はらちゃんラーメン》といいます。

この《はらちゃんラーメン》も“猫ラーメン”同様、営業日や営業時間は定まっていません。現在はお店公認のホームページがあり、店主のブログで営業日を確認することができます。

足を運ぶ際は事前にホームページを確認してみてくださいね。売り切れ次第、閉店してしまいますので早めの時間がオススメかもしれません。

老舗ベーカリーである《喫茶・進々堂》も京都に数店舗お店を構え、実在するお店です。作中に登場するのは京都大学近くにある進々堂 京大北門前店です。学生が勉強したりするスペースとして設けたというカフェスペースもあり、パリのカフェをモデルにしたというレトロモダンな空間でお茶や食事を楽しむことができます。

「夜は短し歩けよ乙女」の中には窓から今川通りを眺め、という文章がありますが、実際に今川通りを眺めながら一息つくことができ、ゆったりとした時間を過ごすことができますよ♪レトロな喫茶店で読書をしながらゆっくり過ごすというのも贅沢な感じがしていいですよね!

森見 登美彦 角川グループパブリッシング 売り上げランキング: 158
琴音 らんまる 角川書店(角川グループパブリッシング) 売り上げランキング: 32,148

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1001283
1
Fessan white 上に戻る