2017.09.15.Fri. 1ヶ月前 木本カナタ

【Fate/Apocrypha】アヴィケブロン4つの魅力!ミステリアスな姿がかっこいい!

2017年7月に公開された『Fate/Apocrypha』にて、黒のキャスターとして活躍するアヴィケブロン。常に仮面を被ったメタリックでミステリアスな姿が素敵な彼。今回はそんなアヴィケブロンの魅力について紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

『Fate/Apocrypha』アヴィケブロンとは

アヴィケブロンは『Fate/Apocrypha』に登場するサーヴァントの1人です。黒のキャスターとして活躍しました。顔をすっぽりと仮面で覆ったミステリアスな姿をしており、その衣装がとてもカッコ良くって魅力的です。

また、マスターのロシェとサーヴァントでありながら子弟のような関係を築いており、「先生」と呼ばれて慕われています。そこから、ファンからも「アヴィケブロン先生」という愛称でしばしば呼ばれ、親しまることも。今回はそんなアヴィケブロン先生の魅力を4つほどのポイントに分けて紹介したいと思います。

【アヴィケブロンの魅力1】正体などを解説!ミステリアスな雰囲気が素敵

アヴィケブロン真名について

そんな彼の魅力は何といっても、知的でミステリアスなその風貌。――ということで、まずはそんな彼の生前や正体の魅力について紹介します。初めに紹介するのは彼の真名について。黒のキャスターとして登場した彼の真名は「アヴィケブロン」。

……なのですが、真名と本名が異なり、史実での本名は「ソロモン・イブン・ガビーロール」。真名なのに本名じゃないとはこれいかに……。一応「ソロモン」の方が正式な名前だということですが、某魔術王と名前がごっちゃになってしまうため、本編では「アヴィケブロン」の方が採用されたのだそうです。

「ユダヤのプラトン」の異名を持つ哲学者

そんな彼は、中世ヨーロッパ時代の哲学者であり詩人であり、魔術師だった人。日本では馴染みの薄い偉人ですが「カバラという魔術基盤を確立した1人」と言えば、ピンとくる人もいるかもしれません。……レンタルマギカ経由とかで。カバラという魔術を操るカバリストで、ヘブライ語の「受け取る」という単語から「カバラ」という言葉を生み出したとされています。

「カバラ」とは、ユダヤ教に基づいた神秘主義思想のことで、西洋魔術の基盤の1つだとされています。かなりポピュラーな魔術で、多くの魔術や思想に影響を与え、現代でも占いなどとしてよく利用されています。彼自身とはそこまで関係ありませんが、カバラと言えば「生命の樹」とかが有名です。――エヴァとかで。

仮面と素顔について

ところで、常に仮面とボディースーツを身に纏い、絶対に素肌を曝け出さない彼。メタリックな仮面とミステリアスなマントが本当にカッコいいデザインです。なぜ、常にこのような格好をしているかというと、それは彼が虚弱体質で体が弱いから。生前から体が弱く、仮面やボディースーツはそれを示したデザインなのだとか。

また、そんな体質なためか、生前は家に引きこもりがちだったそうです。そのためか、性格も極度の人間嫌い。生前から常に孤独を愛し、大衆の前に出ることを何よりも嫌ったとのこと。結局、本編でも1度も仮面を脱ぎませんでした。――が、なんとアニメEDで生前の後姿が解禁! 生前の姿は結構ダンディなおじさまでした。

ゴーレム作りに特化した魔術師

そんな人間嫌いの彼が唯一熱中していたものがゴーレム作り。カバリストということで、彼の生前の逸話でも、ちょくちょくゴーレムが登場します。何でも、女性型のゴーレムをメイドにして使役しており、その話を聞いてやってきた王の前で、そのゴーレムを解体して見せたのだとか……。ゴーレムメイドとはまたマニアックな……。

そのためか、カプサバ時空では士郎と一緒にプラモデルを作ったり、美少女フィギュアに熱中して美少女型のゴーレムの開発をしたりしている様子。先生ェ……。まあ、人嫌い拗らせてゴーレム(フィギュア)に熱中したって時点でこっち寄りの……あっ、いえ何でもないです。フィギュアマニアだったり、カバラだったり、現代のオタク文化的には欠かせない人だったりしたりしなかったり。

【アヴィケブロンの魅力2】宝具「王冠:叡智の光」がとても強力

サーヴァントとしての性能もゴーレム作りに特化

そんな逸話を持つ先生なので、サーヴァントとしての能力もゴーレム作りに特化したもの。アポ本編ではユグドミレニアの援助の元、何千ものゴーレムを生み出し、その戦線の維持に貢献していました。ただし、彼の能力は「ゴーレムを0から生み出す」ものではなく、あくまで「ゴーレムを作り出す」もの。

そのため、0から竜牙兵を生み出せる召喚魔術系のキャスターとは異なり、現地でゴーレムの材料を集めて実際に作らなければいけないという欠点が。このゴーレム作りがとてもお金がかかる作業で、ゴーレムの製造ラインを整えるだけで並の魔術師なら10回破産するのだとか。国家規模の財力を持つ黒の陣営だから活躍できた、聖杯大戦向きのサーヴァントです。

宝具「王冠:叡智の光(ゴーレム・ケテルマルクト)」

そんなとてもお金のかかる彼なのですが、彼の宝具はとても強力。万全の状態で発動すれば、これのみで残りのサーヴァントを殲滅できるほどの破格の性能を誇っています。その宝具こそ「王冠:叡智の光(ゴーレム・ケテルマルクト)」。生前、彼が完成させることのできなかった至高のゴーレムであり、奇跡そのもの。

この宝具も発動のためにはアヴィケブロン自らこれを製造しなければならず、材料に『炉心』となる1級品の魔術回路を持つ人体が必要になります。なので、発動のためには優秀な魔術師を1人犠牲にしなければならないという、とても厳しい条件を持っていますが、その威力は破格。存在するだけで地上を「楽園化」することのできる奇跡のゴーレムです。

1度発動すれば成長を続けるチート宝具

具体的なスペックを上げると、大地に足を付けているだけで無限の魔力供給を行えます。この魔力供給がある限り単独で行動することができる他、受けた傷は瞬時に回復し、不死身です。また、魔力供給を受ける度に世界を「楽園化」させ、このゴーレム事態も徐々に成長。初期全長こそ15mほどですが、最大で全長1000mにまで成長します。

全長に比例して能力も上がり、最大全長にもなると1流のサーヴァントを何騎も揃えないと対抗できないのだとか。なので、倒すためにはこのゴーレムが成長しきる前に大地との接触を断ち、その上で頭部の霊核と胸部の炉心を同時に破壊するしかありません。ちなみに、放置すると本当に世界全てを「楽園化」するらしく、地味に世界がヤバい系のチート宝具です。

【アヴィケブロンの魅力3】マスターのロシェとの関係が…

同じゴーレム使いのマスター「ロシェ」

そんな彼はアポクリファ本編で、ロシェという少年のマスターと共に行動していましたが、彼らの関係も魅力的でした。マスターのロシェは僅か13歳で黒のマスターに選ばれた天才魔術師です。アヴィケブロンと同じく、ゴーレム使いの魔術師で、その幼少期の大半をゴーレムとともに過ごています。

そんな幼少期を歩んだためか、彼自身もアヴィケブロンと同じく人間嫌い。ゴーレムのみを自身の友とし、その天才的な自身の才能に自身を持っていましたが……。アヴィケブロンを召喚するやいなや、自分よりもはるかに優れたゴーレム作りの能力を持つ彼に憧憬。自身のサーヴァントに対し、即弟子入りを申し出ています。

表面上は上手くいっていたが…

そんな経緯から彼らはサーヴァントが師匠で、マスターが弟子という上下の逆転した奇妙な主従関係を築いていました。ロシェは自分ですら想像のつかない遥か高見にいる先生のことを尊敬して慕っており、本来人間嫌いのアヴィケブロンも若干煙たがりながらもまんざらではない様子。そんな表面上は理想に見える、仲睦まじいマスターとサーヴァントとして活躍しました。

しかし、その一方的な信頼が本編では……。ゴーレムしか家族のいなかった少年と、そもそも初めからゴーレム以外見ていなかった探求者では、目指す方向は同じでも根本的な望みが大きく異なり……。この続きはぜひ本編で。

【アヴィケブロンの魅力4】アヴィケブロンの声優は宮本充さん

そんなアヴィケブロンをアニメで演じる声優は宮本充さん。宮本充さんは1985年のアメリカ映画の吹き替えでデビューを果たした声優さんです。以来、アニメの他にも様々な映画の吹き替えや舞台俳優として、多方面で活躍しています。

アニメでは『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の中川圭一役や、『THE ビッグオー』のロジャー・スミス役などが有名です。最近では『血界戦線』でスティーブン・A・スターフェイズ役も演じています。アヴィケブロン役も渋くも、優しい声が素敵です。

アニメ『Fate/Apocrypha』で黒のキャスターとして活躍中!

そんなアヴィケブロンの活躍するアニメ『Fate/Apocrypha』は2017年7月に放送されました。奇妙な師弟関係を結ぶアヴィケブロン先生とロシェがどんな最期を迎えるのか? ぜひ実際にアニメで確かめてみてください。

また2017年9月現在では、まだ彼はFGOに実装されておらず、こちらからも目が離せません。ゴーレム作りという難しい性能の彼が、どんな形で実装されるのか今からとても楽しみです。――ということで以上、アヴィケブロンの魅力についてでした。

こちらの記事もオススメ!

Fate/Apocrypha Blu-ray Disc Box I(完全生産限定版)
アニプレックス (2017-12-27)
売り上げランキング: 670
Fate/Apocrypha vol.1「外典:聖杯大戦」【書籍】
TYPE-MOONBOOKS (2012-12-31)
売り上げランキング: 152

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1004131
1
Fessan white 上に戻る