2017.10.23.Mon. 1ヶ月前 うめこ

【キノの旅/シズ】もう一人の旅人を6つの真実から語り尽くす

ライトノベル作家・時雨沢恵一先生が送るオムニバスストリー「キノの旅」。ブラックユーモアあふれるストーリー展開は、ライトノベルの域を越え、大人たちでも引き込まれてしまう作品です。主人公のキノと平行して旅しているもう1人の旅人シズを通して5つの真実から語り尽くしていきます。ネタバレにご注意してください!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 4

『キノの旅』もう1人の旅人、シズとは?

あらすじ

「キノの旅」は、1人の少女で主人公・キノが、会話が出来るモトラドバイクのエルメスと一緒に旅をするストーリーです。一つの国には最大3日までしか滞在しないと決め、青年に見える格好で様々な国を旅しています。

戦いばかりしている「コロシアム」を開催している国で、強制的に参加することになったキノは、参加者のシズと出会うことになりました。紳士的なシズがある決意をして挑むコロシアム明らかになってくる真実と結末は、原作ファンやアニメファンを惹きつけていきます。

プロフィール

刀の達人であるシズは、原作小説では常に緑のパーカーとセーターを着用。パーカーには防水機能があり、切り倒した人間の返り血を浴びることが多いシズにとっては必須の洋服になっています。相棒は会話が出来る白くて大きな犬・陸をバギーに乗せて旅をしています。

一つの国には3日間だけしか滞在しないと決めているキノとは違い、シズの場合は居心地がよければ何日でも滞在をする旅人です。旅の当初は居場所を求めていたので、国の住人に誘われれば「住んでみようかな…」と思うこともあります。

空洞だらけの採石場に作られた国では、月に何度か陥没で命を落とすということを聞いて慌てて旅に出かけるという経験も。

性格は比較的優しく、頼みごとは聞いてあげちゃいます。ある国では、食料を盗賊に渡さなくてはいけなくて困っていると聞けば討伐。国の住人に討伐をしたことで残忍扱いされて、黙ってその場を後にするという苦い経験もしています。

シズの真実1:初登場はいつごろ?

シズは「コロシアム」で会話が出来る白い犬・陸と初登場します。降参するか、殺されるかの戦いをする国のコロシアムの決勝戦でキノとは出会いました。キノとの直接対決では互角の戦いを見せ、キノの気転で戦いの主催者である王様を倒すのを目撃します。

あっけにとられるも、シズも優勝した暁には王様を倒そうと考えていました。実はシズは優秀な前王様であった祖父を殺し、残虐なまでに国を統制していた現在の王様の実の息子だったのです。

破滅的な思考の王の血を引いていたとは驚きですが、上品そうな雰囲気をかもし出していたので確かに王子様だったのは頷けます。初登場時には、キノが女の子であることは気付いていない様子で、陸がたしなめるシーンもありました。

より深く描かれた2003年版「キノの旅」

2003年にアニメ「キノの旅」が放送された時には、「コロシアム」のエピソードは前編後編の2話構成で放送されました。キノの決勝戦までの課程が詳しく描かれ、シズとの対決も長めに放送。解決をして最後に別れる時でもシズはキノが少女だったということは気付かず、陸もはっきり明言していません。

原作の小説では、シズはもう1人の旅人として何度も登場するエピソードがあります。2003年版ではシズのプロフィール的な意味合いを込めて深く掘り下げ、シズはそれ以降登場しないことも特徴的といえます。

2017年に新たなスタッフとキャストでリニューアルして放送を開始した「キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series」。「コロシアム」のエピソードは駆け足気味で描かれています。今後の展開でシズが再登場するので初登場としてのエピソードの位置づけにすぎないのかもしれません。

シズの真実2:キノとの接点はあるの?

「コロシアム」での戦いの後、父親の王に復讐すると決めていたシズは、キノにその目標を達成されてしまいました。キノと「コロシアム」で別れた後、陸と一緒に旅にでることにしています。それ以降は、シズは独自の旅に出かけるのでキノとの接点はありません

再会するのは、原作の小説では第8巻のエピローグ「船の国」までなく、それぞれが旅を満喫していると国の住人の言葉などで訪れたことが判るようになっています。シズはキノだと判らずに、キノの話を聞いていたりするところがまたじれったくなるような、それが旅の醍醐味と感じるファンも多いのではないでしょうか。

シズの場合、原作小説のナレーション役は、犬の陸が担当しています。2017年のリメイク「キノの旅」でも「船の国」が放送決定していますが、陸のナレーションなのかも気になるところですよね。

「船の国」

シズとキノが再会するのは原作小説「キノの旅」第8巻「船の国」です。「船の国」は原作小説の旅の中でも200ページを越える長編エピソードで、読者の人気の国第3位にもなっていました。第8巻の冒頭「プロローグ・渚にて 旅の始まりと終わり」は、「コロシアム」で最後に別れた話を再現しています。

国全体が巨大な船という珍しい国に、シズは乗り込もうと国と取引がある商人たちに頼み込んで乗ることに成功しました。そこで15日間の滞在を希望したシズに、国の長老である船長が2つの選択を迫ります。

1つ目は国の治安維持のために用心棒兼警察の役割をするか、2つ目は国民たちと同じ生活、同じ労働をしながら過ごすというものでした。シズは2つ目の国民たちと同じように生活するというのを選びます。シズは元王子様ですが、国民に寄り添いたいという考えに沿って選んだような気がしますよね。

強烈な再会

過去の経験から船の国の危機を感じ取ったシズは、船全体の実態調査を開始します。何日も費やしてくまなく調査した結果が「沈没してしまう」という分析でした。船長や船の上層部に沈没することを伝えたシズに対して、船長は聞く耳を持ちません。

納得のいかないシズは、国を占拠してでも国民たちを助けると言い戦いを挑みます。シズとは違う1つ目の「国の治安維持のために用心棒兼警察の役割」を選んだキノが現れました。結構本気の戦いを繰り広げた後に、黒ずくめを脱いだキノ。

仲間とまでではなくても、「コロシアム」の最後には良好な関係で別れたはずなのにと思ってしまいますよね。さらに陸のことは覚えていたのに、「ところで…、えっと、お名前何でしたっけ?」と、シズのことは忘れてしまっていたキノは、「キノっぽいなぁ」と思わせてくれました。

シズの真実3:ティーとの出会い

キノとも再会を果たした「船の国」ですが、シズにとってはもう1人の旅仲間となる少女の出会いもありました。「船の国」の住人だったティファナことティーは、国に滞在中のシズを監視する役目として出会います。

髪が真っ白なのが特徴的で、言葉をほとんどしゃべりません。最初は会話が出来ないのかと思ったファンも多いと思いますが、実は両親が「船の国」にティーを捨てて旅に出てしまったという暗い過去があるため心を閉ざしているのだとわかりました。

シズが「船の国」から何とか下船することになった時には、心のトラウマが原因で、シズのことを刃物で刺してしまいます。瀕死の重症になったシズがどうなったのかは、「船の国」ではわかりません。別のエピソードでは仲良く旅をしている姿が描かれていたので、胸をなでおろしたファンは多かったと想像できますよね。

シズの真実4:キノも舌をまく刀の達人

シズは初登場の「コロシアム」でキノと直接対決をしています。両親から離れ、銃の手ほどきから生きていく術を教わり、数々のピンチに遭遇してきたキノとの対決は息を飲むほどでしたよね。そこでシズの刀の達人ぶりがファンたちの度肝を抜きます

銃を撃つ速さのキノに対して、シズはそれと同じ速度で歩きながら刀を使い弾をよけていきました。自分の父親を倒すためだけに刀の達人となったシズでしたが、父親が暗殺された後は、旅で自分や仲間たちを守るために刀を使うようになります。

どんな国に行ってもシズは朝起きたら刀の手入れ、素振りなど怠らずに毎日地道にノルマとしてこなしている姿が描写としてありました。細い刀で銃の弾にすらも立ち向かうシズにはあっぱれですよね。

シズの真実5:サモエド仮面との関係性は?

「キノの旅」には、パラレルワールドの世界「学園キノ」が作品として発表されています。キノに似ている主人公の木乃は、高校1年生で自称「謎の美少女ガンファイターライダー・キノ」略して「キノ」として学園で起きた事件を解決します。

キノの前に現れるシズに似ているサモエド仮面は、頭にリンゴと犬の耳をつけ、鳩がどこからともなく飛んできた後「ピンチだな!」と言ってやってきます。キノが解決寸前でやってくるのでほとんど邪魔しかしていないサモエド仮面の正体は(ほとんどばれていますが)、白い制服を着た高校3年生の静でした。

サモエド仮面に変身していない時は、学校の憧れの先輩として女子たちにモテまくっているのに、変身すると変態の要素100%になってしまうキャラです。原作者の時雨沢恵一先生の遊び心たっぷりの作品(かなり突き抜けている!?)になっているので、「キノの旅」の冷静で温厚なシズが好きなファンにとっては、読むのは別物としてとらえたほうがいいでしょう。

シズの真実⑥声優は入江崇史と梅原裕一郎の二人

キノの旅」では入江崇史さんが担当

2003年版「キノ旅」で刀の達人・シズを演じるのは俳優の入江崇史さんです。テレビ東京で放送された「孤独のグルメ Season4 」第10話で登場した 藤田役や海外ドラマ「クリミナル・マインド5 FBI行動分析課」のサマーズ役などのドラマの吹き替えなども担当しています。

2003年版のシズは、2話だけで登場を終えてしまいました。2017年時点で、原作本は20巻を突破し、1巻出版されるごとに必ず1話はシズ編が執筆されています。2003年時点では、シズが再登場する「船の国」が収録されていた第8巻(2004年出版)が、出版されていなかったため活躍の場が少なかったのが残念でしたよね。

「キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series」では梅原裕一郎さんが担当

2017年にリメイクされた「キノの旅」でシズの役を演じているのは、声優の梅原裕一郎さんです。梅原裕一郎さんは、「カブキブ!」村瀬とんぼ役や「D.Gray-man HALLOW」のレゴリー・ペック役、「神撃のバハムート VIRGIN SOUL」ではシャリオス17世役など、話題のアニメにも多く出演している人気「イケボ」の声優さん

2003年版では描かれなかったシズ大活躍の「船の国」で、梅原裕一郎さんが演じるシズはどんな活躍をしてくれるのか、「キノの旅」ファンも、梅原裕一郎さんファンも楽しみですよね!「船の国」が終わっても、旅の新たな仲間として少女のティーとの掛け合いもどう再現されていくのか気になってしかたがありません。

「キノの旅」のもう1人の旅人・シズも独自の旅をしていた

主人公・キノの旅を中心に描かれてきた「キノの旅」。キノが対決した人物の中でただ1人互角に戦うことができるキャラクターとして登場したシズは、キノに救われた人物でもありました。

旅先でたまたま遭遇した出来事として終わらずに、キノと平行してシズの旅も同時進行で進んでいます。ファンにはキノの目線だけではなく、シズの目線で旅を見ることによって多角的に「キノの旅」を楽しめるのではないでしょうか。

今後もシズはキノと再会するのか、再会した時には名前は忘れられていないか、さらにはシズのゴールはどこなのかも期待していきたいですよね!

こちらの記事もオススメ!

キノの旅 the Beautiful World (電撃文庫)
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2014-11-01)
売り上げランキング: 494
キノの旅XXI the Beautiful World (電撃文庫)
時雨沢 恵一
KADOKAWA (2017-10-07)
売り上げランキング: 180
1 ゲスト 22日前

旅の当初は居場所を求めていたので、国の住人に誘われれば「住んでみようかな…」と思うこともあります。

当初はというか、今も移住する国を探して旅をしてますが
ティーのためにも落ち着いて暮らせる国を見つけなれば、という思いが強くなったくらいですよ

返信
like
0
dislike
0
2 ゲスト 21日前

>瀕しの重症になったシズがどうなったのかは、「船の国」ではわかりません。

いや、同じ巻に収録されてる「船の国b」で命を取り留めたシズがキノと別れるシーンが描かれてますが?
アニメでも、ちゃんとそのシーンが描写されましたよ

返信
like
0
dislike
0
3 ゲスト 20日前

>国の住人に討伐をしたことで残忍扱いされて、黙ってその場を後にするという苦い経験もしています。

アレはシズ自身がぞうなるだろうと承知でやった事だから苦い経験とは微妙に違うと思います

「船の国」の一件の方が苦い経験でしょう
結局ティー以外は誰も救えず、ティーからも育ての親と居場所を奪ってしまったんですから

返信
like
0
dislike
0
4 ゲスト 3日前

シズの旅の目的は今も昔も移住できる国を探す事ですよ

原作は第1巻からエピローグを、あえて冒頭に持ってくる構成です
「船の国」のエピローグは同じ8巻の冒頭に収録されてますよ

返信
like
0
dislike
0

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1004518
1
Fessan white 上に戻る