2017.05.15.Mon. 6ヶ月前 miki

田中麗奈は結婚して更に美人になった説!結婚相手はどんな人?

田中麗奈さんは、1998年にサントリーのジュースなっちゃんのCMの初代キャラクターをつとめて、人気が出ましたね! さわやかな印象の少女という感じで、好印象だったのを覚えています。そんな田中麗奈さんも、今や結婚してお医者様の奥さんになりました。ここでは、そんな田中麗菜さんについて紹介していきます!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

田中麗奈さんが結婚を発表!

田中麗奈さんは、90年代後半から人気を得た女優で、特にサントリーのジュースなっちゃんのCMでのさわやかな印象は、多くの人達を魅了しましたね。

そんな田中麗奈さんは美人ですが、やや個性的な顔立ちから、好みはハッキリと別れる個性派女優であります。好きな人は好きだけど、そうでもない人はそうでもないという、評価がこれだけハッキリわかれる女優も珍しいかもしれません。

そんな田中麗奈さんも、芸能歴二十数年の今となって、ついに結婚を発表されました! もっと早く結婚していてもおかしくないようなキャラクターだと思いましたが、意外と結婚は遅かったですね! ここでは、そんな田中麗奈さんを祝福しつつ、どのような結婚相手とご結婚されたのか等、ご紹介していきたいとおもいます。

田中麗奈さんは、なんとお医者様とご結婚されたようです! 一部開業医という噂もありますが、どうやら都内の病院に勤めている40歳のお医者様という説の方が有力そうです。しかも、そのお医者様は副医院長のようで、イケメン細マッチョのようだと言われています。

しかし、あまりにも憶測や誰か想像での情報が多く、詳細がつかめないのが残念ですね。お医者様とはいえ田中麗奈さんに比べれば一般人なので、その詳細を掴むのは難しいかもしれません。しかし、その内デート写真などが撮られて、大々的に公表されることもあるかもしれませんね。

気になる収入ですが、いくら都内の勤務医だからといっても、人気女優である田中麗菜さんの方が上であるという予想の方が多いですね。それでも、40代のお医者様なので、一般人の中では最高レベルに稼いでいらっしゃる方だと思います。

田中麗奈さんの男性遍歴は圧巻で、最初に噂になったのは、大人気ロックバンドのラルクアンシエルのギタリストのKenさんでした。2005年に週刊誌にスクープされ、田中麗奈さんが交際を認めたことにより発覚しました。しかし、Kenさんとの交際は約半年で終了。長くは続きませんでした。

次に噂になった彼氏は、ワイルド系俳優の佐藤祐基さん。こちらも、2010年に週刊誌にスクープされて発覚したようです。順調に交際を続け、仲の良い所も目撃されていましたが、2012年初頭には別れていたようです。忙しすぎて会えなかったのが原因…?

3人目は、俳優の高橋一生さん。これまでの男性と違い、優しい感じの男性でしたが、踏み切れるものがなかったらしく破局。最後に行きついたのが、ここで紹介させていただいたお医者様だったようです。

田中麗奈さんは、どちらかというと個性派女優であり、そのルックスに関しては賛否両論ある女優だと思います。そのため、好きな人は好きだけど、そうでもない人はそうでもないと、ハッキリ好みがわかれる顔立ちです。

しかし、この画像の田中麗奈さんはどうでしょう? 誰から見てもかわいいとか、綺麗だと思われる感じではありませんか? こちらは、田中麗奈さんがハワイで挙式をあげた時に撮影した画像。

美容には徹底して気をつけているという田中麗奈さんですが、特にこの時は美容に気をつかったようで、その美しさが際立っていますね! 結婚してから綺麗になる女性もいますが、もしかしたら田中麗奈さんもその典型例かもしれません!

田中麗奈さんにお子さんは?

今の所、田中麗奈さんに妊娠や出産の疑惑はなさそうです。結婚後も映画・ドラマに出演している所をみると、女優もやめるつもりはなさそうなので、まだまだ活躍をみれそうですね! 田中麗奈さんの感じなら、もしお子さんができても女優は続けていきそうです!

田中麗奈さんの今後の活躍が気になる!

今年は、映画『幼な子われらに生まれ』の公開が待たれている田中麗奈さん。ご結婚してから、少し仕事のペースは落ちている気がしますが、それもご家庭を大事に思う気持ちからでしょう! 今後とも、田中麗奈さんの女優業での活躍を期待したいです!

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1002500
1
Fessan white 上に戻る