2017.12.03.Sun. 13日前 SAI

【モブサイコ100】キャラの強さを勝手にランキング!最強は誰?

様々な超能力者が登場するモブサイコ100。大迫力の戦闘は十人十色、個性を生かした戦い方ばかり。いったい誰が最強なのか?推察してトップ10を紹介します!モブは何位に食い込めるのか??

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

「モブサイコ100」に登場する個性的な超能力者達をランキング!

主人公であり超能力者のモブこと影山茂夫(かげやま しげお)を中心に熱い超能力対決が繰り広げられるモブサイコ100。数々の戦いを乗り越え心身ともに強くなっていくモブに勇気づけられた読者も多いことでしょう。今回はこれまでのバトルを振り返り、最強超能力者は誰かを徹底考察

上位10人をカウントダウン形式で紹介していきます。厳しい戦いをくぐり抜けてきた歴戦の勇者ばかり・・・最強超能力者に輝くのは果たして誰なのか!?カウントダウンをしながらこれまでのエピソードを振り返ります。

劇場アニメ化・実写化と2018年はモブサイコ100が激アツ!!独特の世界感にどっぷり浸かれば、さらにモブサイコ100を楽しめること間違いなし。吹き荒れるモブサイコ旋風に乗り遅れないようにしましょう!
こちらの記事もチェック!

10位 魔津尾(まつお)

超能力テロ組織集団「爪」第7支部幹部・魔津尾の能力は悪霊を飼育し自在に操る「悪霊使い」。「ゴーストカプセル」に悪霊を閉じ込め携帯し、それを使役することで攻撃をします。悪霊は「蠱毒(コドク)」により生き残った最恐の悪霊ばかり。

最恐の悪霊を操る魔津尾の力はエクボを追い詰めます。しかし、エクボすらも蠱毒にかけ「マシュマロちゃん」を作ろうとした事が仇に。悪霊を食べたエクボはパワーアップ!!使役する悪霊は強くても、物理的攻撃には弱かった魔津尾・・・エクボにワンパンでK.O.されるのでした。

第7支部解体後は自らの霊能力を活かし霊能商法で生計を立てようと悪戦苦闘。最上戦でモブ一行と再会した際は、モブを助けに向かうエクボにこっそり霊力を分け与え、事件解決のキーを握った重要人物なのです!

不気味な外見なのにかわいい魔津尾

最初は敵として登場し、組織解体後は頼りになる見方となった魔津尾。よく見てみると、魔津尾の私生活はなんだかかわいい!?まるで乙女のような一面があるのです。特筆すべきは悪霊たちのネーミング。

おどろおどろしい見た目とは裏腹に「ガムちゃん」「クッキーちゃん」「キャラメルちゃん」とファンシーな名前ばかり。モブが苦戦した悪霊「最上」を封印した際はなぜか「プリンちゃん」と命名・・・。魔津尾はお菓子好きなのかもしれませんね!

悪霊たちも魔津尾を慕っており、1匹を可愛がるとヤキモチを焼いて食べてしまうのだとか。元敵ながら憎めないキャラクターの魔津尾・・・商売がうまくいくよう応援したくなりますね!

9位 花沢輝気(はなざわ てるき)

超能力を使い人生を楽しんでいた通称テルこと花沢輝気。モブとの戦いで「超能力をとったら何も残らない」という自らのコンプレックスを浮き彫りにされ、「自分は凡人だ」と感じるほどの圧倒的力の差まで見せつけられてしまいます。

この一件以降、花沢は心を入れ替えむやみに能力を使うことをやめ、さらには超能力を高める鍛錬を始めたのでした。モブの弟・律が「爪」にさらわれた時には奪還に協力し、モブのブレインとも言える存在となります。

見よう見まねで幹部クラスの敵の能力をいとも簡単に真似をしたり、一度に車を大量に浮かせたりと能力の強さは本物!モブをライバルとし日々努力を重ねる花沢は今後の伸びしろにも期待大です!

超能力だけじゃない!頭脳戦もテルの持ち味

パイロキネシスの宮蛾輪(みやがわ)との戦いは、テルの鮮やかな勝利でした。宮蛾輪の火力はバリアをしても蒸し焼きになってしまうほどの熱さ!この状況でテルがとった行動は相手をバリアで包むというものでした。

これにより、自らの炎ごと包まれてしまった宮蛾輪。一気に形勢は逆転し、テルの勝利となるのでした。しかしながら、戦いが終わった瞬間ものすごい量の汗をかくテル・・・命をかけた戦いは、14歳の少年には怖いものだったのでしょうね。

自らのを力を最大限に発揮できるのは、状況に応じた臨機応変な戦い方のおかげ。超能力の強さだけでなく、効果的な方法を選択できる頭脳もテルの強さの秘訣なのです!!
こちらの記事もチェック!

8位 影山律(かげやま りつ)

兄のモブとは対照的に成績優秀で容姿端麗、運動神経も抜群。唯一出来ないことといえば超能力を使えないということ。律にとって超能力がないことは大きなコンプレックスでした。しかし、生徒会長・神室(かむろ)による卑劣な学校改革に加担したストレスから、徐々に超能力を開花させていきます。

長年の劣等感が爆発したのでしょうか・・・最初は超能力を悪用する律。しかし、モブの「律は頭が良くて、超能力なんかなくてもなんでもできる。尊敬している」の言葉に律は涙します。その後は超能力を悪用することもなくなり、2人は和解したのでした。

「覚醒ラボ」のメンバーとともに「爪」に拉致された際には、律の冷静な判断が冴え渡りました。メンバーの特性や敵の状況を瞬時に判断し、実行に移す的確さは大人顔負け。超能力に頼らない生活が長かった分、策略を練る頭脳は花沢を上回るかも!?

7位 エクボ

赤いほっぺに緑の人魂のエクボは「神」になるという野望を抱く悪霊強い洗脳能力を持っており、宗教団体「(笑)」を立ち上げ信者を集めるも、モブにより妨害され一時断念。その後はモブの力目当てで付きまとい始めます。

また、エクボは憑依した人間の意識ごと乗っ取り操る能力を持っているのですが「憑依した人間を必要以上に傷つけない」のがポリシー。エクボはわきまえがある気高い悪霊なのです!!

モブにも「エクボは危ない」とまで言われるほど危険な悪霊ですが、モブのピンチには危険を冒してでも敵と対峙する仁義に熱い性格。最上戦では魂の抜けたモブの体を守り、さらには危険を冒してモブの精神世界へ侵入したことも。

気づくのが遅すぎた・・・エクボが本当に欲しかったものは・・・

鈴木統一郎の暴走する力の受け皿となったブロッコリーの種。大きく育ったそれを「サイコヘルメット教」の神樹として利用し、エクボはエネルギーを集めていました。街のほとんどの人間がエクボの洗脳により信者と化していく・・・。その前に立ちはだかったのはやっぱりモブでした。

神の力を得てもどこか違和感があった・・・モブの「信頼」する気持ちを受けた瞬間、エクボは違和感の正体に気がつくのです。「友達が欲しかっただけ」・・・エクボの望みは神になることなどではなく、とてもシンプルなものでした。

しかし時すでに遅し。神のエネルギーは勝手に暴走を始めます。神樹にエネルギーを吸われ意識を失ったモブを逃がし、一人新樹に立ち向かったエクボは、神樹に飲み込まれ巨大ブロッコリーとともに姿を消します・・・エクボの消息は、神のみぞ知るものとなりました。
こちらの記事もチェック!

6位 鈴木将(すずき しょう)

世界征服を目論む鈴木統一郎の息子・将は強力な超能力の持ち主。律ですら手も足も出ないほどの強大な力は父譲り!しかし、父とは正反対の正義の心を持つ将は、自らを筆頭に超能力集団を作り父の野望を打ち砕くべく立ち上がるのでした。

光の屈折率を操る能力に加え、父と同じエネルギーを溜め込む能力を持つ将。護衛をいとも簡単に突破、父のいる最上階に向かい、エネルギーを3ヶ月貯めた「チャージボム」で父に挑みます。その破壊力たるや、爆炎とともにフロアの壁ごと吹き飛ぶほどの威力!!

しかし虚しくも側近・芹沢に防がれてしまいます。さらに世界征服のためにエネルギーを20年間溜め込んできたという父との圧倒的力の差を思い知らされます。絶望の最中、立ちはだかったのは「甘い奴」だと思っていたモブ。将の揺るがない正義の心は、モブによって引き継がれたのです!

5位 島崎亮(しまざき りょう)

テレポートと先読みの能力を持ち、爪の幹部「5強」の一人。テレポートと先読みを生かした攻撃回避は、何もせずとも相手をどんどん消耗させていきます。「超感知ゾーン“マインズ・アイ”」を発動した際はテルと律、そして元第7支部の幹部の猛攻をもかわし的確に弱点を狙います!!

最強の能力かと思いきや、「超感知ゾーン“マインズ・アイ”」には弱点が。これを発動すると超能力者の気を読むことは通常モードより鋭くなるのですが、超能力者以外の気配を全く察知できなくなってしまうのです!!

スタスタと歩いて近寄る霊幻の「正当防衛ラッシュ」をまともに喰らい、「気を消せる凄腕エスパー」と勘違いする島崎・・・追い打ちをかけるようにモブのパワーを目の当たりにした島崎は、恐れをなしてテレポートで逃亡するのでした。

4位 芹沢克也(せりざわ かつや)

自らの力を制御することができなく引きこもっていたところを鈴木統一郎に連れ出されて以来、統一郎に忠誠を誓っている芹沢。統一郎からもらった傘が安心材料となり、傘の下にいるときは力の暴走を抑制できると思い込んでいるのでした。

日本の総理大臣を知らなかったりとどこかとぼけた印象の芹沢ですが、その力は絶大!将の3ヶ月貯めた「チャージボム」は雨を避けるような気軽さで跳ね返し、統一郎の攻撃をもその傘で防きます!!

強さを持ちながら心優しく真面目な芹沢は、統一郎の元を去った後「社会に貢献したい」と霊幻のもとで働きながら定時制の学校に通うように。モブとの出会いにより心の拠り所を得、力を制御できるようになった芹沢は強く優しい超能力者となったのでした。

3位 鈴木統一郎(すずき とういちろう)

最強にして最恐、世界征服を目論む爪のボス。エネルギーを貯めることができる能力を活かし、20年もの間力を貯め込みその力で世界を自分のものにしようとします。超能力を他人に分けることもでき、力の無い者には自らの力を分け大規模なテロを引き起こしたのでした。

自分と同じ能力を持つモブを驚異とみなし排除しようとする統一郎。全てを破壊し尽くすような膨大な力を駆使した戦闘は大迫力です!決戦の際はモブのパワーを目の当たりにし、長年貯めてきた能力を徐々に開放・・・ついにはその力が暴走していきます。

統一郎を待つ運命は「自滅」。自らの大きすぎる力により滅ぼうとしていました。それを救ったのは敵であるはずのモブ・・・。「たった一人で苦しむなんて可哀そう」暴走するエネルギーを引受けたモブですが、暴走は止まらず大爆発を引き起こすのでした・・・。

突如現れた巨大ブロッコリー

大爆発の中、統一郎とモブはともに一命をとりとめます。助かった理由は、なんとモブが胸ポケットにしまっていた「ブロッコリーの種」がエネルギーを引き受けたから!!まるで森のように成長したブロッコリーは、統一郎のエネルギーの大きさを物語っています!!

力に溺れ、大切な家族も見えなくなっていた統一郎は「人には人が必要」というモブの言葉をかみしめ、息子・将との和解するのでした。極刑、若しくは実験モルモットの可能性が高い統一郎ですが、限られた自由の中で家族の絆を育むことができるといいですね。

2位 最上啓示(もがみ けいじ)

生前は世界一有名だった最上。生まれつきの強い霊能力を生かし、病気の母の治療費を捻出するためにテレビ出演や呪詛をかけることで金を稼いでいました。しかし、母の病気は最上が引き寄せた「魔」によるものだったのです。

哀しみと絶望の中、最上は自分のために力を使うことを決意。大量の悪霊を取り込み自殺します。そして自らが強力な悪霊として復活し「世直し」を始めるのでした。他人を食い物にするような人間に取り憑く最上は、社長令嬢・浅桐美乃莉に取り付いた際、モブと対決することに・・・!

強大な霊力は集められた霊能者が束になってもかなわない。モブが美乃莉の体を封じても、少女の体を人質に取るような戦い方をする最上!モブは美乃莉の体に入り最上を追い出そうとしますが、逆に最上の作り出す世界の恐怖と絶望に囚われてしまうのでした。

あまりに強力だった最上の力。自らの意思で消滅か!?

最上がモブに見せたのは、超能力を持たず頼れる人間が居ない世界。いじめの対象となったモブは徐々に絶望に支配されていきます。絶望が最高潮に達した瞬間、力を与える最上。そして力を使い、いじめた連中に復讐を遂げようとするモブ・・・そんな絶望の中、現れたのがエクボでした。

エクボの出現により記憶をとりもどしたモブは???%の暴走する力で最上を少女の体から追い出すことに成功します。そこを魔津尾のゴーストカプセルに捉えられ、一件落着となるのでした。

「爪」の幹部・峯岸との戦いで、魔津尾の封印から放たれ再び姿を現す最上。「クズは生きていてもしょうがない」と暴れる最上をモブは必死に説得します。最後は「優しさだけでは解決できないこともある。厳しさも必要」とだけ言い残して最上は姿を消すのでした。消滅したのか、それとも・・・?

1位 影山茂夫(かげやま しげお)

一見内気な中学生、でもその正体は超能力者!1位はモブサイコ100の主人公・影山茂夫!モブが手をかざせば悪霊なんてひとっ飛び!さらに、普段感情を溜め込んでいる分、ストレス100%になった時のパワーは絶大!!まわりもの全てを破壊し尽くすほどのパワーを持っています。

そんな力を持つモブですが「超能力を人に向けてはいけない」という師匠・霊幻の教えを固く守り、必要以上に力を使うことはありません。「超能力も個性の一部」と捉え、モテたい&苦手の克服のために肉体改造部に入部し日々体を鍛えてる努力家のモブ。

周りの人間はみんなモブのひたむきに努力する様に皆勇気を与えられているのです!強敵だった最上も鈴木統一郎も、最後はモブのまっすぐな気持ちに当てられ改心するほど。強大な力はもちろん、人を幸せにできる力がモブにはあるのです!!

出会いがモブを強くした

「力が制御できないのが怖い」「超能力をとったら何も残らない」そんなモブを救ったのは霊幻を初めとする周囲の人々でした。「お前はビッグになるぞ!」と超能力の才能を褒めてくれたエクボ、「超能力は特別なものじゃない、個性の一部」と言ってくれた霊幻師匠・・・。

いつも兄を気にかけ、思いやる弟の律、そして肉体改造部のメンバーも、運動が苦手なモブを励まし共に走ってくれます。そんな関わりの中でモブは様々な感情を学び、成長してきたのです。

どんなに強大な力を持とうとも、一人では生きることはできない助け合って生きていいる。そのことを知っているモブは誰よりも強い超能力者なのです!モブの強さは1人では成し得なかった、みんなの力を集結した強さなのです!
こちらの記事もチェック!

番外編1 霊幻新隆(れいげん あらたか)

この霊幻新隆という男、超能力どころか霊感も0。なのに「霊とか相談所」を経営している詐欺師ギリギリの一見ダメな大人ですが、なんやかんやで超能力者と対等に渡り合うほどの強さを持っています。平然と屁理屈を述べる強靭な精神力とハッタリで虚をついた攻撃は、意外にも効果絶大。

モブを探して「爪」の第7支部に乗り込んだ時には、爪のボスと間違われるほどの貫禄!そして幹部との対決の際には「人を傷つけてはいけない」と言ったそばから繰り出されるのは「ソルトスプラッシュ」「対超能力者ドロップキック」「催眠術パンチ」というただの物理攻撃・・・呆れを通り越していっそ清々するほどの勢いです!

5強の島崎戦では、必殺「正当防衛ラッシュ」で勝利!これによって、超能力者が束になっても適わなかった島崎を退散させることに成功。自信があればなんでもできる!!驚く程に回る口と強気な態度は得体の知れない恐れを相手に抱かせるのでした。

たまーに見せる師匠の貫禄!

口先だけで生きているような男・霊幻ですが「師匠」の名にふさわしい発言をすることも。弟や友人を傷つけられ、超能力を人に向けざるを得ない状況のモブに「嫌な時は逃げていい」のだと教え、自ら敵に立ちはだかったことも。

「両親は海外出張で一人だから夏休みは何をしたらいいかわからない」というテルに対しては「仕事の手伝い」と称してクワガタ鳥や海水浴、遊園地へと連れて行き「何かやらなきゃなんて気負う必要はない」と諭したのでした。

いつも胡散臭い霊幻ですが、いざという時はやっぱり大人。子供たちのことを一番に考えて行動のできる優しさと真面目な性格の持ち主なのです。モブ曰く「いいやつ」の霊幻は、モブにとっては間違いなく信頼できる師匠なのでしょうね。
こちらの記事もチェック!

番外編2 竹中桃蔵(たけなか ももぞう)

脳幹電波部を退部した後、テニス部に所属していた竹中。最新刊15巻で再登場したときに判明した新事実、竹中はなんとテレパシストだったのです!!幼い頃から人の声が聞こえることに悩み、声が聞こえないようシャットダウンする術を身につけていたとか。

さらには特定の相手に直接テレパシーを送ることもできるとのこと!この能力を利用して、脳幹電波部の部長・暗田トメの念願だった宇宙人との交信をすることとなるのでした。しかし、トメが長年信じてきた宇宙人との更新の手がかりである「空からの暗号」は詐欺師が書いた本。

儀式の方法などUFOの目撃情報以外は全て偽物でした。それでもUFOの目撃情報があることに希望を持ち、全力でテレパシーを送り続けた結果UFOを呼ぶことに成功。宇宙人と友好関係を築くこともでき、トメにとって中学生最後の忘れられない思い出となるのでした。

ドラマ化&舞台化&劇場アニメ化が決定しているモブサイコ100を見逃せない!

凄腕超能力者ぞろいのトップ10。強さだけでなく、個性的なキャラクター性も大きな魅力です。最初は悪役として登場しても、モブの心に触れて変化していく・・・そんな人間ドラマもモブサイコ100の魅力の1つ。再登場に期待すると同時に、サイドストーリーも知りたくなります!

2018年1月には舞台&ドラマ化・そして3月には霊幻が主役の劇場アニメと立て続けに話題となっているモブサイコ100。今年はモブサイコの年と言っても過言ではありません!この勢いに乗り、ファン待望のテレビアニメのセカンドシーズンにも期待が高まりますね!

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1004813
1
Fessan white 上に戻る