2017.08.07.Mon. 4ヶ月前 木本カナタ

【Fate/Apocrypha】天草四郎時貞徹底解説!シロウ・コトミネのあやしい魅力を紹介

2017年7月に放送された『Fate/Apocrypha』で大活躍中のシロウ・コトミネ。彼は爽やかながらも、あやしい雰囲気が素敵なイケメンで大変人気があります。今回は、そんなFGOでも天草四郎時貞として活躍している彼について紹介していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

天草四郎(シロウ・コトミネ)とは

シロウ・コトミネもとい、天草四郎時貞はFGOなどで活躍するFateシリーズの登場人物の1人です。2017年7月に放送した『Fate/Apocrypha』でも赤の陣営のマスターとして参戦。大きな注目を集めました。

その魅力と言えば何といっても爽やかな笑顔とは裏腹に、暗躍しまくるあやしさ満点のその姿。アポクリファ本編でも、謎めいた存在として登場しました。今回はそんなミステリアスな天草四郎の魅力について紹介します。ただし、大変今更ですが、彼を紹介するにあたりどうしてもアポクリファのネタバレを多少含んでしますので苦手な方は注意してください。

こちらの記事もオススメ!

アポクリファでも大活躍の天草四郎の魅力について

人類救済を望む強欲な救済者

まず初めに彼を語る上でなくてはならないものがあります。それが彼の願い。彼の願いは「全人類の救済」。本気ですべての人類の救済を志す、強欲なまでの救世主です。このすべての人類というのは、本当に「すべて」であり、例外はありません。

彼だって人間のため、嫌いな人、恨んでいる人は数多くいるそうですがそんなのは関係ありません。優しい人、厳しい人、裕福な人、貧乏な人、善の人、悪の人。すべてすべて分け隔てなく救って見せる。そんな固い決意を持っているところが彼の魅力です。

敵か味方か。あやしい魅力がたまらない

この願いを実現するためなら、彼は手段を選びません。願いを叶える聖杯を目の前にすれば、親しいマスターであろうと平気で裏切る。爽やかな笑顔で本性を隠し、腹の家でマスターさえも裏切る算段をまとめている、そんなあやしく過激な人物でもあります。もちろん、これもすべて人類救済のため。

優しいからこそ、目的のために手段を択ばない。世界を救うためなら例え自分だろうと平気で裏切って見せる。そんな危なくも、固い決意が素敵な人物です。まあ、分かりやすく言うと、腹黒い爽やか系です。素敵な笑顔で腹黒い、そのギャップがたまりません。

結構おちゃめ

そんな苛烈な彼なのですが、意外と素の性格はかなりお茶目。「空中庭園」の完成を素直に喜び、目にするのを楽しみにしたり、時々無邪気な表情も垣間見せます。FGOでのイベントでも割とはっちゃけており、意外にお茶目。社交的な笑顔や固い決意の籠った表情などの多い彼ですが、時々垣間見せる素のお茶目な表情も大変魅力的で素敵です。

サーヴァント「セミラミス」との関係が可愛い

また、アポクリファ本編ではサーヴァントであるセミラミスとのコンビ仲もたまりません。このセミラミスという人物も一筋縄ではいかない腹黒系なのですが、性悪に見せかけて実は純情、というこちらもギャップがたまらないキャラクターです。

爽やか腹黒なシロウとは逆に、表面上は危険人物として振る舞いつつ、素は純情なセミラミスの2人の駆け引きはファン必見。表面上では策略を巡らせ、お互いに裏切る機会を伺いつつ、実は根っこの部分では信頼している姿がとても愛らしいです。お互いにじゃれるように腹の内を探る様子は、正にオシドリ夫婦そのもの。そんな仲睦まじい姿も魅力的です。

こちらの記事もオススメ!

どうしてエミヤ似?生前最期からアポまでの経緯を紹介

衛宮士郎に似ているが……

ところで、そんな彼について気になるのは、やっぱりその容姿と衛宮士郎との関係について。下の名前が一緒な上、苗字はあの宿敵である「言峰」。アポクリファが発表されて間もない頃は「彼は第4次聖杯戦争時に言峰綺礼に引き取られた衛宮士郎のifなのでは?」と噂になったりもしました。果たして彼の正体は誰なのでしょうか? 

――という疑問がこの作品の鍵だったのですが、FGOの発表により、多くの人の知るところになってしまいました。この記事でも普通に名前を載せてしまっていますが、彼の正体は「天草四郎時貞」。衛宮士郎とは無関係の他人の空似です。では、なぜ彼が「言峰」の制を名乗っているのか? ここからはそんな、アポクリファ本編に至るまでの間、彼に起こった経緯について紹介します。

第三次聖杯戦争でアインツベルンに召喚される

アポクリファ本編から時を遡ること60年前。その時起こった第三次聖杯戦争にて、彼は召喚されました。第三次聖杯戦争といえば、原作『Fate/stay night』にて、アヴェンジャー「アンリマユ」が召喚され、聖杯が汚染される事件の起こった転換期。アポクリファ世界では、アインツベルンがこのアヴェンジャーでなく、ルーラー「天草四郎」を召喚し、ここから世界が分岐します。

この世界のアインツベルンは、天草四郎のルーラー特権を行使して、第三次聖杯戦争に善戦。優勝の一歩手前まで駒を進めますが、ここで邪魔者が登場。ダーニック率いるナチスドイツ軍が聖杯戦争を無視し、大聖杯を奪い去ってしまったのです。これにより、第三次聖杯戦争は中断を余儀なくされ、終結するはずでしたが……。

受肉し、第2の生を手に入れる

運命のイタズラか、このどさくさに紛れて天草四郎は聖杯の力で受肉を果たします。受肉した彼はこの大事件を受け、当時の監督役「言峰璃正」と協力し戦線を離脱。その際、璃正さんの友人である遠坂家のマスターの救出にも手を貸します。この救出のお礼として、璃正さんは身寄りのないシロウに自分の息子としての戸籍をプレゼント。

こうして彼は「言峰」の姓を手に入れ、次に起こるであろう数十年先の聖杯大戦に向け、活動を開始しました。ちなみに、言峰といえばあの言峰綺礼を思い浮かべる方も多いと思いますが、義兄であるはずの天草四郎とはまったく交流がありません。というより、彼の悪性を見抜いたシロウの方が彼を避けていたのだとか。璃正さんの葬儀を最後に面識もなくなったそうです。

エミヤの姿に似ているわけ

ところで、天草四郎は生粋の日本人なのにどうして彼の肌が黒いのでしょうか。大変紛らわしいですが、実はこれ、ただの日焼けです。触媒調達のために20年もの長い間中東に潜伏していた影響なのだとか。――英霊の座にも登録される日焼けって……。シナリオの都合とか言ってはいけない。

ちなみに、赤の陣営の中東出身サーヴァントと言えば、彼の相棒であるセミラミス。そして、彼女の宝具「虚栄の空中庭園」は彼女の生まれ育ったアッシリアの材料を使って建設しなければいけない。つまり、20年の潜伏期間はほぼすべて彼女のためのもの。実際、聖杯大戦で彼女を召喚するために、触媒を3つも用意するという念の入れよう。……セミ様、愛されてるなあ。

こちらの記事もオススメ!

天草四郎はバレンタインイベントなどFGOでも大暗躍!

FGOでの基本性能

そんな天草四郎はアポクリファだけでなく、FGOでも大活躍&大暗躍。ここからはそんな彼のFGOでの活躍について紹介します。まずは彼の基本情報や性能について。彼はルーラークラスの星5サーヴァントとしてFGOに参戦しました。最大HP「14107」。最大ATK「10972」。コマンドカードはバスター2枚、アーツ2枚のバランスの良い構成です。

宝具「双腕・零次収束(ツインアーム・ビッグクランチ)」が強力

そんな彼の特性はなんといっても宝具の『双腕・零次収束(ツインアーム・ビッグクランチ)』。FGOでの効果は「敵全体の強化状態を解除&敵全体に強力な攻撃&敵全体のクリティカル発生率をダウン」というもの。

実はこの宝具、弱体解除を行ってからダメージ判定をするというFGOでは珍しいタイプの宝具です。なので、この宝具を使えば相手が無敵だろうが、回避だろうがお構いなし。相手の無敵を解除して宝具のダメージを通すことが可能です。……なお、敵として登場するとさらに強いのはご愛敬。

アタッカーとサポートを兼用できる器用なサーヴァント

更に彼のスキルはとても優秀。特に「洗礼詠唱」が大変凶悪で、そのNP獲得量は驚異の20%。しかも、これを5ターンも継続して行います。合計100%のチャージなのでこの効果だけで宝具を撃つことも全然可能な上、本人のNP効率も悪くありません。スキル「神明裁決」も強化によってバスター強化を貰い、その火力に更に磨きがかかりました。

最大でスターを毎ターン9個獲得できる「啓示(A)」も地味ながら強力で、横にいるだけで良い仕事をしてくれます。好きなタイミングで撃てる強化解除と相性に左右されにくいルーラークラス。ここまで揃って弱いはずはありません。強化解除で問答無用に相手を屠り、スターも供給することで補助も熟せる、とても器用なサーヴァントです。

シナリオでの活躍

そんな彼はイベントやシナリオでも大活躍。ここまでの記事を読み「えっ、彼がカルデアにいて大丈夫なの?」と、不安になった方。安心してください、全然大丈夫じゃありません。彼はカルデアに来ちゃいけないサーヴァント筆頭の超危険人物です。

彼は天草四郎体験クエストでこのゲームに本格参戦しましたが、その時点ですでにマスターであるプレイヤーと聖杯を巡って対立しています。召喚されてからはマスターに協力的ですが、裏では虎視眈々と聖杯を狙っており……。対立、裏切り、全部上等。FGOでも変わらず、爽やかな笑顔で大暴れしています。

サンタアイランド仮面参上!はっちゃけたクリスマス

ただ、そこはお祭りゲーのFGO。危ない彼だけでなく、しっかりお茶目な彼もたくさん描いています。特に、彼のお茶目な部分の出たイベントが2年目クリスマスイベントの『二代目はオルタちゃん』。

このゲームで彼は、お馴染みの某キャスター仮面を身に着け、サンタアイランド仮面として参戦。オルタリリィの師匠として、彼女に「ツインアーム・リトルクランチ」を授けつつ、バラの黒鍵の専用グラフィックなどを引っ提げて大暴れしました。ちなみに、このイベントで地味にそっくりさんのエミヤとも共演。愉快で楽しいイベントでした。

バレンタインイベントのお返しが…

バレンタインイベントでも、若干ふざけつつも、その危ない片鱗を垣間見せて大活躍でした。そんな、このイベントで貰えるお返しがこちら「教会式手作りクッキー」! 本人曰く資金集めのために量産も計画しているとのことですが……資金なんて集めて何をする気なんですかねえ……。

ちなみにこのクッキー、イラストが某イラスト屋テイストだったり、チョコクランク味だったりネタがたっぷり。当然、売り出す場合はお土産として販売するとのこと。……手作りなのに量産体制とはこれいかに?

こちらの記事もオススメ!

あやしい魅力がたまらない!天草四郎セリフ集

「サーヴァント、ルーラー。天草四郎時貞。誰かに似ています? 他人の空似というやつですよ」

ここからはそんな天草四郎の魅力的なセリフについて少し紹介していきます。初めに紹介するのはこちら。FGOでの召喚時のセリフであり、早速メタネタです。言及しているのはどう考えても赤い外套のアイツについて。そもそも、天草四郎と彼は接点が全くないはずですが……。散々ネタにされてたからね、仕方がないね。

「聖杯にかける望み? ありますが、秘密です」

こちらはFGOでの聖杯についてのマイルームボイス。もうすでに滅茶苦茶あやしいです。なんで、聖杯にかける望みをマスターに隠す必要があるんですかねぇ……。完全に離反する気満々じゃないですか、やだー。

「『天の杯(ヘブンズ・フィール)』起動。万物に終焉を――『双腕・零次収束』」

FGOでの宝具発動ボイス。さらりと「天の杯起動」とか言っているのが地味に怖いです。……もしかして、持ち込んでる? ところで、日本サバなのに「ツインアーム・ビッグクランチ」って宝具名はどうかと思うの……。

いや、他にも「イモータル・カオス・ブリゲイド」とかいるけど。後者の方はちゃんと理由があるけど、彼は……ね……。なお彼らと共に「ルビが横文字同盟」なるものを結成している様子。公式でもネタにされちゃうし、ツインアーム・ビッグクランチの明日はどっちだ!?

こちらの記事もオススメ!

コトミネシロウ(天草四郎)のアニメ声優は内山昂輝さん

そんなコトミネシロウを演じる声優は内山昂輝さん。デビューして間もなく、ソウルイーターの「ソウル」を演じて一躍有名になり、以来活躍を続ける人気声優さんです。FGOでは天草四郎の他に、トリスタンも演じており、その優しい声がたまりません。

あやしさ満点の天草四郎からまだまだ目が離せない!

そんなあやしい天草四郎からまだまだ目が離せません。FGO1部では人理焼却案件が優先とマスターに協力していた彼。しかし、1部も完結し、いったん世界は救われましたが、果たして……。彼、本当にカルデアにいて大丈夫? 

また、2017年7月から放送されたアニメ『Fate/Apocrypha』でも大活躍。しょっぱなから胡散臭さを爆発させたり、なぜか上半身晒しまくったり、こちらからも目が離せません。――ということで、天草四郎(シロウ・コトミネ)についてでした。

こちらの記事もオススメ!

Fate/Apocrypha Blu-ray Disc Box I(完全生産限定版)
アニプレックス (2017-12-27)
売り上げランキング: 781
Fate/Apocrypha vol.5「邪竜と聖女」【書籍】
TYPE-MOONBOOKS (2014-12-30)
売り上げランキング: 391

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1003558
1
Fessan white 上に戻る