2017.05.06.Sat. 7ヶ月前 S,SUZUKA

【坂道のアポロン】ジャズで輝く青春!実写化決定の話題作を徹底解説!

JAZZファン必見!これぞ青春JAZZ漫画、坂道のアポロンが実写化決定しました!今回は話題の坂道のアポロンを漫画版、アニメ版、使用楽曲や映画最新情報までを徹底解析!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

ジャズ×青春!坂道のアポロンとは

<b>坂道のアポロン</b>とは、<b>小玉ユキ</b>によって<b>2007年11月から2012年3月に月間フラワーズに掲載</b>された<b>少女漫画</b>です。少女漫画には珍しく、<b>JAZZを主体にした青春漫画</b>で、音楽に、恋に、友情に生きる主人公たちがイキイキと描かれています。<br><br>単行本は<b>全9巻と番外編1巻</b>で構成されており、<b>このマンガがすごい2009年オンナ編で1位を獲得</b>した作品で、<b>第57回小学館漫画賞一般向け部門も受賞</b>している作品です。<br><br>このマンガがすごいの賞を受賞した時、<b>単行本でまだ2巻分</b>ほどしか発刊しておらず原作者の小玉は<b>何かの間違いじゃ?</b>としか思わなかったそう。また、小学館漫画賞も<b>寝耳に水</b>だったそうで、<b>小玉本人は地味な作品だしまったく注目をされていないだろうと思っていた</b>そうで、<b>手に力が入っていないような感じだ</b>とコメントしています。

坂道のアポロンとは、小玉ユキによって2007年11月から2012年3月に月間フラワーズに掲載された少女漫画です。少女漫画には珍しく、JAZZを主体にした青春漫画で、音楽に、恋に、友情に生きる主人公たちがイキイキと描かれています。

単行本は全9巻と番外編1巻で構成されており、このマンガがすごい2009年オンナ編で1位を獲得した作品で、第57回小学館漫画賞一般向け部門も受賞している作品です。

このマンガがすごいの賞を受賞した時、単行本でまだ2巻分ほどしか発刊しておらず原作者の小玉は何かの間違いじゃ?としか思わなかったそう。また、小学館漫画賞も寝耳に水だったそうで、小玉本人は地味な作品だしまったく注目をされていないだろうと思っていたそうで、手に力が入っていないような感じだとコメントしています。

作中に込められた幻の60年代への想い



坂道のアポロンは<b>1966年からを舞台を設定に描かれています</b>が、実はこれは<b>誰もが描く古き良き時代の象徴</b>として書かれており<b>実際とは違う設定</b>となっています。<br><br>主人公たちの通う佐世保東高校のモデルとなった<b>佐世保北高校</b>は<b>学生運動がとても盛ん</b>に行われており、69年には<b>安保法</b>を廻って学生運動が活発化し<b>校舎にはバリケード封鎖</b>が行われました。本作では淳一が学生運動に加わっていたという描写はありますがそれは<b>遠い場所の事</b>で、<b>薫達の学校は古き良き時代の一種のノスタルジックな雰囲気を保ったまま平和に時間が流れています</b>。<br><br><b>作者小玉が意図した60年代後半</b>は、まさに<b>古き良き時代</b>と言うと<b>その年代を過ごした誰もが懐かしいモノ</b>として思い出せる<b>永遠の中に閉じ込められた幸福な時間の象徴</b>を描いているのではないでしょうか。

坂道のアポロンは1966年からを舞台を設定に描かれていますが、実はこれは誰もが描く古き良き時代の象徴として書かれており実際とは違う設定となっています。

主人公たちの通う佐世保東高校のモデルとなった佐世保北高校学生運動がとても盛んに行われており、69年には安保法を廻って学生運動が活発化し校舎にはバリケード封鎖が行われました。本作では淳一が学生運動に加わっていたという描写はありますがそれは遠い場所の事で、薫達の学校は古き良き時代の一種のノスタルジックな雰囲気を保ったまま平和に時間が流れています

作者小玉が意図した60年代後半は、まさに古き良き時代と言うとその年代を過ごした誰もが懐かしいモノとして思い出せる永遠の中に閉じ込められた幸福な時間の象徴を描いているのではないでしょうか。

「坂道のアポロン」あらすじ

舞台は<b>1966年</b>。終戦から約20年、高度経済成長期真っ只中の時代、横須賀から長崎県の<b>佐世保東高校</b>に一人の男子高校生が<b>転校</b>してきました。<b>船乗りを父親に持つ</b>彼は転々と親戚宅に身を寄せながら生活をしており、<b>秀才タイプ</b>で一族から<b>将来を有望視</b>されていました。<br><br>そんな生活に<b>息苦しさと寂しさを感じながらも諦める事に慣れていたその少年</b>は<b>一人のクラスメイト</b>に出会い、それまでクラシックにしか触れてこなかった少年に<b>JAZZ</b>という音楽が<b>いきなり目の前にぶちまけられます</b>。そして<b>初めての恋と知りたくなかった痛み</b>、<b>ぶつかりあい</b>、<b>笑いあい</b>、<b>傷つけあい</b>、<b>涙した青春が幕を明けます</b>。<br><br>少年は<b>西見薫、</b>そしてクラスメイトで後に互いを相棒と呼び合うようになる少年は<b>川渕千太郎</b>。<b>坂道のアポロンはJAZZと恋と青春に輝いていた少年達の物語です</b>。

舞台は1966年。終戦から約20年、高度経済成長期真っ只中の時代、横須賀から長崎県の佐世保東高校に一人の男子高校生が転校してきました。船乗りを父親に持つ彼は転々と親戚宅に身を寄せながら生活をしており、秀才タイプで一族から将来を有望視されていました。

そんな生活に息苦しさと寂しさを感じながらも諦める事に慣れていたその少年一人のクラスメイトに出会い、それまでクラシックにしか触れてこなかった少年にJAZZという音楽がいきなり目の前にぶちまけられます。そして初めての恋と知りたくなかった痛みぶつかりあい笑いあい傷つけあい涙した青春が幕を明けます

少年は西見薫、そしてクラスメイトで後に互いを相棒と呼び合うようになる少年は川渕千太郎坂道のアポロンはJAZZと恋と青春に輝いていた少年達の物語です

みずみずしい登場キャラクター

坂道のアポロンでは主人公の西見薫をはじめ、登場人物達がいきいきと描かれています。そのみずみずしさは読んでいる読者も青春時代に引き戻されたような感覚に陥るほどで、決して描画は多くないのですが登場人物たちの息づいている感じや音楽の演奏描写一気に物語の中に引き込まれてしまいます

今回はそんなみずみずしい登場人物たちを一部ご紹介いたします。

西見薫 「ボン」

主人公、<b>西見薫</b>。彼が九州の長崎、東佐世保高校に転校してきたことから物語は始まります。<b>秀才</b>で<b>人づきあいが苦手</b>な一面があります。音楽は小学生の頃から<b>クラシックピアノ</b>を弾いており、腕もいいのですが<b>JAZZは千太郎に出会うまでは一切未経験</b>でした。<br><br>幼いころから転校を繰り返した薫は、転校の度に<b>仲良くなった友人からの手紙を待っては裏切られ傷つく日々</b>を繰り返していました。いつしか、<b>どうせ居なくなるのだからと人と関わるのを一線置くようになった</b>薫は、千太郎や律子と出会ってから彼等の<b>人との距離の近さに戸惑い</b>を隠せません。<b>やがて、初めての恋をし、親友とも呼べる友を得て、薫は成長していきます</b>。

主人公、西見薫。彼が九州の長崎、東佐世保高校に転校してきたことから物語は始まります。秀才人づきあいが苦手な一面があります。音楽は小学生の頃からクラシックピアノを弾いており、腕もいいのですがJAZZは千太郎に出会うまでは一切未経験でした。

幼いころから転校を繰り返した薫は、転校の度に仲良くなった友人からの手紙を待っては裏切られ傷つく日々を繰り返していました。いつしか、どうせ居なくなるのだからと人と関わるのを一線置くようになった薫は、千太郎や律子と出会ってから彼等の人との距離の近さに戸惑いを隠せません。やがて、初めての恋をし、親友とも呼べる友を得て、薫は成長していきます

川渕千太郎 「セン/千太郎」

<b>川渕千太郎</b>は薫と同じ高校に通うクラスメイト。後に<b>親友となる彼</b>は、<b>大柄で豪快で型破りな性格</b>をしています。<b>面倒見がよく正義感が強い</b>のですが<b>粗野な一面があり学校内では札付きのワル</b>と言われています。<br><br><b>律子とは幼馴染</b>で、<b>幼い頃はまるで天使の様と言われるほどの美貌</b>でしたが、<b>日本人とアメリカ人のハーフ</b>で母親は千太郎を叔父夫婦に預けて行方をくらましており、<b>外見のコンプレックス</b>と<b>心に深い傷</b>を持っていました。<br><br><b>演奏楽器はドラム</b>で、<b>ドラムセットは右利き仕様</b>でを使っており、<b>千太郎自身は左利き</b>の為<b>ハイハットシンバルはオープンハンドスタイルで演奏</b>をしています。

川渕千太郎は薫と同じ高校に通うクラスメイト。後に親友となる彼は、大柄で豪快で型破りな性格をしています。面倒見がよく正義感が強いのですが粗野な一面があり学校内では札付きのワルと言われています。

律子とは幼馴染で、幼い頃はまるで天使の様と言われるほどの美貌でしたが、日本人とアメリカ人のハーフで母親は千太郎を叔父夫婦に預けて行方をくらましており、外見のコンプレックス心に深い傷を持っていました。

演奏楽器はドラムで、ドラムセットは右利き仕様でを使っており、千太郎自身は左利きの為ハイハットシンバルはオープンハンドスタイルで演奏をしています。

迎律子 「りっちゃん/律子」

<b>迎律子</b>は<b>千太郎の幼馴染</b>で薫達の<b>クラスの学級委員</b>。JAZZメンバーのコントラバスの<b>迎努の娘</b>で、<b>ムカイレコード店</b>の<b>店舗の地下にスタジオが有る</b>事から父がスタジオに入っている時間はいつも<b>店番をしながら薫達の演奏を聞いています</b>。<br><br><b>明るくて優しい性格</b>から人と距離を取ろうとする薫を何かと気に掛けたり、札付きのワルと言われる千太郎をことあるごとに窘めるなど<b>面倒見がいい一面</b>もあり、薫をムカイレコードに連れていきスタジオでドラムの練習をしている千太郎と引き合わせたのも律子です。<br><br>演奏楽器はありませんが、学園祭の為に薫達の演奏で<b>MyFavoriteThings</b>を歌う為に練習しており<b>潜在的な音楽センスはある</b>ようです。

迎律子千太郎の幼馴染で薫達のクラスの学級委員。JAZZメンバーのコントラバスの迎努の娘で、ムカイレコード店店舗の地下にスタジオが有る事から父がスタジオに入っている時間はいつも店番をしながら薫達の演奏を聞いています

明るくて優しい性格から人と距離を取ろうとする薫を何かと気に掛けたり、札付きのワルと言われる千太郎をことあるごとに窘めるなど面倒見がいい一面もあり、薫をムカイレコードに連れていきスタジオでドラムの練習をしている千太郎と引き合わせたのも律子です。

演奏楽器はありませんが、学園祭の為に薫達の演奏でMyFavoriteThingsを歌う為に練習しており潜在的な音楽センスはあるようです。

桂木淳一「淳兄」

<b>桂木淳一</b>は律子の家の隣人で、<b>律子と千太郎にとっては幼馴染であり年上の兄のような存在</b>。親の反対を押し切って東京の大学へ進学しますが、<b>学生運動へ巻き込まれ学校を退学</b>します。その為、実家からは勘当され<b>佐世保に戻ってからは一人暮らし</b>をしています。<br><br>演奏楽器は<b>三本ピストン・トランペット</b>で<b>歌も歌う事が出来ます</b>。 <b>米軍兵の出入りするJAZZバー</b>は歌声を披露しており、薫たちから観ておとなな一面が作中でも伺えます。

桂木淳一は律子の家の隣人で、律子と千太郎にとっては幼馴染であり年上の兄のような存在。親の反対を押し切って東京の大学へ進学しますが、学生運動へ巻き込まれ学校を退学します。その為、実家からは勘当され佐世保に戻ってからは一人暮らしをしています。

演奏楽器は三本ピストン・トランペット歌も歌う事が出来ます米軍兵の出入りするJAZZバーは歌声を披露しており、薫たちから観ておとなな一面が作中でも伺えます。

深堀百合香

<b>深堀百合香</b>は佐世保東高校の2年生で<b>薫たちの先輩</b>です。<b>美術部</b>に所属しており、何処か<b>ミステリアスな雰囲気の美少女</b>ですが、外見に似合わず<b>性格は活発で好奇心が強く</b>、百合子自身は外見からの印象で<b>おしとやかで女らしいマドンナ的な存在というイメージを勝手に持たれることを嫌がる</b>思いを持っています。<br><br><b>周囲の持っている自分の印象に合わせて自身を抑え込んでしまう癖</b>があり、百合香自身はその殻を破って<b>早く大人になりたいと心のどこかで望んでいます</b>。不良に絡まれているところを千太郎たちに助けられ、物語に深くかかわっていくようになります。

深堀百合香は佐世保東高校の2年生で薫たちの先輩です。美術部に所属しており、何処かミステリアスな雰囲気の美少女ですが、外見に似合わず性格は活発で好奇心が強く、百合子自身は外見からの印象でおしとやかで女らしいマドンナ的な存在というイメージを勝手に持たれることを嫌がる思いを持っています。

周囲の持っている自分の印象に合わせて自身を抑え込んでしまう癖があり、百合香自身はその殻を破って早く大人になりたいと心のどこかで望んでいます。不良に絡まれているところを千太郎たちに助けられ、物語に深くかかわっていくようになります。

「坂道のアポロン」はアニメ版ではジャズシーンを完全再現!

坂道のアポロンの物語に主軸になっているのは何と言ってもJAZZです。アニメではそのJAZZの演奏シーンは原作を完全再現されており、そのこだわりは国内だけでなく海外でも高く評価されているほどです。

演奏の表現にとてもこだわって作られており、実際の演奏を10台以上のカメラで角度を変えて撮影して編集、それに合わせて手書きの作画が書かれています

作中の登場人物たちの心理描写もそこには入っていて、薫が初セッション時には硬く、おどおどとした感じの演奏やジャズバーでのライブで緊張している千太郎など、演奏時の演技指導も細かく指導されており、より音とアニメーションを密接に結びつけられた演奏シーンを再現しています。

(動画は坂道のアポロン内でメインテーマのように演奏されているアートブレイキーのモーニンです)

少し細かい解説をすると例えば千太郎がドラムを演奏している時の叩き方、ハイハットシンバルを叩いた時のシンバルの揺れ方や足のペダルのみで細かい高い音を出している時のアップの映像時のシンバルの振動、タムやスネアを叩いた時のドラムや金具の揺れ、そしてもちろん音の強弱や演法によるスティックの跳ね返り方。それらが本当に実際に演奏をしている時の動きで再現がされています。

ピアノでは鍵盤の戻りタイミングはピアノによって描き分けられていますし、鍵盤を弾く指の運指もきちんと正しく描かれていますコントラバスでは弦の抑える部分は勿論、弦を弾いた後の弦の揺れや弾いている指、本体の揺れまで細かく表現がされています

本当に楽器を知り尽くしているプロが監修しこだわりにこだわり抜いて制作されたアニメだという事が良く解ります。

豪華スタッフで収録されたアニメ劇伴は必聴!

JAZZ演奏でとても評価の高い坂道のアポロンの音楽監修を務めたのはマクロスプラスや攻殻機動隊シリーズ、カウボーイ・ビバップを手掛けた<b>菅野よう子</b>で、菅野はインタビューでJ<b>AZZはよく判らないのでジャズの歴史や素晴らしさを伝えるのではなく、人間を描いた作品</b>と答えています。<br><br>また、演奏時のモデルになったのは<b>薫役が松永貴志</b>、<b>千太郎役が石若駿</b>と若手の<b>実力派の二人</b>を起用しており、<b>ジャズと言えば苦みと夜、という菅野のイメージを覆しポップでいてまさに青春な演奏</b>をしています。<br><br>他の演奏家では、<b>コントラバスのウッドベースに鳥越啓介</b>、<b>トランペットに類家心平</b>がそれぞれ参加しており、こちらは中堅であり<b>熟練な大人のジャズの雰囲気を纏った演奏</b>を行っています。

JAZZ演奏でとても評価の高い坂道のアポロンの音楽監修を務めたのはマクロスプラスや攻殻機動隊シリーズ、カウボーイ・ビバップを手掛けた菅野よう子で、菅野はインタビューでJAZZはよく判らないのでジャズの歴史や素晴らしさを伝えるのではなく、人間を描いた作品と答えています。

また、演奏時のモデルになったのは薫役が松永貴志千太郎役が石若駿と若手の実力派の二人を起用しており、ジャズと言えば苦みと夜、という菅野のイメージを覆しポップでいてまさに青春な演奏をしています。

他の演奏家では、コントラバスのウッドベースに鳥越啓介トランペットに類家心平がそれぞれ参加しており、こちらは中堅であり熟練な大人のジャズの雰囲気を纏った演奏を行っています。

坂道のアポロンが実写化!気になるスタッフは?

2018年に放映を予定されている実写映画、坂道のアポロンが先日クランクインし撮影が開始されました。監督を務めるのは青春映画の名手として知られておりソラニン、アオハライドを手掛けた三木孝治(みきたかひろ)、脚本に同じくソラニンで脚本を務めた高橋泉がおよそ8年ぶりにタッグを組みます。

気になる出演者は主要メンバーが若手の俳優で占められており、主人公の西見薫役にHey!Say!JAMPの知念侑季川渕千太郎役に中川大志迎律子役に小松菜奈をそれぞれ起用しており特に知念と中川はジャズの演奏練習に必死に取り組んでいるのだとか。映画では二人の演奏も見どころとなっています。

自身も小学生の頃からドラムを習っていたという中川は千太郎の役作りで今回初めてジャズに触れたそうで、仕事の合間を縫って、ドラムセットに向かう毎日でしたが、本当に魅力的な音楽で、練習が楽しくて仕方ありませんでした。僕自身ジャズに魅了されてます。と自身のブログで語っており、今回の映画への意気込みを力強く語っています。

一方、主演の薫役の知念ジャズは絶賛練習中です。ジャズを楽しみながら撮影していきたいと思います。とTwitterで語っており、二人の主演俳優の映画への意気込みが強く感じられます。

また律子役の小松は、慣れない方言に引っ張られないように感じた事を大切にしたい、迎律子ちゃんという素朴で純粋な1人の女の子を丁寧に演じられたらと思います。と語っておりこちらも映画に対する意気込みを語っています。

坂道のアポロンで青春の輝きを・・・

<b>ここまで読んでいただきありがとうございます。</b>今回は<b>2018年に実写映画が放映される坂道</b>のアポロンについて紹介させていただきました。<br><br><b>原作、アニメを見て感じた事</b>は登場人物がどちらもキラキラと輝いていて、<b>青春と言われる子供と大人の狭間で生きているのを感じる事が出来る作品</b>だなという事と、実はこの登場人物は青春作品と言うには<b>大きな成長をしないところがとてもリアル</b>に感じ<b>登場人物に急な変化と言う無理をさせない部分がいいなと感じています</b>。<br><br>青春作品と言うのは共感やその時の気持ちの懐かしさを描いたものが多いのですが、坂道のアポロンはそれだけではな<b>く登場人物たちと同年代の青春中の人</b>は勿論、<b>ジャズ好き</b>や<b>アニメ好き</b>、そして<b>青春時代を過ぎた大人</b>までと幅広い層に読んで観ていただきたい作品です。

ここまで読んでいただきありがとうございます。今回は2018年に実写映画が放映される坂道のアポロンについて紹介させていただきました。

原作、アニメを見て感じた事は登場人物がどちらもキラキラと輝いていて、青春と言われる子供と大人の狭間で生きているのを感じる事が出来る作品だなという事と、実はこの登場人物は青春作品と言うには大きな成長をしないところがとてもリアルに感じ登場人物に急な変化と言う無理をさせない部分がいいなと感じています

青春作品と言うのは共感やその時の気持ちの懐かしさを描いたものが多いのですが、坂道のアポロンはそれだけではなく登場人物たちと同年代の青春中の人は勿論、ジャズ好きアニメ好き、そして青春時代を過ぎた大人までと幅広い層に読んで観ていただきたい作品です。

小玉 ユキ 小学館 売り上げランキング: 30,345
TVサントラ ERJ (2012-04-25)売り上げランキング: 4,709
東宝 (2012-07-27)売り上げランキング: 53,019

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1002419
1
Fessan white 上に戻る