2017.04.30.Sun. 3ヶ月前 木本カナタ

【Fate/GO1.5部】新宿幻霊事件のストーリーを徹底解説!気になる執筆ライターは誰?

FGO1.5章「Epic of Remnant」の第1弾として公開された「新宿幻霊事件」。今回はそんな新宿のストーリーの見所や伏線などを紹介していきたいと思います。気になるライターも予想するので、ぜひ読んでいってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

FGO1.5部新宿幻霊事件とは?

FGO1.5章「Epic of Remnant」とは、1部と2部の間を描いた4つの短編の事です。4つの章をそれぞれ異なるライターさんが手掛ける予定で、1部とは違うピーキーなシナリオだと予告されているため、大きな注目を集めています。

そんな中発表された1.5部最初の章がこの「新宿幻霊事件」です。今回はそんな「新宿幻霊事件」をストーリー紹介やライター予想などを通じて解説していきます。内容の関係上、ネタバレを多分に含んでいるためご注意ください。

新宿幻霊事件の新サーヴァント紹介

新宿のアーチャー「モリアーティ」

まずはそんな新宿で活躍する新サーヴァントたちを紹介。真名もがんがんネタバレしていきます。初めに紹介するのは「新宿のアーチャー」です。彼は、新宿で最初に登場したサーヴァントであり、今回の主役。マシュの代わりに、主人公を導くメインパートナーとして活躍するナウでヤングなアラフィフ紳士です。

その正体は、「ホームズシリーズ」で名探偵ホームズと激闘を繰り広げた宿敵『ジェームズ・モリアーティ』。犯罪コンサルティングとして有名で本来はキャスターのクラスの彼ですが、今回は幻霊「魔弾の射手」と融合し、アーチャーとして登場します

彼は「幻影魔人同盟」の一角として主人公たちに立ち塞がったアサシンのサーヴァントです。その真名は「燕青」。有名な中国の小説「水滸伝」に登場する人物です。武芸の達人で、中国拳法を駆使して戦います。それに加え、今回は「ドッペルゲンガー」の幻霊と融合して変身能力を有しており、本編では呪腕のハサンに化けて主人公たちを欺きました。

とても整った顔つきをしているため、発表当初から女性プレイヤーに人気があります。3つのスキルすべてがスターに関係しており、スター生成に特化した性能をしています。スターを生成して味方のサポートをする様子からスター工場の工場長と呼ばれることもしばしば。

新宿のアヴェンジャー「ヘシアン・ロボ」

「新宿のアヴェンジャー」も幻影魔人同盟の一角です。真名はシートン動物記で有名な「ヘシアン・ロボ」。上に乗っている首なしライダーではなく、下のワンコが本体のサーヴァントです。ファンからは「わんわん」というかわいいニックネームで呼ばれています

ストーリーでは何度も主人公たちの前に立ち塞がる強敵として登場。多くの幻霊と融合しており、最終的には不可視能力を有したアヴェンジャーとして多くのプレイヤーたちを苦しめました。モフモフしててカッコカワイイ見た目の彼ですが、とっても凶暴で人間には絶対に懐きません。狂犬注意。

「エミヤ・オルタ」

色黒の彼も新宿で登場した新サーヴァントです。干将莫耶に似たデザインの銃を持っていることや、どことなく「赤い外套のアイツ」に似た見た目をしていることから、ビジュアル発表当初から大きな注目を集めていました

その真名は多くのファンの予想通り「エミヤ・オルタ」。詳しい出典は未だ不明ですが、ファンには馴染み深いアイツがオルタ化した姿です。通称「ボブ」。決して「エミヤのコスプレした黒人」や「新宿2丁目のママ」ではありません。

探偵の活躍する濃厚なストーリーの見所を解説

探偵たちの活躍するダークミステリー

この項からはそんなサーヴァントたちの活躍するストーリーの見所について解説していきます。今回の話の見所は何といっても、新宿を舞台にした大規模な殺人ミステリー。1部でゲーティアの野望を砕き、人類抹消を阻止した主人公たちでしたが、今回新たに発生しないはずの特異点が発生

そこで、星をも殺す世界最大の殺人事件に巻き込まれてしまいます。殺人事件ということで、ストーリーには6章から登場していた「シャーロック・ホームズ」も登場。1部とは一味違う、謎の多いストーリーが見所です。

「悪」たちの闊歩する新宿の物語

また、ストーリーの雰囲気もトビキリピーキーという予告通り、1部とはガラリと変わり、大変暗くダークな雰囲気。1部で善良であることがピックアップされていた主人公でしたが、新宿でまっすぐな正しさが通用しない「悪」たちに襲われます

1部では何だかんだみんな協力的で、優しい雰囲気がありましたが、新宿ではそんな甘えは一切なし明確な殺意と悪意を持って主人公に襲い掛かってきます。そんな、一味違うダークな雰囲気も新宿の魅力の1つです。

オルタのドレスがカワイイ!

ただ、ミステリーだからと言ってストーリー全部が難しくて暗いわけではありません。物語の途中途中にはしっかり息抜きとして笑えるギャグやカワイイキャラクターたちも登場します。そんなカワイイ見所の1つが何といってもコレ!かわいいジャンヌオルタのドレス姿です!

大人っぽい美しい色気と、かわいいお転婆なしぐさがたまりません!いつも通りのチョロかわいいツンデレも炸裂しているのでジャンヌオルタファン必見です。また、セイバーオルタの方もカッコカワイイ私服姿を披露しており、こちらもおすすめです。

新宿幻霊事件の攻略法は?

第8節「女帝クリスティーヌ」

この項では、そんな「新宿幻霊事件」攻略法を紹介します。新システムが導入されていることもあり、その難易度はちょっとハードです。尺の関係で、全ては紹介しきれないので、特に難しいクエストをいくつかピックアップして紹介したいと思います。

始めに紹介するのは第8節「女帝クリスティーヌ」です。おそらく最初の難関かと思います。どちらもバーサーカーなため、火力に注意。特に、全体宝具持ちのファントムを先に倒すのがおすすめです。クリスティーヌはブレイク後ゴーストの姿に変身するのでこちらも注意。クリスティーヌをブレイクする前にファントムを倒せれば楽にクリアできます

第13節「狼王リターン」

続いては第13節 「狼王リターン」 。おそらく新宿で一番難しいクエストです。ただでさえ高い火力と必中宝具に加え、ターンの始めに1回回避を自身に付与する鬼畜使用。特にこの回避が厄介なため、戦う際には必中系の礼装を持たせて挑むのがおすすめです。

ただ、必中礼装は数が少ないのが難点。比較的無課金でも入手しやすい「首切りバニー2016」「スイート・クリスタル」などのイベント報酬礼装を持たせて挑みましょう。また、HPも高く、1回目で298470。ブレイク後でも397960もあるので注意が必要です。

第18節「名探偵の名推理」

新宿のラスト。ストーリーの山場に当たるクエストです。敵はモリアーティとエニグマの2体。モリアーティの方はゲージが3本あるので注意が必要です。ただ、毎ターンNPが20%増加するボーナスがこちらに付与されているため、比較的楽にクリアできると思います。

注意点を挙げるとすれば、エニグマはNP減少スキルを持っているため、こちらを先に倒した方が楽というくらいです。エニグマを倒してしまえば、モリアーティは単体宝具なため、ゲージが3本でもそれほど怖くありません。

キーワードから読み解く伏線考察

キーワードの答え合わせ

ここからは、少し踏み込んでストーリー考察していきたいと思います。まずは事前に公開されていたキーワードの答え合わせから。新宿は「虚構からの企て」「幻霊」「犯罪紳士」「裏切り者」「正義の味方」「幻影魔人同盟」「月下の慟哭」「墜ちる星」「魔弾」「変化自在の無頼漢」「人形の女帝」がキーワードでした。

こうして、改めて見るとかなりストレートにサーヴァントや内容を表していることが分かります。特に新宿は「幻霊」が大きなカギを握っていました。ちなみに、この「幻霊」という言葉がストーリーで最初に出てきたのは意外にもかなり早く、1部6章ホームズのセリフ部分。このことからも、かなり早い段階から新宿の構成があったことが伺えます。

3000年の妄執「虚構からの企て」

ただ、1つだけ分かり難いワードがあります。それがこの「虚構からの企て」。今回の黒幕は終局特異点で敗北した魔神柱でした。この伏線は終局特異点ですでに張られており、しっかり「逃亡した」と明記されているので、予想していたプレイヤーも多かったようです。その一連の流れが少し複雑なので、分かりやすく時系列順に並べてみました

終局特異点で敗北→主人公を殺すために3000年前に逃亡→主人公へ復讐するために3000年かけて今回の舞台を作る→その動きを察知したホームズが1部6章時点で事前に調査。といった流れのようです。新宿はたった1人のマスターを殺すためだけに用意された舞台でした。正に本来ありえないはずの「虚構からの企て」だったわけです。

「正義の味方(じゃあくなるもの)」について

また、もう1人新宿ではすべてを明かされなかった謎の存在がいます。それが「エミヤオルタ」です。ストーリーで大活躍だった彼ですが結局その真意は分からずじまいでした。どことなく士郎を思わせる口調や「鉄心エンド」を連想するキーワードなどから、大きな注目を集めています。

他の章のキーワードにも彼を思わせるワードがあることからファンの間では、1.5部は彼についての物語なのでは?という推測もあり、今後発表される各章に期待が高まります。また、彼の生前にはCCCで猛威を振るった彼女が関係しているようですが……。

気になる新宿幻霊事件のライター予想

4人のライターが手掛けるストーリー

そして、そんな新宿幻霊事件で特に気になるのが執筆ライター。1.5部は奈須きのこ先生以外の4人のライターたちが個別に担当しているとのことですが、誰がどこの執筆を手掛けたかは公開されていません。なので、この項ではそんな新宿のライターを個人的に予想してみたいと思います

巷では、本命「桜井」対抗「東出」大穴「水瀬」といった感じの予想の様です。それぞれの根拠として、桜井派は「サーヴァントの男女比率」「ホームズやモリアーティの扱い」「ダンテス記録」など。東出派は「ジャンヌオルタの扱い」「エドモンの違和感」「会話の雰囲気」など。水瀬派は「プリズマコーズとの既視感」などが挙げられています。

本命は桜井さん

私が個人的に推したい予想は、やはり<span class="wysiwyg-color-festy-red">本命の桜井さん</span>です。というのも、<b>ホームズの設定担当が桜井さんだと予想されている</b>からです。元々桜井さんが担当していた6章でホームズと幻霊について言及があった他、<b>4章でも彼についての記述がありました</b>。その繋がりから<b>新宿も桜井さんだろうと予想します</b>。<br><br><b>東出さんっぽいというのもよく分かる</b>のですが、彼だと仮定した場合、インタビューでの<b>「読めばすぐに分かると思う」</b>というきのこ発言が引っかかります。新宿にはホームズの他にもエドモンやファントムなど、<b>桜井さん由来のサーヴァントが多い</b>ので、今回はストレートに桜井さんだと予想しました。<br>

私が個人的に推したい予想は、やはり本命の桜井さんです。というのも、ホームズの設定担当が桜井さんだと予想されているからです。元々桜井さんが担当していた6章でホームズと幻霊について言及があった他、4章でも彼についての記述がありました。その繋がりから新宿も桜井さんだろうと予想します

東出さんっぽいというのもよく分かるのですが、彼だと仮定した場合、インタビューでの「読めばすぐに分かると思う」というきのこ発言が引っかかります。新宿にはホームズの他にもエドモンやファントムなど、桜井さん由来のサーヴァントが多いので、今回はストレートに桜井さんだと予想しました。

新宿幻霊事件のPVと主題歌もカッコいい!

そんな新宿幻霊事件はストーリーだけでなく先行公開されたPVも大変カッコいいためこちらもおすすめですまた、新宿幻霊事件には主題歌の「色彩」の他に、専用テーマ曲としてROUND TABLE feat.Danの「Lose Your Way」が設定されており、こちらがPVで流れています。


FGO1.5部「Epic of Remnant」から目が離せない

ということで、ここまで新宿幻霊事件について紹介してきましたがいかがでしたか。とても面白いストーリーのため、1部をクリアした方はぜひプレイしてみてください。また、新宿は1.5部最初のストーリーということもあり、まだまだ1.5部には謎や伏線がたくさん散りばめられています。そんなFGO1.5部「Epic of Remnant」から、これからも目が離せません。

KADOKAWA (2017-04-15)売り上げランキング: 18

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1002353
1
Fessan white 上に戻る