2017.12.16.Sat. 1ヶ月前 ししなみ

【ごちうさ】マヤは意外と天才肌?ボーイッシュな元気ガールの魅力6選!【ご注文はうさぎですか?】

2017年11月より、新作OVAが劇場公開された人気作『ご注文はうさぎですか?』。マヤは、物語の舞台となる喫茶店「ラビットハウス」の看板娘・チノの友達で、元気で明るい笑顔がかわいい女の子です。そんなマヤの魅力についてご紹介していきます!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
コメント 0

チノの親友!マヤってどんな子?

「ごちうさ」の略称で知られる『ご注文はうさぎですか?』は、イラストレーターとしても活躍する漫画家・Koiによって描かれた4コマ漫画作品です。2014年4月に第1期のアニメが放送され、2015年10月に第2期のアニメが放送されました。2017年11月からは新作OVA『ご注文はうさぎですか?? 〜Dear My Sister〜』が劇場公開され、大きな注目を集めました。

物語の舞台は、木組みの家が立ち並ぶ石畳の街。主人公の少女・ココアは、高校入学を機に、その街に引っ越してきます。下宿先に決まったのは、コーヒーの美味しい喫茶店「ラビットハウス」

「お世話になる家にはご奉仕をする」という高校の方針に従い、ココアはその喫茶店の店員として働くことを決意します。そして、その店の看板娘のチノ、先輩店員のリゼ、クラスメートの千夜、千夜の幼馴染でありリゼの後輩でもあるシャロといった子たちと、次々と親しくなっていくのです。

マヤは、チノのクラスメートであり、仲の良い友達の女の子です。ボーイッシュでさっぱりとした性格の持ち主で、がいることが明かされています。その兄をパシリに使ったことがあるという発言から、兄よりも妹の方が強い関係を築いていると推察されます。

身長140㎝で、同い年のチノやメグよりも低い背丈。血液型はO型で、誕生日は8月8日。物語が始まったときは13歳の中学2年生でしたが、現在は15歳の中学3年生になりました。ここからは、そんなマヤの魅力を6つの項目に分けてご紹介していきます!

マヤの魅力1:本名の由来はあの飲み物に関係アリ

マヤの本名は、条河麻耶(じょうがまや)と言います。条河(じょうが)が苗字で、麻耶(まや)が名前。紅茶の一種である「ジョガマヤ」がその名前の由来となっています。マヤに限らず、「ごちうさ」に登場する多くのキャラクターの名前は、紅茶やコーヒーなどの飲料に関係するものになっています。

たとえば、チノの本名「香風智乃(かふうちの)」は、アレンジコーヒーの一種である「カプチーノ」が由来です。コーヒーが美味しい喫茶店や、和菓子の美味しい和風喫茶が登場する物語らしい名前ですね!

マヤの魅力2:声優は漫画家としても活躍する徳井青空さん!

マヤの声は、声優の徳井青空(とくいそら)さんが担当しています。1989年12月26日生まれ28歳(2017年現在)。『ラブライブ!』の矢澤にこ役や、『探偵オペラ ミルキィホームズ』の譲崎(ゆずりざき)ネロ役などで有名です。ファンからは、そらまるの愛称で親しまれています。

声優としてだけでなく、なんと漫画家としても活躍されています。現在『月刊ブシロード』にて連載されている4コマ漫画『まけるな!!あくのぐんだん!』は、2017年4月にアニメ化。監督は『ラブライブ!』の監督を務めた京極尚彦(きょうごくたかひこ)氏が担当しました。

各話のナレーションの多くは、『ラブライブ!』に登場したスクールアイドルグループ「μ's(ミューズ)」のメンバーが担当したという、μ'sファンには嬉しすぎる仕様となっていました。そのナレーションの中には、「ごちうさ」のチノ役の水瀬いのりさん、メグ役の村川梨衣さんも参加されていました!
こちらの記事もチェック!

マヤの魅力3:チマメ隊!チノとメグとのやりとりがかわいい!

チマメ隊とは、同じ中学校に通う仲良し3人組のチノ・マヤ・メグのことを指します。3人の頭文字をとってそう名付けられました。3人が仲良くなったきっかけは、中学に入学してすぐの頃、元から仲の良かったマヤとメグが、クラスメートのチノを「シスト」と呼ばれる宝探しに誘ったことでした。

結局その宝探しは上手くいきませんでしたが、それがきっかけで仲良くなり、今では親友と呼べる仲になりました。3人が一緒にいると、マヤの調子の良いノリと、メグの天然の発言に、チノが冷静なツッコミを入れるようなやりとりが見られます。1期2期ともに、アニメのエンディング曲はチマメ隊の3人が担当しています。
こちらの記事もチェック!

マヤの魅力4:実は特待生を勧められるほどの学力

「考えるより先に手が出るタイプ」のマヤですが、実は勉強が大得意。その実力は、お嬢様と秀才が通っていることで有名な高校への特待生試験の話がくるほど。この高校には、主人公・ココアの友達のリゼとシャロが通っています。シャロは特待生という立場で進学したので、もしマヤがこの試験を受けて通ればシャロと同じ立場になりますね。
こちらの記事もチェック!

マヤの魅力5:可愛すぎるキャラソン!

「ごちうさ」では数多くの魅力的なキャラクターソングCDがリリースされています。その中で、マヤがソロで歌っているキャラクターソング3曲ご紹介したいと思います。

1曲目は「ナマイキTiny Heart」。2015年7月15日にリリースされた、チマメ隊にスポットを当てたCD『ぴょん'sぷりんぷるん』の中に収録されています。ナマイキでワガママな自分だけれど「好きになってくれるかな?」と問いかけるような気持ちを歌ったもの。マヤらしい元気な曲調の1曲です。

2曲目は「Everyday Level Up!!」。2016年8月27日にリリースされた、マヤにスポットをあてたキャラクターソングCDの中に収録された1曲。毎日をゲームの経験値稼ぎのようにとらえて、小さなことにくよくよせずに頑張ろうという気持ちを歌ったもの。ゲーム好きで、ラビットハウスにいるウサギ・ティッピーを倒して経験値を稼ごうとしたことのあるマヤらしい歌詞となっています。ポップで可愛らしい曲調の1曲です!

3曲目は「プレゼントレジャー♡」。2016年11月25日にリリースされた、チマメ隊にスポットを当てたCD「chimame march」の中に収録された1曲です。宝物を探しに旅に出て、見つけ出した宝物をダイスキな相手にプレゼントしたい気持ちを歌ったもの。電子音を用いたポップな印象の1曲です!

マヤの魅力6:魅力的な名言の数々

「私も、CQCとかできるよ!」

マヤとメグがラビットハウスの手伝いに来たときに、マヤがリゼに対して言った台詞。CQCとは、Close Quarters Combatの略で、軍人が使う近接格闘術のことを指します。父親が軍人のリゼは、マヤも軍の関係者だと勘違いしてつい親近感を持ってしまいました。

「友達と進む学校が違ったら、もう親友じゃなくなっちゃうのかな・・・」

チノとマヤとメグの3人は、今は同じ学校にいられても、いずれ別々の学校に進学して、離れ離れになってしまうかもしれない。そう思ったらいてもたってもいられず、マヤは自分の気持ちをわかってくれそうなリゼに会いに行きました。そして、悩みを打ち明けたときに言ったのがこの台詞。リゼはマヤを優しく励まし、草むらから2人のやりとりを聞いていたチノとメグは「そんなこと考えてたなんて!」と飛び出してきます。友達のことが大好きで大事なマヤの素顔が見える名言です!

こちらの記事もチェック!

「・・・ちょっと妬いたよ?」

ココア・チノ・マヤ・メグの4人でシスト(街中での宝探し)をし終わったときに、マヤとメグがチノに向かって言った台詞。昔、チノとマヤとメグの3人だけでシストをしたときよりも、ココアが加わったときの方がチノが楽しそうに見えて、友達としてちょっと嫉妬してしまった2人の発言です。チマメ隊の仲の良さが伝わる台詞ですね!
こちらの記事もチェック!

元気っ子のマヤちゃんの活躍に今後も期待!

ここまでマヤの魅力をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

マヤはチマメ隊の明るいムードメーカーであり、その人懐っこさ物怖じのなさ年上の人もつい楽しい気持ちにさせてしまえる魅力を持った女の子です。そして、その明るさの裏には「友達と離れ離れになったらどうしよう・・・」と悩む繊細さも秘められています。そんな可愛らしい魅力をたくさんもったマヤの今後の活躍に期待です!
こちらの記事もチェック!

ログインするとポストをお気に入り登録できるようになります

Twbird twitterで登録•ログイン

登録すると、 利用規約 および プライバシーポリシー に同意したことになります。

閉じる

このポストに関連するタグ

コメントを投稿する Fessan rotated

1004895
1
Fessan white 上に戻る