2017.07.24.Mon. 3ヶ月前 mash.まろ

銀魂「新訳紅桜編」ネタバレまとめ!ストーリーの違いはどこだった?

銀魂と言えば、2017年今現在話題ではないでしょうか。小栗旬(おぐりしゅん)さんが銀さんを演じる、実写映画が7月14日から公開されています。今回ご紹介していくのは、新訳紅桜編!ネタバレ含みますので、ご注意ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

【銀魂】実写公開にあたり、ストーリーおさらい!

SF 江戸物語!

『銀魂』(ぎんたま)は、空知英秋によるSF時代劇風ギャグ漫画です。ジャンルを総集しましたが、バトルもありなかなか内容が膨大な作品となっています!週刊少年ジャンプにて2004年から連載が続いています。

作者の空知さんは今作を『SF人情なんちゃって時代劇コメディ』と表現しています。主人公である坂田銀時は、万事屋(よろずや)を営み細々と暮らしていて、普段はやる気のない人物なのですが、決め所はビシッと決めるのです!そして、正体は何を隠そう攘夷(じょうい)戦争に参加していた『白夜叉』です!

白夜叉の戦闘技術!

銀さんは卑屈な性格の持ち主で、金に汚く図々しい一面があります。金さえもらえれば基本的に仕事を引き受けるのですが、実際は適当にこなしています。そして極度の甘党で、血糖値が上がりまくりの駄目な大人代表です。しかし、約束事には何よりも誠意を見せる姿は、やはり武士なのでしょうね。

銀さんは普段刀の代わりに木刀を持ち歩いているのですが、戦闘技術は木刀でもトップクラスなのです!優れた瞬発力とパワーで敵を圧倒し、あらゆる者を粉砕・両断することが出来ます。劇中でも、強敵と対峙することが多々ありますが、実力差など関係なく向かっていく真の漢です!
こちらの記事もオススメ!

【新訳紅桜編】原作との違い、銀さんの過去から遡る!

銀時・桂・高杉の関係性!

まずお話の構成なのですが、テレビアニメの方での物語は主に群像劇のようなものでした。しかし、映画では銀さん・桂(かつら)・高杉(たかすぎ)の関係性に触れていきます。三人が学んでいた学舎でのやり取りを見せているのです!『はじまりは同じだった』と音声が入り、『お前も覚えているか、コイツを』と桂の言葉で始まります。

これは三人がまだ幼少の頃の事なのですが、銀さんは身の回りに肉親と呼べる者がいなく、埋葬されずに放置されている死体から持ち物を取っては、さみしく一人で暮らしていたのです・・・。ある時ある人物に拾われて、寺子屋へ。そこで桂と高杉と共に過ごしたのでした。

松陽の救出へ!

三人は寺子屋で、松陽という人物に教えを受けて育ちます。三人にとっては先生であり父親のような存在です。ある時、寛政の大国の折、幕府によって捕らえられてしまった松陽を救出するべく三人は攘夷戦争に参加するのです。

この戦いで、銀さんは白夜叉として恐れられることとなったのですが、戦争が幕を閉じ今度は攘夷士狩りが行われ始めます。そして様々な経緯を辿り、銀さんは万事屋を営む事になるのです。後に、今作に欠かせない新八(しんぱち)と神楽(かぐら)と定春(さだはる)・犬が加わり三人と一頭体制となりました。

【新訳紅桜編】原作との違い、プロローグとエピローグ!

劇場版銀魂外伝 真選組血風録!

劇場版である新訳紅桜編では、お話の前後にプロローグとエピローグが挿入されていました。ここでは、いつものどたばたなギャグが盛り込まれています!エピローグの方では、『劇場版銀魂外伝 真選組血風録』という嘘の予告が流れたりとやってくれています!

また、真選組・さっちゃん・お妙(おたえ)さん・九ちゃん・東城さん・キャプテンカツーラ・坂本さんなどといったキャラクターたちが勢揃いし、賑やかなものとなっています。プロローグとエピローグがついたことで、『新訳紅桜編』というより『銀魂の映画』といった具合に締まっています。

【新訳紅桜編】原作との違い、主題歌や表現法!

主題歌は銀魂といえばやはり!

画像は新訳紅桜編の劇中でもかかっていた、サウンドトラックです。そして、銀魂の主題歌といえばDOES(ドーズ)。ロックバンドグループで、銀魂の主題歌を三つ受けたことで、有名になりました。アニメの紅桜編では『修羅』がEDで流れていて、新訳紅桜編では『バクチ・ダンサー』を歌っています!

この新訳紅桜編ですが、興行収入はなんと10.7億円!初動の段階では、あのサマーウォーズを超えるほどの圧倒的支持でした。更には途中で拡大館66が決定し、大変人気の作品となりました。

劇場に合わせて!

新訳紅桜編では、アニメの映像も使われているのですが、背景面を新たに書き下ろしたりされています。例えば、テレビで見るのには真夜中の描写が見やすかったものでも、劇場版ではコントラストを落とし、人物を暗くしたりなどという工夫もされているのです!

また、人物の色をより鮮明に直したり、血にぼやけたエフェクトを入れたり、刀などにうっすらと影を忍ばせるなどといった細かい部分にまで手が加えられています。今作に懸ける思いが強いことを現しているかのようですね。

【新訳紅桜編】真選組が「新訳」たるゆえん?

劇場版オリジナル!

ある夜の事です。橋の上で決闘を申し込まれた桂は、決闘に負け鮮血の中に倒れるのです・・・。そんな被害が相次ぐかぶき町では辻斬りと呼ばれています。そしてある日エリザべスが万事屋へやってくるのです。そして、桂の捜索と辻斬りに関して調べてほしいと頼まれる銀さん。

しかし既に依頼されている件があったため、エリザベスの依頼は神楽と新八に任せ、銀さんは一人、村田鉄也(むらたてつや)・村田兄妹のもとへと行くのです。彼らからの依頼は『盗まれた名刀・紅桜を取り返してほしい』ということなのですが・・・。

二つの依頼が絡み合う・・・

それぞれが依頼を遂行するために動くのですが、二つの依頼が複雑に絡み合っていて、探すものは同じ場所にあるのです。たどり着いた先には、辻斬りがいました。そこからバトルになるわけですが、名刀・紅桜は妖刀とも言われていて、とても危険な代物なのです。戦いには真選組が混ざり、共に鬼兵隊を倒そうと動きます。

紅桜は対戦艦用機械機動兵器(たいせんかんようからくりきどうへいき)で、それを鬼兵隊が利用し江戸にクーデターを起こそうと企んでいることを知るのです。紅桜は脈打つ生きているような刀なのですが、実は人工知能があり、白夜叉だった銀さんの血を吸うことで更に強くなるのだとか・・・。

【新訳紅桜編】神威が出たのは次回作の示唆?

真選組動乱編!

新訳紅桜編では、鬼兵隊の戦艦がやってきます。その戦艦の中で激しいバトルが繰り広げられるのですが、なんとそこには高杉と高杉派の者たちが・・・。そして、死んだと思っていた桂も生きていて、桂派もやってきます。戦艦が壊れてしまうと思うほど激しいものでした。

また、劇中で神威が写るのですがこれは次回作の示唆なのでは?という声もあります。私は、この新訳紅桜編は『真選組動乱編』を合わせたものなのでは?と思うのです!真選組も出ているということと、真選組動乱編では真選組内部の人間が裏切り、鬼兵隊側につく場面もあります。

春雨と幕府の密約も・・・

そして、真選組動乱編では土方(ひじかた)が種類は違うのですが妖刀を持っているのです。新訳紅桜編では紅桜と掛けているのでは?とも思いました。しかし、何よりも神威ですね。宇宙海賊である『春雨』との密約もある、真選組動乱編。春雨が出てきている以上は神威も関係ないとは言えないはずですよね!

次回作へとつづくモノローグ的なものだったのか、あるいは映画を盛り上げるための演出に過ぎないのかは、制作者にしかわからないですが、予想立てて観るとより一層、楽しめる作品となっています。神威と神楽の仲も少しづつ明かされていきますね。
こちらの記事もオススメ!

【新訳紅桜編】観た感想!

3回も観てしまった・・・

初めて観たのは、私が中学生の時だったと思います。その当時はあまり銀魂の構想を知らずに、名前だけを知っている程度の無知な私。たまたま、新訳紅桜編を借りて観たのですが、真面目な物語進行にまず驚きました。

そして、無知な私でも、先ほど説明したプロローグがあったことで銀さん・桂・高杉には何かあるのだと予測を立てることが出来ました。それが、より興奮を高める材料になったのです。高杉と銀さんが出会うだけで、どこかドキドキしている自分が居たのです!

銀さんの剣さばきに感服!

そして、銀さんが武士なのだと実感する時が来ます。普段は死んだ魚のような目をしている銀さんが、異様な雰囲気を出しています・・・。それだけで、鳥肌ものだったのですが、銀さんは勝ち目のなさそうな相手にも臆せずに向かっていくではありませんか!

もう・・・涙が止まりませんでした。能ある鷹は爪隠すと言いますが、まさにそれでした。傷を負いながらも諦めない眼差しはそれだけで、勝っている。最後は高杉に逃げられてしまうのですが、銀さんは今の平凡な毎日が大好きなのだと感じました。

【新訳紅桜編】次回作は?

劇場版 銀魂 完結編!

銀魂の映画としては2作目で、完結編になる『劇場版 銀魂 完結編 万事屋よ永遠なれ』が2013年に公開されています。画像を見ると何かに気づきませんか?新八と神楽が大人になっています!そして、あれ?銀さんは何故いないのでしょうか。

これを機に銀魂は終わってしまうのだと思っていました。しかし、2014年12月から再びお茶の間へと顔を出すことになり、完結ではなくなりました。なので、新シリーズの冒頭では、まず謝罪会見を行っているところから、始まったのです。
こちらの記事もオススメ!

ふざけない銀さんは最強すぎる!

しかし、ふざける銀さんは・・・

ふざけない銀さんは、本当の力を存分に出すことが出来るため、とても強いです!しかし、その陰で銀さんは自分の強さに恐怖することもあるのですね・・・。強すぎるがゆえに、近くにいる大事な人を失いたくないと思うのです。

ふざけている銀さんも、やる気のない銀さんもみんなに愛されるキャラであり、それが平和の象徴なのではないでしょうか。面白く笑える部分もあり、悲しく涙することもある今作は、今後も続くでしょう。銀魂の良さを知るならまず『新訳紅桜編』からでもいいと思いますよ!是非一度、観てみてください。
こちらの記事もオススメ!

劇場版 銀魂 新訳紅桜篇【完全生産限定版】 [DVD]
アニプレックス (2010-12-15)
売り上げランキング: 2,140

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1003325
1
Fessan white 上に戻る