2017.07.17.Mon. 1ヶ月前 mash.まろ

【ゆゆゆ】結城友奈は勇者である名言・名シーンTOP10!なせば大抵なんとかなる!

みなさんアニメ観てますか?今回ご紹介するのは結城友奈は勇者であるです。こちらは10月にも2期が放送されるので、1期の内容を分かりやすくお伝えしようと思います。素晴らしい作品なので、参考にしていただければ幸いです!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

結城友奈は勇者である!可愛い見た目と裏腹に!

本格バトルアニメ!

『結城友奈は勇者である』は、Studio五組制作のアニメです。タイトルが長いので『結城で、ゆ、友奈で、ゆ、勇者で、ゆ』略して『ゆゆゆ』と呼ばれ、親しまれています。アニメ第1期は2014年10月から12月まで放送されていました。また、第2期は今年2017年10月からの放送予定です。待ち遠しいです!

ジャンルは、変身ヒロイン、戦闘美少女、新日常系となっています。歴史のあるものでいうとセーラームーン、最近だとちびっ子に親しまれるプリキュアといったところです。いつもと同じような日常を送っているように見えて、実は過酷な状況や運命が潜んでいる作品になります。

ゆゆゆ、五個条!

今作には、勇者部五個条というものが存在します。ファンの方は知っていると思いますが、作品を観るにあたり基本となるようなものになります!なので、ご紹介いたします。今作にはバーテックスという敵がいて、友奈たち勇者部はその敵と闘うのです。厳しい闘いを乗り越えるために五個条があるのです。

『一、挨拶はきちんと』 これはみんな共通で当たり前ですね。
『一、なるべく諦めない』 諦めも肝心と言うが、諦めないにこしたことはないですね。
『一、よく寝て、よく食べる』 実に中学生らしい。成長期ですからね~。
『一、悩んだら相談!』 ほうれん草は大事です。
『一、なせば大抵なんとかなる』 タイトルにもある通り、実にかっこいい言葉です・・・。

【ゆゆゆ】名言・名シーン第10位 『樹海化警報』

突然のアラームで・・・

ゆるりとした日常の中で、勇者部はほのぼのとした部活動をしていました。そんなある日の授業中に、突然スマホからアラームが鳴りだします。画面には『樹海化警報』と出ているのです。そして、勇者部のメンバー以外の人たちは時間が止まってしまい、停止しているのです。

世にも不思議な現象が突如として起こるのですが、勇者部部長である犬吠埼風(いぬぼうざきふう)は、このことを知っているようなのです・・・。風は一体何を知っていて何者なのか?辺りは、樹海化して目の前に広がるのは神樹様によって作られた結界なのです。

闘う相手は12体の敵!

樹海の中で、みんなは風から説明を聞きます。ここは神樹様によって作られた結界で、目の前にいる怪物はバーテックスであること。バーテックスは12体いて、全部倒さなきゃならないということ・・・。バーテックスを倒し損ねると、バーテックスは神樹様を壊しに行ってしまうのだとか・・・。神樹様の破壊は世界の終りらしいのです。

みんなのスマホには勇者部設立の際に、ダウンロードしたアプリが入っているのですが、それは特別なもので変身するためのようなものなのです。戦い方が記されているページがあったりなど勇者にとって大切なことが詰まっているという訳です。これをダウンロードするように言ったのが、部長の風なのです。

【ゆゆゆ】名言・名シーン第9位 『嫌なんだ。誰かが傷つくこと、辛い思いをすること。』

私が頑張る!

主人公は主にタイトルの通り、結城友奈(ゆうきゆうな)です。彼女は本当にポジティブで、まさに元気の象徴なのです。親友は、同じクラスの東郷美森(とうごうみもり)で、彼女も勇者部に所属しています。美森は、足が悪くいつも車椅子に乗っています。

説明を聞いたうえで、友奈は美森の傍にいるのですが、早速ピンチに陥ります。風と妹の犬吠埼樹(いぬぼうざきいつき)は、バーテックスと闘っているのですが痛手を負ってしまうのです。それを見ていた友奈は、自分も闘うことを決意し「嫌なんだ。誰かが傷つくこと、辛い思いをすること。みんながそんな思いをするくらいなら、私が頑張る!」と、変身し闘うのです。

変身後の変わりようにキュン・・・

友奈は普段髪は長くないですが、変身すると髪の長さも増して、色はピンク色となるのです!そして、戦闘スタイルは体術が基本となるので、コスチュームはスパッツに髪と同じ色を基調としています。この姿を見た時は、可愛すぎてキュンとしてしまいました。

いつもどんな時も、明るく振る舞う友奈ですが誰よりも責任感が強く、こう見えて色々と考えているのです。友達を第一に考えるからこそ、強くなれるんですね。最も勇者としての適正値が高いと言われています。友奈の精霊は牛鬼(ぎゅうき)と言います。この牛鬼は、勇者キックの発動に関与しています。
こちらの記事もオススメ!

【ゆゆゆ】名言・名シーン第8位 『やめろー!』

一番驚くかも!?

こちらが友奈の親友の美森です。物凄くスタイルがいいのが、パッと見でお分かりかと思います。この豊満なバストは、風に「メガロポリスな感じ」と言われています・・・!そして、美森ははっきりとした性格ですが、臆病なところがあります。風から、色々と説明を受けた時も、メンバーの中では一番最後に変身しました。それは、二度目にバーテックスが現れた時です。

二度目にして今回は、3体同時に現れたバーテックス。前回より遥かに強いのです。連携プレーをかましてくるバーテックスに、みんな手こずります・・・。そんな時、美森の目の前で友奈が集中攻撃を受けるのです。美森はそれを見て、決意します。「やめろー!友奈ちゃんを、いじめないでー!」彼女は開花しました。

冷静なスナイパー!

変身した美森は、まるでおとぎ話に出てくる乙姫のような姿となります。ロング丈の勇者服で、両足は悪いままなので背中から出ているリボンのようなものが、体を支える役目担う、画期的な勇者服です。髪はいつもは結んでいますが、この時はさらさらの髪をなびかせ、闘っています。

美森は銃を扱うのですが、短銃、散弾銃、狙撃銃の3種を使い分けています。主に遠距離攻撃を請け負っているのですが、腕前はかなりのものでしょう。高速で動き回るバーテックスのコアを破壊するほどの腕前なのです。また、精霊が3体もいます。この3体は短銃、散弾銃、狙撃銃に関与しています。惚れ惚れするほどかっこいいです!
こちらの記事もオススメ!

【ゆゆゆ】名言・名シーン第7位 『そんな目くらまし、気配で見えてんのよ!』

諸行無常!

ある日、またしても樹海化してしまい、勇者部は任務へと。すると、目の前のバーテックスが何かに撃たれてバランスを崩したのです。勇者部のメンバーは美森以外、美森による狙撃なのだと思うのですが、美森は「違う・・・」と言います。その攻撃は遠くからのものでした。

現れたのは、みんなと同い年くらいの少女です!いきなり現れ、バーテックスをたった一人で圧倒しています。そんな時にバーテックスの反撃に合うのですが、彼女は「そんな目くらまし、気配で見えてんのよ!」と言って、あっという間に倒してしまうのです・・・。登場の仕方がカリスマ的な少女です。

にぼしが好物なの?

彼女の正体は一体何者なのでしょうか。彼女の名前は三好夏凛(みよしかりん)。友奈と美森の同級生として、転校してきます。勇者部の部長である風は、神樹の勇者の素質の高いものを集めるという使命を持っています。ですが、夏凛は長年戦闘訓練を行ってきた正式な勇者なのです!

剣士としての腕前は確かなもので、よく一人で訓練をしています。また、健康オタクでいつもにぼしを食べている、女子中学生なのです。恐らく、学校に通うには初めてなようで、勇者部のみんなに対しても、先輩にあたる風に対しても生意気な態度を取っています。が、素直じゃないだけなのです。

【ゆゆゆ】名言・名シーン第6位 『世界を救う勇者だって言ってんのに・・・馬鹿ね。』

不器用なんだよね?

夏凛が転校してきたのは、勇者部を監視するためらしいのですが、それなら勇者部に入っちゃえよということで形式上の入部をします。そして、夏凛の初めての校外活動の日がやってくるのですが、なんだかんだ楽しみにしています。誰よりも先に到着するのですが、誰も来ません。配布されたプリントを見るとなんと、現地集合・・・。

そこで、夏凛は自分は何をやっているんだと、我に返ってしまうのです。それは、友達付き合いなんかいらないという選択です・・・。夏凛は、校外活動へ参加することなくいつも通りのつまらない、一人きりを堪能します。

お節介に救われる?

その夜の事です。自宅でランニングマシーンをしていた夏凛なのですが、しつこいチャイムの音で驚きます。玄関を開けると、勇者部のみんなが居るではありませんか。いつものように、不愛想に対応するのですがみんなは夏凛を心配して、やって来たそうなのです。

夏凛の殺風景な部屋へと上がると友奈がケーキを出して、「夏凛ちゃん誕生日おめでとう!」と言って微笑みます。この日は、夏凛の誕生日だったのです。誕生日会をしたことで、みんなとの距離が縮まった夏凛は就寝時に、嬉しさを噛み締めます。「世界を救う勇者だって言ってんのに・・・馬鹿ね。」。視聴者側にしか見られない一面ですね!

【ゆゆゆ】名言・名シーン第5位 『どんな理由でも頑張れるなら。』

樹の成長!

樹の学年は歌のテストが迫ってきています。人の前に立って人に見られているという状況に、どうしても拒絶反応を起こしてしまい練習でも上手く歌えない樹・・・。得意の占いをしてみても、死神のフォーカード・・・。絶望的だと言わんばかりの落ち込みように、勇者部が立ち上がるのです。

ある時はカラオケに行って歌の練習を。またある時には夏凛からサプリを勧められ。そんな時に樹の姉である風の元へ一通のメールが届くのです。内容は「最悪の状況に想定せよ」というものだったのです。風は正直怖いのですが、それを悟られぬように接しています。

隣を一緒に歩いて行ける私だったら・・・

樹はいままで「お姉ちゃんが居ればなんだって出来る。でも自分一人では・・・」と思っていたのです。ですが、風が勇者部の事を一人で抱え込んでいることを知って、強くなろうと思います!「もし私がお姉ちゃんの後ろに隠れている私じゃなくて、隣を一緒に歩いていける私だったら・・・」と。

そのことを樹は風に話します。すると風は「何だっていいよ。そんな理由でもそれを頑張れるならさ。」と言います。その言葉に感銘を受けた樹は、やはり自分も色んな意味で強くなければと考えるのです・・・。二人には既に両親はいませんが二人が抱える過去とは一体何のか?

【ゆゆゆ】名言・名シーン第4位 『バーテックス総攻撃』

これは規格外!

ある日訪れる、終幕の時。バーテックスが一気に7体攻め込んで来ました。これには勇者部一同もびっくりですが、この7体で全てが終わります。勇者部は円陣を組んで気合を注入するのです。そしていざ決戦へと・・・。最初はこちらの攻撃も有効打を与え、何体か封印できたのですが突如合体し始めるのです。

バーテックスが合体し、痛手を負わされていく勇者部たちなのですが、そこへ更に、合体したバーテックスが風に水の球をぶつけます。風は水の球の中に閉じ込められてしまい、苦しくてもがくのです。もう駄目かと思われた時!ピンチに陥りながらも、眼下に見える仲間たちを見て『満開』を果たします!

風を皮切に!

『満開』とは、勇者のパワーをため込んだものを開放することのようなのですが、風はトップバッターで満開をしたのですね。さすが、部長です!そして、美森が満開し、射撃の威力や腕が上がりました。次に満開するのは樹です。あんなに自信ない子だったのに、いつのまにか強くなっているのです。

なんとか、3人の力で御霊(みたま)と呼ばれるコアのようなものを出すのですが、それは今までの御霊とは明らかに違うのです。地球の外側に位置していて、かなりのビッグサイズです。こんなの無理と誰もが思う中で友奈は、「大丈夫。今までと同じようにすればいいんだよ。どんなに敵が大きくたって、諦めるもんか!勇者ってそういうもんだよね。」なんて、言っちゃうのです・・・。本当に士気を下げない子です。

【ゆゆゆ】名言・名シーン第3位 『なるべーく、諦めなーい!』

終幕のお時間!

御霊は宇宙空間にあるので、友奈は満開状態の美森に宇宙まで連れて行ってもらうのです。そして、御霊が目の前に現れた時、御霊は予想外の動きをします!いままでは攻撃してこなかった御霊が、友奈と美森を狙って攻撃を仕掛けてきました。地球には落としてはまずいと考えた美森は全てを迎撃するのです・・・。プロのスナイパー顔負けですよね。

迎撃した後は、力が無くなり落ちていく美森。その中で御霊に向かおうとする友奈が、次は満開します!友奈の満開時は、両腕が大きくて、ハンマーのようです。最後の力を振り絞り友奈がコアを破壊できるように、美森は一発、援護するのです。そして勇者パンチをお見舞いするのですが・・・。

勇気在りすぎの友奈!

勇者パンチをお見舞いしたにもかかわらず、すぐに回復してしまう御霊・・・。絶体絶命と思われるのですが、ピンチこそ友奈には最大のエネルギー!役目を全うすべく最後の力を振り絞るのです!「なるべーく、諦めない!」と渾身のパンチを何発も打ち込み、「なーせばー、たーいてーい、なんとかなーる!」と祖止めの一撃を打ち込みます。

そして、御霊は完全に塵となり消えるのです。力を使い果たした友奈は落下しながら、満開の力が切れていき、目を閉じます。落ちた先には美森が大きな朝顔を作り、友奈を待っていました。美森ももう力はない中での渾身の朝顔です。そして、二人は朝顔に包まれて隕石のように勢いよく地球へと落下していくのです・・・。
こちらの記事もオススメ!

【ゆゆゆ】名言・名シーン第2位 『満開すると散華する』

残酷なことに・・・

ある日の戦いの後、いつもなら学校の屋上に戻してもらえるのですが、友奈と美森だけが居ないのです。実は別の場所へと呼ばれていました。呼んだ相手はベッドに横たわり体の自由が利かない少女でした。見た目も包帯でぐるぐる巻きなのです・・・。その少女は勇者部の先輩にあたる存在。すなわち前勇者だったのです。

異様な光景に驚く二人なのですが、その少女から説明を受けます。上でも説明した通り、開花と言うものがあるのですが、その開花後、みんなはそれぞれ失ったものがあったのです。風は、左目の視力。美森は、左耳の聴力。樹は、声。友奈は、味覚。いずれ回復すると言われていたのですが、実はこれは一生回復しないのだという事実を知ることになります・・・。

世界を救うか、友や家族を守るか・・・

そんなことを知って誰も動揺しないわけがありません。風はある時鳴っている電話を取ります。その電話は樹が歌のオーディション第一次を通過したというものでした。知らなかった風は樹の部屋に入り、色々と見つけてしまうのです。声が出せるようになるためにはと書かれた本や、パソコンにあったボイス・・・。

久しぶりに聞いた樹の声は、オーディションに出したものでした。樹の動機志望が流れ、樹の歌声が流れてきます。それを聞いた風は、なんてことをしてしまったんだと思い号泣し怒り狂うのです。自分が勇者部に樹を入れたから、樹は一生声が出なくなってしまったのだと自分を責め続け、大社を壊そうと向かいます・・・。

【ゆゆゆ】名言・名シーン第1位 『友奈の泣き顔見たくないから・・・。』

せっかく出会えたのに・・・

風を鎮めたのは友奈でした。友奈は満開まであとひとつというところまで、風に力と心でぶつかっていったのです。ですが、〖特別警戒警報〗と端末の画面に出てアラームが鳴りだすのです。実は美森は、風よりも強く勇者システムに嫌悪を抱いていて、反逆と取られるような事をしてしまいます。

普段生活している世界の壁の向こう側は、まさに地獄だということを知ってしまったからなのです・・・。バーテックスは12体なんかじゃなく、湧いて出てくるようなもので、本当の世界は地獄で、その中に壁を作り世界が出来た。それが、真実でした。戦いは終わらない。「それなら真珠様を殺す」。これが美森の出した答えなのです。

その覚悟は涙もの!

そんなことになってしまい、動揺してしまった友奈は変身できなくなってしまうのです。何度端末を触っても反応せず、とうとう友奈は泣き出してしまいます・・・。友奈が泣くなんて一大事です。明るくいつでも士気を高めていた友奈が、諦めてしまったら・・・。「私・・・友達失格だ」友奈は、自分を責めているのです。

それを見ていた夏凛は、「友奈、私もう大社の勇者として闘うのはやめるわ。これからは、勇者部の一員として闘う。・・・友奈の泣き顔見たくないから。」と言って、目の前にいる5体のバーテックスへと、たった一人で向かっていくのです。夏凛は、満開まであと一つ・・・。1体倒すごとに、戻っては満開を繰り返し5体を倒しました。夏凛は、友を守るために身を投げ打って闘い、五感のほとんどを失ったのです・・・。

こちらの記事もオススメ!

結構シビアな展開に絶句!

最終回は・・・

今回はあえて最終回には触れずに書かせていただきました。何よりも大事なクライマックスはやはり、ご自分の目で確かめていただきたいのです!勇ましくあろうとする彼女たちは、必死にもがき苦しみながら、それでも楽しもうと生きています。

これこそ大和撫子なのでは?と思いますね。みんなそれぞれの気持ちが、手に取るように分かりますよ。友だからこそ守りたいからこそ、間違っているとか正解とかじゃなく、自分の意志で動いてしまうのでしょう。10月から第2期が放送されるので、その前に是非どうぞ!
こちらの記事もオススメ!

結城友奈は勇者である-結城友奈の章-Blu-ray
PONY CANNYON Inc(JDS) = DVD = (2017-09-20)
売り上げランキング: 1,785
「結城友奈は勇者である -鷲尾須美の章-」オリジナルサウンドトラック
岡部啓一・MONACA
ポニーキャニオン (2017-07-05)
売り上げランキング: 1,253

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1003203
1
Fessan white 上に戻る