2017.10.15.Sun. 3ヶ月前 ししなみ

高海千歌が可愛い10の理由!千歌ちゃんが人気の秘密を徹底紹介!

2017年10月よりセカンドシーズンが始まった『ラブライブ!サンシャイン!!』の主人公・高海千歌。劇中に登場するスクールアイドルグループ「Aqours(アクア)」の発起人でもある彼女の可愛い魅力を、ファーストシーズンのネタバレも込みで余すところなくご紹介していきます!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

高海千歌の可愛すぎる魅力を徹底紹介!

高海千歌とは? 

高海千歌は『ラブライブ!サンシャイン!!』の主人公で、劇中に登場するスクールアイドルグループ「Aqours(アクア)」の発起人です。浦の星女学院に通う高校2年生で、他のメンバーからは「千歌」「千歌ちゃん」「ちかっち」などと呼ばれています。

誕生日は8月1日。血液型はB型。身長は157㎝、スリーサイズはB82・W59・H83で、Aqoursの中ではほぼ平均に近い体型をしています。趣味はソフトボールとカラオケで、特技は鉄棒・卓球・習字。アニメの第1シーズンでは、目立って表に出てきたことはありませんでしたが、実は文武両道な趣味と特技を持っています好きな食べ物はみかんで、イメージカラーもみかん色。ライブのメンバー紹介の際のコール&レスポンスも、それにまつわるものになっています。

ここからは、そんな高海千歌の魅力を1つ1つご紹介していきたいと思います。

その1:好きにまっすぐな高海千歌が可愛い!

自分のことを平凡な人間だと思っていた千歌は、ある日スクールアイドルグループ「μ‘s(ミューズ)」の映像に出会い、衝撃を受けます。「自分もあんな風に輝きたい!」。そんな憧れを胸に抱いた千歌は、高校でスクールアイドルグループをつくることを決意します。

千歌がμ‘sに夢中になっているときの姿がとにかく可愛いのです! 顔に満面の笑みが浮かんで、目はキラキラと輝きだす。時にはハイジャンプを決めてしまうこともあり、そんな彼女の姿に思わずこちらまで笑顔になってしまいます。Aqoursのメンバーであり、千歌の幼馴染でもある渡辺曜は、そんな千歌のことを「スクールアイドルに恋してる」と言っています。

その2:うっかりさんな高海千歌が可愛い!

ピアノが得意な梨子初めて作曲を承諾してもらった時のこと(第1シーズン第2話)。梨子から「詞をちょうだい」と言われた千歌は、「それはなんじゃ?」と言わんばかりにあたりを探し回ります。曜とミュージカルみたいなことまでやって、初めて歌詞をつくっていなかったことに気がつくのです。

やりたいことに夢中になってしまうあまり、ついうっかり大事なことがすっぽぬけてしまう。それもまた、千歌の可愛らしい魅力の1つです。

その3:仲間思いな高海千歌が可愛い!

好きなことにはとことん夢中になってしまう千歌ですが、実は意外に周りのことをよく見ている女の子なのです。

東京のライブイベントで挫折を経験してしまったときのこと(第1シーズン第8話)。千歌は「自分が泣いたら、みんなが悲しくなってしまう」と思い、メンバーの前で気丈に振る舞い続けます。しかし、海辺で梨子と話しているうちにとうとう耐えられなくなって涙をぼろぼろと零してしまうのです。

周りのためを思って、笑顔を振る舞い続ける姿。幼い子どものように声を上げて泣いてしまう姿。その後に見せる本当の笑顔。Aqoursが挫折を経験する姿は見ていてつらいものがありますが、千歌の仲間への思いやりがたくさん感じられる素敵な内容になっているので、第1シーズン第8話は必見です!

その4:高海千歌の声優が可愛い!

千歌の声優は、「あんちゃん」こと、伊波杏樹が務めています。1996年2月7日生まれの21歳(2017年10月現在)。身長と血液型は、千歌と同じ157㎝B型です。真っ直ぐで伸びのいい声が特徴の、いま期待の若手声優です。

見た目も声も可愛い彼女ですが、なんと中学時代は3年間空手部に所属(特技は切れ味の鋭い回し蹴り!)。その時培った精神力が今の芝居の支えになっていると、インタビューの中で答えています。
そんな彼女の活躍は、実は声優だけにとどまりません。舞台女優としても活動しており、『ダンガンロンパ2 THE STAGE』の澪田唯吹役、『NARUTO-ナルト-』の山中いの役など、ゲームや漫画好きの間では有名な役どころを演じています。

こちらの記事もオススメ!

その5:高海千歌の家族が可愛い!

第1シーズンのアニメでは、千歌の母と2人の姉が登場しています。

3人姉妹の長女の志満(しま)は、ロングの黒髪の似合う、やわらかい雰囲気の女性です。帰りのバスを逃したメンバーを家まで車で送っていったり、PVの演出を手伝ったりするなど、スクールアイドル活動を始めた千歌たちをあたたかく支えてくれています。

次女の美渡(みと)は、薄茶色のショートカットの女性で、さっぱりとした性格をしています。会社に勤めている社会人で、普段は妹の千歌のことをからかったりもしますが、いざという時に力になってくれる、実はとても頼もしいお姉さんです。
そして、なんといっても驚くべきは千歌の母です。「え? 母?」と思わず言いたくなってしまうような幼い容姿! 第1シーズンの最終話に登場し、千歌と並んだ姿に梨子が驚かされていましたが、テレビの前の視聴者も驚かされました。ちなみにその声はなんとあの人気声優・釘宮理恵が担当しています(『ラブライブ!』シリーズに登場する母親は有名な声優が声をあてることが多いのですが、今回もやっぱり豪華!)。

その6:高海千歌のクッションが可愛い!

千歌の家は「十千万」という名前の旅館を営んでいて、その2階に千歌の個人部屋があります。その部屋には3つのクッションが置かれています。

あるのは、「伊勢エビ」、「ダイオウグソクムシ」、「カニ」の3種類。

それぞれの造形がリアル! ネコやパンダのようなわかりやすく可愛いものではなく、あえてこのチョイス! 海のそばに家があるとはいえ、そのセンスがとても可愛いです。

その7:高海千歌の髪型と私服が可愛い!

いつも元気で明るく走り回っている千歌には、やっぱりスポーティーでちょっとボーイッシュな服装がよく似合います! そして、千歌は左サイドの髪をいつも三つ編みにしていますが、私服になるとほどいてしまうこともあります。
元から少し幼い顔立ちをしていますが、それをほどくと更に幼く見えてしまいます! その可愛さに思わずぐっときます!

その8:ルビィちゃんをかわいがる高海千歌が可愛い!

Aqoursのメンバーの1人であるルビィは、引っ込み思案な女の子。親しくない人を目の前にすると、つい人の後ろや物陰に隠れてしまう癖があります。

そんなルビィを木陰から誘い出すために千歌が使ったものが、なんと棒付きキャンディー(第1シーズン第2話)!

まるで小動物を相手にするように、「ほーらほら」と、少しずつ木陰から誘い出し、最終的に「捕まえた!」と満面の笑みで抱きしめてしまいます! 第4話には、図書室の扇風機の陰に隠れたルビィをドヤ顔で見つけ出して「かわいい!」と言っているシーンもありますが、そんな千歌がとっても可愛いです。

その9:梨子ちゃんを見送った高海千歌がカッコいい!

Aqoursの作曲担当の梨子は、実はコンクールでピアノを弾くことができなかったトラウマを抱えています。第1シーズン第10話で、そんな彼女の元に次回のコンクールのお知らせが届きます。その開催日はなんとAqoursの出場する大会の予選と同じ日。もういちどチャレンジしてみたい気持ちもありましたが、悩んだ末に梨子はAqoursの一員として大会の予選に出ることを選びます。

しかし、事情を知った千歌は「ピアノコンクールに出てほしい」と梨子に言います。スクールアイドルに対する強い憧れを胸に抱いてAqoursを立ち上げた、他ならぬ千歌がそう言うのです。梨子の音楽に対する気持ちに、答えを出させてあげるために。

話している間は笑顔でいられたのに、梨子に抱きしめられた途端、千歌は思わず泣き出しそうな表情を浮かべてしまいます千歌はどれほど葛藤して梨子を送り出すことに決めたのか。観ているこちらが思わず泣きそうになってしまいます。千歌が話している間に流れるBGMが、「違う場所へ向かうとしても信じてる」という歌詞のある「想いよひとつになれ」という曲であることもまた涙を誘います。

友達思いの千歌は本当にカッコいいぞ!

その10:曜ちゃんのために走った高海千歌がカッコいい!

予選の曲は千歌と梨子のダブルセンターの予定でしたが、コンクールのために梨子が抜けることが決まり、代わりに曜がそのポジションに入ることが決まります(第1シーズン第11話)。

千歌と曜は早速練習を始めますが、なかなかステップを上手く合わせることができません。しかし、曜が自分のステップを捨てて、梨子のステップを真似るようになると途端に上手くいくようになります。その時から、曜は「千歌にとって自分は、一緒にやりづらい人間なのではないか?」という想いに苦しめられることになります。

そんな曜を救ったのも、他ならぬ千歌でした。夜にもかかわらず、バスでないといけない距離にある曜の家まで、自転車を走らせていくのです。2階のベランダにいる曜に千歌は、自分と曜だからこそできるステップに1からつくりなおそう! と、呼びかけます。曜は千歌の元まで走っていくと、思わず千歌を抱きしめて泣いてしまいます。

大切な幼馴染のために、いてもたってもいられず、夜道を走ってきた千歌。とってもカッコいいです!

セカンドシーズンの高海千歌の「あきらめない!」に期待!

ここまで高海千歌の魅力を1つ1つご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

μ’sの発起人・穂乃果はみんなを明るく照らしてぐいぐいと引っ張っていくような主人公でしたが、千歌は彼女とはまた違った魅力を持っています。千歌には真剣に仲間と向き合い、しっかりと手を結んで、一歩ずつみんなと前に歩いていく力があるのです。

彼女から始めたAqoursという小さなつながりは、これから大会を通して、1から10へ、10から100へと、もっと大きなつながりへと成長し、やがて彼女自身も驚いてしまうような大きな輝きになっていくのでしょう。

2017年10月から始まった第2シーズンでは、Aqoursは早速大きな難題にぶつかっています。千歌はこれからみんなと本気をぶつけ合って素敵な未来を手に入れてくれると信じたいですね。これからの高海千歌の活躍に期待です!

こちらの記事もオススメ!

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1004479
1
Fessan white 上に戻る