2017.12.04.Mon. 12日前 ogura

【宝石の国】悲しき鉱物アンタークチサイトの活躍と最後を見届けよ!

先日のアニメの放送で悲しい終わりを遂げた『宝石の国』に登場するアンタークチサイト。短い登場でしたが、大きなドラマを生み、記憶に残るキャラクターです。見どころたっぷりな彼女のがんばりと悲しい最後を紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

『宝石の国』とは?

『宝石の国』は市川春子による漫画作品です。『寄生獣』などを生み出した「月刊アフタヌーン」にて2012から連載が開始されました。2017年にはアニメ化されました。宝石を題材にし、擬人化したキャラクターたちが活躍します。

金剛先生のもとでそれぞれの役割を決められた宝石たちは、毎日襲来する月人と呼ばれる敵たちと戦う日々を過ごしていました。フォスフォフィライトは最弱の脆さを誇るため、役割を与えられていません。やっと手に入れた仕事は博物史を織るというものでした。

こちらの記事もオススメ!

【宝石の国】アンタークチサイトとは?

アンタークチサイトは『宝石の国』に登場するキャラクターです。同じ『宝石の国』に登場する他のキャラクター同様に女性的な見た目をしていますが、一人称が男だったり年上を兄さんと呼んだりと、中性的な要素を含んでいます。

アンタークチサイトはその特性から冬場にしか活動できません。そのためアニメでは第7話の「冬眠」と第8話の「アンタークチサイト」にしか登場しません。その短い期間で起こる濃いできごとの中で、活躍と感動を届けてくれました。

アンタークチサイトの声優は伊瀬茉莉也

アンタークチサイトの声優は伊瀬茉莉也です。テレビ放送版の『Hunter×Hunter』でキルア・ゾルディック役をするなど、クールで声の低い役どころを演じることが多いです。『英雄伝説 閃の軌跡』シリーズでラウラ・S・アルゼイド剛毅のアイネスの2役をしており、こちらも声の低いクール系でした。

幼い頃からアニメ制作の仕事に興味があり、小学校の頃からお年玉で貯めていた貯金を使って養成所に通うなど、声優への熱意は熱いです。その夢が叶っていまでは、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の北上ミドリや『ポケットモンスター XY』のユリーカ役など有名な作品に出演し続けています。

こちらの記事もオススメ!

元ネタは世にも珍しい常温で溶ける鉱物「南極石」

アンタークチサイトは漢字で南極石と書きます。それは南極で発見されたことが名前の由来です。英語の名前も南極を現す「Antarctica(アンタークティカ)」という言葉からきています。南極にある塩湖で見つかる鉱物で、不思議な性質があります。

それは融点が約25℃であることです。つまり氷と同じように常温で溶けてしまいます。その他に常温で溶けてしまう鉱物に自然水銀があります。発見が珍しく、一般的には出回らない鉱物です。

アンタークチサイトの仕事は冬期だけ!

そんな鉱石が元ネタなので、アンタークチサイトは冬限定で仕事をしている変わった宝石です。しかも冬期は他の宝石たちが冬眠してしまうので、働く時はひとりだという寂しい特性を抱えています。

そんな彼女の仕事は宝石たちが冬眠しているあいだ月人たちと戦うというもの。気温の温かい普段は液化していますが、気温が下がると結晶化し、強い硬度を誇ります。いつもならひとりで仕事をしていますが、登場回ではフォスが眠れず、ふたりで仕事をするこになりました。

金剛先生と冬しか会えないアンタークチサイトが切ない・・・

『宝石の国』に登場する宝石たちはみんな金剛先生のことが大好きです。それが敬愛なのか恋愛感情なのか、わからないところに面白さがあります。アンタークチサイトもそのひとりです。会える期間が短いためか、その感情も強く見えます。

そのため冬眠した宝石たちに入れ替わって起きてきたときには熱い抱擁を交わしていました。それを眠れず起きてきたフォスに見られてしまいます。感動的な再会に水を差すちょっぴり笑える場面です。

しかしこの時はフォスが起きていたため、ふたりきりの時間を邪魔されることになります。フォスとふたりで仕事をすることを命じられたからです。ふたりきりの時間を邪魔するなよ、と釘を刺すアンタークチサイトが面白く見えます。

こちらの記事もオススメ!

アンタ―クチサイトは自分の失態を悔やむほど律儀な性格

こうしてフォスとふたりの冬期を過ごすことになったアンタークチサイトですが、災いを呼ぶ体質のフォスと一緒のため、災難続きの年となりました。そんなふたりが日常的にしていた仕事は、流氷同士が摩擦する音でみんなが起きてしまうのを防ぐためその摩擦部分の氷を破壊するというものでした。

しかし最弱の硬度を誇るフォスは逆にひび割れてしまいます。文句ばかりのフォスに厳しい口調で接していたアンタークチサイトでしたが、ファスのひび割れを丁寧に修復してあげるほど優しいです。

その後もフォスは流氷が発する言葉に惑わされて両腕を失ってしまいます。アンタークチサイトは海に潜ってフォスの腕を探しますが、結局見つかりません。それを金剛先生に報告するアンタークチサイトは、自分に非があると謝るほど律儀な性格です。

フォスの目の前で月人に・・・アンタークチサイトの最後!

失われたフォスの腕を手に入れるべく、アンタークチサイトは彼と一緒に宝石たちが産まれる場所へと行きます。そこには産まれることができなかった鉱物たちの成れの果てが落ちていました。

インクルージョンという微生物がフォスに馴染めば腕に馴染むことができるため、アンタークチサイトはそのへんに落ちている黄金色の鉱石を試してみます。すると予想以上にインクルージョンが反応し、フォスはサナギのように閉じ込められてしまいました。

そんなタイミングで月人到来。アンタークチサイトは一人で激闘を繰り広げます。しかしまだ冬が深まっていないため、硬度が低くアンタークチサイトはボロボロの重症。そしてフォスを助けようと力むと、体がバラバラになり、そのまま月人にさらわれてしまいました。金剛先生を案じる最期の言葉が切ないです。

こちらの記事もオススメ!

儚く美しいアンタークチサイトの活躍は必見・・・!

『宝石の国』に登場するアンタークチサイトは冬眠から目覚めてアニメの2話分という悲しくも短い運命を与えられた宝石です。常温では溶けてしまう鉱物の性質から、冬場にしか活動できないという寂しい制約が設けられています。

そのため他の宝石たちよりも金剛先生に対する愛情が深いです。そんな大切な時期にフォスとふたりで仕事をしなければいけないのは災難でした。そして面倒事を引き起こすフォスのおかげで、困難に直面します。

月人による襲来をひとりで食い止めようとするアンタークチサイトはボロボロになりながらも健闘し、活躍してくれました。バラバラされて月人にさらわれていくときも、金剛先生の身を案じます。『宝石の国』に登場する最高のキャラクターです。

こちらの記事もオススメ!

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1004819
1
Fessan white 上に戻る