2017.09.25.Mon. 2ヶ月前 ゆきのん

ポケモン図鑑の説明がシュールすぎる!残酷すぎて閲覧注意!?

劇場版も大好評で終了し、アニメでも絶好調のポケットモンスター。ゲームでも新作が発表され、今か今かと待っている方も多いのではないでしょうか。ところでみなさんはポケモン図鑑をじっくり読んだことはありますか?実はこのポケモン図鑑の説明がシュールで面白いと密かに話題になっているのです。今回はそんなポケモン図鑑について見ていくことにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

意外と面白い!ポケモン図鑑

夏に公開された映画「ポケットモンスター キミにきめた!」、みなさんはご覧になりましたか?さらにアニメ版のポケモンではついにカスミとタケシも登場しました。まさに大人世代を巻き込んだ演出に、再び火のついた人も多いのではないでしょうか。

ところでみなさんはポケモン図鑑をじっくりと読んだことはありますか?アニメでは図鑑の説明を聞き流すだけ、ゲームでもあまりじっくり読まない人が多いのではないでしょうか。実はポケモン図鑑、その説明文がシュールで面白いと密かに話題になっているのです。今回はそんなポケモン図鑑について見ていきましょう。

ポケモン図鑑の変化を振り返る!

まずはポケモン図鑑自体の形の変化から見ていきましょう。初代のポケモン図鑑は縦長横開きのシンプルな形状をしていました。これがこのままおもちゃ化もされ、持っていたという人も多いのではないでしょうか(ちなみにわたしも持っていました)。

この頃のポケモン図鑑は身分証明ができるだけでなく、見つけたポケモンが自動的に登録されるという画期的なものでした。ポケモンについての説明も自動音声でわかりやすく解説してくれるのでとても面白かったですね。ポケモン図鑑の音声の真似をしている人もたくさんいました。

金銀も少し形状が変わったものの、基本的には縦長横開きでしたね。一気に変わったのはルビー・サファイアでしょうか。こちらの画像の物はリメイク版のORASのものなのでルビー・サファイアのものとは少し異なっていますがご紹介させてくださいね。ORAS版のポケモン図鑑はまるでGBAのような形をしていました。実際にプレイしていた機器と同じ形をしていると懐かしさが増しますよね。

ちなみにルビー・サファイアの場合はGBASPのような形をしていました。昔のパタパタ閉じるタイプの携帯電話に似たような形ですね。こちらも当時は最新の機器でしたから、子どもたちの心をくすぐったことでしょう。

こちらはダイヤモンド・パールのときの形になります。とても複雑な形になってきましたね。でもどこかゲームのコントローラーを思わせるような形もしています。ゲーム版ではこの頃から「捕まえた数」よりも「見つけた数」のほうが重視されるようになりました。より図鑑らしくなってきましたね。

DPはまだリメイクがされていませんが、リメイクすることになったらORASのようにまた形状が変わるのでしょうか。当時プレイしていた人にとっては大変楽しみですね。次に発売されるのはウルトラサン・ムーンになるのでまだまだ先にはなってしまいますが、今から気になってしまいますね。

BWになるとさらにコンパクトで持ち運びがしやすくなってきます。まるで昔の携帯電話を思わせるようなデザインですね。この頃からポケモン図鑑もアニメーション付きになりました。まさに「かがくのちからってすげー!」ですね(笑)。

またゲーム版ではこの頃から色違いポケモンにも対応するようになりました。ゲームをする人の中には乱数調整を行って色違いポケモンを集めるのが好きな方もたくさんいましたので、図鑑集めにも力が入るのではないでしょうか。科学の進歩で面白くなってきていますね。

そしてサンムーンではなんとポケモン自体が図鑑になってしまいます。そう、その名もロトム図鑑です。ロトムとは様々な形状に変化するポケモンで有名ですが、今回は図鑑になってしまうということでゲーム発売当初から大変話題になりました。

ゲーム版でも図鑑の中にロトムが入ったときは衝撃を受けましたね。もうトレーナーが図鑑を持ち歩いたり、いちいち開いて調べたりする必要がなくなったわけです。ロトム図鑑自ら移動し、トレーナーが声をかけると勝手に調べてくれます。まるで現代の生きるSiriのようですね。「かがくのちからってすげー!」です(笑)。

図鑑はサンムーンで更にパワーアップ!?既存のポケモンにも注目!

さて本題に入りましょう。その説明文がシュールと噂のポケモン図鑑、実は同じポケモンでもシリーズごとに説明文が変わっているのです。そのシュールさや面白さ、恐ろしさや残酷さがサンムーンになってよりリアルに表現されています。

まずは今まで存在していたポケモンの説明文から見ていきましょう。特におすすめのものをご紹介したいと思います。中には残酷なものもありますので、苦手な方はご注意ください…。それではどうぞ!

ヤドン

初代から登場しているヤドン。初代ポケモンの生みの親の一人である増田順一氏も大好きなヤドンですが、このキャラの説明文が酷いことになっているのです。赤緑では「いつも ボーッとしていて なにを 考えているか 分からない。尻尾で エサを 釣るのが 得意」となっていました。

しかし銀では「シッポの 先から 甘味が 滲み出ている。栄養は ないが かんでいると 幸せな 気分」…だんだん怪しくなってきました。そして今回のムーンでは「ヤドンの尻尾を 干したあと 塩水で 煮込んだ 料理は アローラの 家庭の 味」…そう食べちゃいました。金銀ではロケット団がヤドンの尻尾を切って大罪になっていましたが、アローラでは家庭の味だそうです…。

マニューラ

DPで初登場したマニューラ、可愛くてかっこよくて大人気のポケモンですよね。このマニューラの説明文も大変なことになっています。登場した当初の説明文は「寒い 地域で 暮らす ポケモン。 4、5匹の グループは 見事な 連携で 獲物を 追いつめる」となっていました。

しかしムーンでの説明文はより具体的になっています。「寒い 場所に 棲み アローラでは ロコンや サンドが 主な 餌。 獲物は 仲間で きちんと 分ける」…わかってはいます、ポケモンも生き物なので食物連鎖が働いているのでしょう。しかし、ロコンやサンドが食べられてしまっている様子を想像すると…鳥肌が立ってきてしまいます。

ニューラ

マニューラの進化前の姿であるニューラは金銀で登場しました。最近では大人気アプリ「ポケモンGO」で金銀のポケモンが出現するようになりましたので、再び人気が急上昇中のポケモンになっています。このニューラの説明文も非常に残酷なことになっています。

金では「鋭いツメを 指の 中に 隠している。いきなり 伸ばして 襲ってきた 相手をを 怯ませる」となっていましたが、ムーンでは「ツメで タマゴに 穴を 開けて 中味を すする。 ブリーダーに 憎まれ 駆除 されることもある」となっています。銀には「親のポッポ」という単語も見つけられましたのでこれはポッポの卵のようですね。恐ろしい…。

ドレディア

ドレディアはBWで初登場したポケモンです。その美しさと可愛さから、Twitterでは擬人化のイラストを描く人もいるほど人気のポケモンになっています。しかしこのドレディアの説明文もやけにリアリティのあるものになってしまっているのです。

ブラックでは「美しい 花を 咲かせるのは ベテラントレーナーでも 難しい。セレブに 人気の ポケモン」となっていました。まさにドレディアらしい綺麗な説明文です。しかしムーンでは「パートナーとなる ♂が できた 途端に 美しい 花は くすんで しおれ 枯れていく」となっています。美しい花は異性のためのものらしいです…。まるで現実世界の様でため息が出てしまいます。

おもしろポケモン図鑑の一部を紹介!【サンムーン編】

ヨワシ

サンムーンのストーリーでは試練にも登場したヨワシ、「たんどくのすがた」では1匹の弱々しい姿ですが、「むれたすがた」では強大な力を発揮する面白いポケモンです。このヨワシの説明文もとても面白いものになっています。

「たんどくのすがた」でのムーンの説明は「とても 弱く とても 美味しいので 常に 誰からも 狙われているが いじめていると ひどい目に あうぞ」…美味しいらしいです。どんな味がするのでしょうね。しかし「むれたすがた」になると「その姿に ギャラドスも 逃げ出す。 力を 合わせ 撃つ みずでっぽうは ハイドロポンプを しのぐ 威力」…強すぎですね(笑)

キテルグマ

アニメにも登場し、ロケット団と戯れている姿が非常に可愛いキテルグマ。ゲームに出てきた時もあまりの可愛さに即ゲットしてしまいました。そんな愛らしい見た目とは裏腹の説明文が、このキテルグマにはつけられてしまっています。

ムーンでの説明文を見てみると「仲間と 抱きしめあう くせが ある。 その力で 背骨を 砕かれて 世を 去る トレーナーも 多い」とあります。…なんとトレーナーがお亡くなりになる例もあるのですね。アニメのロケット団が危ない…!みなさんもキテルグマには十分お気を付けください…。

マケンカニ

サンムーンで登場したポケモンで、捕まえるのに少し苦戦を強いられるのがこのマケンカニです。生息している場所に特徴があるだけでなく、パッと見タイプを勘違いしてしまいそうになりますね。そんなマケンカニの説明文もなかなか面白いものがあります。

ムーンでは「なぐり過ぎで ハサミは よく もげるが すぐに 生える。 ハサミの 中味は 少ないが コクがあって うまいぞ」という説明文になっています。アローラではやたらポケモンを食べる習慣があるように思われますね。実際も蟹みそなどはとても美味しいので、マケンカニもそのような味がするのでしょうか…。

シュールすぎるポケモン図鑑の裏設定とは?

ここでポケモン図鑑の裏設定をひとつご説明しましょう。初代のポケモン図鑑ではよく登場していた現実の動物がひとついます。それが「インド象」です。ライチュウやゴースの説明文で登場しています。そのことからポケモンの世界には、インド象ポケモン以外の生物が存在しているということになります。

ここでひとつの噂があります。もともとポケモンの世界には私たちの世界のような生物が存在していたと言います。しかし新しいポケモンが発見されるたびにその生物たちは姿を消していっているそうです。もしかしたら初代には存在していたインド象も、今では別のポケモンに変化してしまっているかもしれませんね。

待望の新作発売決定!ポケモン図鑑にも注目してみて!

ポケモンファン待望の新作が2017年11月17日(金)に世界で同時発売されることが決定されました。その名も「ウルトラサン・ウルトラムーン」です。前回の「サン・ムーン」のマイナーチェンジになりますね。しかしマップや服装に追加要素があったり、新たな伝説ポケモンが追加されたりと、新たな気持ちで楽しめる要素がたくさんあります。

そこで忘れていけけないのがポケモン図鑑です。サンムーンでも面白い説明文がたくさん追加されていましたので、新作でも更にパワーアップしているのではないでしょうか。中には怖い要素もたくさんあるかと思いますので、勇気のある方はぜひ、ポケモン図鑑にも注目してみてください!きっと新しい発見があるはずですよ!
こちらの記事もオススメ!

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1004264
1
Fessan white 上に戻る