2017.08.23.Wed. 4ヶ月前 kisaraginana

Aimerの「歌詞と作品が合ってる」主題歌ランキング!

話題の女性シンガーAimerをご存知ですか?たくさんのアニメやドラマ、CMなどのタイアップ曲を歌っているAimerですが、彼女の曲は作品を盛り上げるものばかりです。Aimerが歌う「歌詞と作品が合ってる」主題歌を、ランキング形式でご紹介します!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

主題歌がAimerってだけで盛り上がる!

話題の女性シンガーAimerってどんな人?

Aimer(エメ)は様々なアニメ、ドラマ、CMなどのタイアップ曲を歌っている女性歌手です。アーティスト名は、自身の長年の愛称である「エメ」に由来しているそうです。また、フランス語「好き」という意味でもあるようです。

プロフィールは非公開ですが、幼い頃から音楽に親しんできたようです。海外で生活していたこともあり、その経験が英語での作詞や歌唱にも活きています。

一度聴いたら忘れられない声!

Aimerの魅力は、一度聴いたら忘れられないそのです。同じく数多くのアニメのタイアップ曲を歌っているLiSAも、彼女の声を「大好きな音楽と真剣に向き合って出た歌声」と言っています。

Aimer15歳の頃、歌で酷使しすぎたことが原因で声帯を痛め、回復後に現在の声質歌唱法を手に入れました。声帯の傷は完全に治癒していないようですが、完治すると声質が変わってしまうため、現状を維持しているそうです。

彼女の独特なハスキーボイスは、長い間音楽に打ち込んできたからこそ出せる声なのですね。

Aimerの「歌詞と作品が合ってる」主題歌ランキング!

第10位 Re:pray

第10位は、テレビ東京系アニメ『BLEACH』エンディングテーマ「Re:pray」です。原作は『週刊少年ジャンプ』に連載されていた久保帯人の漫画『BLEACH』です。「Re:pray」は、死神代行消失篇エンディングテーマになっていました。

悪霊・虚(ホロウ)を退治する死神になってしまった高校生・黒崎一護(CV.森田成一)は、藍染(CV.速水奨)との決戦後、死神の力を失います。平穏な生活を送っていた一護の前に、謎の男・銀城空吾(CV.東地宏樹)が現れます。銀城の目的は、一護死神の力を取り戻させることでした。一護の平穏な日常は終わり、再び戦いが動き出します。

死神代行消失篇の中で自身の無力さを嘆き、強くなろうとする一護の心情と、「Re:pray」のどこか悲しげな雰囲気がマッチしています。前に進もうとする歌詞も、死神代行消失篇一護にぴったりですね。

第9位 歌鳥風月

第9位は、見て食べる体験型デジタルアート『食神さまの不思議なレストラン』展イメージソング「歌鳥風月」です。このアート展は、世界的に有名なデジタルアート集団・モーメントファクトリー料理人とのコラボレーションで生み出された「見て食べる体験型デジタルアート」展です。

「食神さまの不思議なレストラン」展は、日本人にとって馴染み深い「和食」をテーマにしたレストラン型のアート展です。 最先端の映像技術や特殊効果を駆使してミステリアスな和食の世界を表現。お客様は、見る、聴く、触れるといった五感を使ったアート体験をお楽しみいただけます。
そしてさらにレストランフロアでは、お客様全員に振舞われる京都 美山荘・中東久人 特製の“神様のおいなりさん”をはじめとする、お味噌汁や、だし巻き卵、筑前煮など、稀代の料理人たちがつくる和食を実際に味わうことができます。和食とアートの融合が生み出す未知の世界を、ぜひご堪能ください。

出典: tabegamisama.com
「見る」「聴く」「かぐ」「味わう」「触れる」といった五感和食を楽しめる神秘的な空間でした。Aimerの声とこの楽曲が持つ不思議な雰囲気は、まさにこのアート展のイメージにぴったりだと思います。

第8位 六等星の夜

第8位は、フジテレビ系アニメ・ノイタミナ枠『NO.6』エンディングテーマ「六等星の夜」です。『NO.6』は、あさのあつこ近未来SF小説が原作となってるアニメです。少年・紫苑(CV.梶裕貴)とネズミ(CV.細谷佳正)が、理想都市「NO.6」の秘密を暴いていく物語です。

「六等星の夜」は、Aimerメジャー・デビュー・シングルに収録されています。

『NO.6』近未来を舞台にしたSF作品でありながら、登場人物の心理描写が秀逸です。

「六等星の夜」切ないメロディは、登場人物たちの切ない心の動きを象徴しています。Aimer胸が苦しくなるような歌声は、この作品の世界観にぴったりですね。

第7位 Brave Shine

第7位は、UHFアニメ『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』2ndシーズンオープニングテーマ「Brave Shine」です。『Fate/stay night』というゲームが原作のアニメです。

物語の舞台は、日本のとある地方都市「冬木市」です。ここには、持ち主のあらゆる願いを叶える「聖杯」数十年に一度現れるとされています。7人の魔術師(マスター)はこの聖杯を手に入れるため、戦争に臨みます。

聖杯を巡って苛烈な戦いが繰り広げられる『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』ですが、「Brave Shine」も負けていません。激しい音Aimer力強い歌声は、作中のバトルをさらに盛り上げています。

第6位 茜さす

第6位は、テレビ東京系アニメ『夏目友人帳 伍』エンディングテーマ「茜さす」です。このアニメは、緑川ゆきの漫画『夏目友人帳』を原作とするアニメの5期です。

夏目貴志(CV.神谷浩史)は、小さい頃から妖怪が見えます。祖母のレイコ(CV.小林沙苗)が作成した「友人帳」を継いだ夏目は、自称用心棒妖怪・ニャンコ先生(CV.井上和彦)と共に、妖怪たちに名を返していく物語です。

「茜さす」は、穏やかで癒される物語シンクロした楽曲です。心に染み入るAimerの歌声は、『夏目友人帳』世界観を見事に表現していると思います。壮大なメロディも、胸にグッときますね。

第5位 ninelie

第5位は、フジテレビ系アニメ・ノイタミナ枠『甲鉄城のカバネリ』エンディングテーマ「ninelie」です。「ninelie」はこのアニメのサウンドトラックを手がける劇伴作家・澤野弘之が提供・プロデュースした楽曲です。AimerEGOISTボーカル・chellyが歌っています。

物語の舞台は、噛んだ人間をウイルス感染させて同族に変える怪物・カバネに覆い尽くされた世界です。かつてカバネによって妹を殺された少年・生駒(CV.畠中祐)は、カバネに対抗するために独自の研究を行っていました。ある事件で生駒カバネに噛まれ、自作の器具でウイルス侵食をくいとめます。

ところが生駒は、体はカバネでありながら理性人格を保った存在・カバネリになってしまったのでした。

閉じられた空間の中で揺れ動く人々の心情が、この楽曲には表現されていると思います。シンセサイザーの音色と絡み合う2人の歌声が、作品の独特の世界観緊迫感を盛り上げています。

第4位 凍えそうな季節から

第4位は、テレビ朝日金曜ナイトドラマ『奪い愛、冬』オープニングテーマ「凍えそうな季節から」です。

デザイン会社に務める池内光(倉科カナ)は、奥川康太(三浦翔平)と婚約しています。ある日の前に、3年前に突如姿を消した元彼・森山信(大谷亮平)が現れます。かつて森山のことを死ぬほど愛していた光の心は、康太森山の間で揺れ動きます。

この物語では、それぞれ登場人物の想い複雑に絡み合っていきます。楽曲の悲壮感ドロドロに渦巻く人間関係と調和し、作品の魅力を増しています。Aimerの声が、作品と楽曲の切なさをより際立たせていますね。

第3位 StarRingChild

第3位は、OVA『機動戦士ガンダムUC』episode 7「虹の彼方に」主題歌「StarRingChild」です。episode 7『機動戦士ガンダムUC』シリーズ完結編です。「StarRingChild」は、シリーズの劇伴を担当する澤野弘之プロデュースしています。

エモーショナルギターロックサウンドパワフルな歌声がのった名曲です。『ガンダム』で描かれている迷い葛藤も、この楽曲に見事に表現されています。揺れ動く気持ちやそんな自分に対する怒り焦燥感に呼応するように、攻撃的に歌うAimerの声が響きます。

心に刺さる感情的な歌を聴かせてくれるAimerが本領を発揮した1曲ではないでしょうか。

第2位 誰か、海を。

第2位は、フジテレビ系アニメ・ノイタミナ枠『残響のテロル』エンディングテーマ「誰か、海を。」です。『残響のテロル』は、監督の渡辺信一郎と作曲家の菅野よう子がタッグを組んだオリジナルアニメです。

主人公は、ナイン(CV.石川界人)と、ツエルヴ(CV.斉藤壮馬)です。この2人の男子高校生が、次々とテロを起こしていくサスペンス作品になっています。

「この世界に、引き金をひけ。」というキャッチコピーが、この作品を体現しています。シリアスな作品ですが、最初から最後まで目が離せません。

『残響のテロル』の音楽を担当した菅野よう子が、「誰か、海を。」の作曲もしています。作中に張りつめる緊張感独特の雰囲気を損なうことなく、むしろ高めるような楽曲になっています。

この楽曲の差し迫るような空気感は、Aimerの声だからこそ表現できているのではないでしょうか。一度聴いたら忘れられない楽曲です。

第1位 あなたに出会わなければ 〜夏雪冬花〜

第1位は、フジテレビ系アニメ・ノイタミナ枠『夏雪ランデブー』のエンディングテーマ「あなたに出会わなければ~夏雪冬花~」です。『夏雪ランデヴー』は、河内遙の同名コミックが原作のアニメです。

葉月亮介(CV.中村悠一)は、アルバイト先の花屋の店長未亡人島尾六花(CV.大原さやか)に恋をしています。六花亡くなった夫島尾篤(CV.福山潤)のことが忘れられずにいます。

六花を振り向かせたい葉月と、葉月の恋路を邪魔する幽霊・篤との三角関係を描いた作品です。

この作品の魅力は、なんといっても登場人物3人の複雑な心の機微です。三角関係ながら、それぞれが好きな人を本当に想っています。思わず全員に感情移入してしまうような、切ない純愛が描かれています。

「あなたに出会わなければ〜夏雪冬花〜」は、美しいストリングスの音色心に訴えかけるようなAimerの歌声が印象的です。曲も歌詞もこの作品にぴったりで、作品の切なさを更に盛り立てています。何度聴いても胸に響く名曲です。

これからもAimerから目が離せない!

Aimerは日本だけでなく、海外でも活躍しています。一度聴いたら忘れられない彼女特有のエモーショナルな歌声は、国境を越えて様々な人の胸に響くでしょう。

Aimerのタイアップ曲は様々な作品とシンクロし、作品の魅力を高める楽曲ばかりです。次はどんな歌を聴かせてくれるのか楽しみですね。これからもAimerから目が離せません!

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1003816
1
Fessan white 上に戻る