2017.03.04.Sat. 9ヶ月前 suyu

ご注文はうさぎですか?名言ベスト20!可愛いごちうさ語録に心が癒される!

可愛いウサギとともに繰り広げられる「ご注文はうさぎですか?」の数々の名言や名シーンをご紹介します!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 3

可愛さ満点の「ご注文はうさぎですか?」とは

ご注文はうさぎですか?は、ストーリー4コマ漫画を原作とするアニメです。アニメは2期まで放送されました。「ごちうさ」という略称でファンの間では親しまれていて、言葉、キャラクターたちの動きにも可愛い癒し力があります。

そんなご注文はうさぎですか?にはキャッチコピーがあり、「すべてがかわいい」「可愛さだけをブレンドしました」という、可愛さたっぷりの仕上がりになっています。

主人公ココアは、高校入学を機に引越し、下宿先を探している最中にラビットハウスという喫茶店にたどり着きます。そこで聞いてみると、そこが下宿先だと判明しそのお店で店員として働くことになるのでした。

そんなご注文はうさぎですか?名言をご紹介していきます!


ごちうさキャラクターたちの個性バッチリ名言選!

ご注文はうさぎですか?のキャラクターたちはそれぞれ喫茶店に関わるものから名前が付けられています。そのキャラクターたちが繰り広げるストーリーの中には、可愛い笑いに、時々サスペンス!はたまた、のほほんな日常

その中にも心に染みるもの、癒されるもの考えさせられるものがありましたよね。そして、その中にある可愛さは変わることのないそれぞれのキャラクターの名言、時には、ツッコミたくなるような名言も!

それでは名言のベスト20をご紹介していきます!

No.20 ココア「ダーツ喫茶があるなら、吹き矢喫茶があってもいいじゃない!」

いつも元気なココア。ツッコミどろこ満載なアイディアや発言がけっこう多い可愛い主人公です。素直でまっすぐな感情で言葉を発しているため的確なツッコミも入れることができる女の子ですね。

洋風の場所にあえて、吹き矢の喫茶店というのがあまりにも斬新で実際にあったら行ってみたいと思ったシーンでした。いつも、ウサギとみんなを大好きなまっすぐなココアはとても陽だまりのような暖かさを持つ可愛い女の子でとても癒されます。

No.19 リゼ「こいつ!CQCに精通しているのか!?軍の関係者か!?」

ラビットハウスでアルバイトをしているリゼ。でも、軍人の娘として育っているが故にいつもモデルガンを所持していたり、発言も軍に関係した発言が多いキャラクターです。

ですが、この可愛い盛りだくさんご注文はうさぎですか?のなかで、CQCという単語を聞くことになるとは思っていなかったためこの発言にはびっくりしました。

日常の中でも彼女には喫茶店の中もみんなとの会話も、すぐに軍人の直感に直結してしまう彼女は、可愛いものが好きなどというギャップの可愛さがたくさん存在して癒されます。


No.18 シャロ「末代まで家宝にしますけど。」

うさぎが苦手で以前に助けられたことがきっかけでリゼ大好きシャロ。ティーカップを見に行っている時にリゼたちとお店であった時に、お嬢様みたいと言われてとっさに発した一言です。

実際はお嬢様ではなくそのことがばれたくないシャロは、必死に取り繕うのです。リゼとの会話をしている時の可愛さと、シャロが自分のばれたくないところを隠そうとがんばっているところは違った可愛さがあってとても癒されますね。

そして、隠そうとしているけれど生活の中から出てくる言葉で取り繕うとしているとことは時々、天然の可愛さがあってツッコミを入れつつ可愛がりたい要素が満点です!


No.17 千夜「力を合わせれば、必ず勝てるわ」

甘兎庵という和風喫茶店で働いているおっとりした千夜。ですが、おっとりしているがキリッとした台詞や、見た目からは想像できない言葉が出てくるとことも多々有る女の子です。メンバーの中ではお姉さんのような立ち位置が多いです。

そして、この台詞は、勝負をしているとことかと思いきや洗濯をみんなで一緒にしているところでの言葉なのです。機械にはやっぱり勝てないのかなと弱気になるココアに言った台詞です。

この言葉は日常の中に響いた言葉です。すごく山のような仕事、大きな壁そういうのが目の前にあっても力を合わせれば必ず乗り越えられると感じた一言です。


No.16 チノ「本気でバリスタ目指したいなら、コーヒーの違いくらい当ててみてください。」

ラビットハウスの孫娘で頭にティッピーといううさぎを頭に乗せているチノ。あまり口数が多くはないけれど、小さくて妹のようにかわいい女の子。ココアの天然発言にツッコミを入れる役目をしていることが多いですが、真面目だからこそ出る天然発言があるところも可愛さのポイントの一つです。

そして、この台詞は映画に影響されて本格的にバリスタを目指そうかなと言っているココアに向かって行った台詞。チノは本格的に長く働いているため、ちょっと頬を膨らませながらココアに言いました。

頬を膨らませる姿もまたすごく可愛く癒されますね


No.15 青山ブルーマウンテン「私が書いた本、音読しないでください!」

以前ラビットハウスのおじいさんにお世話になった作家の青山ブルーマウンテン天然のおっとりした女の人で、意外といろんなことに動じない人です。なので、諭すような台詞や鶴の一声を放つことも多いです。

そんな青山ブルーマウンテンは自分の本を音読されることに関してはすごく弱いようで、とてもあたふたとしながらこの台詞を言います。なかなか見られることがない様子に胸をくすぐられる可愛さを覚えます。可愛らしいいたずらを仕掛けてはその反応を見てみたいとも思ったりしています。

作品の中の女の子たちの中では大人ですが、綺麗というより可愛らしい印象なのでその可愛さにもたくさん癒されます。


No.14 モカ「お姉ちゃんに任せなさ〜い♪」

ココアのお姉さんのモカ。ココアがずっと言っているお姉ちゃんに任せなさ〜い♪は、モカの口癖を真似しているうちに自然と口癖になってしまった言葉です。ココアとはすごく仲が良くモカはココアが大好きというレベルです。

妹離れをする時に妹よりも深刻だとリゼに思われるほどには大好きなモカ。ココアに会うためにラビットハウスまできちゃうくらいの妹思いなモカは、パンを作るのもうまくココアよりしっかりはしていますが、さすがは姉妹というような思考をしているため、似たような行動を取ることも多いです。

モカは包容力もあって安心感のあるところに癒しを感じます。


No.13 シャロ「これなんて色違いのセットで、かっかわいくないですか?」

こちらもシャロがティーカップを見に行ってリゼにあった時の台詞です。ティーカップが好きで形状にとって香り方が違うなどの説明をした後に、リゼにティーカップを勧めたところです。

自分で進めてこの後にペアカップであることを知り顔を赤くするところが可愛いところがシャロのいつもの可愛さだと思います。本当に兎に助けてもらった時にリゼがカッコ良く映ったシーンのところの恋をしちゃったような顔のシャロがいつものときめく表情とは違ってとてもかわいいです。

ときめくだけでもいろんな表情を見せてくれるシャロは本当に可愛くて癒されます。


No.12 千夜「いいわよ、いくつ?」

こちらの千夜は雪の日にシャロとココアが風邪を引いたところから、千夜のところにチノが走って薬をもらいに来た時に言った一言です。この時にどれだけ常備薬を持っているのかとツッコミを入れたくなるシーンに一つですね。

確かに日本では何種類かの薬を常備しているところがあるけど、なぜ風邪薬だけでもそんなに持っているのか謎がちょっとあるシーンですね。この話では、シャロを看病している時のおねいさんのところではいつもより少し大人びた千夜を見ることができるのでなかなかレアな話でした。

可愛らしい薬を持っていくつと言っているお姉さんな千夜も可愛くてクスリときながらも癒されます。


No.11 リゼ「普通の女子高生だから信じろ!」

リゼの初登場シーンの台詞ですね。女子更衣室でココアがリゼを見つけた時の中のやり取りの一つで、片手にモデルガンを持ちながら言っている台詞です。普通の女子高生だからと言われても服装とその手に持っているものがミスマッチで、リゼのキャラクターをすごく表しているシーンですね。

リゼは軍人の娘ではありますが筋肉質というわけではなくすごくスタイルのいい子です。そして、この時からリゼはテンパってしゃべる時に所々本人も何を言っているのかわかっていないことを口にすることがありますね。

リゼは身のこなしや考え方は軍人だけど根っこのところは本当にかわいい女の子ですね。


No.10 タカヒロ「あの娘あっという間に店に馴染んじまった」

チノのお父さんで、ラビットハウスのバータイムのマスターのタカヒロ。ラビットハウスは夜の営業はバーとして営業をしています。そこでは、モカ、青山ブルーマウンテンも話をしたりすることもあります。

そして、タカヒロは静かにココアたちのことを見ている優しいお父さんです。ココアのことを見て言ったこの台詞は、来た時からずっと見守っていなければ出ることのない台詞で、タカヒロの優しさを表しているようない感じます。声がすごくダンディーで聞いていてかっこいいと思うシーンも数々あります。

あの落ち着きのあるダンディーさに憧れるところもありますね。


No.9 ココア「私たちもお客さんに満足してもらえるように頑張らなきゃね!」

ココアらしい一言ですね!心が温かくなることをしてもらった時、感動した時、そういう時は自分もそういうことをしたくなりますよね。そして、ココアもそういうことを感じて思った時の言葉です。

満足、感動、嬉しくなってもらうというのは本当に一人ひとりいろんなものがあると思います。自分の仕事で相手にどういう状態になって欲しいのか。日常の中でもこの言葉は大事だなと思いました。

いつも、かわいい天然と笑顔でかわいいことを言っているココアと一緒に明日も頑張ろうと思う癒しがありますね。


No.8 ティッピー「悪くないな。」

ティッピーはお店で飼われいているメスのアンゴラうさぎなのですが、実は正体はチノの祖父なのです。ちなみにティッピーの本名はティッピーゴールデンフラワリーオレンジペコというなが〜い名前です。

この言葉は、チノがツインテールにした時に一緒にティッピーも一緒に毛をまとめてツインテールにした時に言った言葉です。ツインテール悪くないなって、いいのですか!!とツッコミを入れたくなった瞬間でした。

うさぎでもふもふなのにすごくダンディーな声をしているのにツインテールをした時悪くないというとは思っていなかったため本当にびっくりした瞬間でした。でも、ティッピーは本当にチノが可愛い祖父なのでご安心を。


No.7 シャロ「らしくないわ!なら、姉より勝る妹になりなさい!立つのよ!ココア!」

ココアが姉のモカに私はいつまでも勝てないのだろうかと弱気になっている時に言った一言。シャロはココアを傷つけてしまうのではないかと不安になりながらそれでも、ココアに伝えました。

そのシャロの葛藤も含めてこの言葉にはいろいろ考えることもあります。大事な人にだからこそ言わなければいけない場面での勇気、そして、弱気にならず自分ならできると奮い立たせる自分の強さが必要なことをこの台詞は教えてくれました。

みんなといるとツッコミ役が多いけれども、仲間を思う時にはきちんと伝えることのできる芯の強い女の子の場面にさらにシャロの魅力が表れました。


No.6 タカヒロ「いつでも自分の家だと思ってきていいんだよ。」

すごくタカヒロの懐の深さを感じる台詞でもあります。バーをやっている時にいろんな人の話を聞くこともあるタカヒロがお客さんにかけた言葉でもあります。実はうさぎのティッピーと話すこともでき二人の会話は意外とボケとツッコミありの会話から、家族のやり取りをしていることもあります。

そして、大人の会話も多く二人ともチノが大事だということ、そして、それぞれのキャラクターたちを温かく見守っているところが伺えます。本編以外にもティッピーとタカヒロの会話を見返してみたり、見てみたりするとまた、違った面白さもありますね。


No.5 リゼ「チノ、マヤ、メグでまとめてチマメだな。」

実はチマメ隊の名付け親はリゼだったとわかる台詞。本編の中で3人の名前を並べてリゼが思いついた名前でした。この名前がユニット名チマメ隊として活動することになっていますね。リゼは、軍のこと以外にもこういう発想力に優れているところもあります。

リゼは、いろんな服を着ることが多く目でも可愛さで癒される要素がたくさんあるキャラクターです。所々ツンデレのような反応をするところも見ている側の心をギュッとつかむ可愛さを持っています。

時々ストレートな言葉に励まされ、明日も一緒に頑張ろうと思わせてくれるキャラクターでもありますね。


No.4 モカ「あーそっか。もう私の真似じゃなくて本当にお姉ちゃんなんだ。」

モカは変わらないココアに会いに来ていた気がしていたけれど、別れる時のチノとのやり取りを見てココアの成長を感じた時に思ったモノローグです。外に出たことで成長をした姿を見て、成長が嬉しくもあり少し寂しくなるお姉さん心にキュンと感じるシーンです。

ココアが成長したことで、昔の写真の中にしかもう昔の自分に甘えてくれてたココアはいないのかなと心配になっていたモカの胸のつかえが取れてモカもまた、ココアの成長を受け入れたシーンでした。

日常の中にもいろんな場面で胸がギュッとなることがあるシーンなので選びました。


No.3 青山ブルーマウンテン「この小説だけは読んでもらいたかったな…。」

青山ブルーマウンテンは実はラビットハウスでチノの祖父が働いていた時に通っていた。そこで、マスターに勧められて小説投稿を始めたことをきっかけに小説家になったのです。そして、青山ブルーマウンテンの小説『うさぎになったバリスタ』はラビットハウスをモデルに書かれた小説だったのです。

だからこそ、この小説をチノの祖父に読んでもらいたかったのです。実際には今はチノの頭の上に乗っているティッピーの姿となっているが、うさぎの姿でその言葉を聞いていた時胸の中は暖かくなっていたのでしょう。

青山ブルーマウンテンとラビットハウスの胸にジンとくるシーンからの一言でした。


No.2 ココア「チノちゃん、もし風邪うつしちゃったら私が全力で看病するからね!」

チノが、風邪を引いたココアの看病をしている時にココアが入った一言。ココアは、熱が出ている時でもチノのことを思っていることがわかるシーンです。きっとココアは、熱が出ていて体が辛くても笑顔でいることが日常になっているため笑顔で話すのでしょう。

そこに、看病してあげたいという気持ちが出てきますね。そこもまた、健気で可愛らしくそして、チノとの仲の良さも見られてかわいいシーンがたくさん見られるシーンです。

ココアのチノ思いの全開のシーンにいろんな可愛さが出てきてキュンとするシーン盛りだくさんの回です。

No.1 チノ「お姉ちゃんのねぼすけ。」

今まで頑なにお姉ちゃん呼びをしなかったチノが、自分の意思お姉ちゃんと呼んだ瞬間です。アニメシリーズの中でも結構貴重なシーンの一つです。熱を出したココアを看病したことでチノの中でココアへの感情が変わったのが見受けられます。

その、チノのたった一言の台詞は、ものすごく胸をキュンキュンさせる破壊力がありますね。あまりデレることのないチノがデレたシーンだったこともありその威力は何倍にもなったように感じます。

チノがすごく可愛すぎて癒されるのを通り越した胸キュンのシーンです。


こっそり真面目な名言たち!

可愛い言葉だけではなく、その可愛さの中に真面目な名言もこっそりいたりするのです。そちらをご紹介します!

まずは千夜の名言「あのね…治るって思い込みの効果は大事よ。」手に持っていたものが風邪薬でないことはツッコミたくなりましたが、病も、ぶつかった壁も思い込み次第で大きく変わり良い方向に行くのです。思い込みって日常の中でも本当にすごいです。

次は青山ブルーマウンテンさんの名言「やりたいことを諦める必要がどこのあるんでしょう。」この言葉はどんな環境の中でも諦めなければその道はいろんな形で開かれることを教えてくれました。

可愛い声音の中でもこっそり真面目な名言たちでした。


全員可愛すぎて心がぴょんぴょんするじゃぁ〜〜

今紹介した名言の他にもたくさん可愛らしい名言・シーンがあるご注文はうさぎですか?は、本当に癒されたり励まされたりいろんなことを伝えてくれる作品です。

それぞれのキャラクターにもいろんな生き方があってそれもいろんなことを教えてくれたりもします。いろんな言葉をチョイスする中にいろんな可愛さがたくさん出てきて、また見返したくなりました。

日常アニメだけれどふとした瞬間にまた、見て癒される魅力が満載に詰まっている作品です。まだ見たことがない人は是非、気になったキャラクターのもっといろんな部分を見ることができるので見てみてください。

ご注文はうさぎですか? (1) (まんがタイムKRコミックス)
Koi
芳文社 (2012-02-27)
売り上げランキング: 5,245
ご注文はうさぎですか? Blu-ray BOX
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2016-12-21)
売り上げランキング: 2,592
1 ゲスト 2ヶ月前

返信
like
1
dislike
0
2 ゲスト 2ヶ月前

ごちうさ映画きたぞおおおおおおおー

返信
like
1
dislike
0
3 ゲスト 2ヶ月前

>>2

映画見に行く

返信
like
1
dislike
0

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1001521
1
Fessan white 上に戻る