2017.11.24.Fri. 22日前 ししなみ

【ごちうさ】チノちゃんが可愛い10の理由!思わず「妹」にしたくなる魅力まとめ【ご注文はうさぎですか?】

2017年11月11日より、OVAが劇場公開された人気作『ご注文はうさぎですか?』。その中に登場する喫茶店「ラビットハウス」の看板娘・チノは、人見知りだけど友達思いな女の子です。そんなチノちゃんの可愛い魅力についてご紹介します!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

チノってどんな子?

「ごちうさ」という略称でおなじみの『ご注文はうさぎですか?』は、日本の漫画家・Koiによる4コマ漫画作品です。2014年4月より第1期のテレビアニメが放送され、2015年10月から第2期のテレビアニメが放送されました。2017年11月からは、OVA『ご注文はうさぎですか?? 〜Dear My Sister〜』が劇場公開されています。

チノは、物語の舞台となる喫茶店「ラビットハウス」のオーナーの孫娘です。身長144㎝で、血液型はAB型。誕生日は12月4日。物語が始まった当初は13歳の中学2年生でしたが、時が移った今は15歳の中学3年生となりました。

チノはクール人見知りなところがありますが、人に対する思いやりを持っている女の子です。そんなチノの魅力について、ご紹介していきます!

チノが可愛い理由1:本名とその由来がかわいい

チノの本名は、香風智乃(かふうちの)と言います。香風(かふう)が苗字で、智乃(ちの)が名前。名前の音の通り、アレンジコーヒーのひとつである「カプチーノ」が由来です。漢字はただの当て字だと思われますが、ちょっと知的な雰囲気の名前ですよね。

チノに限らず、「ごちうさ」ではコーヒーや紅茶などの飲料が元になった名前が数多く存在します。たとえば、「ごちうさ」の主人公・ココアの本名は、保登心愛(ほとここあ)「ホットココア」がその名前の由来です。

ちなみに、チノの父親のタカヒロという名前は、一見コーヒーや紅茶などとは関係なさそうですが、コーヒードリップポットや業務用厨房用品などの製造販売を行っている「株式会社タカヒロ」が由来なのではないかと推察されています。

チノが可愛い理由2:声は若手実力派声優・水瀬いのりが担当!

水瀬(みなせ)いのりは、東京都出身の若手人気声優です。1995年12月2日生まれ21歳(2017年11月現在)。ファンからは、いのりん、いのすけなどの愛称で親しまれています。『恋愛ラボ』の棚橋鈴音役や、『がっこうぐらし!』の丈槍由紀役などで有名です。

『心が叫びたがってるんだ。』の成瀬順役を務めた際には、その演技が高く評価され、第25回日本映画批評家大賞新人声優賞を受賞しました。実写作品では、NHKの朝ドラで有名な『あまちゃん』成田りな役として出演したことがあり、第64回NHK紅白歌合戦『あまちゃん』の企画コーナーにも出演した経験があります。

こちらの記事もオススメ!

チノが可愛い理由3:頭の上にはいつもふわふわのウサギがいる

チノがいつも頭の上に乗せているのは、ティッピーという名前のアンゴラウサギです。正式名称は、ティッピーゴールデンフラワリーオレンジペコ紅茶の等級がその名前の由来になっています。

見た目はふわふわもふもふの毛玉のようなウサギではありますが、実はチノの祖父の意識がその身体に宿っています。元々はただのメスの飼いウサギでした。しかし、チノの祖父の死後、何らかの原因によって、その意識がウサギの身体に乗り移ってしまいました。このことは、家族であるチノとタカヒロ以外の人間には内緒にしています。

ちなみに、ウサギの姿になっても、大変渋い声で人語を話すことができます。ティッピーが家族以外の人間の前で話してしまったことは、すべてチノの腹話術ということになっています。ティッピーが人前で話し出したときに、口元を隠して腹話術をやっているように見せているチノちゃんは大変可愛いです。

チノが可愛い理由4:お父さんがダンディ

ラビットハウスは昼間は喫茶店として営業していますが、夜はバーとして営業しています。チノの父親のタカヒロはそのバータイムに、バーテンダーとして働いています。彼はなんと、かつてラビットハウスが経営難に陥ってしまったときに、ジャズによってそれを救った過去の持ち主。『Fate/Zero』の遠坂時臣役で有名な速水奨が声を担当しているので、大変ダンディで色気のある声をしています。

彫りの深い顔立ちからはちょっと想像しにくいですが、実は茶目っ気のある性格をしています。普段バータイムでは渋い色の蝶ネクタイをしていますが、父の日に手作りのウサギ柄のネクタイを贈られたときには、微笑んでそれを身につけていました。チノとココアが父の日のプレゼントづくりについて話し合っているのを、ドアの外でそっと聞いていたときには、嬉しそうに頰を赤らめたことも。

ちなみに、チノの母親は既に亡くなっています雪のように白い髪と青い瞳を持った女性で、明るい性格をしていました。ラビットハウスで働く際に、チノ、リゼ、ココアが身につけている制服は、実はチノの母親が生前に「チノが大きくなったら、この喫茶店で友達と一緒に働けるように」と思い、制作したもの。チノはとても可愛い女の子ですが、チノの家族もとても素敵で可愛いですね。

チノが可愛い理由5:将来の夢はバリスタ

チノの将来の夢は、バリスタとなって家業の喫茶店を継ぐことです。すごいことに、すでにコーヒーの香りだけで、その銘柄を当てることができるだけの知識を有しています。しかし、味覚は歳相応のようで、まだミルク砂糖を入れないとコーヒーを飲むことができません。リゼがココアに対してそのことを明かした際には、恥ずかしかったようで、持っていたノートで顔を隠してしまいました。

チノが可愛い理由6:前衛的な絵が描ける!

チノの描く絵は大変個性的です。リゼとココアとチノでラテアートをつくってみた際、手慣れたリゼは上手な絵を、初心者のココアはたどたどしくも可愛らしい絵を描いていましたが、チノがつくりあげたのはまるでピカソのような前衛的な絵でした。

チノは自分の描く絵に悩んでいましたが、中学校の写生大会で自分の個性を貫いた絵を描いた結果、ちょっと吹っ切れたようでした。ココアとリゼに自分の描いた絵を見てもらって「すごくいい!」と言われたときに、嬉しそうに照れていたチノちゃんは大変可愛いです。

こちらの記事もオススメ!

チノが可愛い理由7:実は多趣味

チノはボトルシップパズルなどの、こだわりが感じられそうな趣味の持ち主です。部屋の棚の上には自分でつくったボトルシップが飾られていますし、ラビットハウスがおやすみの日には、とっておきのボトルシップを組み立てるのだと目を輝かせていました。毎日少しずつつくるのを楽しみにしていたパズルを、ココアによって勝手にほぼ完成させられてしまったときには、すっかり不機嫌になってしまった、なんてことも。

1人で出来そうな趣味を除けば、チノは祖父の影響でチェスをすることも好きです。千夜とチェス勝負をした際、千夜が勝ったら「ティッピーがびしょ濡れになったらどうなるか見せてもらう」、チノが勝ったら「ココアに自分のことを『お姉さん』と呼ばせる」という賭けを行ったことがありました。

結果はチノの勝利。珍しくココアがチノのことを「お姉ちゃん」と呼ぶ姿が見られることになりました。いつもは「お姉ちゃんって呼んで!」と言っているココアが「お姉ちゃん」と呼ぶ姿を冷静に見つめていたチノちゃん、可愛いです。

こちらの記事もオススメ!

チノが可愛い理由8:酔ったときの破壊力がすごい

シャロの家でみんなでカレーをつくることになったときのこと。リゼは父親からもらったチョコレートボックスのうちの1粒を、その隠し味として入れます。それはどうやらブランデー入りだったようで、リゼに勧められてそのチョコレートを直接口にしたチノココア酔っ払ってしまいます。ココアの酔いはすぐに醒めましたが、チノの酔いはなかなか醒めません。そのときのチノがあまりに可愛すぎるのです。

普段はココアから「お姉ちゃんって呼んで!」と言われても、めったに口にすることなんてありません。それなのに、酔ったときは甘えた口調で誰彼見境なく「お姉ちゃん」と言い続けるのです。酔っていたときの記憶は残るタイプだったようで、酔いから醒めた後は、顔を真っ赤にして「今までの、全部演技ですから!」と言って、一所懸命ごまかそうとしました。そこまで含めて、チノちゃん、可愛すぎです。

こちらの記事もオススメ!

チノが可愛い理由9:ココアとの「姉妹」関係がかわいい

ココアは高校入学を機に、木組みの家が立ち並ぶ石畳の街へと、たった1人で引っ越してきました。その街にある喫茶店「ラビットハウス」で下宿を始め、チノのことをまるで実の妹のように可愛がるようになります。人見知りなチノの方はといえば、初めのうちはココアのそんな態度に戸惑ったり、困ったりしていました。しかし、時が経つにつれ、チノの心にも変化が生じるようになったのです。

冬のとある朝、チノはココアが風邪を引いていることに気がつきます。夜に近づけば近づくほどその風邪はひどくなり、ココアの意識が朦朧とするまでになってしまいます。ティッピーから風邪薬が切れていることを知らされ、雪が積もって危険な夜にもかかわらず、チノは千夜の元に薬をもらいに出かけます

チノを追いかけてきてくれたティッピーから「仕方ないじゃろう。チノの大事な姉があの状態ではな」と言われたとき、チノは「お姉ちゃんじゃありません!」と、ティッピーのことをぽかぽかと叩きながら否定しました。しかし、チノがいてもたってもいられずに外に飛び出したのは、他ならぬココアのことが大切で、心配だったためでした。

チノが薬をもらってきた甲斐あって、ココアの風邪は無事に治りましたが、今度はチノの方がおたふく風邪を引いてしまいます。それも治った朝、チノは意を決して、寝坊しているココアを起こしにいきます。目覚まし時計が鳴っても、揺すっても起きなかったココアの耳元で、チノはある言葉をそっと呟きます。すると、ココアの意識が一気に覚醒し、チノの頭と思いきり頭がぶつかってしまいました

チノのココアに対するデレが直接的に見られるシーン。このときに呟いたチノの一言に、思わずきゅんとしてしまうこと間違いなしです! 普段はココアに対して淡白な態度ばかりとっていても、実はココアのことを慕っているチノちゃんがとっても可愛いです!

こちらの記事もオススメ!

チノが可愛い理由10:癒し系ボイスのキャラクターソング

「ごちうさ」では、数多くの魅力的なキャラクターソングがつくられています。その中から、チノのソロのキャラクターソング3曲ご紹介したいと思います!

1曲目は「未来パズル」。2015年11月25日にリリースされた、チノのキャラクターソングミニアルバムに収録されている1曲です。ココアに出会ってから変化していったチノの気持ちが、チノの趣味であるパズルにたとえられて歌われています。聴いていると、つい楽しくなってしまうようなリズムとメロディーラインココアを慕っているチノの気持ちに思わず微笑んでしまうこと間違いなしです!

2曲目は「FUN!FUN!」。2016年10月26日にリリースされた、チノのキャラクターソングCDに収録されている1曲です。ちょっと照れくささを感じながらも、友達に囲まれた賑やかな日常を楽しんでいるチノの気持ちが歌われています。曲調はポップで明るいもの。よく晴れた午後に、街の中をぶらっと歩きながら聴きたくなるような1曲です。

3曲目は「あした元気になぁれ!」。2016年11月25日にリリースされた、チノと、チノの友達のマヤとメグで構成されたユニット「チマメ隊」にスポットを当てたCDの中に収録されている1曲です。

誰かを幸福にしたいチノの気持ちが、チノの特技の1つであるカフェ・ド・マンシー(コーヒー占い)を元にして歌われています(ちなみに、カプチーノが名前の由来となっているからなのか、実はチノのカフェ・ド・マンシーは、カプチーノでないと当たりません)。ポップな曲調で、聴くと元気になれるような1曲です!

かわいすぎるチノちゃんの活躍をこれからも見逃せない!

ここまでチノの魅力をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

物語が始まる前、チノは閉ざされた小さな世界で生きている女の子でした。しかし、ココアが突然の春の嵐のようにチノの前に現れたことでその世界は一変し、チノはさまざまな人とつながりを持つようになり、その人たちと遠くへ出かけるようにもなりました。

「ごちうさ」の中に、ココアがチノへの謝罪のために巨大なパズルを買ってきて、みんなで協力してそのパズルを完成させる展開がありました。きっとそんな風に、チノの小さなパズルのような世界は、周りの人たちの力によって、より大きなパズルのような世界へと変わっていくのでしょう。それこそ、「未来パズル」の歌詞にもあったように。これからも、そんなチノの成長と活躍に期待です!

こちらの記事もオススメ!

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1004741
1
Fessan white 上に戻る