2017.12.09.Sat. 1ヶ月前 hori

「BEATLESS ビートレス」見どころ&作品情報まとめ!2018年冬放送のSFアニメを紹介!

2018年冬にアニメ化される「BEATLESS」。SFファンの間では人気作のこの作品が、ついにアニメ化!ファンの間でも話題となっています!元々はアニメ雑誌である月刊「NewType(ニュータイプ)」にて連載された小説であり、単行本はもちろん、コミカライズも展開されています。今回満を持してのアニメ化ということで、ファンの期待も高まる「「BEATLESS」!!その全貌をご紹介していきます!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

「BEATLESS ビートレス」アニメ化!

「BEATLESS」「長谷敏司(はせさとし)」さん原作、「redjuice(レッドジュース)」さんがイラストを担当するSF小説です。「My Humanity」で第35回日本SF大賞を受賞した長谷さんの壮大な世界観と、アニメ「ギルティクラウン」から生まれた架空のアーティスト「EGOIST」などのイラストをてがけるredjuiceさんの美しいイラストが合わさり、「BEATLESS」という世界ができあがっています。

その「「BEATLESS」がこの冬いよいよアニメ化!あの「レイシア」が動く!ということでファンの期待も高まっています。「ヒト」「モノ」との新しい関係を問う近未来作品を、テレビで楽しみましょう!

文庫と漫画で大人気!正統派SFの「BEATLESS」

アニメ雑誌「NewType(ニュータイプ)」において、全14回にわたって連載された「BEATLESS」。連載終了後、2012年10月には単行本化されています。総ページ650ページ近くあるうえに、2段組み仕様という大作。にもかかわらず、一気に読み進めてしまえる勢いのある物語です。

正統派SFでありながら、ライトノベルのような親しみやすさもあり、読者層はかなり広く展開できます。もともとアニメ雑誌において連載されていたこともあり、物語の構成もアニメ化にふさわしいものだと思われます。

文庫はもちろん、コミカライズ「BEATLESS-dystopia」や、デフォルメキャラによるコミカライズ「びーとれすっ」も大人気!アニメ雑誌から始まった物語が、ついにこの冬テレビの中で動き出します!

「BEATLESS」のあらすじ紹介!  

「BEATLESS」の世界は2105年超高度AIと呼ばれる人工知能が人間の知能を凌駕し、「hIE(Humanoid Interface Elementsの略)」と呼ばれる人型のロボットが人々の生活に根付いた世界です。「ヒト」のカタチをしていても「ヒト」ではない「モノ」…。hIEを便利ではあるものの、完全には受け入れられない気持ちもまた、この世界には存在しています。

そんな中で出会った17歳の少年「遠藤アラト(えんどうあらと)」と、人類未到産物(レッドボックス)である高性能少女型hIEである「レイシア」との物語です。2人が出会ったことにより、世界は大きく変わっていきます。

「ヒト」であるアラトと、「モノ」であるレイシアとの「ボーイ・ミーツ・ガール」の物語。アラトは「モノ」であるレイシアに対して次第に恋心を抱いていきます。けれどもレイシアはあくまでも「モノ」であり、自身の感情によってアラトを愛することはありません

そんな2人が様々な戦いを共にする中で、関係性を築いていきます。「ヒト」が「モノ」を愛することのできる関係、そして「モノ」も「ココロ」はなくとも「ヒト」を信じることができる、そんな世界を求めて2人の戦いは始まります。

こちらの記事もチェック!

コミカライズ「BEATLESS-dystopia」原作を忠実に再現!

コミカライズ「BEATLESS-dystopia」は、「月刊少年エース」にて2012年2月~2013年3月に連載され、現在はカドカワコミック・エースより2巻が刊行されています。

原作のPhase4「automatic world」までの世界が描かれており、「鶯神楽」さんによる美しい作画を堪能できる作品です。原作にかなり忠実な内容ですので、単行本だけではイメージしづらいあれやこれも分かりやすいですね!

さらにアニメ化ということで、どんどんと映像情報が追加されていく「BEATLESS」!年明けが待ち遠しいです!

「BEATLESS」の個性的な登場人物(人じゃないケースも可)を紹介!

全ては紹介しきれませんが、物語の中心であり、特に初期に登場する人物(ではない場合もありますが…)をご紹介いたします。

チョロイ(?)主人公、遠藤アラト

自他ともに認める「チョロイ」主人公、「遠藤アラト」。ミームフレーム社で爆破事故が起こった際、逃走したレイシア級hIEの1体であるタイプ005「レイシア」オーナー契約することになった人物。

たまたまタイプ002「スノウドロップ」が破壊行動を起こす現場に居合わせてしまい、助けを求めたところ、hIEであるレイシアに助けられます。「私を信じますか?」というレイシアの問いにたいして、女の子(実際はロボットだが、外見は驚くべき美貌の持ち主…!)を疑うのがかっこ悪く思えた、という理由から「信じる」と即答したチョロさ…。

とはいえ、このチョロさこそが遠藤アラトの長所!(短所でもありますが…)レイシアと出会ったことにより、アラトの世界は広がり、本人にも考えられなかった世界規模への戦いへと巻き込まれていきます。

親友との対立…、海内 遼

幼いころ事故で大怪我をした主人公のアラトですが、同じ事故に巻き込まれていたのが親友「海内遼(かいだいりょう)」です。2人は病院で知り合い、ひどく痛々しい様子を見せるリョウに対して、アラトは「ぼくと、ともだちになってよ」手を差し出します。

その頃からの友人関係ですが、アラトがレイシアを拾ったことで状況がどんどんと進んでいってしまいます。大切な親友でありながら、考え方は正反対のようなこの2人。アラトは「モノ」を信じリョウは「モノ」など信じられないことから対立の道へと…。

こちらの記事もチェック!

息をのむ程の美貌、レイシア

アラトが拾ってしまい、オーナー契約をすることになった、超美貌で超お高いhIEがレイシアです。たまたま助けたアラトがオーナーに適切と思われる条件を満たしていたことで(レイシアのことを信じるという条件)オーナー契約をアラトに求めます。

アラトは持ち前のチョロさで、この美しいレイシアと契約を結ぶことに。「モノ」であるレイシアには責任能力はないので、レイシアの行動オーナーであるアラト責任をとることになります。最初の戦いを無事に切り抜けたアラトとレイシアは、妹のユカと3人(2人と1体)で、快適な生活を送ることになります。

兄弟2人で父親はほぼ留守という、自堕落な生活だったのが、レイシアのおかげで快適極まりないものに…!ちなみにユカの勝手な応募で、レイシアはモデルコンテストの大賞を受賞!その並外れた美貌でモデルの仕事も完ぺきにこなします。

こちらの記事もチェック!

戦闘大好き!紅霞

5体のレイシア級hIEのうちのナンバー001、最初の1体が「紅霞(こうか)」です。「人間との競争に勝つための道具」である彼女は戦闘大好きツインテールの少女型ロボット。最初の逃走の時から、追跡部隊に対して強大な戦闘力を見せつけています。

深紅の髪クリムゾンレッドの瞳で、戦闘を楽しむように艶やかに笑う紅霞は、5体の機体の中でも最もhIEらしいといえます。「抗体ネットワーク」という反hIEの犯罪組織の手伝いをしながら、道具としてより良く使ってもらえるよう行動します。

言動は無邪気ともとれるシンプルさで、レイシアのことを「お姉様」と呼んだり「人間っぽい感情になぞらえて言うなら、愛してる」などの発言も。なんというか、分かりやすくてかわいいキャラクターです!

「BEATLESS」における「アナログハック」の役割

「アナログハック」とは、人間が「カタチ」に意味を見だすことで、その行動や感情を無意識に誘導されることです。作中で語られている例としては、ただのマグカップに有名キャラクターのイラストをつけることで、そのカップは特別なものになる、という例です。

hIEは「ヒト」と同じ「カタチ」をすることで、「ヒト」の社会に順応しています。アラトはあくまでもレイシアのオーナーですが、その行動はレイシアという超高性能hIEによって巧みに誘導されたものかもしれません…。この「アナログハック」が物語のキーポイントなのです。

人工知能が人類の知能を超えてしまった世界では、「ヒト」は「モノ」にいいように操られているのではないか?という不安がどうしても存在します。この「アナログハック」を乗り越えていかなければ、「ヒト」と「モノ」との新しい世界は見えません。アラトとレイシアは新しい世界を作ることができるのでしょうか!?

「BEATLESS」の曲がすごい!主題歌をご紹介!

そんなアニメ「BEATLESS」の主題歌についてご紹介します!オープニングテーマ「Error」を歌うのは「GARNiDELiA(ガルニデリア)」。ニコニコ動画が最初の活動であった彼らは、ロックとポップとを融合させた曲で若者を中心に人気のユニットです。

エンディングテーマは2人組の女性アニソン歌手ユニット「ClariS(クラリス)」が歌う「PRIMALove」です。透明感のある歌声で、やはり若い世代に人気の彼女たち。少年少女が活躍する「BEATLESS」という作品にピッタリです。

「BEATLESS」の結末は!?豪華制作陣によるアニメ化が待ち遠しい!

今回「BEATLESS」を監督するのは「水島精二(みずしま せいじ)」監督「機動戦士ガンダム00」を始めとする、数々の人気作品をてがけています。アニメーション制作「艦隊コレクション-艦これ-」や「ぎんぎつね」などをてがける「ディオメディア」が行っています。

SFファンはもちろん、今までSFを読んだことのない方でも楽しめること間違いなしの「BEATLESS」!今回新たな展開であるアニメ化ということで、ますます人気が高まる予感です。豪華制作陣による「BEATLESS」の放映が待ち遠しいですね!

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1004860
1
Fessan white 上に戻る