2017.08.02.Wed. 5ヶ月前 takai

【戦姫絶唱シンフォギア/ドクター・ウェル】名言と顔芸の極致!愛と狂気の英雄の魅力を徹底解剖!

シンフォギアはカワイイ装者だけが全てじゃない! その人気はヒロイン達にも劣らない名適役ドクター・ウェルを徹底解剖します! これこそが愛ですよッ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

ドクター・ウェルとは

この記事をご覧になっている適合者の皆様には説明する必要は無いと思いますが、一応ご紹介しましょう。ドクター・ウェルとは本名をジョン・ウェイン・ウェルキンゲトリクス。『戦姫絶唱シンフォギアG』から登場した、この作品の敵役にして狂気の天才科学者です。Gでは主人公の響達と対立する組織フィーネの一員で「フロンティア計画」により月が落下する世界から人類を救う英雄になるべく行動を起こしました。
専門分野は生化学で、適合係数の低い人間でもギアを纏える「LiNKER」の開発と装者の管理、そして病に冒されたナスターシャの延命が主な仕事でした。これだけ見ると立派な人物に見えますが、その後の行動とCVの杉田智和さんの怪演により一躍シリーズを通しての人気キャラクターとなりました。

敵役とは思えないドクター・ウェルの魅力とは?

外道だけど臆病なドクター・ウェル

ドクター・ウェルは目的のためなら手段を選ばない人物の典型のようなタイプです。人質をとったり、罠にはめるのも、誰かを犠牲にするのも自分の目的を果たすためならためらわずに実行します。まぁ、ことごとく失敗するわけですが(笑)。そしてなによりも保身に長けています。自分の価値を最上に置いているので、なによりも自分が大事なのです。

なので、不利になれば即、トンズラをかますのですが、その逃げっぷりと慌てっぷりは特筆モノです。すばらしい顔芸をキメ、奇声を発しながら逃走することにかけてドクター・ウェルの右に出るキャラクターはそうはいないでしょう!

目的のためなら、ちょっと腕がヘンになっても大丈夫!

上記ではヘタレっぷりをご紹介しましたが、命の危険がないのなら根性も見せます。聖遺物の遺跡「フロンティア」を起動後は自身にネフィリムの細胞とLiNKERを投与してその力を手に入れ、フロンティアの機能を手中に収めることに成功します。今まではネフィリムをけしかけるか、ソロモンの杖からノイズを出すくらいしかできなかったドクター・ウェルも遺跡の力を手に入れてからはご満悦の様子でした。

大きな力を手に入れて万能感にひたるという器の小ささは見ていてツッコミ所満載でしたが、シリアスなストーリーの中でなぜか敵側のキャラから癒しに似た何かを感じられました。流石はドクターです。

ただの小悪党じゃない、科学者としての実力は確かなものがあるのです

紹介でも述べたように、ドクター・ウェルは科学者としては超一流なのです。特にLiNKERの開発は一代の発明で、2017年現在現在放送中の第四期AXZにおいてもLiNKERは重要なポジションを占めています。その他にも装者のギア適合率を低下させる「Anti_LiNKER」の開発や他のメンバーのメディカルチェックなど実務の面においても特筆すべき成果を残しています。

このただの悪役に納まらない多才さも彼の魅力のひとつですね。

ドクター・ウェルはなぜ英雄にこだわるのか?

ドクター・ウェルを語る上で外せないのが、「英雄」というキーワードですね。しかし、彼の言う英雄とは世界の支配者になるという意味が強いようです。先にも述べたように自己陶酔の激しい性格ゆえか新世界の導き手となるという歪んだ野心を抱いており、支配しきれない分の人間は、むしろ減ってくれた方が好都合とすら考えているようです。しかし自身の思い描く英雄像は、「飽くなき夢を見て、誰かに夢を見せるもの」と随分とロマンチックです。


ちなみに名前の元ネタは「アメリカの英雄」と呼ばれた役者ジョン・ウェイン「フランス最初の英雄」と呼ばれた古代ローマの軍人ウェルキンゲトリクスということで、英雄というキーワードはキャラが生まれた時から仕組まれていたんですね。

復活のドクター・ウェル! GXに再登場!

Gで収監されたドクターウェルがGXでまさかの復活!

Gの最後で世界を支配することも、理想に殉じドラマチックに死ぬこともできず、国際取引の結果、それまでの罪状もろとも人権も存在も抹消された上、その身にネフィリムの力を宿していることから「人」ではなく「モノ」として扱われ、異端技術の管理特区「深淵の竜宮」に監禁されてしまったドクター・ウェル。しかし、こんなオモシロもとい、有能なキャラクターを再登場させないわけがないということで、GX9話から偶発的事態からの脱獄により復活!

さすがはドクター、このままじゃ終われないですよね! 復活する悪役というのは人気のある証拠なのです!

まさかの展開、ドクター・ウェルが味方に!?

敵だった者同士が、非常事態を前に手に取り合うのは王道の展開ですが、それがドクター・ウェルで発生するというまさかの事態。世界の解剖を望むキャロルと世界を救う英雄になりたいドクター・ウェルは噛み合わず、ドクターはシンフォギア装者と手を組み世界を救うべく行動を開始しました。あくまで利害の一致からの共闘でしたが、ドクターの芯の一本通った行動は敵役というよりはダークヒーローのような格好良さがありました。

顔芸と狂気だけじゃないドクターの一途な一面という新たな魅力を知れたのではないでしょうか。

そして本当に英雄になったドクター・ウェル

GXでドクター・ウェルは最後を迎えます。ネフィリムの左腕の力を以ってチフォージュ・シャトーの機能を反転し世界を再構築、キャロルに対し痛烈な嫌がらせを敢行します。錯乱したキャロルの攻撃でシャトーは崩壊、自身はマリア達を庇い瓦礫に埋もれ致命傷を負うことになりました。マリアを助けたのは自分の英雄的行動を知らしめるためと言いつつ、「愛ですよ」と自らの研究が収められたデータディスクを彼女に託し息を引き取りました。

最後の最後でドクター・ウェルは望みどおり人類を救った英雄となったのです。まさか最後の最後でドクターに涙する日が来るとは思いませんでした。

金子節の真骨頂! ドクター・ウェルの名言集

『愛、ですよッ!』

ドクター・ウェルの名台詞というより、シンフォギアGの名台詞というべき一言ですね。そしてナスターシャ教授の「何故そこで愛ッ!?」がセットになって始めて完成形といえる名言でもあります。そしてこの台詞、GXの最終話にも再登場。「何故そこで愛ッ!?」の返しはナスターシャ教授の義娘ともいえるマリアが使いました。

Gから継続していた視聴者への衝撃は凄まじかったですね。

『そう…YOUたち歌っちゃえよ!』

Gの7話で響と偶然接触してしまったドクターの前に援軍として現れた切歌と調に発した台詞。二人にリンカーを打ち込み、自分を守るために絶唱を強いるシーンで顔芸を交えて披露されました。短い台詞ながらインパクト抜群です。ただ、この台詞CVの杉田智和さんによるアドリブなのではという疑惑があるようです。もしそうなら流石のワザですね!

『この星のラスト・アクション・ヒーローだァアッ!』

フロンティアを手に入れてついに念願の英雄になったドクター・ウェル魂の叫びです。ちなみにラスト・アクション・ヒーローという同名の映画があるのですが、そこから取ったのでしょうか。うれしいことがあったときは積極的に使っていきたい名言でもありますね!

『楽しすぎて眼鏡がずり落ちてしまいそうだ』

フロンティアの力を楽しむドクター・ウェルの台詞です。ちなみに逆に恐怖を覚えると眼鏡がズリ落ちます。こういうところも細かくできているのが本作のすばらしいところだと思います。ちょっとディープな話をすると、この台詞は本作の脚本を担当している金子彰史氏の代表作、ワイルドアームズ2に出てくる台詞のセルフパロディになっています。

この台詞のほかにもセルフパロディがちりばめられているので探してみるのも面白いですよ。

大人気のドクター・ウェル、AZXでの絡みはあるのか?

なんと! AXZ5話Cパートでまさかのドクター・ウェル再登場です! マリアの意識下での遭遇ですが、顔芸と狂気は健在でした。自らを「ゆきずりの英雄」と称し、マリアの心の中で生き続けていると宣言。慣れてるマリアは耐性があるでしょうが、同行しているエルフナインが心配になります。しかし、LiNKERの開発に難航している現状を鑑みると、この出会いは良い方向に向かうかもしれません。

まさか死んでまでも出演するとは、ドクター・ウェルの人気の高さが伺えますね!
ここまでドクター・ウェルについて語ってきましたが、いかがだったでしょうか。シンフォギアシリーズは2017年7月から放送が開始された4期AZX、そして5期まで続くので、今後もまだドクター・ウェルの活躍が見られるはずです! そしてAXZのラスボスと思われる謎の全裸、アダム・ヴァイスハウプト統制局長も出現しましたね。こちらもかなりインパクトのあるキャラクターでしたが、ドクター・ウェルの人気に迫れるのかも要注目です。

負けるなドクター・ウェル!

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1003496
1
Fessan white 上に戻る