2017.04.30.Sun. 7ヶ月前 木本カナタ

ラノベ原作アニメ作品おすすめランキングTOP10!多種多様な異種格闘技まとめ!

恋愛ものからバトルもの、SFからミステリーまで、そんな様々なジャンルのあるライトノベル。今回は、そんなライトノベルが原作のアニメの中から特に面白いものを10作品チョイスしたのでランキング形式で紹介したいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

多種多様な定義のあるライトノベル

そもそもライトノベルとは何なのでしょうか?実はライトノベルと一般小説の線引きには様々な定義があり、これといった決まりはありません。本来の意味である若者向けの読みやすい小説をライトノベルだという人もいれば、ライトノベルレーベルから出ている作品だけをライトノベルと差す人もいます。

また、内容も様々で、フォントの変化等も駆使した漫画のような読みやすいものから、一般小説も顔負けな濃く重い内容のライトノベルもあります。今回は、そんなライトノベルが原作のアニメから個人的に面白いと思ったものをランキング形式でまとめました

10位「デートアライブ」ギャグとシリアスの絶妙なバランスが魅力的

「デートアライブ」あらすじ

舞台は<b>謎の生命体「精霊」</b>の出現により<b>「空間震」という災害が発生するようになった世界</b>。莫大な戦闘能力を持ち、空間震を発生させる<b>精霊は人類からは忌み嫌われていた</b>。そんな<b>精霊たちを救おう</b>と五河士道は、精霊との対話を望む<b>ラタトスク機関の人々と共に奮闘する。</b><br><br>士道はある条件を満たすことで<b>「精霊の力を封印する力」</b>を有しており、<b>人類と精霊どちらも救える力を持っていた</b>。その条件とは<span class="wysiwyg-color-festy-red">「精霊とデートして、デレさせる」</span>こと!<b>今、世界の命運を賭けたデートが始まる……!</b><br>

舞台は謎の生命体「精霊」の出現により「空間震」という災害が発生するようになった世界。莫大な戦闘能力を持ち、空間震を発生させる精霊は人類からは忌み嫌われていた。そんな精霊たちを救おうと五河士道は、精霊との対話を望むラタトスク機関の人々と共に奮闘する。

士道はある条件を満たすことで「精霊の力を封印する力」を有しており、人類と精霊どちらも救える力を持っていた。その条件とは「精霊とデートして、デレさせる」こと!今、世界の命運を賭けたデートが始まる……!

バカバカしく笑えるギャグと熱いバトルパートのメリハリが魅力的

あらすじから分かる通り、ラノベ原作特有のバカアニメです。世界を救うために、武装した女の子たちを全力で口説いてデレさせます。要はナンパ。シュールな絵面ですが世界の命運がかかっているため、本人たちは大真面目。大人たちが真剣に彼らのデートプランを考える様子がとてもシュールで笑えます。

また、物語の後半に展開される手に汗握るバトルパートも魅力的。前半笑えたギャグが後半のバトルパートで熱い伏線になって返ってくるストーリーは見事の一言ギャグと熱い展開のメリハリがとても上手い作品です。また、同じ作者の「蒼穹のカルマ」も大変面白いので、興味のある方はぜひ手に取ってみてください。

9位「狼と香辛料」元祖、経済系ファンタジー!

「狼と香辛料」あらすじ



舞台は<b>中世のヨーロッパ</b>。行商人として旅をしながら商売をする<b>クラフト・ロレンス</b>は、パスロエ村で<span class="wysiwyg-color-festy-red">狼の耳としっぽを持つ少女</span>と出会う。彼女は自分の事を<b>狼の化身であるヨイツの「賢狼ホロ」</b>と名乗った。長年パスロエ村で豊穣を司っていた彼女だが、<b>独りぼっちの生活に嫌気が差したため、故郷のヨイツへ帰りたいと願う。</b><br><br>同じく<b>1人旅に嫌気が差していたロレンス</b>はそれを承諾して、商売のついでに<b>ヨイツの途中まで送ることを約束した</b>。こうして、道すがら商売でお金を稼いだり、騒動に巻き込まれたりしながら<b>ヨイツを目指す、2人の旅が始まった。</b>

舞台は中世のヨーロッパ。行商人として旅をしながら商売をするクラフト・ロレンスは、パスロエ村で狼の耳としっぽを持つ少女と出会う。彼女は自分の事を狼の化身であるヨイツの「賢狼ホロ」と名乗った。長年パスロエ村で豊穣を司っていた彼女だが、独りぼっちの生活に嫌気が差したため、故郷のヨイツへ帰りたいと願う。

同じく1人旅に嫌気が差していたロレンスはそれを承諾して、商売のついでにヨイツの途中まで送ることを約束した。こうして、道すがら商売でお金を稼いだり、騒動に巻き込まれたりしながらヨイツを目指す、2人の旅が始まった。

経済系ファンタジーライトノベルの元祖!

<b>「狼と香辛料」</b>は<b>ファンタジー世界で経済を題材</b>とした、おそらく最初のライトノベルです。ライトノベルの主流である<span class="wysiwyg-color-festy-red">剣や魔法を使ったバトル展開は一切なし</span>。<b>濃厚な経済ミステリーを楽しめます</b>。また、ストーリーだけでなく、<b>会話劇も魅力的な作品です</b>。ロレンスとホロが喋っているシーンだけで永遠と読み続ける事ができます。あと、<b>わっちがカワイイ</b>。<br><br><b>謎解きで頭を使ってみるもよし!かわいいワッチに癒されるもよし!</b>と、様々な人におすすめの作品です。<b>アニメの雰囲気もとても良く</b>、ゆったりとしたBGMが作風とマッチしているため、<b>見ていると大変癒されます。</b>異世界ものが流行っている今だからこそもう1度見てほしい<span class="wysiwyg-color-festy-red">個人的にイチオシな作品です</span>。<br>

「狼と香辛料」ファンタジー世界で経済を題材とした、おそらく最初のライトノベルです。ライトノベルの主流である剣や魔法を使ったバトル展開は一切なし濃厚な経済ミステリーを楽しめます。また、ストーリーだけでなく、会話劇も魅力的な作品です。ロレンスとホロが喋っているシーンだけで永遠と読み続ける事ができます。あと、わっちがカワイイ

謎解きで頭を使ってみるもよし!かわいいワッチに癒されるもよし!と、様々な人におすすめの作品です。アニメの雰囲気もとても良く、ゆったりとしたBGMが作風とマッチしているため、見ていると大変癒されます。異世界ものが流行っている今だからこそもう1度見てほしい個人的にイチオシな作品です

8位「モーレツ宇宙海賊」丁寧に描かれている昔ながらの濃厚SF

「モーレツ宇宙海賊」あらすじ



<b>宇宙に多くの国家が乱立する時代</b>。銀河帝国からの独立を計画した<b>海明星</b>は圧倒的な戦力差を覆すために、<b>海賊たちに私掠船免状を出した</b>。その効果は絶大で宇宙海賊たちの力を借りた海明星は<b>独立戦争に勝利</b>。作中の舞台は<b>その100年後……</b>。<br><br>海明星に住む高校1年生の<b>加藤茉莉香</b>は、ある日自分の父が<b>海賊船「弁天丸」の船長</b>であることを告げられる。<b>父が海賊であること</b>と<b>そんな彼の死</b>を同時に告げられた彼女は、更に<span class="wysiwyg-color-festy-red">彼の後を継ぎ海賊船「弁天丸」の船長となってほしい</span>と頼まれて……。

<br>

宇宙に多くの国家が乱立する時代。銀河帝国からの独立を計画した海明星は圧倒的な戦力差を覆すために、海賊たちに私掠船免状を出した。その効果は絶大で宇宙海賊たちの力を借りた海明星は独立戦争に勝利。作中の舞台はその100年後……

海明星に住む高校1年生の加藤茉莉香は、ある日自分の父が海賊船「弁天丸」の船長であることを告げられる。父が海賊であることそんな彼の死を同時に告げられた彼女は、更に彼の後を継ぎ海賊船「弁天丸」の船長となってほしいと頼まれて……。


丁寧に描かれるストーリーと濃厚なSF設定が魅力的

タイトル、キャラデザ、OP、と<b>色々な所で損をしているアニメ</b>。ふざけたタイトルですが、<b>ストーリーは驚くほど丁寧で濃厚です</b>。当時、タイトルやキャラデザで敬遠してしまった人にはぜひ見てほしい作品。<b>SF好きなら間違いなくハマります</b>。特に<b>ビバップ世代の方におすすめです</b>。<br><br>そんな今作の魅力は何といっても<b>丁寧に描かれたストーリー</b>。インパクトや早い展開が重視される昨今のアニメ作品で、<b>ここまで丁寧なストーリーは本当に珍しい</b>。ゆっくりと、しかし<span class="wysiwyg-color-festy-red">着実に物語が進んでいきます。</span>本当に、見て損のないアニメです。ちなみにアニメタイトルが「アレ」ですが、<b>原作のタイトルは「ミニスカ宇宙海賊」</b>……どっこいどっこいである。<br>

タイトル、キャラデザ、OP、と色々な所で損をしているアニメ。ふざけたタイトルですが、ストーリーは驚くほど丁寧で濃厚です。当時、タイトルやキャラデザで敬遠してしまった人にはぜひ見てほしい作品。SF好きなら間違いなくハマります。特にビバップ世代の方におすすめです

そんな今作の魅力は何といっても丁寧に描かれたストーリー。インパクトや早い展開が重視される昨今のアニメ作品で、ここまで丁寧なストーリーは本当に珍しい。ゆっくりと、しかし着実に物語が進んでいきます。本当に、見て損のないアニメです。ちなみにアニメタイトルが「アレ」ですが、原作のタイトルは「ミニスカ宇宙海賊」……どっこいどっこいである。

7位「人類は衰退しました」SFラノベの名作

「人類は衰退しました」あらすじ

人類がその数を減らし、<b>着々と滅亡していっている時代</b>の世界。そんな<b>衰退した「旧人類」</b>に代わって、地球を支配しているのが<b>「新人類」の「妖精さん」</b>。キュートな見た目の彼らだが、<b>人間では想像もつかないような凄まじい力と技術力を持っていた</b>。<br><br>そんな妖精さんとの交流を図る仕事をしている<b>調停官となった「わたし」</b>は、ことあるごとに<b>彼らの起こす不思議な事件に巻き込まれるようになる</b>。そんな<span class="wysiwyg-color-festy-red">わたしちゃんと妖精さんの物語</span>を描いたSF作品。<br>

人類がその数を減らし、着々と滅亡していっている時代の世界。そんな衰退した「旧人類」に代わって、地球を支配しているのが「新人類」の「妖精さん」。キュートな見た目の彼らだが、人間では想像もつかないような凄まじい力と技術力を持っていた

そんな妖精さんとの交流を図る仕事をしている調停官となった「わたし」は、ことあるごとに彼らの起こす不思議な事件に巻き込まれるようになる。そんなわたしちゃんと妖精さんの物語を描いたSF作品。

可愛い妖精さんの展開する本格SF

こちらも<b>SF好きにはたまらない作品</b>です。可愛い妖精さんの活躍する<b>ほのぼのとした雰囲気の世界観</b>ですが、<b>ストーリーはかなり濃厚なガチSF</b>。さらりとかなり専門的な題材も扱っているので、<b>コアなファンでも楽しめる内容になっています。</b><br><br>また、<b>メルヘンでカワイイ見た目</b>なのに、ちょっと中を覗くと<b>ダークでどす黒い童話のような雰囲気が素敵な作品</b>です。<b>「おめーのせきねぇです」</b>や<b>「たぶんしんだ」</b>等、時々ゆるふわな雰囲気で放たれる鋭いセリフは<b>破壊力抜群です</b>。あと、<span class="wysiwyg-color-festy-red">わたしちゃんがかわいい</span>。<br>

こちらもSF好きにはたまらない作品です。可愛い妖精さんの活躍するほのぼのとした雰囲気の世界観ですが、ストーリーはかなり濃厚なガチSF。さらりとかなり専門的な題材も扱っているので、コアなファンでも楽しめる内容になっています。

また、メルヘンでカワイイ見た目なのに、ちょっと中を覗くとダークでどす黒い童話のような雰囲気が素敵な作品です。「おめーのせきねぇです」「たぶんしんだ」等、時々ゆるふわな雰囲気で放たれる鋭いセリフは破壊力抜群です。あと、わたしちゃんがかわいい

6位「刀語」西尾維新の描く大河ノベル

「刀語」あらすじ

尾張幕府が天下を統一した世界。伝説の刀鍛冶「四季崎記紀」の作る刀は絶大な力を持っていた。彼の作った刀をいくつ持っているかで、戦の優位さえ決まるとされている。そんな中、奇策士「とがめ」は幕府から彼の刀の中でも特に力の強い「完成形変体刀」12本の収集を命じられる

彼女はその収集の手段として、刀を使わない剣術「虚刀流」の七代目当主である「鑢七花」に協力を依頼した。こうして2人の「完成形変体刀」を巡る刀集めの旅が始まったのだった……。『化物語』などで知られる西尾維新の描くアクション大河ノベル!

熱いバトルが魅力の大河アクション

刀語の魅力は<b>何といっても熱いバトル!</b>会話劇で有名な西尾維新先生ですが、ご本人が最強厨なため<b>バトルもカッコいいです</b>。もうバトルが好きすぎて、<b>ミステリー小説が途中でバトル小説になったり</b>、<b>日常漫画がバトル漫画になったり</b>するほど。そんな彼が書いた<span class="wysiwyg-color-festy-red">本格的なバトル小説が面白くないはずがありません。</span><br><br>勿論、西尾維新作品のため<b>トンチの利いた言葉遊びや会話劇も魅力的</b>。「完成形変体刀」のほとんどが刀じゃねーじゃん!とか、いうツッコミは野暮です。<b>銃だって刀なんです!</b>特におすすめなのは第4話。<b>強敵「錆白兵」との戦闘シーンは大迫力で素敵でした。</b>……嘘はついてないですよ?<br>

刀語の魅力は何といっても熱いバトル!会話劇で有名な西尾維新先生ですが、ご本人が最強厨なためバトルもカッコいいです。もうバトルが好きすぎて、ミステリー小説が途中でバトル小説になったり日常漫画がバトル漫画になったりするほど。そんな彼が書いた本格的なバトル小説が面白くないはずがありません。

勿論、西尾維新作品のためトンチの利いた言葉遊びや会話劇も魅力的。「完成形変体刀」のほとんどが刀じゃねーじゃん!とか、いうツッコミは野暮です。銃だって刀なんです!特におすすめなのは第4話。強敵「錆白兵」との戦闘シーンは大迫力で素敵でした。……嘘はついてないですよ?

5位「さくら荘のペットな彼女」王道な青春ストーリー

「さくら荘のペットな彼女」あらすじ

水明芸術大学附属高校に通う神田空太は1年生の時の夏に真っ白い猫を拾った。貰い手もなく、仕方なくペット禁止の学生寮でこっそり世話をしていたが、すぐにバレて呼び出しを食らってしまう。そこで「猫を捨てる」「ペット可のさくら荘に移るか」の選択を迫られた空太は、仕方なく変人たちの集う寮「さくら荘」へ移ることとなった

そして、春。そんなさくら荘に椎名ましろという新たな住民がやってきた。彼女は1人では着替えもできない天然少女で、空太が身の回りの世話をすることになる。呆れながらも、ダメダメなましろの世話をなんだかんだしていた空太だが、ある日彼女が天才的な才能のある画家であることを知ってしまい……。

純粋に面白い!王道まっしぐらな青春アニメ

<b>タイトルで損をしているアニメその2</b>。取っつきにくいタイトルですが、<b>中身は王道まっしぐらな青春アニメ</b>。特に<b>心理描写が大変丁寧</b>で「とらドラ」などの<b>恋愛青春系ライトノベルが好きな方におすすめ</b>です。<br><br><b>キャラたちの夢に向かって頑張る姿がとても眩しく</b>、見ると自分も頑張ろうという気持ちになります。純粋にシナリオだけを見てれば<span class="wysiwyg-color-festy-red">全アニメでもトップクラスに面白い作品</span>なのですが……<b>サムゲタン騒動は悲しい事件でしたね……。</b><br>

タイトルで損をしているアニメその2。取っつきにくいタイトルですが、中身は王道まっしぐらな青春アニメ。特に心理描写が大変丁寧で「とらドラ」などの恋愛青春系ライトノベルが好きな方におすすめです。

キャラたちの夢に向かって頑張る姿がとても眩しく、見ると自分も頑張ろうという気持ちになります。純粋にシナリオだけを見てれば全アニメでもトップクラスに面白い作品なのですが……サムゲタン騒動は悲しい事件でしたね……。

4位「ノーゲームノーライフ」最弱なまま最強を倒せ!

「ノーゲームノーライフ」あらすじ

あらゆるゲームで連戦連勝する天才ゲーマー『』(空白)を名乗るは、ある日テトと名乗る神によって異世界「盤上の世界(ディスボード)」に招待される。そこはすべてがゲームで決まる世界。人間以外に「獣人」「エルフ」「吸血鬼」「人魚」などの16種族が暮らしていた

16種族の彼らは魔法や特殊能力等の固有能力を駆使してゲームに挑む。対して、空白たち人類は魔法を使うことはおろか、見ることさえ出来ない最弱種族だった。何でもありのチート能力を持った敵に対して頭脳だけで挑む何も持たない人類の下剋上が始まる!


チート能力相手に頭脳のみで挑む知能戦が熱い!

あらすじで紹介した通り、<b>魔法等のチート能力に対して頭脳のみでゲームに挑む知能戦が魅力の作品です</b>。物理限界超えて二段ジャンプしたり、原爆で無傷だったりする<b>化け物相手に策略のみで挑みます</b>。ライトノベルにありがちな<b>最弱詐欺とかではなく</b>、<span class="wysiwyg-color-festy-red">本当に何もない状態からのし上がっていく様子はまさに圧巻。</span><br><br>また、話の規模が大変大きく、<b>国家規模の話がスナックの様な手軽さでサクサク進んでいきます</b>。世界観等の設定もかなり細かく、<b>ゲームの内容から政治系の話まで取り入れる</b>作者の技量と知識の豊富さに脱帽です。ただ、正直序盤の「チェス」回はファンでもかなり取っつきにくいので、<b>初見の方は「具現化しりとり」回まで見ることをおすすめします</b>。<br>

あらすじで紹介した通り、魔法等のチート能力に対して頭脳のみでゲームに挑む知能戦が魅力の作品です。物理限界超えて二段ジャンプしたり、原爆で無傷だったりする化け物相手に策略のみで挑みます。ライトノベルにありがちな最弱詐欺とかではなく本当に何もない状態からのし上がっていく様子はまさに圧巻。

また、話の規模が大変大きく、国家規模の話がスナックの様な手軽さでサクサク進んでいきます。世界観等の設定もかなり細かく、ゲームの内容から政治系の話まで取り入れる作者の技量と知識の豊富さに脱帽です。ただ、正直序盤の「チェス」回はファンでもかなり取っつきにくいので、初見の方は「具現化しりとり」回まで見ることをおすすめします

3位「氷菓」人の死なないミステリー

「氷菓」あらすじ



<b>「やらなくてもいいことは、やらない。やらなければいけないことは手短に」</b>の「省エネ主義」を信条とする<b>折木奉太郎</b>は姉の勧めで<b>古典部に入部する</b>。極力厄介ごとには関わらず、<b>平和に学園生活を送りたいと願う</b>彼。<br><br>しかし、入部した古典部には<b>自分とは正反対</b>の好奇心の塊な<b>千反田える</b>が居て……。<b>「わたし、気になります!」</b>の合言葉と共に千反田が発見した<b>細やかな日常の謎</b>を、頭の回転が早い<b>奉太郎が解く</b>。<span class="wysiwyg-color-festy-red">殺人事件の起こらない優しいミステリー</span>。

<br>

「やらなくてもいいことは、やらない。やらなければいけないことは手短に」の「省エネ主義」を信条とする折木奉太郎は姉の勧めで古典部に入部する。極力厄介ごとには関わらず、平和に学園生活を送りたいと願う彼。

しかし、入部した古典部には自分とは正反対の好奇心の塊な千反田えるが居て……。「わたし、気になります!」の合言葉と共に千反田が発見した細やかな日常の謎を、頭の回転が早い奉太郎が解く殺人事件の起こらない優しいミステリー


日常の謎に挑む「人の死なないミステリー」

<b>謎解きは好きだけど殺人事件は嫌い</b>。そんなミステリーファンは<b>意外と多いのではないでしょうか?</b>実は私もその1人です。人の死をトリックとしてパズルのように扱ってる感じがどうも苦手で、ミステリー小説は好きでも<b>本格派と呼ばれる類いはあまり得意ではありません</b>。そんな<span class="wysiwyg-color-festy-red">ライトミステリーファンにおすすめなのが「氷菓」</span>です。<br><br>日常の謎に挑む<b>人の死なない優しい雰囲気と世界観がとっても素敵です</b>。特にアニメ版は製作が京アニということもあり、<b>美しい作画や演出と合わさって素晴らしい作品になっています</b>。映像化するのが難しいミステリーを上手くアニメに落とし込んだ構成も見事で、<b>謎解き系の話が好きな方へ文句なしにアニメです。</b><br>

謎解きは好きだけど殺人事件は嫌い。そんなミステリーファンは意外と多いのではないでしょうか?実は私もその1人です。人の死をトリックとしてパズルのように扱ってる感じがどうも苦手で、ミステリー小説は好きでも本格派と呼ばれる類いはあまり得意ではありません。そんなライトミステリーファンにおすすめなのが「氷菓」です。

日常の謎に挑む人の死なない優しい雰囲気と世界観がとっても素敵です。特にアニメ版は製作が京アニということもあり、美しい作画や演出と合わさって素晴らしい作品になっています。映像化するのが難しいミステリーを上手くアニメに落とし込んだ構成も見事で、謎解き系の話が好きな方へ文句なしにアニメです。

2位「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」あらすじ

ひねくれ者で恋人も友達もいない比企谷八幡は、リア充を呪いつつぼっちな高校生活をエンジョイしようとしていた。ある時、そんな彼を見かねた生活指導教師の平塚静の手により半ば強制的に「奉仕部」へ入部させられる。

そこには校内一の有名人である雪ノ下雪乃もいたが、こちらも一癖も二癖もある個性的な性格で、2人は衝突してしまう。すると静の提案で、どちらがより多く奉仕部に持ち込まれた依頼を解決できるか、という勝負を持ち掛けられ……。ひねくれ者の八幡がひねくれた視点で生徒の相談に挑む青春ストーリー。

解決策にあっと驚く、一癖も二癖もある青春ラノベ

<b>タイトルで損をしているアニメその3。</b>一体、序盤のこの作品のどこにラブコメ要素があるというのでしょうか……。こんな<b>ラノベにありがちなタイトル</b>をしていますが、内容は<b>かなり一般小説寄りの結構硬派な青春小説です。</b><br><br>あらすじだけ見れば、よくあるお悩み解決系のお話ですが、<b>その解決方法は普通の作品と大きく異なり、一癖も二癖もあって魅力的です</b>。内容や雰囲気もミステリー寄りで、日常の謎に挑むという点で、<b>少し氷菓に似ているかもしれません</b>。持ち寄られた<span class="wysiwyg-color-festy-red">相談の解決方法が大変巧み</span>で、<b>ストーリーもとても高い完成度</b>なため、多くの人におすすめです。<br>

タイトルで損をしているアニメその3。一体、序盤のこの作品のどこにラブコメ要素があるというのでしょうか……。こんなラノベにありがちなタイトルをしていますが、内容はかなり一般小説寄りの結構硬派な青春小説です。

あらすじだけ見れば、よくあるお悩み解決系のお話ですが、その解決方法は普通の作品と大きく異なり、一癖も二癖もあって魅力的です。内容や雰囲気もミステリー寄りで、日常の謎に挑むという点で、少し氷菓に似ているかもしれません。持ち寄られた相談の解決方法が大変巧みで、ストーリーもとても高い完成度なため、多くの人におすすめです。

1位「ソードアート・オンライン」これぞ王道ファンタジー!

「ソードアート・オンライン」あらすじ

2022年、世界初のVRMMORPG「ソードアート・オンライン」が発売され、約1万人のユーザーが一斉に仮想空間へダイブした。しかし、その1万人のプレイヤーは皆、ゲーム開発者の茅場晶彦の策によって、ログアウトを封じられ、ゲーム世界に閉じ込められてしまう。

更に、ゲーム内での死は現実世界の死に直結すると告げられて……。ゲームを脱出する方法は1つ。プレイヤーの誰かがこの「ソードアート・オンライン」をクリアすることゲーム脱出を賭けたデスゲームが今始まる!

VR業界に絶大な影響を与えたライトノベルの大御所

<b>「ソードアート・オンライン」</b>は、言わずと知れた<b>近年のライトノベルの金字塔です</b>。ネット小説やVR業界への功績を加味すれば、<b>この作品を抜きに最近のライトノベルは語れません</b>。ゲームの中に閉じ込められるというストーリーが上手く時代に合致し、<b>大流行しました</b>。<br><br>また、デスゲームとしての<b>「アインクラッド編」</b>が有名なSAOですが、<b>実はとても層の厚い作品でもあります</b>。SAOは嫌いだけどALOは好き、なんて方も多いのではないでしょうか。そんな層の厚さが<b>、SAOが人気になった理由の1つだと思います</b>。――ということで、近年では<span class="wysiwyg-color-festy-red">文句なしに1位のライトノベル</span>です。<br>

「ソードアート・オンライン」は、言わずと知れた近年のライトノベルの金字塔です。ネット小説やVR業界への功績を加味すれば、この作品を抜きに最近のライトノベルは語れません。ゲームの中に閉じ込められるというストーリーが上手く時代に合致し、大流行しました

また、デスゲームとしての「アインクラッド編」が有名なSAOですが、実はとても層の厚い作品でもあります。SAOは嫌いだけどALOは好き、なんて方も多いのではないでしょうか。そんな層の厚さが、SAOが人気になった理由の1つだと思います。――ということで、近年では文句なしに1位のライトノベルです。

多様性を認める懐の広さがライトノベルの良い所

いかがでしたか?今回はマイナーな作品も知ってもらいたかったので「フルメタル・パニック」や「とある」といったメジャーな作品や「なろう系」の作品はあえてスルーして紹介しました。決して、趣味で選んだからこうなった訳ではありません。……ホントですよ?若干、ジャンルと年代が偏っていることは認めますが……若干です!若干!

今回紹介した作品はどれも面白いものばかりなので、まだ見たことのない方はこの機会にぜひお手に取ってみてください。残念ながらバカにされやすいライトノベルですが、そういった作品が多いのもライトノベルというジャンルの懐の広さ故。探せば面白い作品もたくさんあります。思い切って飛び込んでみれば、思わぬ名作に出会えるかもしれませんよ?

KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2016-05-14)
宝島社 売り上げランキング: 67,693
狼と香辛料<狼と香辛料> (電撃文庫)
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2013-11-11)
売り上げランキング: 15,682
刀語 第一話 絶刀・鉋 (講談社BOX)
講談社 (2016-09-23)
売り上げランキング: 61,795

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1002356
1
Fessan white 上に戻る