2017.04.09.Sun. 6ヶ月前 サイトウタイキ

【生田絵梨花】規格外な天才アイドルが秘めた7つの意外な素顔とは?

乃木坂46の人気メンバーのひとり、生田絵梨花。芸術肌で才能あふれる彼女は、アイドルをやるために生まれてきたと言っても過言ではありません。天才で、センスにあふれる彼女の意外な素顔を迫っていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

天才・生田絵梨花

美人ぞろいのアイドル軍団として、男女問わず人気の高い乃木坂46。可愛い女の子ばかりの乃木坂46のなかでも、ひときわ目立っている生田絵梨花ちゃん。アイドル戦国時代において、実力No1の最強アイドルの一人と言われています。

透明感のある和風美人なヴィジュアルに加え、ピアノやダンス、歌の才能も飛び抜けている彼女。ビジュアルとギャップのある見た目も彼女の人気を支えている要因の1つ。非の打ち所がないパーフェクトアイドルと言えるでしょう。

そんな魅力がたっぷりと詰まっている生田絵梨花ちゃん。彼女が天才と言われている理由や彼女の魅力を感じることができるエピソードを紹介していきます。

生田絵梨花の素顔① 天才の誕生!出身地はドイツ

. . 勝利の女神微笑む . この世に本当に存在するとは☺️ . #生田絵梨花 #いくちゃん #マリノス #勝利の女神 #微笑む

のぎちゃん◢͟│⁴⁶さん(@nogi_chan46)がシェアした投稿 -

天才アイドルと呼ばれている生田絵梨花ちゃん。実は彼女、生まれた時から天才の片鱗を見せつけています。というのも彼女の出生地は日本ではなくヨーロッパの大国ドイツ。ドイツのデュッセルドルフという都市で生まれ、5歳に東京に引っ越すまでの間、幼少期はドイツで過ごしているんです。

ドイツ生まれ東京育ちという、響きが格好良い彼女。出生地からすでに他のアイドルと違いますよね。彼女のピアノやダンスといった芸術の才能・センスは幼少期をドイツで過ごしたことで基礎的な部分が養われたのかもしれませんね。

アイドルが多い今日の芸能界において、外国生まれというアイドルは希少ではないでしょうか。

乃木坂46としての活動だけではなく、女優としても活躍を続けている生田絵梨花ちゃん。残念な夫をはじめとしたテレビドラマの他に、レ・ミゼラブルなど数本の舞台にも出演をしていて、アイドル以外でもセンスを見せつけています。

幼少期はアニーなどミュージカルをよく観に行っていたことで、舞台女優への憧れが強いと言われている彼女。アイドルと舞台でやることは違うものの、その中からアイドルとミュージカルに共通点を見出した彼女は乃木坂46のオーディションを受験することを決めたそうです。

乃木坂46のオーディションに合格し、芸能界において活躍を続けていることはいうまでもありませんね

生田絵梨花の素顔③ 舞台役者としてのレベルも半端じゃない

おはなみ いこう #生田絵梨花 #乃木坂46 #桜花賞

エドワウさん(@edwau1031)がシェアした投稿 -

舞台女優として本格的な活動をはじめて2年ほどたち、ロミオとジュリエットレ・ミゼラブルといった名作に立て続けに出演を続けている生田絵梨花ちゃん。話題作にも出演を続けている彼女の舞台女優としての実力も気になるところですよね。

名作「レ・ミゼラブル」においてコゼットという重要な役にキャスティングされた彼女。過去には、本格派アイドルの斉藤由貴やアナ雪でおなじみの神田沙也加など、歌唱力・演技力に定評のある20代の役者を起用していることもあり、期待度は高いことがうかがえます。 乃木坂46のなかでも群を抜いた演技力・歌のスキルを評価されたといっても過言ではないでしょう。

一方、実際に舞台を観覧したファンからは厳しい意見もチラホラ。

アイドルと舞台女優では求められるスキルのレベルも違うはず。なおかつ舞台女優として活動を始めてからキャリアが短いことや共演者のレベルの高さもあり、ファンからは厳しい評価があっても仕方ないのではないでしょうか。まだまだ若く、今後の伸びしろも大きいので、無限大の可能性を感じる生ちゃん。今後の彼女の成長に期待ですね!


生田絵梨花の素顔④ ピアノの弾き語りを小室哲哉が絶賛!

生田絵梨花といえば、ピアノ!歌や演技はもちろん、ピアノの演奏も天才的と言われている彼女。その腕前は音楽番組以外にも彼女の出演するバラエティ番組やTVドラマ、乃木坂46の楽曲の中で垣間見ることができます。

3歳からピアノを弾き続けている彼女にとって、ピアノは体の一部と言っても過言ではないはず!かわいいだけじゃなくて、ピアノの演奏もできるなんて素敵ですね。素人目から聴いていても、「うまいな~」「上手だな~」と思うばかりです。

音楽のプロからも彼女の演奏技術は高いと評判。「芸術的」や「繊細」といった言葉のほかに、「感情的で上品」と評価をされている彼女のピアノの演奏。芸能界屈指のピアノの腕前は、有名音楽プロデューサーの小室哲哉さえもうならせたといわれています。

プロデューサーの秋元康がとあるイベントの場で同席した際に、TKこと小室哲哉から彼女のピアノのクオリティを絶賛したというエピソードがあります。

カリスマの大物音楽プロデューサーから褒めてもらうことはなかなかできることではありません。彼女の天性のセンスと長年の努力の成果があってこその小室哲哉氏からの評価ではないでしょうか。彼女の恵まれた才能はもはやとどまることを知りませんね。

ちなみに、生ちゃんの親戚には大物バンドGLAY(グレイ)JUDY AND MARY(ジュディアンドマリー)のプロデュースを手掛けた、故佐久間正英氏と親戚関係にあります。ファンであれば、有名なエピソードの一つですよね。

芸術性の才能にあふれる彼女。生ちゃんの努力はもちろんですが、持って生まれたDNA、血筋も彼女の芸術性の高さを語るうえでは欠かすことができないのではないでしょうか。

生田絵梨花の素顔⑤ カラオケの十八番が多すぎる

#乃木坂46 #nogizaka46 #生田絵梨花 #いくちゃん #サッカー #横浜fマリノス #かわいい #美女

4乃木坂6さん(@nogi46nanashu)がシェアした投稿 -

芸術の才能にあふれる生ちゃんこと、生田絵梨花ちゃん。歌うことが好きで、カラオケも大好きな彼女。彼女とカラオケに行くと、独自の世界観を発揮するというエピソードも耳にします。

生田絵梨花ちゃんのカラオケの得意な曲は数多く、女性アーティストから男性アーティスト。最近のJ-POPから昭和の歌謡曲と十八番の楽曲は多岐にわたるといわれてます。「好きな曲はなんでも歌ってやる!」という彼女の姿勢をうかがうことができるのでないでしょうか。

生ちゃんが最も歌うアーティストは女性ではなく、男性アーティストが多い傾向にあるようです。なかでもGLAY(グレイ)の曲を熱唱することが多いというエピソードがあります。故佐久間氏のゆかりというのもあるかもしれませんね。

GLAYの楽曲の中で、「誘惑」や「HOWEVER」、「BE WITH YOU」が十八番だそうです。「乃木坂ってどこ?」をはじめとしたバラエティ番組で披露しています。他にもB'z(ビーズ)やT.M.Revolution(ティーエムレボリューション)、Janne Da Arc (ジャンヌダルク)といったアーティストを好んで熱唱しています。

女性アーティストではaiko(アイコ)松田聖子もカラオケのラインナップだそうです。ちなみに乃木坂46のオーディションのときはaikoのスターを披露しています。

生田絵梨花の素顔⑥ 彼氏候補はハメス・ロドリゲス一択?

👆🏼😜

James Rodríguezさん(@jamesrodriguez10)がシェアした投稿 -

可愛すぎる才女、生田絵梨花ちゃん。魅力がたっぷり詰まった激カワアイドルの彼女ですが、理想の男性像はどんな人なのか気になるところですよね?

生ちゃんの好きな男性は一貫して、サッカーコロンビア代表のハメス・ロドリゲスであると豪語しています。全世界を魅力しているイケメンのスーパースターは生ちゃんのハートもがっちりつかんでいるみたいですね。どうやら草食系ではなく、肉食系の男子が彼女のお眼鏡にかなっているみたいです。

生田絵梨花の素顔⑦ かつては天才・今では変人……?

ただただ今は金が欲しい。それだけ #乃木坂46 #生田絵梨花 #いくちゃん

ジョナサンさん(@jonathan_nogi)がシェアした投稿 -

現役No1天才アイドルとの呼び声も高い生田絵梨花ちゃん。一方乃木坂46のメンバーや身内からは変人と呼ばれているそうです。よく才能にあふれている人は変人が多いと言われていますが、彼女もその一人のようですね。

彼女の変人エピソードは数多くあると言われています。上品な見た目と個性的な中身のギャップは彼女の魅力をより一層引き立てているのではないでしょうか。ここでは変人エピソードをいくつかご紹介いたします。

食への異常な執着心

ピアノやカラオケと並び、食べることも大好きな生ちゃん。乃木坂46でイチバンの大食いともいわれています。あんなに細いのに食欲が旺盛で、とどまることを知らないようです。

ケータリングやお弁当を3つをあっさりとたいらげる、ケータリングがなくなり激怒するなど食に関するエピソードに事欠かない彼女。変人と呼ばれる理由の1つになっています。

一時期、野球の応援歌を聞くためだけに東京ドームの巨人戦に通っていたエピソードをもつ生田絵梨花ちゃん。なぜ野球の応援歌が好きなのかわかりませんが、当時主力だったアレックス・ラミレス阿部慎之助の応援歌を熱唱できるそうです。

「乃木坂ってどこ?」で得意技として披露しており、女の子らしからぬ素顔?も見せています。残念なことに野球には全く興味がないそうで、あくまで応援歌にしか注目していないようです。

身内からのタレコミ

彼女が個性豊かな中身の持ち主というのは、身内からのタレコミでも明らかになっているようです。

バラエティにて、生ちゃんパパから「常識なきミュージカル大好き」「変人ピアノ女子」というニックネームを付けられています。身内とはいえ、なかなか容赦ないあだ名だと思ったのは筆者だけではないはずです。

突出した才能で、豊かな感性であるが故、人と異なる感覚が身についているのかもしれませんね。人にない感性を持っているというのは、見方によっては素敵なことではないでしょうか。

アイドル界の怪物、生田絵梨花

三線になりたい #生田絵梨花 #乃木坂46

いくたりあんさん(@ikutarian5288)がシェアした投稿 -

ビッグスケールなアイドル、生田絵梨花ちゃんの魅力やエピソードをご紹介いたしました。キュートすぎるビジュアルや天才的なピアノのテクニックに加え、ハイレベルな歌やダンス、演技の実力の持ち主である彼女。パーフェクトアイドルいや、アイドル界の怪物と言えるでしょう。

芸術性豊かな才能やセンスに加え、個性的な内面の持ち主でもある彼女。完璧すぎるがゆえ、人間味のあるユニークな内面は彼女をより魅力的に魅せています。アイドルモンスターこと、生田絵梨花ちゃんのこれからの活躍に期待ですね!

生田 絵梨花 集英社 売り上げランキング: 2,568
鹿砦社 (2016-12-10)売り上げランキング: 91,496

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1002149
1
Fessan white 上に戻る