2017.08.07.Mon. 3ヶ月前 木本カナタ

【Fate/Apocrypha】セミラミスの魅力とは?マスターにデレる姿がかわいい!

アポクリファで赤のアサシンとして活躍したセミラミス。彼女は謀殺に長け、裏切るの英雄として暗躍しますが……。そんな危険な能力とは裏腹に、マスターにデレる姿が可愛いと人気です。そんなセミラミスについて紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

セミラミスとは

セミラミスは『Fate/Apocrypha』に登場する赤のアサシンです。監督役シロウ・コトミネのサーヴァントとして聖杯大戦で暗躍。謀殺に長けた彼女は、その諜報能力と毒牙によって赤の陣営をかき乱し、シロウの野望実現に大きく貢献しました。

そんな恐ろしい彼女なのですが、マスターのシロウを前にすると、その様子は驚くほど純情。口では強がっていてもデレデレに惚れまくっている様子がとっても可愛く人気があります。今回はそんなセミラミスについて紹介します。

こちらの記事もオススメ!

シロウ・コトミネとの関係について【ネタバレ注意】

セミラミスは毒物と奸計に長けた裏切るのスペシャリスト。そんな彼女のはずなのに、マスターのシロウの前では完全にデレデレ。なぜ、こんなに彼に惚れてしまったのでしょうか。最初に、その経緯について紹介したいと思います。ただし、若干ネタバレが含まれるので注意してください。

アッシリアの女帝

サーヴァントを語る上でなくてはならないのがそのサーヴァントの生前についてです。なので、まずは彼らの関係について語る前に、彼女の生前の出来事について紹介します。彼女、セミラミスはアッシリアの女帝であり、世界最古の毒殺者として知られる人物です。

母親に捨てられた彼女は、鳩に育てられることで幼少期を過ごします。その後、老将軍オンネスに嫁いだ彼女ですが、その美貌に惹かれたニノス王によって強引にその中を引き裂かれてしまいました。以来、その能力を駆使し、ニノス王に助言などを授けますが、王妃となった数日後にニノス王を毒殺。以降、暴君として君臨したとされています。

毒殺と裏切りに長けたアサシン

なので、サーヴァントとしての能力も毒物などに優れたもの。戦闘能力こそ低いですが、様々な毒物とその話術を駆使して、内側から徐々に組織を支配することに長けています。なので、本来彼女を聖杯戦争で呼んだ場合、制御するのは恐ろしく困難。マスターであろうと、彼女の毒にかかれば、無自覚の内に蝕まれてしまうからです。

自覚症状も出ないため、令呪であろうと抗うことは難しいでしょう。事実、アポクリファ本編ではその毒を使い、多くの赤のマスターを管理下に置き、完全制圧してしまっていました。味方に置くにはあまりにもリスクの大きいサーヴァントと言えます。彼女をサーヴァントとして使用する場合は、上下関係を完全に逆転させ、彼女に服従すること。彼女の望むを叶え続けることが大切です。

危険人物として活躍するが…

そんな彼女の願いは暴君らしく「唯一の王として、この世界に君臨する事」。自分以外の支配者は認めず、王として当然の様にマスターよりも立場は上として振る舞います。当然、シロウも例外ではありません。彼らはマスターとサーヴァントというより、利害の一致した協力関係&お互いに相手を出し抜く算段をまとめる好敵手といった関係を築いていました。

シロウは大聖杯を使って人類を救済する、けど救済した後の世界のことをどうでもいい。そこでセミラミスが救済後の世界に君臨し、唯一にして絶対の王になる。という契約で、2人は協力関係を築きます。けれど……。

蓋を開けてみればマスターにベタ惚れ

本編を見れば分かる通り、彼女たちの関係はどうみても利害関係ではありません。セミ様、完全にシロウにゾッコンです。オシドリ夫婦です。まあ、照れ隠しでうっかり殺されちゃいそうな危うさもしっかりあるのですが……。そこもまたかわいい!

その恐ろしい美貌によってのし上がったセミラミスにとって、自分の「美貌」ではなく純粋に「能力」を評価してくれた人物は彼が初めてだったのだとか。その能力を買い、共に歩みつつも決して彼女に関心を示さない人物。揺るがぬ信念があるため、どんなに好意を寄せても決して振り向いてはくれない人。そんな彼だからこそ、惹かれたのかもしれません。

こちらの記事もオススメ!

セミ様のかわいい魅力を紹介!土木系宝具が魅力的!

ツンデレかわいい!

ここからはそんなセミ様の魅力について紹介していきます。先ほどから紹介していますが、彼女最大の魅力は何といってもそのツンデレ具合。いつもはツンツン、というよりもはやドロドロしている彼女ですが、シロウの前でだけはもうデレデレ。

しかも、本人に自覚がないところがまた最高です。2人がイチャイチャしているのを陰でニヤニヤ見守っても良し。それを指摘して赤面する彼女を楽しむのも良しと、魅力たっぷりなコンビ仲であり、もうたまりません。

かわいい長めのエルフ耳

また、彼女は地味にエルフ耳属性でもあります。時々ぴょこぴょこ動く長い耳や、赤面時に顔と一緒に赤くなるところなども、とってもチャーミングで魅力的です。アポクリファのイラストレーターである近衛さん曰く「お耳に掛かる髪がチャームポイント」とのこと。

ちなみに、初代腹黒裏切り系と見せかけて純情キャラでお馴染みのメディアさんもエルフ耳。この2人、旦那さんにデレデレだったり、経歴だったり、エルフ耳だったり、色々とキャラが似ています。なので2人を並べて見比べてみても面白いかもしれません。

宝具「虚栄の空中庭園(ハンギングガーデンズ・オブ・バビロン)」

そんな彼女は宝具もカッコよくって魅力的です。彼女の宝具「虚栄の空中庭園(ハンギングガーデンズ・オブ・バビロン)」は浮遊しながら移動する超巨大な移動要塞。移動速度こそ褒められたものではありませんが、その防御力と攻撃力は確かなもの。

空中庭園の内部はすべて彼女の神殿として機能するため、本来は戦闘能力のないセミラミスも、空中庭園内では無類の強さを発揮できます。そもそも、庭園の外にはEXの魔力弾を発射する規格外の迎撃兵器「十と一の黒棺(ティアムトゥム・ウームー)」があるため侵入は超困難。一度発動してしまえば、ほぼ勝ち確のチート宝具の一角です。

土木系サーヴァント

しかし、そんなチート宝具にも弱点があります。実はこの宝具、発動するのに恐ろしく厳しい条件があり、そもそも使用するのがとっても難しいんです。まず、この宝具は魔力による顕現ができません。なので、発動させるためには現地で材料を調達し、セミラミス自ら建築することが必須です。この材料も彼女が生まれた場所のモノでなくてはならず、調達は困難。

建築には国家予算級のお金がかかる、とても難しい宝具です。ちなみに、自ら建築という所からも分かる通り、建築関係でも優れた能力を持つセミラミス。なので、ファンの間では土木系サーヴァントとして有名だったりします。普段は女帝として優雅に振る舞っている漢書ですが、ヘルメットをかぶり、汗を流す姿も大変可愛くって素敵です。

アサシンとキャスターのダブルクラス

ところでセミ様、アサシンの癖に神殿を築いたり、魔術砲弾を作ったり、あんまりアサシンらしくありません。どっちかというとキャスター寄りです。ただ、それもそのはず、彼女はアサシンとキャスターのクラス能力を兼ね備えられる、世にも珍しい「二重召喚(ダブルサモン)」のスキルを持ったサーヴァントなんです。

この「二重召喚」超希少なスキルで、今のところ獲得しているのはセミ様のみセミ様はアサシンをしつつ、キャスターも熟せるとっても優秀なサーヴァントです。まあ、メタいことを言ってしまうと、赤の陣営のキャスターが全く仕事をしないダメサーヴァントだったため、そのしわ寄せを食らったと言えなくもないのですが……。

こちらの記事もオススメ!

FGOでの実装はいつ? クラスや絵師など大胆予想!

そんな大人気のセミ様なのですが、実は2017年8月現在、まだFGOに実装されていません。初期の段階から実装に期待の声が寄せられていましたが、FGOがリリースされた早2年、まったく音沙汰なし。勿論、中々実装されないのには理由があります。それはおそらくセミラミスの設定とFGOのシステムが中々かみ合わないため。

前記した通り、セミ様はかなり特殊です。ゲームシステム的に再現の難しい宝具にスキル。特に「二重召喚」の方が大変ネックです。そこで、ここからはそんなまだ実装していないセミラミスがどのような形で実装されるのか? 2017年8月現在までの情報から勝手に予想していきたいと思います。もちろん、まったく根拠はないので話半分くらいに見ていってください。

セミラミス実装の伏線たち

とっても特殊なセミ様。実は、そんな特殊なセミ様の実装のための伏線なのでは? と思われる動きがこれまでにもいくつかありました。なので、その伏線らしいものを紹介しつつ、予想していきたいと思います。まずは宝具について。

FGOではシステム上、常時発動型や発動条件のある宝具の再現がとても難しいです。例えば、ヘラクレスの「十二の試練」やアルトリアの「風王結界」。これらは実装されていません。しかし、ランスロットの「騎士は徒手にて死せず」の様に、宝具としてでなくスキルとして再現されているものも多く、セミ様の空中庭園もスキルとして再現されるのでは?と個人的には予想しています。

クラスについて

また、セミ様のクラスはアサシンでありながらキャスターとかなり特殊。実は、こちらも彼女の実装に向けた試運転と思われる試みがすでになされています。それがブレイブエリちゃんのこのスキル「ダブルクラス(E)」。ゲーム上効果のないスキルですが、その設定的にセミ様の「二重召喚」とかなり酷似しています。

また、原作からFGOでクラスが変更になったサーヴァントが何人かいます。特に、同じアポクリファ出身であるヴラドは、ランサーからバーサーカーに変更されていました。なので、もしかしたらセミ様もキャスターに変更される可能性もあり、こちらにも注目。

FGOでの絵師は「森井しづき」さん?

では、セミラミスのイラストは誰が手掛けることになるのでしょうか? これはおそらく、ほぼ確定で「森井しづき」さん。アポクリファのイラストレーターといえば近衛乙嗣さんですが、実はいくつかのサーヴァントのキャラデザは別の方だったりします。セミ様の場合は、この森井しづきさんが初期デザを担当しました。

FGOでは原作のレーターさんでなく、キャラデザの方が担当することが多いので、彼女もおそらくそうであろうと考えられます。ちなみに、実は初期案でラスボスだったセミ様。なので、初期のキャラデザは現在のものと異なり、かなりクールでダークな印象でした。そんなセミ様が天草四郎と関わり、こんなにかわいいチョロインになったと思うと、なんだか感慨深いです。

こちらの記事もオススメ!

セミラミスの声優は真堂圭さん

そんなセミラミスを演じる声優は真堂圭さん。テレビアニメ『SPEED GRAPHER』のヒロイン天王洲神楽役でデビューした声優さんで、最近ではリーリエの声を演じていることでも有名です。アポクリファでもセミラミスを見事に演じきっています。

アニメで活躍するセミ様もかわいい!

そんなかわいいセミラミスは2017年7月から放送しているアニメ『Fate/Apocrypha』でも大活躍中! 動いて喋るセミ様は本当にかわいいので、彼女の活躍をぜひその目で確かめてみてください。

また、アニメに合わせ、もしかしたら近く『Fate/Apocrypha』コラボが開催されるのでは? と予想されており、こちらにも注目。もしかしたら、遂にセミ様がFGOに実装されるかもしれません! ということで以上、セミラミスについてでした。

こちらの記事もオススメ!

Fate/Apocrypha Blu-ray Disc Box I(完全生産限定版)
アニプレックス (2017-12-27)
売り上げランキング: 120

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1003560
1
Fessan white 上に戻る